« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

文部科学省に

文部科学省に
「先輩証」と言うセンスのない名前の証明証があったそうです。
この紙っぺら1枚で、庁舎内を自由に出入りできたという、呆れた代物。
組織的天下り斡旋問題に関連して、このOBの入構証「文部科学省先輩証」の存在が明らかになったそうですが、この役所では、OBによる斡旋に違法性はないとの認識で、人事課OBを介した組織ぐるみの違法行為が続いていた訳です。
「先輩証」は今年3月末で廃止されたそうですが、一旦任を解かれ職を離れたら、厳格に情報管理もするべきで、あろうことか、心情的なつながりを示す「先輩」を正式名称に使う感覚は、問題の原因となった“身内意識”の強さと危機感のなさを語りますね。
全く節度もセンスもありません。
構内は、あなたたち官僚やOBのものではなく、全ての国民のものですよ。
あなた方に特別な権利や権益などないはずです。
勘違いしないでください。
あなた方個人に与えられたものではなくて、任務を遂行する上で必要だったからです。
一般の企業では当たり前のことです。

ランチ

pen残務整理でちょいと会社へ。
ランチ
周りに惑わされず、落ち着いて仕事の整理が出来るでしょう。
上野駅で弁当を買いました。
ハンバーグの2段弁当です。

本当に落語ブーム?

pen立川談四楼師匠が、日本経済新聞に寄稿されています。
題して「本当に落語ブーム?」。
落語ブームであるという。
「ブームと言うのはよそうや。ブームは去るものだからさ」。
この消極的とも思える某落語家の意見もブームを意識してのもので、してみると“ブームの兆し”ぐらいはあるのかもしれません。
ブームをどう捉えるかですが、真打はもちろん、若手の二つ目、果ては末端の前座までが引く手あまたで忙しい。
それをブームと言うのだと思いますが、その伝でいくとブームではないとの実態が浮かび上がります。
そうです、ちょっと偏ったブームなのですね。一部の落語家が忙しいのです。
「富の偏在」との言葉がしっくりくるように。
ということは「オレはヒマだぞ」と声高らかに宣言する落語家が数多く存在するということでもあるのです。
■  □  ■
東京の落語家はざっと五百人、何とそのうち三百人以上が真打です。
そうです、典型的な逆ピラミッドで、その競争率は高く、仕事の奪い合いは熾烈を極めます。
結果、高座にあぶれる真打が続出し、「どこがブームなんだ?」となるわけです。
かつて真打になることが目標という時代がありました。
真打になれば安泰と言われたものなのです。
いや大変な時代がやってきたものです。
何しろ石を投げりゃ真打に当たると言われているのですから。
その分、若き二つ目が大いに張り切っています。
“二つ目貧乏”という言葉があるくらいで、最も恵まれない存在、かつてはそれが二つ目でした。
落語会や寄席は、客を呼ぶであろう真打と労働力として欠かせない前座で構成され、二つ目に高座は滅多に与えられず、故に二つ目貧乏と言われたのです。
■  □  ■
そんな二つ目がなぜ張り切るのか? 
私はその理由が“地域寄席”にあると考えます。
ご存じでしょうか地域寄席を。
地域寄席とは定席以外の落語会を指します。
浅草演芸ホール、鈴本演芸場、新宿末広亭、池袋演芸場といった、毎日営業している寄
席を定席といい、それ以外を地域寄席と称するのです。
近年、この地域寄席がめっきり増えました。
お寺の本堂、神社の参集殿、蕎麦屋、寿司屋、居酒屋、公民館、果ては民家まで。
落語はお客さえ集まれば場所を選ばないのです。
東京には落語家の組織が四つあります。
落語協会、落語芸術協会、円楽一門会、立川流です。
円楽一門会と私の所属する立川流はいわゆる定席には出られません。
それぞれ落語協会から脱退した経緯があるからです。
ですから円楽一門会と立川流は高座獲得のために地域寄席を目指すしかなかったのです。

落語ブームのラの字もない頃でした。
しかしやるしかないのです。
どこでも出かけました。
まさかここまでやってきた芸人はいないだろうと思ったら、楽屋のネタ帳に永六輔氏と小沢昭一氏の名前があって驚きましたっけ。
そこへ落語協会と落語芸術協会の二つ目が参入します。
目を付けないはずがないのです。
二つ目貧乏の人達なのですから。
更に真打も参入します。
これも納得です。
とにかく人数が多く、定席からあぶれた人達が危機感を持ってほとんど乱入したのです。
腕は確かですから、これ盛り上がりますよね。
落語や落語を扱ったドラマやコミックスがこれを後押しします。
更に近年の大きな特徴はSNSの利用でしょう。
多くの落語家がツイッターやフェイスブック等をやり、地域寄席の情報を日々発信しているのです。
かつてはハガキで案内を出し、チケットは手売りでした。
この辺は隔世の感があるとしみじみしてしまいます。
演芸専門の月刊誌に「東京かわら版」があります。
三年ほど前までは掲載される地域寄席の月間公演数は約五〇〇でした。
それがどうでしょう。
今や優に一〇〇〇を超えるのです。
しかもこれは首都圏における数字で、二つ目や若手真打がいかに活動しているかの証左なのです。
「私の地方に来て」という声があります。
私らにももっと全国へとの思いがあります。
しかしここにアゴ、アシ、マクラが立ち塞がります。
アゴは顎で食事代、アシは足で交通費、マクラは枕で宿泊代で、地方の地域寄席はここがツラいのです。
■  □  ■
しかし頑張る地方の席亭もいます。
落語好きの幹事を十人集め、それぞれに二十枚のチケットを売ってもらい、二百人規模の地方寄席を軌道に乗せている例が少なからずあるのです。
ギリギリでしょう。
いや多少の持ち出しかもしれません。
それが分かるから落語家も熱演します。
そして打ち上げでは楽しき落語談義となるのです。
実は地域寄席に関わると、苦労が多いのです。
ポスターを作り、チラシを配布し、頭を下げてチケットを売り、当日ともなると会場の設営に始まり、受付、案内、楽屋の接待と天手古舞(てんてこまい)。
その間に落語家を駅で迎えたりするのです。
つまり好きな落語を聞いていられないのが実状で、そこで落語家が帰ってしまったら、それこそ骨折り損の草臥(くたび)れ儲(もう)けで、ガッカリです。
しかし泊まってもらうには経費が……。
皆さんそこで苦労しているのです。
しかしそれを実現させるのは快感だそうです。
地域寄席に限っては落語ブームといえるでしょうが、現在は飽和状態、やがて淘汰があり、しっかりした経営のところが残るでしょう。
そこで「あなたも席亭になりませんか」とのお勧めなのです。
いい道楽だと思いますよ。

・・・ブームって本当?という答えかどうか分かりませんが、落語が東京(江戸)や大阪だけで聴くものではなくなって来ていることは確かかもしれません。
私の地元に近い山梨県富士川(旧鰍沢)町は、落語「鰍沢」で町興しをしています。
宝くじにでも当たったら、「席亭」をやってみたいですねぇ・・・。

ミサイル

bomb決して、恐怖を煽るわけではありませんが。
ミサイル
昨日朝、北朝鮮内陸部から弾道ミサイル1発を北東に向けて発射し、高度71キロまで上昇しましたが、発射数分後に空中で爆発して失敗したようです。
新型の中距離弾道ミサイル「KN17」の可能性が高く、発射数分後に爆発して日本海に落下したとの見方。
「KN17」は、艦艇を狙うための「対艦弾道ミサイル」として開発を進めているとの見方が広がっているものだそうで。

正常な判断力のない狂気の三代目の権力者が、追い込まれて、最も危険な蛮行に出ないように祈るだけです。
恐ろしい武器のスイッチを決して押さないように。
何か・・・キナ臭い雰囲気になって来て、

目的のICを通り過ぎたら

car高速道路での逆走が問題になっています。
その原因の一つに、目的のICを通り過ぎてしまったら人が、パニックになって逆走する、というのがあるそうです。
   目的のICを通り過ぎたら
逆走なんて、とんでもない危険な行為ですが、万が一、通り過ぎてしまったらどうすればよいのか?
次のICまでそのまま走り、降りてください。
料金所の「一般」レーンに入り、係員に事情をお話しいただければ、通行券に「特別転回」の承認印を捺します。
目的のICを通り過ぎたら
料金所を出てすぐUターン路がある場合と、一般道まで進んでからUターンする場合がありますので、
係員の指示に従い、IC入口料金所の一般レーンで再度事情をお話しください。本来降りるICまで高速道路を通って引き返すことができ、乗り間違えたぶんの料金はいただきません。

ETC車の場合でも同じようにすれば良いそうです。
時間は取り戻せませんが、高速料金は課せられないようですから、決してセコイ動機で逆走などしないように。

落語DEデート

sleepyやはり疲れているのか、昨夜早いうちから惰眠を貪っています。
落語DEデート
それでも、朝は目が覚めます。
     ◇鮑のし         二代目三遊亭百生
天使は、朝早くから「おとうさんとトーマスタウンに行くんだ!」と、はしゃいでいます。

2017年4月29日 (土)

仲良く

banana我が2人の天使たち。
仲良く
玩具の取り合いをしても、何度も会ったわけでなくても、従兄弟同士、仲良く「機関車トーマス」のプラレールで遊んでいます。
仲良く
2人とも、かけがえのない宝物です。
私は、この2人の「じいじ」です。

アバッセ高田

club東日本大震災で壊滅的な被害を受けた陸前高田で、地盤のかさ上げしている場所にショッピングセンターがオープンしたそうです。
アバッセ高田
まだまだ復興の一里塚だとは思いますが、一つステップを上ったということだと思います。
しかし、まだ周囲には、あまり建物はありません。
アバッセ高田
復興には、まだまだ時間が必要です。

落語九十九旅

bookちょっと高価?な気もしますが、注文してみようかと。
   落語九十九旅
落語というタイムマシンは、今はなき地名を伝え、ゆかりの事蹟を語り、土地柄やそこに生きた人々の姿を想像させてくれる。
そんな噺を掘り起こしながら、日本全国を訪ね歩き、その土地にまつわる物語を愉しむ99のエッセイ。
入門者も玄人も、名代の落語から高座で聴けない噺まで、名所・奇所・珍所を発見する旅の案内書。
この場合は、「九十九」と書いて「つづら」と読むんですよね。
「つくも」という読み方もありますが。

天使ふたり

presentGW初日から、嬉しいプレゼント。
天使ふたり
転勤で松江から戻った息子一家が来て、我が家に滞在中の娘一家と合流。
天使が2人揃って賑やか賑やかなりました。
天使ふたり
昨年度夏以来の従兄弟再会です。
仲良くしていたかと思うと、玩具の取り合いが始まったり。
おじいちゃんには、予想外のプレゼントでした。

緊張

bomb朝から、北朝鮮のミサイル発射のニュースです。
緊張
発射は失敗だったようですが、さらに情勢が緊迫しています。
このチキンレース、日本の平和や安全にとっても極めて大きな影響を及ぼします。
こんなこと初めてだと思いますが、北朝鮮のミサイルを発射の情報を受けて、一部の交通機関は、安全確認のため、一時、運転を見合わせる措置を取ったそうですから、対岸の火事だとボーッとしていてはいけません。
緊張
東京メトロは、すべての路線で午前6時7分から運転を見合わせ、10分後に運転を再開。
東京メトロでは、今月中旬に北朝鮮がミサイルを発射した場合の対応を検討した結果、ミサイルが発射されたという報道があった場合、10分間をめどに安全確認のため運転を見合わせることを決めたということです。
緊張
これに伴い、東京メトロに乗り入れているJRや私鉄にも一部で影響が出たそうです。
東武鉄道も、東上線など複数の路線で午前6時7分から10分程度、運転を見合わせ。
北陸新幹線も金沢駅と新潟県の上越妙高駅の間で午前6時8分から運転を見合わせ・・・。
緊張
国内でも、緊急時対応が実施されています。

2017年4月28日 (金)

GWの渋滞予想

flagいよいよGWです。
プレミアム何とかで、早く帰る人は、もう今からGWだそうです。
そのプレミアム何とかというのは何なんでしょう?
絶対に定着しないと思います。
わざわざ忙しい時に早く帰ろうなんて・・・。
翌日の土曜日に出なくてはいけなくなりますよ。
浅はかな役人の知恵のような気がするのですが・・。
GWの渋滞予想
さて、そのGW。
期間中の渋滞予想がリリースされています。
例えば、5月4日の東名高速(東京ー御殿場)の上下線の渋滞予想を見ると・・。
GWの渋滞予想
要は、お昼頃出かけて、深夜に戻れば良いのかと。
みんな考えることは一緒ですから。
出かけなければいいんですね。

旬が過ぎた?

drama最近、このお二人の露出が減った気がするのですが・・・。
旬が過ぎた?
毎朝毎晩・・・テレビで顔を見ない日はなかったのですが。
旬が過ぎた?
就任から相応の時間が経ち、新鮮さがなくなったのか、落胆されつつあるのか・・・?
世界の、東京都のキーパーソンであることには間違いありませんから、しっかり任務を遂行していただきたいものです。

全国地震動予測地図

sign04今後30年の間に、震度6以上の地震が起こる確率を示した地図。
全国地震動予測地図
東京も郷里も黒っぽい赤で表示されていますから、大地震は確実に起こるということです。
そもそも、程度や確率はともかく、揺れる心配のない場所は皆無だということが分かります。

東京メトロと落語協会

event落語協会と東京メトロのコラボレーションが発表されました。subway
東京メトロと落語協会
落語協会と東京メトロで、「林家木久扇イラスト入り限定東京メトロ24時間券」、対象の寄席のうち1カ所で1回利用できる「寄席鑑賞券」及び「スタンプラリーリーフレット」がセットになった「落語・グルメ スタンプラリーきっぷ」を5月11日(木)から8月10日(木)まで限定3000セット、1セット300例が円で発売されるそうです。
東京メトロと落語協会
スタンプラリーで、対象の寄席2カ所とスタンプラリーリーフレットに紹介されている噺家おすすめの飲食店2店舗でスタンプを集めると、もれなく落語協会×東京メトロオリジナル手ぬぐいがプレゼントされると。
また、このきっぷの発売を記念して、5月31日(水)に池袋演芸場にて、鉄道をテーマとした落語などを公演する「鉄道落語会」を開催。
まぁ、賑やかなことです。

春の褒章

ribbon今年の春の褒章受章者が発表され、柳家さん喬師匠が「紫綬褒章」を受章されるそうです。
全く意義なし!
おめでとうございます。

おひろめ寄席のプログラム

eventどなたかのツイートで、おひろめ寄席のプログラムを見つけました。
出演者が知らないうちに、それよりも早く一般にリリースされるというのは、やや釈然としませんが、まぁ我慢するとして。
おひろめ寄席のプログラム
第一部から第三部まで、とても賑やかな番組です。
おひろめ寄席のプログラム
私の出番は、6時過ぎになるのかな?

2017年4月27日 (木)

新刊落語本

book最近、立川志らくさんの露出が増えているようです。
新刊落語本
その志らくさんがオススメの立川談慶さんの本です。
与太郎は、落語国のスーパースターです。
そうそう、最近のバカ議員たちには必読書かもしれません。
与太郎の爪の垢でも煎じて飲んで欲しい。

静岡県最後のコンビニ?

24hoursSNSで、この「静岡県最後のコンビニ」という看板について、「ここが県内唯一残った最後のコンビニ?」と誤解する人がいるそうです。
静岡県最後のコンビニ
私は、この看板の現物を見た記憶がありますから、特に驚きませんでしたが。
よく、ガソリンスタンドの看板にもありますよ。
「この先には、ガソリンスタンドがありませんよ」という。
静岡県の富士宮から、国道139号線を山梨県方面に向かって行くと、この看板があります。
朝霧高原を抜けて、富士五湖の一つ本栖湖は、山梨県身延町になりますから、「このコンビニが静岡県のはずれですよ」ということなんです。
しかも、このコンビニチェーンは、山梨県には店舗はないはずですから、確かに「最後の」なんでしょう。
ただし、近々大手のコンビニチェーンとの合併で、このブランドがなくなりますから、「最後の」も、あまり意味がなくなるかもしれません。

ホテルの部屋の電話

hotel昨夜、ホテルにチェックインして寛いでいると、部屋の電話が鳴りました。
ホテルの部屋の電話
昔ならいざ知らず、最近は部屋の電話を使うことはありませんし、かかって来ることなど考えられません。
「?・・・何だろう?」と、恐る恐る出ると、フロントからでした。
用件は、前回宿泊した時に、部屋に備えてある投書戔に要望を書いて置いたので、支配人がお礼と話がしたいということでした。
要望というのは、喫煙場所が、ホテルの入口の外(脇)にあって、見た目も臭いも気になるので、移設か廃止したらというものです。
自動ドアが開いた時に、臭いがロビーにも入ることがあり、外国人宿泊客も多いので、なくした方が良いと思ったので。
出張の常宿にしていて、気に入っているホテルなので、素朴な思いで投書しました。
次回、GW明けにも予約しているので、その時にでもと答えておきました。
・・・うるさい客ですなぁ。

2017年4月26日 (水)

大阪へ

rain3週間続けての大阪出張。
今回は、夕方の移動で、新大阪着が8時。
大阪へ
大阪は今日1日中雨だったようです。
いつもは地下鉄でホテルに行きますが、今夜はタクシーを利用させてもらいます。
淀川を渡る時には、ちょうど梅田あたりの林立するビルの灯りが見えます。

チキン弁当

bullettrain3週連続で2泊3日の大阪出張中です。
チキン弁当
夕方の移動だったので、チキン弁当を買いました。
肉の色と味の濃さ、そして硬さ・・・このB級感が大好きです。

東北でよかった

annoyバカ大臣がクビになって清々しました。
       東北でよかった
彼は、口では陳謝していましたが、本音は、一生反省するなんてことはないでしょう。
学歴の問題ではありませんが、東大ご出身の優秀だった方のようですが、いかんせん、与太郎でも知っている人の道が分からないのですから、とにかく始末に終えません。
ところで、このバカ大臣の「東北でよかった」と言う不謹慎フレーズが、東北出身の方々によって、暖かい言葉になっているそうです。
「東北でよかった」・・・。
私は、東北出身ではありませんが、誰がなんと言っても、東北が第2の故郷です。
18歳から25歳まで、生まれて初めて故郷を離れて独り暮らしをしたのが東北です。
「東北でよかった」と、心から思います。

GW日帰りおススメスポット

sunいよいよ始まるゴールデンウィークで、東京から日帰りで楽しむことが出来る静岡県のおススメスポットが紹介されていました。
GW日帰りオススメスポット
日帰りということになると、やはり東部ということになるでしょう。
GW日帰りオススメスポット
  1.富士サファリパーク
  2.白糸の滝・音止めの滝
  3.まかいの牧場 
     ・・・だそうです。
子どもたちには、動物がいいでしょう。
東名高速富士ICあるいは新東名高速新富士ICから、白糸の滝、まかいの牧場を経て山梨県方面に向かい、富士五湖(とりあえず河口湖まで)や青木が原樹海、富士急ハイランドへ。
帰りは、中央高速河口湖ICから東京へと・・。
あるいは、河口湖から山中湖まで行き、御殿場へ出て東名高速で戻れば、富士山を一周したことになります。
大混雑間違いなし!

2017年4月25日 (火)

紀伊國屋寄席

event東京かわら版で、来月の「紀伊國屋寄席」に師匠が出演されることを知りました。
紀伊國屋寄席
早速、チケットを購入しました。
演目は「そば清」だそうです。

更迭

punchやっぱり、当然、早々に、大臣をクビになりました。
「更迭(こうてつ)」と、よく言われます。
人事処置の一つで、高い地位についている人間の役職を解き、別の人間を当該役職に充てることを指します。
一義的には、クビと言う強い意味合いではないようです。
しかし、役職が解かれる人間にネガティブ(在任期間が通常より短く、更迭後の役職・地位が下がる)なケースに用いられる例が多く、「左遷」と似たようなニュアンスで用いられることが多いようです。
と言うことであれば、クビ、左遷、解任、罷免のニュアンスもありということ。
私は、そんなの甘い甘い、「死刑」でしょう。
こういう奴は、元々考え違いしている、了見の貧しい輩ですから、自身の言動の問題点、それに基く反省と言うのは皆無ですから、死んでも直りません。
こんな大臣なら、与太郎でも八五郎でも立派に務められますよ。
与太郎でも出来る
それにしても、歴代ボロボロトップが並ぶ官庁で。

東京かわら版

sunbook落語芸術協会の新真打の特集でした。
    東京かわら版
バタバタしていて、熟読出来ていませんが、落語界は概ね平和なようです。
結構なことで。

あずみさんの誕生日

birthdaybirthday昨日が、林家あずみさんの誕生日だったみたいです。
あずみさんの誕生日
何歳かも知りませんが、おめでとうございました。

どこまでもバカ

annoyannoyこいつ、この間、記者会見でエキセントリックな態度で問題になったバカ大臣。punch
どこまでもバカ
やはりダメですね。
その今村復興相は、東京都内のパーティーであいさつし、東日本大震災の被害を巡り「まだ東北で、あっちの方だったから良かった。首都圏に近かったりすると莫大な額になった」と述べたそうです。復興担当大臣ですよ。
誰よりも被災地に寄り添うべき立場の人ですよ。
呆れて物も言えない。
どうしたら、そんな思考回路になるのか、何が言いたいのか・・・(`´)

マナー違反だと思う

bombまたお騒がせ。
林家正蔵・林家三平兄弟の姉の泰葉さんが、ブログで元夫の春風亭小朝さんを「告発」したという・・・。
二人は07年11月に離婚。
08年9月にはブログで小朝さんを「金髪豚野郎」などと罵倒するなど暴言を連発して大騒動に。
さらに音楽イベントへの出演をドタキャンした上、マスコミ各社にファクスを送り「小朝と戦う。絶対に許さない」と一方的に宣言。小朝さんに数百通の脅迫メールを送っていたことをマスコミあてのファクスで告白し、母親の海老名香葉子さんが騒動についての謝罪文を発表する事態に。
その後会見を開き、「(今後は)小朝に一切メールをしない」などと一方的に終結を宣言していたはずです。
最近では、「軽度のうつ病」と診断されたことを明かし、「治りました。全快です」とアピール。
昨年は、出演したテレビ番組では、躁と鬱を繰り返す「双極性障害」と診断されていたことを公表。
そんな中で、更新した「告発」と題したブログで、小朝さんから「暴行、いじめ、異常性行為」を20年にわたり受けていたとし、「私の双極性障害の原因はこの虐待によるものでした」と告発。
「私も悪いのです。階段から突き落とされ肋骨にヒビが入る怪我をしたり、生命の危険を感じる暴行を加えられた時に、通報する勇気があればよかったのです」と書き込んでいたそうです。
さらに「告発2」のタイトルで更新したブログでは、「春風亭小朝に被害を受けたのは私だけではありませんでした」と切り出し、「故四代目桂三木助の自殺は小朝のいじめによるものでした。これは落語界の中では周知の事実です」と記述。
「命まで奪った小朝は心から三木助に謝罪してほしいと思います。そして私も謝ります。三木助ごめんね。助けてあげられなくて」などと記しているそうです。
真偽のほどはともかく、こういうのって、マナー違反、ルール違反だと思います。
失うものが大きい人に対して、清算がすんでいるはずの過去のことを掘り起こして、一方的に責めるなんていうのは、正気の沙汰ではないし、フェアでなく卑怯だと思います。
小朝さんも、身から出た錆もあるかもしれませんが、とんだ輩に関わりを持ってしまいました。
伝統を重んじている一家ならば、こんな言動は・・・?
正蔵・三平兄弟にも決して良くない影響になるでしょうし、ひいては落語界の恥にもなります。
まぁ、相手をしなければ良いし、その気も起こりませんが。
・・・男と女、そして夫婦・・・。
別れたら、お互いに何も語らないのが人の道だと思います。
「三木助ごめんね」って、三木助さんの方が年長だったはず。
やや年上で、仲が良かったと言われる小朝さんは「三木助」と呼び捨てにしていたかもしれませんが。
とにかく、いい加減にして欲しいものです。

2017年4月24日 (月)

新茶の歴代最高値

sunjapanesetea新茶の話題です。
静岡県で行われた新茶の初取引で業界も驚きの歴代最高値が出たそうです。
新茶の歴代最高値
新茶の歴代最高値
今朝、静岡茶市場では、三本締めを合図に県内産の新茶の初取引が行われました。
今年は2月、3月の気温が低く、生育が遅れたことから、取引量は約1700キロで、去年の8700キロと比べて7000キロほど少なく、お茶の平均単価は1キロあたり7706円で、去年の49954995円よりも2800円程度高値だったそうです。
そして今回、JA富士宮がすべて手作業で茶摘みや手もみなどを行って生産している「さえみどり」が、1キロ108万円という歴代最高値を付けたと言うことです。
そんなに高いお茶を誰が飲むんでしょう?
富士宮のお茶も素晴らしいんですね。

「こえんか」二人

shadow三遊亭圓歌師匠が亡くなって、圓歌一門では「こえんか」が二人になりました。
三味線漫談の三遊亭"小円歌"さんと、三遊亭"故圓歌"師匠です。
ところで、この圓歌師匠が、落語界で初めてやった(タブーを破った)ことが3つあるそうです。
まず、黒以外の色の紋付きを着て高座に上がった。
元々、落語界では黒紋付きを着るのが慣例でした。
そして、メガネをかけて高座に上がる(落語を演る)。
これも、最近では、圓丈師匠や昇太さんなど、あまり違和感がなくなっていますが、最初だったんですね。
それから、江戸落語界で初めて女流の弟子を取り、真打に育て上げた。
歌る多さんが、落語界初の女性の真打でした。

三遊亭圓歌師匠の訃報

cryingとうとう、父と同い年の圓歌師匠が亡くなってしまいました。
享年88歳。
     三遊亭圓歌師匠の訃報
私は、必ずしもリアルタイムではありませんが、「山のあな、あな」のフレーズで人気を博し、落語協会の会長も務められました。
現在は最高顧問でした。
墨田区向島の出身。
岩倉鉄道学校(現岩倉高校)卒。
学徒動員で山手線新大久保駅に配属され駅員生活を送った。
戦後の1945年9月、二代目円歌に入門し歌治。
48年歌奴で二つ目昇進。
初めてメガネをかけた落語家で、「山のあな、あな」と繰り返す「授業中」をはじめ、「浪曲社長」「月給日」などの新作落語で人気を得た。
58年、戦後入門組としては初めて真打ちに昇進。
興隆期のテレビにも数多く出演し、初代林家三平師匠らとともに、大衆にアピールする落語の新時代を開いた。
映画には、66、67年の東宝「落語野郎」シリーズなどに出演。
70年、三代目圓歌を襲名したのを機に、古典落語にも力を入れ、71年「三味線栗毛」で芸術祭優秀賞を受賞。
85年には得度式を行い、僧名円法を得て改名。

日蓮宗で身延山で修行されたことになっています。
96年、五代目柳家小さん師匠の後を引き継ぎ落語協会会長に就任。
2006年まで務めた。
後進の指導にも尽力する一方、近年の高座では、自分、先妻、後妻の両親計6人を抱えることになったことをテーマにした新作「中沢家の人々」を得意とした。

最近は、身体も声も小さくなり、老いを感じさせましたが、楽しい高座は相変わらずでした。
お弟子さんも多く、流れは違いますが、三遊亭を盛り上げてくださっていました。
「病院から寺へ行くやつはいるが、寺から病院へ行ったのは俺だけだ」なんて、病気で倒れた時のことも落語のネタにして笑わせていました。
圓歌としても大活躍でしたが、同年輩の方々には、やはり歌奴さんなんでしょう。
三平と歌奴・・、爆笑系の昭和のスターがまたいなくなりました。
吃音で苦労された「山のあな、あな」は、名詩「山のあなた」のこと。
   山のあなたの空遠く
   「幸」(さいはひ)住むと人のいふ
   噫(ああ)、われひとゝ尋(と)めゆきて
   涙さしぐみ、かへりきぬ
   山のあなたになほ遠く
   「幸」(さいはひ)住むと人のいふ

格の違い?

baseballこのスコアボード、勿論、野球の試合のものです。
格の違い?
山梨県の春の高校野球の試合のものです。
勝ったのは、甲子園にも常連で、今年も優勝候補の最右翼、負けたのは、母や家内や・・地元の多くの人たちの母校。
何年か前に、21世紀枠の候補だったことがあるはずです。
かつて、私と同い年の選手が、ドラフトの高順位で指名されたこともあります。
それでも、球児たちは、一生懸命闘ってくれたと思います。

2017年4月23日 (日)

池袋で

bottle夜の池袋。
池袋で
落語会がハネた後、会場には、師匠の指導を受けている多くの人が残っていましたが、「圓窓後援婦人会」のパワーに圧倒されて、逃げ出しました。
落語会に誘った「Ⅰさん」と、ディープな池袋西口で一献。
これまたディープな話題になりました。

三遊亭圓窓一門会

event陽が長くなりました。
夜席の開場を待つ、池袋演芸場前。
三遊亭圓窓一門会
この落語会に誘った「Ⅰさん」と待ちあわせ。
確か、何度か一緒に来たことがあるから、場所は分かっていると思いますが。
三遊亭圓窓一門会
予定通りに落ち合うことが出来て、中に入ります。
三遊亭圓窓一門会
池袋演芸場は立ち見の出る大盛況でした。
    ◇たらちね       三遊亭ぐんま
    ◇蔵前駕籠       三遊亭萬窓
    ◇質屋蔵               三遊亭窓輝
    ◇通夜の蕎麦        三遊亭圓窓
    ◇富士詣り            三遊亭窓里
    ◇高田馬場           三遊亭吉窓
正直なところ、客層というか客質は・・・な部分もありました。
私は、どうも、安易に「待ってました!」と声をかけるのが好きになれません。
芝居のように大きな会場で、大向こうから声を出すのでもないのですし。
声の主が分かるだけに、品が・・と思ってしまう。
それぞれの出来映えはどうだったのでしょう。
・・・みたいですが。
しかし、楽しい時間ではありました。
師匠創作の「通夜の蕎麦」は、師匠が改作の「通夜の猫(猫怪談)」と「通夜の烏(吉住万蔵)」との三部作みたいですが、江戸時代が舞台になっていなかったのが、個人的には残念でした。

酒井広さんの訃報

karaoke子どもの頃、アナウンサーに憧れていました。
・・・と言うより、大学卒業の時にも、かなり真面目に考えました。
しかし、特殊な世界なのと、田舎大学なのと、このルックスとが3つ揃ってしまったので、泣く泣く?諦めました。 
   酒井広さんの訃報
酒井広元アナウンサーが亡くなったそうです。 享年91歳。
   酒井広さんの訃報
鈴木文弥、青木和雄、宮田輝、高橋圭三、小川宏、八木治郎、鈴木健二・・・。
記憶に残るベテランアナウンサーの一人に酒井広さんもいました。
「生活の知恵」と言う番組で、確か河村さんと言う女性アナウンサーと司会をされていました。 その後、NHKを経てフリーになり、80年代には日本テレビ系のワイドショー「酒井広のうわさのスタジオ」で司会を務められました。
昭和は遠くなりにけり。

非常識

tv世間を騒がせている大阪の某学園が、とうとうと言うかやはりというか、経営破綻して民事再生法適用申請を行いました。
民事再生法というのは、経済的に窮境にある債務者とその債権者の民事上の権利関係を適切に調整し、債務者の事業・経済生活の再生を図ることを目的として制定された法律です。
債権者の権利との調整というのは、具体的には、債権者に一部(全額も?)債権放棄や返済の繰延べなどを強いることになります。
要するに、経営の失敗で、関係者に多大な迷惑をかけるのです。
ところが、この学園の理事長・・と言っても、退任した前理事長の娘が、「迷惑をかけして申し訳ない」と頭を下げる一方で、民事再生法適用申請を「新しい決意」と表現し、あろうことか、わずかに笑みを浮かべながら「見守ってほしい」と訴えたということで、勘違い一族ぶりを露呈しました。
謙虚さや真心の一片も感じられませんでした。
前理事長も、幼稚園を経営しているその妻も、記者会見で他人事のように吠えていた息子も、そしてこの娘も、酷いものです。
首相夫人の脇の甘さが、さらに引き立って来ます。

ヨーロッパの政情

suntyphooncloud欧州各国の政情が賑やかです。suncloudヨーロッパの政情
今は、フランスの大統領選挙が混沌としているようです。
誰が当選するか、余談を許さない。
誰が勝利するのかは、神のみぞ・・でなく"仏"のみぞ知る・・。

落語DEデート

music珍しい噺でした。
   ◇ふたなり          五代目古今亭志ん生
ある田舎のお話。
土地の親分で、面倒見がよいので有名な亀右衛門のところに、猟師が二人泣きついてくる。
五両の借金が返せないので、夜逃げをしなければならないという。
何でも呑み込む(頼みを引き受ける)ため、鰐鮫(わにざめ)と異名を取っている手前、なんとかしてやると請け負ったものの、亀右衛門にも金はない。
そこで、妖怪が出ると噂の高い天神の森を通って小松原のおかんこ婆という高利貸しのところへ借金に行くことになった。
森に差しかかると、ふいに若い女に声をかけられる。
どうせ狐か狸だろうと思ったが、これがなかなかいい女なので、話を聞いてみると「若気の至りで男と道ならないことをした、連れて逃げてもらおうと思ったが、薄情にも男は行方をくらましてしまい、この上は死ぬより他はないから、書き置きを親許に届けてほしい」との願い。
「もし聞き届けてくださるのなら、死ぬ身にお金は必要なし、持ち出した十両があるので、それを差し上げます」
こんなおいしい話はない。
亀右衛門はたちまち飛びついた。
「もう一つお願いがございます」
「何だい」
「あんまり急いだので、死ぬ用意が有りません。
ここは飛び込む川もなし、どうしたら死ねるか、教えてください」
そこで、目についたのが目の前の松の木。
亀右衛門、首くくりの実技指導をしているうちに、熱が入りすぎて、縄から思わず手を放したのが運の尽き。
自分がぶら下がってしまい、あえない最期。
「あァらいやだわ、この人。あたし、なんだか死ぬのが嫌になっちゃった。死人にお金は必要ないから、今この人に渡した十両、また返してもらおう」
ひどい奴があるもので、風を食らって逃げてしまった。
翌朝、親分の帰りが遅いのを心配した例の猟師二人が捜しに来て、哀れにもぶらぶら揺れている亀右衛門の死骸を発見して大騒ぎ。
さっそく、役人のお取調べとなる。
「ここに書き置きがあるな。覚悟の自殺と見える。どれどれ『ご両親さまに、先立つ不幸、かえりみず、かの人と深く言い交わし、ひと夜、ふた夜、三夜となり、ついにお腹に子を宿し…』。なんじゃ、これは。これこれ、その方ども、この者は男子か女子か、いずれじゃ」
「へえ、猟師(両子)でございます」

・・・志ん生師匠と米朝師匠しか演らなかったという噺。

2017年4月22日 (土)

明日は「三遊亭圓窓一門会」

event明日は「三遊亭圓窓一門会」です。
明日は「三遊亭圓窓一門会」
「Ⅰさん」と待ち合わせしています。
きっと他の連の人たちも来場することでしょう。

浅草寺裏

rvcar今日の帰省では、富士山は全く拝めませんでした。
それはおろか、帰りは、局地的に強い雨が降っていました。
浅草寺裏
帰路では、いつものとおり、沼津ICから足柄SAあたりまでは、豪雨でした。
東名高速は概ね順調でしたが、首都高速6号下りが渋滞しているので、上野線を入谷まで行き、後は下道を使いました。
浅草寺の裏から見える東京スカイツリーに向かって愛車を走らせますが、水戸街道も大渋滞でした。

ランチ

riceball道の駅でランチ。
ランチ
そば定食の食券を買いました。
とりたてて特産品の料理ではありませんが、手打ちのいかにも田舎くさい蕎麦が売りなんでしょう。
それから、ゼンマイやゴボウやニンジンのきんぴら、タマネギどっさりのかき揚げが美味い!

道の駅「とみざわ」

car久しぶりに道の駅に立ち寄りました。
道の駅「とみざわ」
筍やら山菜やら野菜やら、お茶やら生姜やら、地元の農産物やこれらを使った饅頭や菓子や惣菜が並んでいます。
茹でた筍のビニールパックが一袋800円でした。
道の駅「とみざわ」
不作ということもあるのか、いいお値段です。
道の駅「とみざわ」
昔、家の周りで採った、ワラビやゼンマイも並んでいました。
故郷の空気を吸うことが出来ました。

我が家の筍

clover母の実家の従弟から、「筍を掘ったから」どの連絡。
私の実家の竹藪を見てくれていています。
我が家の筍
今年は筍は不作だそうで、先週の町の「たけのこまつり」でも、直販の筍が少ないので、高値にも拘わらず、ごく短時間で売り切れてしまったようです。
伯母が、筍を茹でて、私が訪ねるのを待ってくれていました。
筍とホウレン草をどっさり愛車のトランクへ。
伯父(母の兄)も元気でしたが、ちょうど昼寝をしているようなので、寝顔だけ見て。

墓参

paperお彼岸以来、1ヶ月ぶりの墓参。
数日前に風雨の強い日があったので、一部仏花が風で飛ばされていたようです。
墓参
墓石が鳥の糞で白く汚れていたので、雑巾で拭いて綺麗にして、にわかの墓掃除。
実家の庭も墓も、近所の人が見てくれていて、本当にありがたいことです。
墓参
「今日あたり来るかなと思っていたら、車が見えたから」と、顔を出してくれました。
今年の筍やお茶の作柄のこと、サルやシカやイノシシのこと・・・暫し歓談。
田舎の春は、ゆっくりと時間が流れますが、いつまでこうしてもいられません。

春の庭

bud実家の庭も、すっかり春の装いです。
春の庭
桜もすっかり葉だけになりました。
庭の周りには芝桜が咲いています。
春の庭
ちょっと風が吹いていますが、ポカポカ快適な陽気です。
プランターには、近所の人が育ててくれたのでしょう、真っ赤なチューリップも咲いていました。
 
春の庭
ゆっくりのんびりしたいなぁと思いますが・・・。

おとうさんが帰ってくる(^-^)

sun土曜日の朝。
天使は元気に起きて来ました。
お父さんが帰ってくる(^-^)
私が、帰省のために、早めに食事をしていると・・・
「じいじ、どこ行くの?」
「大きいばあばの所に行くんだよ」
「行ってらっしゃい」
「今日は何して遊ぶのかな?」
「おとうさんが帰ってくるから、映画見に行くの」
「おとうさんと、何を見るの?」
「アンパンマン!おとうさん帰ってくるから」
「おとうさんと行くの?」
「うん!おとうさん帰ってくるから」
「おしまいまで見られるかな?」
「うん!」

・・・元気一杯に答えてくれました。
「おとうさんが帰ってくるから」と、何度も繰返していました。
平日は、父親(婿)に会えませんから、親子でお互いにウイークエンドに会うのを楽しみにしています。
浴場にも天使の「機関車トーマス」グッズが貼ってあって、天使が主役の我が家です。

2017年4月21日 (金)

還暦スカイライン

rvcar私は、高度成長のど真ん中で育った世代ですから、クルマに夢中になったものです。car
還暦スカイライン
数ある国産車で、一番印象に残っているクルマのひとつが、日産の「ハコスカ」と「ケンメリ」です。
別に、自分がオーナーだった訳ではないのですが。
その、1957年4月に発売されたセダン「スカイライン」が60周年を迎えたそうです。
還暦スカイライン
これを機に、日産自動車が歴代全13モデルを一堂に集めた記念イベントを開催。
スカイラインは日産で最も長く販売している車種で、現在13代目。
累計販売は300万台を超え、今も国内で20万台以上が走る。
若いカップルが登場した「ケンとメリーのスカイライン」の広告にちなみ「ケンメリ」の愛称で親しまれた4代目が代表格。
還暦スカイライン

若い世代に支持されたスカイラインも、昨年の販売は約4千台と最盛期の40分の1。
2015年度の日本自動車工業会の調査では、車を持たない若い世代の7割が「車に関心がない」と回答。
時代の流れを感じます。
いつだって  どこにだって・・・
                  虹の向こうへ出かけよう
              
今が通り過ぎて行く前に
古き良き時代です。

新入生勧誘

school落研の現役部員の皆さんの話題。
新入生勧誘
落研部員の皆さんは、新入生の勧誘で大忙しのようです。
新入生勧誘
私が落研に入部した時のことを思い出します。
新入生歓迎「川内寄席」で、先輩の噺を聴いて、もともと入部するつもりでしたが、1人では躊躇してしまい、同じ学部のクラスで親しくなったばかりの友人に付き添ってもらいました。
初めて聴いたのが、風流亭喜楽師匠の「壺算」と酩亭千鳥師匠の「道灌」と孤狸亭酔狂師匠の「盃の殿様」だった気がします。
今年も大勢入部してくれるといいですね。

綺麗な字の書き方

pen以前にも触れましたが、とにかく綺麗な字が書きたいものです。
綺麗な字の書き方
ペンや鉛筆の持ち方も、本当に多様で、中には、こんな持ち方でちゃんと書くことが出来るのかと思うようなものもあります。
私は、しいて言えば、"ポキポキ字"かもしれません。
指(先)に力を入れて書きますので、中指に"ペンだこ"が出来ています。

綺麗な字の書き方

やはり鉛筆(ペン)の持ち方(握り方)だと思います。
指先に力を入れずに書くように、ちょっと直してみようと思います。
最近は、自筆することも少なくなりましたが。
それにしても、さらに驚くのは、左利きの方が左手で書くのを頻繁に見るようになりました。
箸もそうですが、紙を筆(ペン)先で押すようになりますから、さぞや書きづらいと思います。
中学校の同級生で、ノートを、左のページは左手で、右側のページは右手で書いて、ほとんど筆跡が同じだという人がいました。
非常に手先が器用なやつでした。

2017年4月20日 (木)

地方公務員の年収

moneybagこんなデータもあるんですね。
地方公務員の年収
各都道府県の公務員の年収ランキングです。
やはり、都会の自治体が相対的に高給のようです。
静岡県はかなり高いですね。
山梨県も、他の様々なランキングの傾向からすると、"定位置"より若干良いかもしれません。

1ヶ月の進捗

building大阪出張中。
1ヶ月の進捗
大阪のメインストリートである御堂筋に建設中の、某メガバンクの大阪ビル。
御堂筋最大の建物になるようですが、先月と今月の状況を比べてみました。
1ヶ月の進捗
上が今の様子で、下が先月の様子。
一見、あまり代わりが内容にも見えますが、階層が積み上がって来ています。
来年の今頃には完成していることでしょう。
御堂筋沿いでは最大級の建物になるそうです。

筍の話題

夕方、ホテルの部屋でテレビのスイッチを入れたら、郷里が映っていました。
筍の話題
今が旬の筍の話題です。
竹の旬を筍と言うんですね。
筍の話題
我が町の有力な産物の一つです。
温暖で多雨な気候で、筍やお茶が良く育ちます。
筍の話題
この季節になると、町では「たけのこまつり」を開催して、観光客を呼び集めています。
「たけのこまつり」は、先週の日曜日の16日でした。
筍の話題
ところが、聞けば、今年は、筍は裏作で、豊作ではなさそうです。筍の話題
それでも、今週始めにはかなり雨が降ったようなので、今週は一気に成長していることでしょう。
この週末に帰省しますが、筍掘りで忙しくしている人が多いかもしれません。

茶摘み

bud春が来たと思ったら、あと2週間で八十八夜です。
茶摘み
八十八夜と言えば「茶摘み」の季節です。
幼い頃には、実家の茶畑でお茶の手摘みをしたものです。
さて、今年の静岡県内産新茶は芽伸びが前年より遅れ、主力品種のやぶきたの摘採ピークは「八十八夜」の5月2日から9日ごろになる見通しだそうです。
3月の気温が平年より低く推移したため、新芽の生育は前年より5~6日、平年より3~4日遅いと判断。
今年は、病害虫は全体的に少なく、凍霜害など気象災害もなかったため、新芽の生育は前年に続いて「極めて良好」だそうです。
野にも山にも若葉が茂る頃です。

こんなことを考えることに?

bomb隣国をめぐって、突然、世の中が騒然として来ました。
こんなことを考えるなんて
朝鮮半島をめぐる緊迫感が増す中、日本に影響が及びかねない有事が万一起きた際に身を守る方法を、確認しておくことが大切だという訳で、ある新聞が伝えています。
隣国によるミサイル発射が確認された場合の避難先について政府の担当者は「堅牢な建物。理想は地下街」とするが、自然災害のように避難場所が定められているわけではないため、混乱も予想される。
政府の担当者によると、周囲に建物や地下街がない場合は、頭を抱えて地面をはったり、しゃがんだりするのが有効ということですが、こうした対応は、イスラエルの民間防衛組織のパンフレットにもあるそうです。 また、車に乗っている場合はガソリンに引火する恐れがあるので、下車して地面に伏せる必要があります。
東京都が作成した防災ブック「東京防災」でも、テロや武力攻撃の際の対策や避難方法を紹介しているそうです。
何とも嫌な雰囲気になって来ました。

2017年4月19日 (水)

お世話になって

hospital医療・介護・福祉の世界。
お世話になって
母が病気で倒れて、それまで全くご縁がなく、知らない世界だった医療・介護・福祉の一端に触れ、当事者として置かれることになって初めて、そこで献身的に働いている多くの方々の存在を知り、心から感謝するようになりました。
それぞれの局面で、様々な資格をお持ちのプロたちが、一老人(とその家族)を、本当に献身的に助けてくださっています。
ところが、世間では、介護・福祉分野で働く方の処遇が低いなどと問題になっています。
また、縦割り行政の弊害も数々出ているようです。
そんな中で、厚生労働省は、保育士、介護福祉士、看護師など12の医療・福祉分野の国家資格などについて、養成課程の一部を共通化する方針を固めたそうです。
保育や介護分野などへの労働力の移動を容易にすることで、人手不足が懸念されている福祉人材を確保するのが狙で、12の有資格者を合わせると500万人ほどになるそうです。
医療・福祉分野の資格を取得するには、国が指定した専門学校や大学などで学ぶ必要があり、養成課程は資格ごとに異なります。このうち、社会福祉、保健、心理学など、学習内容の一部の教科や実技を再編成。
職種横断的な「共通基礎課程」(1年程度)とし、それに加えて、資格ごとの「専門課程」を学べば、それぞれの資格を取れる仕組みに改めるということです。

話し方の極意

bookこんな本もあるんですね。karaoke
話し方の極意
NHKのテキストで見つけた「落語でつかむ話し方の極意」。
こんな紹介文です。
【人前で話すのが怖くなくなるコツ、教えます】
口下手な人も、聞き手にきちんと伝わる話し方ができるようになるポイントをおさえれば大丈夫。
熟達した落語家は、一方的に話しているように見えて、じつは観客の気配を敏感に察して話し方を変えている。
落語家の話術を認知科学の視点で分析し、すぐに実践できるコツを紹介する。
・・・だそうです。
さっそく買って読むことにしました。
放送はなかなか視聴出来ないと思いますから。

痛ましいヒーロー?

train痛ましい事故が起こりました。
痛ましいヒーロー?
踏切を渡り切れないでいる人を助けようと、遮断機を越えて踏切内に入り、電車に轢かれて亡くなった銀行員がいます。
痛ましいヒーロー?
本当に痛ましい事故です。
都会の踏切は軌道が 多くて幅が広いので、高齢者が渡りきれないなんていうことが多いようです。
やはり高齢化社会、早急に線路の高架化か地下化が必要だと思います。
助けようとした勇気と実行力には、最大限の敬意を表すものですが、果たして、最良の方法だったのか・・・分かりません。

2017年4月18日 (火)

天使の誕生日

birthday娘の長男の満3歳の誕生日です。
天使の誕生日
5日前に弟が生まれたばかり、前日産院を退院したばかりなので、我が家で(私を除いて)誕生祝いをしたそうです。
とにかく大きくなりました。
会話もよく出来て、「この子は天才じゃないか」と、"じじバカ"ぶりを発揮しています。
お兄ちゃんの誕生日が4月18日、弟が4月13日ですから、"ヨイヤ"と"ヨイサ"ですよね。
二人合わせて"ヨイヤサ・ブラザーズ"です。

プロのつぶやき

coldsweats01ある噺家さんのツイートの一部。
語りの極意か稽古不足の言い訳かというところは、私にも実感できるものです。
思い出して演るのでは無く、演りながら、これだった、こんなクスグリもあった、アレ忘れてるよね、ココは押さない方がいいよね、と噺と評論らしきものが湧いて来るような?不思議な感覚。
ま、ちゃんと稽古して高座に掛けろ!で、ギャフンでありますが(笑)。

・・・そうなんです。

身延山献茶式

japaneseteaこんな儀式もあるんですね。
身延山献茶式
先日、身延山久遠寺の本堂で行われた「献茶式」の様子です。

舌禍のデパート?

shadow国会は東京の霞ヶ関ではなく、北海道の釧路にあったのかと思うほど、失言(湿原)ばかりです。
舌禍のデパート?
「ベタな駄洒落ですみません。湿原(失言)を撤回しますm(__)m」って、私が陳謝することはありませんが。
とにかく自身のミッションに対して、知識がないばかりか、謙虚さや忠実さが見えません。
それから、国民から選ばれているという感覚のなさも酷いですね。
昔は、教える訳でもないのに、何故か「先生、先生」と崇め奉られていたかもしれませんが、まさに時代錯誤です。
世の中は、フェアを求めるようになっているのです。
石のように硬い頭を切り替えないと。
二代目や三代目が跋扈して、どこぞの国のようになってしまいそう・・・。
ねぇマスター 作ってやってよ バカを言えないカクテル
これは「失言(失恋)レストラン」という歌?

2017年4月17日 (月)

南行徳寄席のプログラム

event6月10日の「南行徳寄席」のプログラム。
南行徳寄席のプログラム
百梅さんの名前が切れてしまっていたのを指摘されましたので、しっかり表示されてされているのを確認して、再度MLにアップしました。
なかなか雰囲気が出ていると思うのですが、いかがでしょうか?

似てる?

happy01happy01いかがでしょうか?
似てる?似てる?
林家三平さんと福岡ソフトバンクホークスの内川選手。
やはり似ていると思うのですが・・・。

光樹井さんの感想

scissors昨日の落語っ子連の稽古会に交流稽古で参加してくださった天祖亭光樹井(みっきい)さん、満足の稽古にしていただけたでしょうか?
光樹井さんの感想
昨日は、私のほか、越児さんと百梅さんが参加出来なかったので、稽古が見られず残念です。
写真は、昨年秋の発表会で「後生鰻」という残酷な?噺をお演りになったときのものです。
他のグループの稽古に参加するというのは、かなり勇気が要ることだと思いますが、すべからく女性は積極的だと思います。
かく言う私は、交流稽古に行ったことはありません。
やはり、いつもと違うので照れ臭い部分もあります。
これからは意を決して、決死の覚悟で、天祖亭や要亭あたりにお邪魔させていただこうと思っているのですが。
気が弱いから・・・(-_-;)
勿論、お邪魔でなければ他のグループの稽古にも。

師匠からのご指導

art「南行徳寄席」のプログラムを作って、落語っ子連のMLに投稿したところ、千公さんから、「中入り」になっているが、「仲入り」でなくて良いのかとのご指摘をいただきました。
私も、 あまり考えずに、寄席などで一般的な「仲入り」を使って来ましたが、前回の「深川三流亭」のプログラムをご覧になった師匠から、「中入り」が正しいとのコメントを頂戴したので、以来「中入り」を使っている旨の説明をしました。
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2017/01/post-84e0.html
師匠からも、MLに以下のようなコメントがありました。
 そもそも「ナカイリ」の由来、知ってます?
 能楽から来ています。
 相撲はそれをちゃんと受け継いでいます。
 寄席もそのはずだったんですが、いつのまにか、人偏を付けて
 「仲入り」と間違って伝わってしまったのです。
 少なくとも落語っ子連・三流亭は歴史的な価値を尊重してほしい
 
なぁぁぁ。
 付和雷同しないよう、しっかりと「中入り」と覚えてください、、、。

ということで、「中入り」に統一することにします。
プログラムは簡単に代えられますが、めくりは書き直していただかないといけません。
早速、「H先生」に、ご無理をお願いすることにしました。

お前だろう・・?!

bombまたまた、閣僚の"舌禍"。
そもそも何をやっているのか分からない地方創生大臣が、某県主催のセミナーで、自治体や企業の関係者約330人が出席していたそうですが、講演後、外国人観光客による地域活性化について質問を受け、文化財の活用が重要との考えを示しつつ、「文化財に指定されると、部屋で水や火が使えず、お花もお茶もできない。バカげたことが行われている」と指摘。
「学芸員は自分たちがわかっていればいい、わからなければ(観光客は)来なくてもいいよというのが顕著」などと述べたそうです。
そういう規制をしているのは国、要するにあなたたちではないのですか?
所管は違うかもしれませんが。
「一番のがんは文化学芸員と言われる人たちだ。観光マインドが全くない。一掃しなければ駄目だ」と述べ、博物館などで働く専門職員である学芸員を批判。
我田引水、デリカシーの欠片もない。
どの世界にも、優秀な人もいれば、残念ながらそうではない人もいます。
彼らの尊厳を根拠もなく十把一絡げに批判するとは。
優秀な閣僚の陰で、議員経験を無駄に過ごして来て、お情けで入閣したご自分を、どのように評価しているのでしょう。
こういうのが、「お前だろう!」の輩というのでしょう。

就職人気ランキング

drama就職人気ランキングというやつ。
就職人気ランキング
まぁ、あまり意味のないランキングだと思いますが、昔からの"年中行事"みたいなものですから。
表面(おもてづら)は取り繕っていても、実はブラック企業なんていうのが多いかもしれません。
学生さんには、有名、大きいとか、表面的なイメージだけで選んで欲しくありません。
彼らは知らなくても、地味でも、大きくなくても、立派な会社は、ランキング外にたくさんありますから。

2017年4月16日 (日)

快挙!

sports卓球のアジア選手権の女子シングルスで、準々決勝から世界ランク1、2、5位の中国人選手から連続で金星を挙げ、同種目5連覇中の中国勢を破った平野美宇選手。
快挙!
この偉業には、各国メディアも「日本の超新星」「日本の少女がまたしても降臨」などと絶賛しているそうです。
静岡県沼津市生まれ、山梨県中央市出身だそうですから、さらに親しみが湧きます。

3万人?

cherry娘が出産した産院は、つい1週間ほど前に、開院以来の出産者が3万人になったそうです。
3万人?
年間2千人、約15年でのものだそうです。
3万人?
この産院の場所には、スポーツクラブがありました。
かなり有名な産院のようですが、出生数が減っているので、産院の数が激減し、集中傾向にあることも原因でしょう。
我が家は歩いて5分の場所ですから楽ですが、随分遠方から来ている人も多いようです。
こういう点でも、子どもを産んで育てやすい環境作りが重要だと思います。

今日の天使たち

bud産院には、秀月の兜が飾られています。
今日の天使
部屋で、生まれて3日目の、一つにしては若く見える天使を囲んで、お兄ちゃん天使の誕生日が2日後なので、2人のお祝いです。
今日の天使
おじいさん(私?)に似て、長命の相がおありになる。
栴檀は双葉より芳しく、蛇は寸にしてその気を表すと申します。
こういうお子さんにあやかりたい、あやかりたい。
今日の天使
洗濯は3日がかりで乾かない。
ジャワスマトラは南方だ。
天使は、手足を動かして、とても元気でした。

落語DEデート

sweat01しまった!
寝過ごした!
目が覚めたら、そろそろエンディングというところでした。
あぁ仕方ないな・・・。(-""-;)
ところが、驚いたことに、何とかRadikoというので、過去の番組を聴くことが出来るんですよ!
番組終了直後から聴きました。
  ◇洒落小町                三遊亭圓生
今朝は圓生師匠でしたから、なおさら良かった!
昭和31年の京都での落語会での音源だそうです。
この時、圓生師匠56歳。
この後からさらに芸を極められて、自他共に認める「昭和の名人」の坂を上り詰めるんですね。
今日は、落語っ子連の稽古会ですが、マンションの管理組合の定例会ですから欠席です。

落語界の・・・

baseball早稲田実業の清宮選手が順調にホームラン記録を伸ばしているそうです。
 落語界の・・・
個人的には、あまり好きなタイプではありませんが。
 落語界の・・・
そう言えば、「東京落語会」で、桂文治さんが、「落語界の清宮選手」だと呼ばれると言っていました。
   落語界の・・・
確かにそう見えるかもしれません。
あ、三笑亭可龍さんは「落語界の氷川きよし」だと言っていました。
   落語界の・・・
ただいまの協議についてご説明いたします・・・。落語界の・・・
一番受けるのは、「落語界の松井秀喜」こと三遊亭歌武蔵さんでしょう。
落語界の・・・
松井選手が太るとこうなってしまうという・・・。
林家三平さんと、プロ野球ソフトバンクの内川選手も似ているような気がしますが。

2017年4月15日 (土)

初対面

sunsun天使が生まれて丸2日。
昨日は会えなかったので、今日が初対面です。
初対面
産院の娘の部屋まで続く廊下を、胸をドキドキさせて歩きます。
家内と一緒に部屋に入ると娘と天使がいます。
「ご苦さま。おめでとう」と娘に声をかけて、いよいよご対面。
何とも表現しつくせられない姿。
すやすや眠っています。
初対面
暫くすると、婿のお母さんが、何と出雲から13時間かけて、深夜バスで来てくれました。
思いは全く同じです。
孫を抱いて、とても嬉しそうです。
お兄ちゃんになった"兄天使"も、"弟天使"を不思議そうに眺めていました。
部屋の中は、それぞれの幸せな笑い声が響きました。
初対面
産院を出て見上げる空は青く澄んでいます。
盛りを過ぎた桜の花も綺麗です。
この青空も忘れられないでしょう。

富士川落語町

tulip落語「鰍沢」の舞台になっている山梨県南巨摩郡富士川町(旧鰍沢町)。
富士川落語町
富士川落語町
落語で町興しです。
作者の三遊亭圓朝も、没後115年以上経ってから、こんなに脚光を浴びるとは、思ってもみなかったでしょう。

また凡ミス

art南行徳寄席のプログラムを作ってやれやれ。
早速、落語っ子連のMLにも投稿。
すると、夢学さんから「百梅さんは欠席ですか?」とメールが来ました。
百梅さんは、明日の稽古は欠席の予定だから「そうです」と・・・。
後で、何気なくプログラムの画像を見てびっくり!
番組のトリの百梅さんが表示されていません。
テキストボックスを貼り付けたので、モニターではしっかり表示されているのですが、PDF化したら・・・。
確認しないでMLに投稿してしまいました。
百梅さんごめんなさい。
間違いなく、百梅さんがトリですから。

南行徳寄席のプログラム

event南行徳寄席のプログラムを作ってみました。
bb
bb
まだ演目は一部未確定要素がありますが。
「落語っ子連」と「深川三流亭」の紹介も入れました。
◇落語っ子連のこと
「落語っ子連」は、今から17年前、前人未到の「圓窓五百噺」を完遂された大看板「六代目三遊亭圓窓」師匠のご指南のもとスタートしました。
現在"老若男女"多士済々のメンバー7名が、東京都江東区の門前仲町で師匠から直接稽古をつけていただいています。
日頃の稽古の成果を発表する落語会「深川三流亭」も、今年で通算20回を数えることになります。
とにかくメンバー全員が落語が大好きで、新潟の柏崎や千葉の南房総から稽古に通うメンバーもいます。
高座を経験すると、逡巡していた人もその魅力の虜になります。
今日のテーマは「はじめの一歩」。
そんなメンバーの日頃の稽古の成果を是非お楽しみください。
◇深川三流亭の名前の由来
わたしたち落語っ子連の発表会の名称が「深川三流亭」です。
江戸(東京)の下町の代名詞で、多くの落語の舞台にもなっている深川で稽古しているのだから、それらしい名前にと「深川三流亭」と命名しました。
落語っ子連は、師匠から亭号「三流亭」をいただいています。
また、稽古場は、昔から川や運河が多数流れています。
ちょうど、「大横川」・「平久川」・「越中島川」の3つの川に囲まれていることから、「深川の3つの川の流れ(三流)に囲まれた落語会」という意味が込められているのです。

まだ時間はありますが、しっかり準備しておこうと思います。

落語と歩く

自称?「落語探訪家」の著書。
落語を歩く
昨日、頓平師匠に教えていただきました。
紹介文を紹介します。
旅の道づれに落語はいかが? 「八っつぁん」や「喜ぃやん」になったつもりで落語の舞台を歩いてみると、昔と今が行きかう東京や大阪の姿が見えてくる。
落語速記を渉猟調査し、全国の落語ゆかりの地を訪ね歩いている著者による、落語フィールドウォークのすすめ。
地名のもつ文化的重要性に気づかせてもくれる、蘊蓄と愛惜にみちたエッセイ。
この方が「落語探訪家」なら、私は、「落語徘徊士」。
本を書くなら「落語と歩く」ではなく、「落語を徘徊く(あるく)」かな。

2017年4月14日 (金)

東京落語会

東京落語会
今回は、雀太さんの途中から聴きました。
可龍さんと竜楽さんは久しぶりに聴きましたが、声に力強さがなく、やや聴きづらい気がしました。
昇太さんは落語ではないし。
やはり今日は師匠だけかな・・・?
中入後の文治さんは、とにかく相変わらずの賑やかな高座。
良くも悪くも枝雀師匠や権太楼師匠を彷彿とさせる芸風ですが、十一代目なりの色は評価出来ると思います。
さて、圓窓師匠。
ご自身の創作部分の多い「つる」は、何度か聴かせていただいていますが、今日はさらに念入りの長講でした。
閉演後は、いつもの頓平師匠との一献は、いつものやきとり屋さんがネタ切れだったので、近くの店に飛び込んで軽くやりました。

70歳現役時代

また高齢化社会の話題です。
70歳までを「ほぼ現役世代」とし、この年齢まで働ける社会にすべきだ――。
65歳以上の人の働き方などを議論する自民党のプロジェクトチームの提言です。
超高齢化社会に備えるためで、今後、政策に反映するよう厚生労働省などに求めていくということです。
今は65歳以上とされている高齢者の定義を、日本老年学会などが「75歳以上」とすべきだとの提言をしたことなどを受けてまとめたものだそうです。
これによると、65歳までを「完全現役」とし、定年を65歳に引き上げることを求め、定年から70歳までを「ほぼ現役世代」として、それまでの経験を生かして地域と一体となった仕事や社会活動に参加してもらうとしています。
そのための環境整備として、公的年金について受給開始時期を遅らせると有利になるようなことも具体化が必要かもしれません。
長寿は医学の進歩の功績かもしれませんが、高齢化は社会全体の問題ですね。
それとも、長生きも芸のうちだと笑っていた方が良いのかも。

ひらい圓蔵亭

house江戸川区平井に「ひらい圓蔵亭」。 ひらい圓蔵亭 一昨年亡くなった、八代目橘家圓蔵師匠に関する話題です。 江戸川区は、区の文化振興に貢献した圓蔵師匠の平井にある自宅を7月に「ひらい圓藏亭」として公開するそうです。 トレードマークだった黒縁眼鏡などを展示し、区の観光名所を目指すということですから、なかなか本格的です。 隣接する平井公園とともに憩いの場として地域活性化につなげる計画だそうです。
    1492078360758.jpg
圓蔵師匠は、昭和27年、七代目橘家円蔵に入門。 40年に真打ちに昇進して五代目月の家円鏡となり、「ヨイショの円鏡」の名で親しまれ、その後、立川談志師匠らとともに、戦後の新「落語四天王」として人気を博しました。 57年に八代目橘家圓蔵を襲名。 平成24年に江戸川区文化賞を受賞し、27年にご逝去。 圓藏亭の亭内で師匠の功績を紹介し、落語が記録されたテープの音源を流し、愛用していたネタ帳や扇子、眼鏡、着物などを展示し、和室には高座を設け寄席などを開催するそうです。 圓蔵師匠が亡くなった後、自宅は空き家になっていたが、区は公開することを検討。 昨年12月、所有権移転契約を交わし、28年度予算約7680万円で土地と建物を購入。 江戸川区総合文化センターで年4回開催される江戸川落語会は、平井に住んでいた師匠が縁でスタートし、これまで100回以上開催、  現在も年に4回開かれているそうです。 大変結構なことですが、長く続けられるでしょうか? 歌手やプロスポーツ選手の記念館が多く建っていますが、来場者が増えず、何年も経たないうちにクローズする例も多いようです。 私には、大変記憶に残る師匠で、全盛期も知っていますが・・・、さて。

2017年4月13日 (木)

帰宅途中

fullmoon幸せな夜。
帰宅途中
大阪出張の帰り道。
駅から自宅までの間に、娘が出産した産院があります。
帰宅途中
もう夜も遅いので、面会は出来ませんが、この建物の中のどこかに、娘と新しい命がいるんです。
そして、その窓からは、丁酉卯月の十六夜の月が、親子を見守ってくれるかのように、中天で暖かい光を放っています。
帰宅途中
我が天使よsign01
君は、暖かく優しい十六夜の月の光の下で、この世で初めての夜を迎えているんだね。
大きく生まれたからは、もっともっと大きくなれ。
そして健やかに育て。
強く生きて、永久に後世に繋いで行っておくれ。
祖父のささやかな祈りです。
私は、今日のこと、そして今夜の月は、決して忘れないでしょう。
この幸せに感謝して。

たけのこまつり

budそうそう、忘れてはいけません。
   たけのこまつり
我が故郷では、日曜日は「たけのこまつり」です。

富士山れんげまつり

cherry今度の日曜日は、富士市では「富士山れんげまつり」だそうです。
富士山れんげまつり
れんげなんて懐かしいなぁ。
田起こし前の田んぼには、れんげの花が美しく咲いていて、花の上に寝そべったりしたものです。
気持ち的良かったなぁ✨

お浅間さんの桜

cherryblossomツイッターで見つけた富士宮のお浅間さんの桜の写真。
お浅間さんの桜
満開の桜と神田川の清流と富士山。
絵になりますね。

不届き者

annoy明治神宮で、鳥居などに液体がまかれた事件が発生し、建造物損壊容疑で、中国人の女2人に逮捕状が出たそうです。
不届き者
今、全国で頻発している同様の事件に関与している可能性もあるとみて捜査しているそうです。
しかし、けしからん話です。
いずれも、国にとっても日本人にとっても、物心両面でかけがえのない場所ばかりです。
到底許されることではありません。

帰りの駅弁

riceball2泊の大阪出張を終えて帰り道。
帰りの駅弁
ちょっと贅沢をした駅弁。
帰りの駅弁
勿論、ご飯は残しました。

いよいよ年貢の・・・

bomb粉飾決算を不正経理と誤魔化したりから、東芝という名門企業は、実は卑怯な企業だったことが次々と露見して、いよいよ経営破綻の瀬戸際です。
いよいよ年貢の・・・
さらに追い打ちをかけるのは、米原子力事業の損失に伴う財務の悪化で、発電やビル設備などの大規模な工事に必要な「特定建設業」の認可を更新できず、1兆円規模の売り上げを失う恐れがあるということ。
東京電力福島第1原子力発電所で手がける廃炉事業への影響も懸念されます。
建設業法では、4千万円以上の下請け契約を必要とする大規模工事を手がけるには、特定建設業の許可が必要と定められ、財務的な条件が課されます。
負債が資産を上回る債務超過の場合には、債務超過額が資本金の20%を超えないことなどがあるそうです。
東芝の資本金は2千億円で、400億円の債務超過までなら許容されることになりますが、米原子力子会社の破産処理で、平成29年3月末に6200億円の債務超過になる見通し。
半導体メモリー事業を分社して設立した「東芝メモリ」を売却して損失を穴埋めする計画ですが、特定建設業の認可更新期である12月には間に合わない可能性大。
そうすると、エネルギーや社会インフラの一部事業を継続できなくなることになりますが・・・。
まさか"特例"なんてなことにならないでしょうね。

3650グラムの天使

sunAKB48のヒット曲で、私が唯一知っていて、とても好きな歌に「365日の紙飛行機」があります。
オジサンは、メンバーも他の歌も知りませんが、この歌だけは、歌えませんが好きです。
テレビドラマの主題歌だったそうですね。
sunsun全く関係ないことですが、娘が、第二子を出産しました。
3650グラムのビッグベビーだったそうです。
予定日より1日遅い誕生です。
大阪出張中に生まれるだろうと待ち焦がれていました。
早速、娘夫妻と家内にお祝いメール。
いやぁ、良かった、良かった❕
暫く経ってからふと思ったのは、男の子か女の子か聞くのを忘れていたこと。
出産前から男の子だと言われていたので、男の子だと思い込んでいましたが。
家族から、どちらだと言って来ないから、男の子でしょう。
とにかく、安心すると同時に、言葉にならず嬉しいものです。
もう、名前も決めているようです。
週末には対面出来るでしょう。

行方不明?

gawk静岡県警の刑事部門のトップである刑事部長が行方不明になっているそうです。行方不明?
えっ?行方不明?
夜、静岡市内の自宅を出た後から連絡が取れなくなっているそうです。
携帯電話や財布は自宅に残されたまま。
当日の帰宅後に家族と口論になり、1人で家を出たということですが・・・。
この方の名前が物凄い。
初代総理大臣と同姓同名なんですから。
しかし、それにしてもどうしちゃったんでしょう?
銭形平次親分がいなくなっちゃった?

2017年4月12日 (水)

南行徳寄席の募集状況

sun6月10日に「南行徳寄席」を開催させていただく南行徳公民館の館長さんから、落語会の募集状況のご連絡を頂戴しました。
南行徳寄席の募集状況
館主催の講座ですから、広報で募集して、はがきで応募していただいています。
この広報による募集が4月8日で締め切られ、50人の募集に対して、
何と81人の応募があったそうです。
驚きました。
館長さんによれば、会場には何とか90人まで椅子を並べられそうなので、全員お受けしてくださるそうです。
大変嬉しいことです。
一生懸命に勤めなくてはいけませんね。

ペギー葉山さんの訃報

🎵南国土佐を後にして・・・🎵
幼い頃、母が口ずさんでいるのを聞いて覚えました。
歌詞の意味も分からずに。
その歌を歌っていたのがペギー葉山さんでした。
享年83歳。
3月29日に東京・日生劇場で行われた「越路吹雪 三十七回忌特別追悼公演 『越路吹雪に捧ぐ』」に参加。
翌30日にはブログで報告し「こーちゃん(越路さん)の思い出の歌が次から次へとゴージャズに歌われ、ファンの皆さまが2階まで満杯!素晴らしいイベントでした」と元気な様子だったそうですから、突然のことだったようです。
1952年「ドミノ/火の接吻」でレコードデビュー。
54年、「月光のチャペル」でNHK紅白歌合戦に初出場。
59年、NHK高知放送局テレビ放送開始の記念に歌った「南国土佐を後にして」が空前の大ヒットを記録。
64年には「学生時代」がロングセラー。
ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」を劇中歌「ドレミの歌」に日本語詞を付けて歌い、今も歌い継がれています。
また一人、昭和の人がいなくなりました。
「学生時代」「ドレミの歌」・・・懐かしい。
蔦のからまるチャペルで 祈りを捧げた日・・・

大阪へ

airplane昨日の午後、大阪に移動しました。
大阪へ
新大阪駅に着く直前の上空には、伊丹空港に向かっているであろう旅客機の機影が見えます。
あの旅客機は、オーバーブッキングで、一旦席に着いた旅客が無理やり引きずりだされたりはしていないでしょう。

2017年4月11日 (火)

卑怯な気がする

経営再建中の東芝は、2度延期している2016年4~12月期連結決算を載せた四半期報告書の金融庁(関東財務局)への報告期限を迎え、例のない3度目の延期や上場廃止のリスクを避けるため、監査法人の「適正」との意見が得られなくても報告書を提出するようです。
卑怯な気がする
監査法人が適正かどうかの判断を示さないで報告書を出すことになれば、極めて異例の事態。
東芝は、2月14日に発表する予定だった決算を延期し、次の期限だった3月14日も再延期。
卑怯な気がする
普通の企業なら到底許されないと思うのですが、経済団体の主要企業だと、無理や特別扱いがまかり通るのでしょうか?
有名な大企業なら、何でもあり、ルール違反が許されるんですね。
ルールは守って欲しいなぁ。
市場はフェアでなくては、すべての信頼が損なわれると思います。
期限までに出来なければ、ペナルティは当然だと思います。
卑怯な気がします。

世界の国からこんばんは?

sunえっ?またやるの?
世界の国からこんばんは?
政府は、2025年の国際博覧会(万博)の大阪誘致を閣議了解。
誘致の正式決定を受け、博覧会国際事務局(BIE、本部・パリ)に立候補を届け出る方針。
官民あげて誘致活動を本格化させるとのこと。
25年の万博にはパリも昨年、立候補。
17年6月のBIE総会でプレゼンテーション(開催計画の説明)が始まり、18年11月に予定される総会で加盟国の投票により開催地が決まるそうです。
両総会で日本への支持を広げられるかが課題。
万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。
開催期間は、25年5月3日から11月3日までの185日間。
会場予定地は人工島・夢洲(ゆめしま)(大阪市此花区)での建設費を約1250億円、運営費を約800~830億円と想定。
来場者数は2800万人から3000万人を見込んでいる。
どうでもいいですが、「またやるの?」という気がします。
もう、ばかでかいお祭り騒ぎは受けない気がしますが・・・。
また、ロゴや会場やコストでトラブルになるような。

超々高齢化と縮小均衡

sweat02これから日本はどうなるのでしょうか?
超々高齢化と縮小均衡
厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所が、2065年までの日本の将来推計人口を公表。
2015年に1億2709万人だった総人口は、2053年には1億人を割ってしまうという見通し。
65年には8808万人に減り、65歳以上の高齢者が占める割合は、15年の26.6%から38.4%に上昇。
出生率の上昇で1億人割れの時期が前回推計より5年遅くなったものの、厳しい人口減と少子高齢化に歯止めがかかっていない現状が、改めて浮き彫りとなりました。
・・・・・・・。
今回の推計で、現役世代(15~64歳)の人口は50年後、現在より4割以上減ると・・・。
人口構成が激変していく中、社会の担い手をどう確保していくのか・・・(((((((・・;)
政府が昨年6月に発表した「1億総活躍プラン」は、現役世代の男性に偏っていた働き手に、女性や高齢者にもより多く加わってもらい、経済活動の維持を図る狙いがあるそうです。
今後、65歳以上の雇用延長も進める方針で、高齢者に、支えられる側から支える側に回ってもらいたい考え。
高齢者となっても「引退」しない(出来ない)時代が目前に迫っているということですね。
それを実感出来るのが恐ろしい。

2017年4月10日 (月)

浅田真央選手引退

weepとうとう浅田真央ちゃんが引退を表明したそうです。
浅田真央選手引退
輝かしい実績、後半はやや不遇でしたが、人柄も含めて素晴らしいアスリートでした。
あと3ヶ月生まれるのが早かったら、トリノオリンピックに出場して、金メダルを獲っていたかもしれません。
今は、お疲れさまでしたと言うだけですね。

地下道工事

仕事を終えて帰り道。
地下道工事
銀座線虎ノ門駅から虎ノ門ヒルズに向かう道。
駅から直通の地下道建設工事が始まっています。
虎ノ門ヒルズの近くには、日比谷線の新駅も出来る予定で、これらが繋がります。
周辺の再開発も本格化して、慌ただしく、騒がしくなりました。
遠く東京タワーのライトアップが綺麗です。

定期検診

hospital病院の会計を済ませて、薬が出るのを待っています。
定期検診
概ね3ヶ月に一度の検診。
とにかく、採血・採尿をして、その数値が出てからの診察ですから、待ち時間だけがやけに長いのがネックです。
しかし、背に腹は替えられませんから、先生との1~2分程度の問診のために、ひたすら待っています。
こういう時に、待合室などで何だかんだと騒ぐのは、決まって"ジイサン"です。
待ち時間が長いだの、早く帰るだの、本当に自分勝手。
こうやって威張って、自分は偉いと思って生きて来たんでしょうね。
そういう時って、大概、本人の勘違いやミスだったりして、「ざまぁみろ」と思ったりして。
「オレは忙しいんだから」なんて言ったら、張り倒してやろうかと思ってしまいます。
こういうジイサンは、病院ぐらいしか行く所がないはずですから。
さて、私は今日も、先生とは2分足らず。
まぁ、お医者さんとの話は、ことさら短い方が良いのかもしれません。
尤も、「ご臨終です」の一言は洒落になりませんが。
次は7月上旬です。

へぇぇそんなことも

coldsweats01申し訳ありませんが、関係者でない私は、思わず笑ってしまいます。
これまた某市長選挙で、投票者数よりも、投票用紙の枚数(投票総数)が数枚多いというトラブルがあったそうです。
選挙管理委員会が、投票所ごとに投票者をチェックする「投票録」を点検し直したため、開票作業が午前2時を過ぎて続いたそうです。
枚数は合ったんでしょうか?
地方選挙は色々ありますね。

今週末は東京落語会

今週末は東京落語会
今週末は東京落語会
今週末は東京落語会です。
師匠が出演されますから、外せません。

日比谷公園で

日比谷公園で
日比谷公園内の花壇(ポット)の中に紙が貼ってありました。
「もうすぐ綺麗な花を植えますので、楽しみにお待ちください。」と、公園を管理している方々から。
楽しみに待つことにしましょう。
このあたりは、ポケモンもよく出て来ます。

今年最後の

cherryblossom朝の日比谷公園。
今年最後の
明日から2泊3日の大阪出張ですから、日比谷公園の満開の桜は、今朝が見納めということでしょう。
今年最後の
チューリップも咲き始めて春本番、青葉が芽吹いて来ます。
今年最後の
「青葉萌ゆるこのみちのく」は、母校の学生歌ですが。

スマホ忘れました

phoneto知人から、PCメールが届いていました。pc
いつもは、LINEや携帯メールで交信しているのですが。
「スマホ家に忘れました」と。
まぁ、よくありがちなことですから、「了解!」とスマホからLINEに入れましたsign02
「んっ?それじゃダメじゃん」だと気がついて、再度PCに返信しておきました。

「ある落語家さんから聞いた話」という話

sunどなただったか、ツイッターで見つけた話です。
ある落語家さんから聞いた話。
街を歩いていたら警官から職務質問を受けた。
職業を聞かれ「落語家です」と答えるとジロジロ顔を見た警官は「知らないなあ、アンタ笑点出てないだろ?」と言った。
頭に来た彼は「アンタだって警察24時に出てないだろ!」

そうです。笑点は落語にあらず。

出口調査?

crying昨日投開票された某市長選挙で、地元の放送局が、落選した現職ついて字幕で「再選確実」と誤って報じ、支持者とともにバンザイをしてしまう一幕があったそうです。
誤報を流したのは開票が始まった午後7時半ごろ。
これを受け、事務所で「2期目の抱負」を語った現職。
しかし、午後8時45分に開票が終了し、158票の僅差で新人に敗れたことが判明。
「市民の皆さんが決めたこの結果を受け入れる」と敗戦の弁を述べたという・・・。
放送局は「出口調査の結果などで再選確実と判断した」と説明。
夜のニュースで正しい結果を報じるとともに、当選者を間違えたことを謝罪したそうですが・・・。
謝罪したぐらいで済むものでしょうか?
とんでもない大きな恥をかかせたことになるんですから。
「出口調査」をするのはともかく、こういう報道のやり方はどうかなと思います。
やはり、こういう類のものは、厳正かつ厳粛でなければ。
公式発表のみで対応すべきだとか思います。
ドラマや演劇を観るのではないのですから。

真打昇進披露口上

tv「笑点」で、各団体合同?の真打昇進披露口上。
真打昇進披露口上
「大丈夫かなぁ?」という雰囲気の人もいましたね。
三遊亭ときん(時松改め)さんが一番良かったと思います。

2017年4月 9日 (日)

もう一人の天使

bud娘の方は間もなく第二子誕生。
もう一人の天使
一方、息子の方も7月に第二子誕生予定なのですが、その前に、息子に転勤の内示があったそうで、5月にこちらに戻って来ることになりました。
松江の桜も満開だそうで、天使にとっても、松江での最後の桜になります。
こちらに戻って来ても、新居に落ち着かないうちに、嫁が出産のためにお里帰りになります。
まぁ、結構なことだと思います。

学士会会員証

clover「学士会」の今年度の新しい会員証が送られて来ました。
学士会会員証
「学士会」という団体をご存じでない方も多いことでしょう。
一般社団法人「学士会」は、旧帝国大学系大学の出身者等を主な会員とする、大学の枠を超えた同窓会組織です。
学士会会員証
私も会員になっていて、その公認同好会である「学士会落語会」にも参加しています。
一時期、講演会や夕食会にも参加したことがありますが、恐らく各界で大活躍されて、功なり名を上げた、エリートの方々ばかりでしょうから、気後れしました。
落語会のメンバーとて同様ですが、ことさら落語に関しては相応の自信?がありますから、大先輩方々の間に入れていただいています。

天使の一週間

bud間もなく弟が生まれるので、お母さんと一緒に天使が我が家に来て一週間。
天使の一週間
いつも元気に愛嬌を振りまいています。
あのうんちシールも、順調にカレンダーに貼ってあります。
天使の一週間
昨日と今日は、離れているお父さんと二人の時間を過ごしています。
天使の一週間
もうすぐ誕生日なので、アンパンマンの玩具を買ってもらい、喜んでいました。
本当にもうすぐお兄ちゃんです。

桜の写真

cherryblossom噺家さんのツイッターで見つけた桜満開の写真です。桜の写真
これは桂やまとさん。
桜の写真
これは立川談幸師匠。

落語会ブーム?

落語ブームに関する記事に対して、柳家かゑるさんが、ツイッターでコメントしています。
     落語会ブーム?
"落語ブーム"ではなくて"落語会ブーム"だという。
落語会が増えているのは、噺家さんが増えているから。
噺家さんが増えているのは落語ブームだから・・ということではないのかなぁ。
でも、違う、落語家になりたいブーム、落語家になることの"特殊性"が、良くも悪くも希薄になったということだと思います。

落語DEデート

bell今日は1日雨模様になりそうです。
久しぶりに何もしない休日になりそうです。
   ◇そば清             五代目古今亭志ん生
名人の名をほしいままにしている志ん生師匠。
私は、どうしても志ん生フリークにはなれませんが、きっと、ライブで聴けていたら、違っていたかもしれません。
私は、志ん生・文楽には間に合いませんでしたから。

2017年4月 8日 (土)

信玄公祭り

甲府市の一大イベント。
戦国時代の名将武田信玄をしのぶ「信玄公祭り」の話題。
信玄公祭り
信玄公祭りは、川中島の合戦に出陣する甲州軍団の様子を再現したもので、毎年、信玄公の命日にあたる、4月12日を前に行われています。
信玄公祭り
今年の信玄公役は、何と大月市出身の三遊亭小遊三さん。
さらに、軍師の山本勘助役は林家三平さんが務めたほか、特別ゲストとして林家木久扇師匠も出演。
出陣式で、小遊三師匠ふんする信玄公が威勢よく出陣の掛け声をあげると、約1500人の鎧武者の行列が甲府市中心街を練り歩き、会場では大勢の観光客が勇壮な戦国絵巻を楽しみました。
信玄公祭り
まぁ、小遊三師匠は山梨県出身ですからわかりますが、木久扇師匠と三平さんは要らないでしょう。
単なるイベントではなく、地元色の強い祭りですから。

賛否の中で

karaoke桜田淳子さんが、博品館劇場で行われた音楽公演「スクリーン・ミュージックの宴」に出演したそうです。
賛否の中で
3年4か月ぶりにステージに立ち、約20分間、歌声を披露。
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)への入信告白以降、芸能活動を休止している桜田さんの今回の復帰を巡っては、全国霊感商法対策弁護士連絡会が反対声明を発表するなど、微妙な空気があることも確かで、単に昔のアイドルが久しぶりに戻って来たという訳にはならないようです。
ある意味で、ご本人も相当の覚悟で宣言をして、今までの世界から決別して別の世界へ行ったのですから・・・、両手を挙げて歓迎出来ない人も多いことでしょう。
今さら・・・って。
しかも、直接ではないにしろ、その宗教のおかげで苦労したり、騙されたりした人もいたようですから。
ちなみに、全く次元は違いますが、当然のことながら、私の娘も婿も、名前すら知りませんでした。
それにしても、全く見ず知らずの人と、言われるがままに結婚するという・・・、究極の「えいやっ!」という訳ですね。
確かに、昔の日本でも似たようなことはあったようですが、それでも、周囲の人たちやらが、一応客観的?にチェックが出来ました。
「たらちね」の八五郎と言葉の丁寧なお嫁さんだって、二人を良く知る大家さんが中に入って世話をしているから・・・。
だから「あ~ら我が君」の八五郎も幸せなんですよ。
恐惶謹言・・・。

またまた大学ランキング

schoolまたまた大学のランキング。
また大学ランキング
英国の教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)が、教育力に着目した大学ランキングの日本版を初めて作成。
THEがこれまで出してきた世界大学ランキングは、研究力中心の評価。
最新の「2016-17年版」は世界980大学がランク入りしたが、ベスト100入りは東京大39位と京都大91位のみ。
私大を中心に大半の大学は順位と無縁で、初の日本版に関係者らが注目していたということです。
THEは国内435大学の協力を得て教育力を評価し、上位150を3月末に発表。
ベスト50の内訳は国立が33と大半を占め、私立は12、公立は5。
ベスト10は早稲田大を除くと国立大がずらりと並んだ形。
<総合ランキング>※20位まで抜粋
◇=国立、○=私立、無印=公立
大学名/スコア
  1.◇東京大/88.5
  2.◇東北大/87.4
  3.◇京都大/86.8
  4.◇名古屋大/86.3
  4.◇東京工業大/86.3
  6.◇大阪大/86.1
  7.◇九州大/85.1
  8.◇北海道大/82.8
  9.◇筑波大/81.7
 10.○早稲田大/75.9
 11.○慶應義塾大/75.4
 12.◇広島大/75.2
 13.◇神戸大/74.4
 14.◇一橋大/72.4
 15.○国際基督教大/71.8
 16.◇千葉大/70.6
 17.◇長岡技術科学大/69.8
 18.○上智大/69.1
 19.◇金沢大/68.6
 20. 国際教養大/67.9
そういうものなんですかなぁ。

時代遅れ

nosmoking私からの切なるお願い。
喫煙者の皆さん、人前や公共の場では煙草を吸わないでください!
時代おくれ
時代おくれ
日本の受動喫煙対策は「時代遅れ」だそうです。
受動喫煙を規制する法案の今国会提出を政府が目指している中、WHO(世界保健機関)の幹部が来日し、「日本の対策は時代遅れだ」と苦言を呈した。
科学技術やおもてなしの心などは世界最先端なのに・・・、恥ずかしい。
WHOのナンバー2、バー事務局次長らが、厚労相に面会し、東京オリンピック・パラリンピックに向けて、公共施設については、国レベルで屋内を完全に禁煙するよう要請。
これに対し、厚労相は、「しっかり対応していかなければならない」と答えたそうです。
分煙などもさることながら、歩行喫煙とコンビニなどの勝手に設置された喫煙所での喫煙は、やめて欲しい!
本当にマナーの悪さにも腹が立ちます。
日比谷公園内を歩きながら喫煙している輩もいます。

チラシ競演

sun5月13日が「おひろめ寄席」、5月27日が「お江戸あおば亭」、6月10日が「南行徳寄席」、7月1日が「深川三流亭」。
チラシ競演
チラシ競演
チラシ競演
チラシ競演
何が何だかわからなくなっています。
「深川三流亭」の演目を決めていません。

南行徳寄席のチラシ改

artとんだ勘違いをして作ってしまいましたので、変更しました。
南行徳寄席のチラシ改
「南行徳寄席」にしなくてはいけませんでした。

入学後、学生を伸ばしてくれる大学

school東洋経済の記事で、「入学後、学生を伸ばしてくれる大学ランキング」というのがあり、何と母校がトップになっていました。
よくわかりませんが。

トップは東北大だ。
高校の進路指導教諭の意見を見ても、「学生に対する人材育成プログラムの充実」(宮城・県立高)、「少人数教育や女子教育に力点を置き、生徒の個性を伸ばしている」(群馬・県立高)、「学生一人ひとりに対して丁寧な指導をしている」(三重・私立高)と、入学してからの教育力の高さを指摘する声は多い。予備校関係者によると「東北大は推薦、AO入試の定員が多く、こまめに高校を回って説明している。そのため、進路指導教諭の東北大への理解が進んでいる」という。
2位には東京大が入り、国立の難関大学2校が上位を占めた。
東京大についても「教養教育を重視し、人間的バランスを取るような指導をしている」「教授陣のレベルの高さ」などを指摘する意見が多かった。
東京大も最近では大学説明会を開催し、大学への理解を広げている。
トップ2校はそもそも入学者のレベルが高いが、その学生をさらに伸ばす教員の研究力、教育力の高さを評価されているようだ。

本当でしょうか?
私は・・・伸びませんでしたねぇぇ。
そもそも、勝手に入学して・・・、やっと卒業した口ですから。

花見の噺3題

penこんな文章を見つけました。
花見の噺3題
今では東京の至る所に桜の名所があるが、江戸時代からの桜の名所となると、さしてない。
最も名高かった花見の名所が「忍岡」(現在の上野恩賜公園)だ。
徳川家康の側近として知られ、1625年に寛永寺を創建した天海大僧正が、わざわざ大和の吉野山から取り寄せたヤマザクラを植えた。
元禄期に入り、山内の桜は一般にも公開されたが、鳴り物は禁止され、暮六つ(午後6時)の時点で門外に退場など厳しい制約があった。
そこで庶民の不満が高まったところ、1717年に徳川吉宗が隅田堤と飛鳥山に相次いで桜を植えさせ、本格的な花見の慣習が始まったといわれる。
他にも追って御殿山や愛宕山、小金井などの桜が評判を呼んだが、「花の雲 鐘は上野か 浅草か」と松尾芭蕉が詠ったことでわかるように、まずは上野と浅草(とその先の向島)が今と変わらぬ花見のメッカだった。
花見は年に一度きりの、身分も問われない無礼講の場。
だから、花見を題材にした落語も枚挙に暇ない。
多くが明治期に完成したため、舞台は上野となりがちだが、飛鳥山の花見とされる例もある。

花見の噺3題
今回は、そんな花見を題材にした落語の噺を3つご紹介しておこう。
■長屋の花見
花見を扱った落語の中でもよく知られるのが『長屋の花見』だろう。
上方の『貧乏花見』が移植された噺で、筋はあってないようなもの。
貧乏長屋の大家が長屋の連中を花見に誘う。
酒と肴は用意してあると言うが、酒はお茶け(薄めた番茶)、卵焼きと蒲鉾は沢庵と大根の香の物ではちっとも盛り上がらない。
一同自棄になって、駄洒落のめすばかりで…。
「花より団子」というが、それも紛い物で間に合わせ、せいぜいから騒ぎしようという庶民のバイタリティを活写することで、この噺は意外にも花見の本質を押さえている。
元来、酒よりも花に酔うのが花見なのだ。
■花見酒
酒を買う金はなくとも花見はしたい。
が、いざ花見に行けば、酒が無性に飲みたくなる。
そんな心理を巧妙に突くのが『花見酒』。
酒好きの幼なじみの二人。そろそろ向島の桜が満開というので、花見に繰り出そうとするが、金がなくて酒が買えない。
そこで酒屋から灘の生一本を3升分2両で借り受け、一杯1貫で売って酒代にしようと企てる。
しかし、現地に着いた二人は担いできた樽から漂う酒の匂いについたまらなくなり、自分たちで金を払っては飲んでを繰り返し、とうとう干してしまう。
やはり花に酒は付き物なのか。
「酒なくてなんの己が桜かな」という川柳が、それこそよく『長屋の花見』の枕でも紹介される。
■頭山
さらには、究極のシュールなオチを持つ噺も桜にまつわる。
アニメーション界の鬼才、山村浩二によって短編アニメ化され、様々な国際映画祭で受賞・入賞を果たした『頭山』がそれだ。
意地の汚い男がもったいないとサクランボを種ごと食べると、男の頭から芽が出てきて大きな桜の木になる。
近所の連中は大喜びで男の頭に上って、「頭山」と名づけては花見三昧。
頭の上が騒がしく、男は苛立ちのあまり桜の木を引き抜くが、そこに今度は大穴が開いた。
穴には雨水が溜まって大きな池となり、近所の連中が船で魚釣りを始めだす始末。
釣り針を瞼や鼻の穴に引っかけられた男は、怒り心頭に発し、自らのその穴に身を投げて死んでしまう。
実はこれ、まだ桜が江戸末期から主流となったソメイヨシノではなく、ヤマザクラだったから成立する噺。
ソメイヨシノは「自家不和合性」といって、同一個体で受粉するので受精しないか、しても満足な種子の形成には至らない。
要はクローンなのだ。
一方、ヤマザクラは実をつけ、渋いが食えなくもない。
果実酒にすれば案外イケるそうだ。
以上、この時期に聴きたい、花見を題材にした落語の噺を3つご紹介した。
落語はこうして近世から近代、そして現代へと、日本人の生活や風習の変化を映し出す鏡ともなるのである。
たまには寄席に足を運んでみてはいかがだろうか。

・・・大変に行き届いた文章です。
「あたま山」は、私にとってはトラウマの噺。
何と言っても、生まれて初めて演った落語がこれ。
しかも、筑摩書房の「古典落語」に載っていた、八代目林家正蔵(後の彦六)師匠の速記を読んだだけの代物でしたから、受けるはずがありません。
「あまりにうるさいので、自分の頭へ身を投げた・・・」というオチの空しいこと。
4人の同期が、「浮世床」「孝行糖」「転失気」「桃太郎」という滑稽噺で受ける中で、物凄く疎外感がありました。

2017年4月 7日 (金)

京唄子さんの訃報

京唄子さんの訃報
京唄子さんの訃報
幼い頃からテレビでよく見た大阪の芸人さんで、口が大きいのと、漫才で印象に残っているのが京唄子さんです。
テレビが珍しかったあの頃、大阪のお笑い番組が人気でした。
「スチャラカ社員」とか「てなもんや三度笠」とか、とにかくコテコテでした。
享年89歳。
私の親世代です。
当時の写真を見ると、随分おばさんだと思っていましたが、若かったんですね。

凡ミス

sweat01凡ミスをしてしまいました。
南行徳行徳寄席のチラシです。
凡ミス
一番肝心な「南行徳寄席」という表記がありません!
それじゃダメじゃん!
・・という訳で、直さないといけません。
まだリリースしていなかったので良かった。

お江戸あおば亭のチラシ

sun「お江戸あおば亭」のチラシを作りました。
お江戸あおば亭のチラシ
5月の落語会なので、ややずれるかもしれませんが、絵柄に歌川広重の名所江戸百景より「水道橋駿河台」を選びました。
大きく大胆に描かれた一匹の鯉のぼり。
広重ならではの抜群の構図力が光る作品。
この図は本郷台地の方から見た駿河台で、端午の節句の日の風景を描いたものです。
7歳以下の男児がいる家では、盛大にこの日をお祝いしました。
画面奥には富士がくっきりと姿を見せ、爽やかな五月晴れの一日であることがわかります。
神保町は、駿河台に隣接している場所ですから。
・・・ということで。

深川三流亭のチラシ

ship深川三流亭の日程が決まったので、チラシを作りました。
深川三流亭のチラシ
前回のチラシが好評だったと勝手に考えて、パターンは同じにしました。

南行徳寄席のチラシ

event「南行徳寄席」のチラシも作ってみました。
南行徳寄席のチラシ
公民館の主催高座としてやらせていただくのと、「はじめの一歩」というのがキーワードみたいなので、こんな形にしてみました。
寄席と寄席の客席の様子、「残しておきたい江戸情緒、下座のお囃子、寄席幟・・・」という、玉置宏さんの名文句を入れてみました。
そして、地元の行徳の浜の絵も入れて、ご当地色を出してみました。

2017年4月 6日 (木)

深川三流亭の日程

event「深川三流亭」の日程が決まりました。
おかげさまで第9回になりますが、7月1日(土)です。
会場は、午後1時から夜間まで借りられましたから、開演を2時頃からにして、ゆっくりたっぷりやろうと思います。
・・・当初は下旬で申し込んでいたのですが、月初になったので、稽古の時間が縮まってしまいました。
その前に、5月13日が「おひろめ寄席」、5月27日が「お江戸あおば亭」、6月10日が「南行徳寄席」と立て続けになりますので。

お江戸あおば亭の出演者と演目

phoneto談亭志ん志会長より、落研OB会の「第12回お江戸あおば亭」の出演者と演目の連絡をいただきました。
  ◇貧乏神       談亭志ん志
  ◇お楽しみ      喰亭寝蔵
  ◇おせつ徳三郎   金願亭乱志
  ◇竹の水仙      南亭蕪生
  ◇平林         杜の家くるみ
  ◇金魚の芸者    破れ家笑児
  ◇青菜         杜の家とん平
早速、チラシと番組を考えなくてはいけません。

生涯未婚率?

pen仕事柄、業務拡大や退職者補充のために、中途採用を行っていますが、履歴書を見て、年齢に関わらず、独身の人が多いのに驚きます。
生涯未婚率?
勿論、ダイバーシティの世の中、結婚が全てではなく、マストでもありませんが・・・。
こんな記事を見つけました。
50歳まで一度も結婚したことがない人が2015年に男性で4人に1人、女性で7人に1人いたことが分かったそうです。
こうした人の割合を示す「生涯未婚率」は、10年の前回調査から男女とも3ポイント以上増えて過去最高を更新。
5年に1回、国勢調査を分析して生涯未婚率を割り出しているそうですが、今回は男性が前回調査比3・23ポイント増の23・37%、女性は同3・45ポイント増の14・06%。
男性は1970年まで、女性は60年まで1%台が長い間続いたようですが、その後、増加傾向に拍車がかかっているそうです。
昨年9月に公表された出生動向基本調査によると、「いずれは結婚したい」と考える18~34歳の未婚者の割合は男性85・7%、女性89・3%。
これ自体は高水準ですが、「結婚資金」や「結婚のための住居」の確保が障害と考えている人が多く、非正規労働者の増加も生涯未婚率の上昇に影響しているとコメントする人もいるそうです。
時々見かけるのは、家族の介護のために、仕事や結婚が出来なかったなんていう事例。
50歳前後で求職している男性には、経済的なこともさることながら、いずれはやって来る老化や不慮の病気や怪我などの時に、世話をしてもらえる人がいるのか…、他人事とはいえ、とても心配になります。
医療制度や介護制度が整っていたとしても、お金や制度では替えられない部分でもありますから・・・。
「落語国」にも、未婚者や独身者が出て来ます。
あまり、老後の話は出ませんが、落語の舞台の江戸時代は、寿命も長くなかったし、長屋の住民や家主(大家さん)や近所の人たちが助け合って生きていたから。
「孝行糖」でも「猫怪談」の与太郎も、「五百羅漢」や「人情八百屋」の子どもも、みんなで面倒見てくれた。
糊屋の婆さんだって。

高齢化社会

despair高齢化社会になった実感は、日々感じています。
また、その入口に自分もいるという実感も感じつつあります。
ホームレスの人の平均年齢も、初めて60歳を超えたそうです。
路上生活が10年以上続いている人の割合も過去最高。
路上生活から抜け出せないまま高齢になる人が増えているということでもあるようです。
みられ、厚労省はこうした人たちに向けた対策の検討に入る。
平均年齢は61・5歳。
前回2012年は59・3歳、前々回の07年は57・5歳ですから、順調に?高齢化が進んでいるんです。
ただし、ホームレスの人数は減っており、毎年行われる概数調査では、03年の2万5296人から、昨年1月時点では6235人になったそうです。
一方、暴力団組員の高齢化も加速しているそうです。
2015年末現在の組員(約2万100人)のうち、50歳以上の組員が4割を超えたのは、統計が残る06年以降、初めて。
「持病もある。後を任せられるやつがいたら、早く引退して楽になりたいのが本音」とは、国内最大の指定暴力団山口組傘下の70歳の組長(70)。
11年10月までに全都道府県で、市民や企業からの利益供与を禁じた暴力団排除条例が施行された影響で、組員になろうとする若者がめっきり減少。
「昔は出世すれば金が集まり、女性にもてて、いい車に乗れるという夢が持てたが、今はそんなんあらへん」と。
どの世界も大変です。
高齢化のニュースも"恒例化"しています。

落語ブーム論議

dramaどうでも良いことですが、落語がブームだとか、そうじゃないとか。
実にくだらない議論だと思います。
そんな中で見つけた記事。
なぜに、落語関係者は今が落語ブームと認めないのだろう。
落語ブーム?
落語の話題がさまざまなメディアをにぎわせている。
この3月には落語協会(柳亭市馬会長)から5人、5月には落語芸術協会(桂歌丸会長)から2人が二つ目から真打ちに昇進。
落語協会の真打ちは200人となった。
東西合わせて落語家は約800人に上る。
観客動員も好調だ。大ヒットミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」になぞらえ、「ら・ら・らくご」なんて声も聞こえてきたりする。
こうした隆盛ぶりは演芸担当記者、そして落語を楽しむ一人として、うれしい限りである。
一度に何千人も動員する芸ではないが、観客が多彩な個性を楽しめる環境もできてきた。400年続く古くて新しい芸をより広く浸透させるチャンスであり、この機に寄席や落語会に足を運ぶ人がもっと増えてほしい。
一方で「ブーム」と呼ばれることに一抹の不安がないわけではない。
いずれ熱は冷めてしまうのではないか、と。 
江戸時代中期、落語家の祖といわれる露の五郎兵衛、米沢彦八、鹿野武左衛門が京都、大坂、江戸の3都にほぼ同時に現れ、小屋掛けやお座敷など興行のスタイルこそ違え人気を集めて以来、落語は浮沈を繰り返してきた。
直近で“ブーム”と呼ばれたのは約10年前、2005年前後。落語家を主人公にした宮藤官九郎さん脚本のテレビドラマ「タイガー&ドラゴン」(05年)や、上方落語を舞台にしたNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」(07〜08年)で、落語が一気にお茶の間に浸透した。
今回、火が付くきっかけになったのは、人気と実力を兼ね備えた立川談春さんが師匠談志の下での修業時代をつづったエッセー「赤めだか」の2時間ドラマ(15年)、そして漫画原作のテレビアニメ「昭和元禄落語心中」(16〜17年)だといわれる。
若い観客層が二つ目を支持
前回と同じくドラマにけん引されてはいるが、目を引くのが二つ目と呼ぶ若手落語家の人気、そして若い観客層の支持である。
寄席の一つ、末広亭(東京都新宿区)の真山由光席亭は「ブームというのは大げさだが、たしかに若い人が増えている。二つ目あたりがお客さんをつかんでいる」。
落語協会も「右肩上がりです」と手応えを話す。
受け皿となる落語会も飛躍的に増えた。
首都圏だけで月1000件が開催され、寄席やホール以外にも小さなカフェなど落語を聴ける場所が多様化。
間口も確実に広がっている。
ぴあ総研の調べでも、寄席・演芸の動員数は、東日本大震災があった11年に前年比
減となり、12年には129万人に落ち込んだが、13年に156万人、15年には151万人と堅調に推移している。
そんな活況を象徴的に示したのが今年1月31日、落語協会が都内の寄席3軒に呼び
かけて実現した「昭和元禄落語心中寄席」だ。
アニメに絡めた落語を特集し、チケットは発売から10日で完売した。
「普段の寄席とはまったく違う(若い)お客様がきた。
どういう入り口であれ、寄席にお客さんを呼びたい。
そのうち10%でも残ってくれればいい」と協会は期待をかける。
寄席も動いている。
昼間はどうしても年配層が中心になるが、末広亭では若い層を取り込もうと、数年前から夜の部で、午後7時以降入場料を半額の1500円にした。
トリの演者によっては、半額狙いで行列ができる。
ブームかどうかはさておき、波が来ているのは確かだろう。
落語に注目が集まっているからこそ、落語家にとってもここが正念場だ。
多数の中から頭一つ抜け出すためには目先の笑いを取ることに走るだけでなく、波に左右されない芸の積み重ねが必要だ。
五代目古今亭志ん生、六代目三遊亭円生ら「昭和の名人」はとうになく、その次の世
代である、東京の古今亭志ん朝、立川談志ら、大阪の笑福亭松鶴、桂米朝ら、それぞれ
東西の「四天王」と呼ばれた絶対的な規範も失った。

言葉の復権の鍵を握るかも
その一方で、東京では柳家小三治さんや、立川志の輔さんらベテランから、柳家喬太郎さんや桃月庵白酒さん、春風亭一之輔さんといった中堅・若手まで、人気、実力ともに充実した層の厚さがある。
二つ目人気も、その裏打ちがあってのことだ。
生のコミュニケーションが希薄な時代。「ご隠居さん、こんちはあ」「おや、八つぁんかい。まあまあ、お上がり」という会話で始まる落語は、緊密な人間関係をベースに、喜怒哀楽、庶民の心のひだに優しく寄り添う。
若い客層に響く魅力の一つではないだろうか。
落語復権は、言葉を根幹にしたコミュニケーション復権の鍵を握っているのかもしれない。
舞台装置もなにもないところに、演者の言葉だけで、観客が想像力で噺(はなし)の
世界を描く。
いたってシンプルな芸、だが奥は深い。
今ちょうど、東京都内の寄席では50日間にわたる落語協会の真打ち昇進披露興行の真っ最中。
普段とはまた違う華やいだお祝いムードに包まれているから、これを機に寄席デビューも悪くない。ブームとやらであろうが、あるまいが、息長く見守っていきたい。

要するに、半可通ぶる本当は落語を知らない人が騒ぎ出すのがブームということですかねぇ。
噺家さんの数が増えているのだから、落語会の数が増えるのは当たり前。
またその逆も真と言えるのでしょう。
私の中では、一生ブームだと言えるし、一生ブームでないとも言えます。
落語の良さは、自分なりに分かっていて、一生付き合って行こう(行ける)と思っていますから、外野がああだこうだ言っているのが滑稽に思えます。
別に、ブームだろうが、ブームでなかろうがいいじゃないですか。
落語が本当に好きな人が、それぞれに楽しむことが出来れば。
どんなきっかけであれ、自然に落語好きになってくれる人がいればいい。
勿論、愛好者が多いほうが、色々な面で良いかもしれませんが、なくならなければ、無理に愛好者を増やすこともないでしょう。
落語の良さは、分かる人には分かります。
その分かる人がいれば、半可通な、ミーハーな俄か(自称)ファンなど要りません。

絶滅危惧種?

bud全く突然の話題です。
絶滅危惧種?
寄席の色物は様々ですが、華やかでいいのが三味線漫談です。
現在、落語協会所属の三味線漫談の芸人さんは二人?
三遊亭小円歌さんと我らが林家あずみさんです。
柳家小菊さんも粋な三味線を聴かせてくださいますが、漫談ではなくて粋曲(俗曲)の範疇だと思います。
小円歌さんは、橘家橘之助と言う大名跡を襲名されるということになっています。
小円歌さんもあずみさんも、女性としては長身なので、スラッとした高座姿はとても素敵です。

2017年4月 5日 (水)

上野公園

cherryblossom上野公園。
上野公園
暖かくなったので、帰りに上野公園に立ち寄り、桜の様子を見ることにしました。
花見とは言えませんが。
上野公園
まだ満開でもないかなぁ。
時間が比較的早かったので、大混雑でもありませんでしたが、大変な人出です。
上野公園
でも、全体に整然とした感じで、バカ騒ぎする輩はいません。
公園側で、きつく取り締まっているかもしれません。
上野公園
ですから、ご趣向で仇討ちの狂言をする3人組や、沢庵と大根の漬物を肴に番茶(おちゃけ)盛りする長屋の衆は見当たりません。
週末まで持ちそうですね。

落語ワンダーランド

book新刊の落語本。
落語ワンダーランド
なぜ、落語がこれほどまでに人々を魅了するのか。
それはまさに落語そのものがワンダーランドだから!
人気の噺家たちのインタビュー、落語ブームの立役者となったマンガ、落語通の座談会、寄席案内に噺家120人の紹介と、落語が好きな人にとっては見逃せない内容だ。
さらに、悩み別の「噺の処方箋」は落語ファンならずとも必見中の必見!
失恋をはじめ、いろんな悩み事は、落語に登場する人物の行動がヒントになり、明日への希望と活力が湧いてくるかも。

噺の処方箋
この1冊を読んで、落語の世界に飛び込んでみよう!
早速、Amazonに注文。

高速料金所

高速料金所
高速料金所
高速道路の料金所で、レーンを区切っているコンクリートのブロックに、高齢者が運転する車が激突して、同乗者が亡くなるという事故があったそうです。
ちょっと信じられない事故ですが、加齢もあって、暗くて判別出来なかったのかもしれません。
恐らく、障害物だと思っていないでしょうから、減速しないままで激突したんでしょう。

日本一の標高差?

fuji富士宮の話題。
日本一の標高差?
世界文化遺産の構成資産の一つである富士山本宮浅間大社の門前町として古くから栄えた富士宮市は、標高35mから3776mの富士山山頂まで、日本一標高差がある市なんだそうです。
確かに、そうかもしれません。
だから、3月下旬から5月まで、2ヶ月近く桜を楽しむことができるんです。

2017年4月 4日 (火)

真仮名さんから

真仮名さんから、アツアツのメールが届きました。
おめでたいから、個人情報開示をお許しいただきます。
はい!先月3月1日に結婚しました。
○○歳で素敵なご縁があるとは思ってもいませんでした。
両親はもちろん師匠、皆さまにお祝いしていただけ幸せ者です。
・・・まぁ、ここまでは、よくあるコメントだったんですが・・。
彼も落語が好きなようで、「落語をおろそかにしないでね」と言ってくれています(のろけです)。
・・・アツアツです。
真仮名さんのブログが、昨秋から更新されていなかったのは、やはりラブストーリーがあったからだったんですね。
お花半七をやっている場合ではなくて、自分たちがお花半七だったんだ。
肥後の熊本に行かなくても良かったんだ。
本当におめでとうございます!

南行徳寄席の番組

6月10日の「南行徳寄席」の番組を考えています。
今回は、百梅さんにトリをつとめてもらおうと思います。
恐れ入りますが、窓口さんに開口一番をお願いしようかと。
【南行徳寄席】
  替わり目 ………… 三流亭窓口
  青菜 …………………三流亭新参    
  不孝者 ………………三流亭流三    
      中入り
  ぞろぞろ……………三流亭夢学
  松曳き……………… 三流亭千公
  酢豆腐……………… 三流亭越児
  夕立屋……………… 三流亭百梅
これでどうでしょう。
若干、噺がつくのはお許しいただこうと。
いかがでしょうか?

好きな落語一題

phoneto千早亭ワッフルさんからのメール。
「3月末期限の、7月の師匠の喜寿祝賀会に出席する落語っ子連のメンバーの回答がない」と事務局をやっていただいている千川亭小三九さんから連絡ありと。
えっ?そんな指示があったの?
sweat01慌てて、落語っ子連のメンバー全員(全員参加予定なので)に、「好きな落語一題」を尋ねました。
幸い、すぐに全員から返信していただけたので、小三九さんに、お詫びと参加者名(本名・高
座名)と落語一題をメールしました。
とりあえずホッとしました。
それはそれとして、メンバーの「好きな落語一題」が面白い。
百梅さんは「狸の札」、夢学さんは「紺屋高尾」、千公さんは「松曳き」、窓口さんは「八五郎出世」、新参さんは「長屋の花見」、越児さんは「天狗裁き」、そしてわたしは「浜野矩随」。
好きだから、既に演った噺がほとんどですが、夢学さんだけは、これからチャレンジするのでしょう。
師匠が仰っていましたが、女性には「紺屋高尾」か、同じ筋立ての「幾代餅」が人気があるそうです。
高嶺の花を一途に思う男の姿に感ずるものがあるのでしょうか?
それとも、自分が高尾(幾代)太夫になったつもり、なってみたいと思うのでしょうか?
男性陣では、百梅さんや千公さんは、持ちネタがもっと増えれば、変わって行くかもしれません。
かくいう私も、「好きな噺家」「好きな噺」という質問が苦手です。
持ちネタは全て好きですし、それ以外にもたくさん好きな噺はありますし・・・。

無免許運転

rvcar静岡第一テレビの27歳のアナウンサーが無免許運転で逮捕されたそうです。
このバカアナは、掛川市内で無免許で車を運転した疑い。
免許の有効期限が切れていたのではなく、普通運転免許を過去に一度も取得したことがなかったということです。
ということは、無免許運転を繰り返していたということですね。
どういう了見なんでしょう・・・。
実は、恥ずかしながら、我が社の社員で、免停期間中に業務で運転をしたことが発覚して、大問題になったことがありました。

ビル建設の槌音

night昨日は、夕方に突然の雷雨だったようです。
期初の初日だということもあり、仕事の後同僚たちと懇親会。
ビル建設の槌音
宴を終えて外に出ると、虎ノ門ヒルズの北側のこのあたりは、再開発のための工事が夜を徹して行われています。
このあたりは、東京オリンピック・パラリンピックを控えて、例の豊洲から築地を抜けて環状2号線が貫通し、新国立競技場の方に向かいます。
地下鉄の新駅が出来、バスターミナルも開設され、高層ビルが林立することになります。
遠くに、東京タワーの先端が僅かに見えます。

2017年4月 3日 (月)

日比谷公園で

cherryblossom日比谷公園の西南側の国会通りに面した所は満開でした。
日比谷公園で
どこかのテレビ局(であろう)?の中継クルーが来ていました。
日比谷公園で
確かに、ちょうど良いアングルかもしれません。
日比谷公園で
それを横目で見ながら、会社に向かいます。

日比谷公園へ

shoe朝、日比谷で降りて、久しぶりに日比谷公園に立ち寄り。
日比谷公園
広場は、まだ春という雰囲気ではありません。
日比谷公園
脇の花壇のチューリップが、チラホラと咲き始めています。
日比谷公園
池の桜も8分咲きと言ったところでしょうか。

GWの国立演芸場

event毎年ゴールデンウィークに国立演芸場で開催されている「大演芸まつり」。
ゴールデンウィークの国立演芸場
こんなに演芸団体があるんだなと驚きます。
落語協会は、今年はさん喬師匠です。

2017年4月 2日 (日)

後継者

bananaついでに。
後継者
先日の息子の嫁からのメールに添付されていた写真です。
息子と孫が並んで、同じ顔、同じ格好で眠っています。
これが私の二代目と三代目です。
この写真を眺めているだけで、何とも言えない幸福感に浸ることが出来ます。

天使2人

sun奇しくも昨日と今日、孫2人を思うことが出来ました。
天使2人
左が娘の長男、右が息子の長男。
いずれも私の天使、宝物。
天使2人
娘も息子も、ともに良い伴侶と結ばれ、可愛い子宝に恵まれ、さらに宝が増えて・・・。
天使2人
この天使たち、このかけがえのない宝物に、私は何がしてあげられるでしょうか?
優しく見守って行きたいと思います。

天使のために

cake娘と孫が暫くいるので、我が家は今日から"孫シフト"です。
天使のために
おじいちゃんは、ハンカチをプレゼント。
天使のために
カレンダーにはシールを貼りました。
天使のために
これは"うんちシール"と言うそうで、うんちが出たら1枚ずつ貼るそうです。
   天使のために
孫専用のトイレも準備万端。
天使のために
あと僅かで"お兄ちゃん"になります。

真仮名さんおめでとう!

bud有難亭真仮名さんのこと。
真仮名さんおめでとう!
落語っ子連の稽古の時に、師匠から重大な個人情報を教えていただきました。
有難亭真仮名さんがご結婚されたと言うビッグニュース。
男と言うのはいい加減なもので、いつご結婚したのかなども全くわかりませんが、師匠が仰っているので、それに今日は4月2日ですから、確かなことでしょう。
師匠にもよれば、とても優しくて、落語にも理解のある、とても素敵な人だそうです。
「私は結婚は諦めました。落語と結婚します」なんて、「笑点」の司会者みたいなことを言っていたのは、オジサンたちをあざむく言葉だったんですね。
真仮名さんおめでとう!
写真は、落語っ子連の稽古に参加してくださった時のもので、1年3ヶ月ぐらい前のものですが、この頃は、落語が恋人だったかもしれません。
いや、人知れず、密かに"愛"を育んでいたのかもしれない。
いずれにしても、大変おめでたい!
高砂や~、この浦舟に帆を揚げてぇ~・・・。
なったぁなったジャになったぁ・・・・。

もう一場面ずつ

kissmark落語っ子連の稽古の様子。
みんなそれぞれそれでいい。
もう一場面ずつ
もう一場面ずつ
もう一場面ずつ
もう一場面ずつ
ところで今日は、百梅さんの地語りが優しいと言う話題から、彼女はいないのかとか、オジサンたちがどうでもよいことを問い詰めて、百梅さんを困らせたりして。
そんな話題から、有難亭真仮名さんが結婚したことが、師匠から披露されました。
我が連にも稽古に来てくれたり、一瞬ではありましたが、三流亭真仮名だったこともありますので、本人はいませんが、みんなで大盛り上がりでお祝いしました。
くしゃみしていたかな?
いずれにしても、後れ馳せながら、「真仮名さん、ご結婚おめでとう!」
毎日「あ~ら、我が君」なんて、ラブラブなんでしょう。
芸風も変わることでしょう。

桜の開花満開状況

cherryblossomなぜか東京だけが満開?
どうも実感が湧きません。
桜の開花満開状況
静岡は、やっと昨日開花です。
桜の開花満開状況
開花を判断する各地の標本木に、そもそも問題(バラツキ)があるような気がします。

様々な表情

tennis追加で落語っ子連の稽古会の様子。
様々な表情
様々な表情
様々な表情
様々な表情
様々な表情
まだ読み稽古の段階ですが、それぞれ演読での熱演。

天使が来た

happy01どうしてもこの話題になってしまいます。
天使が来た
出産予定日を10日後に控えた娘が来ました。
今日から出産後まで暫くの間、孫と2人が我が家に加わります。
天使が来た
婿は、週末にしか会えないので、とても寂しそうです。
天使が来た
今日は、初めて映画に連れて行ったそうです。
夕食後のリビングで、娘夫妻と家内が、孫を囲んでアンパンマンのビデオを視ています。

上野の山

cherryblossom銭湯で上野の花の噂かな・・・・。
上野の山
上野公園は、花見客で大混雑です。
上野の山
ここも花はやや物足りないですが、人、人、人・・・。
上野の山
ここでも、特にアジア系の外国人の多いのに驚きます。
ゆっくり花を見るよりも、人しか見えないのは、「長屋の花見」と同じです。
上野の山
今週の半ばあたりが見頃でしょう。
明日か明後日、会社帰りに寄ってみようかなぁ。

鈴本演芸場前

sunshoe上野の街は春爛漫です。
いつもの日曜日に比べて人出が多く、歩道も大混雑。
鈴本演芸場前
鈴本演芸場も「立ち見」。
立ち見の木戸銭は1700円。
鈴本演芸場前
私は入りませんね。
朝に比べて暖かくなって来ました。

稽古帰り

cherryblossom稽古の帰り道、大横川には花見の船が行き来しています。
稽古帰り
まだ満開ではありませんが、来週の土日では遅いでしょう。
私の今年の大横川の花見は、ここまでです。

落語っ子連稽古会

flag今日は南房総の2人が欠席でしたが、残り5人での稽古会。
   ◇青菜                  三流亭新参
   ◇質屋蔵               三遊亭越児
   ◇夕立屋        三流亭百梅
   ◇妾馬                  三遊亭窓口
   ◇おせつ徳三郎   三流亭流三
 
落語っ子連稽古会
落語っ子連稽古会
落語っ子連稽古会
落語っ子連稽古会
今日も、とても参考になる話を師匠から教えていただきました。
やはり、台詞の語尾の語り方の大切さを痛感しました。

大逆転

shine素晴らしい!
大逆転
羽生結弦選手の大逆転での世界選手権優勝には驚きました。
大逆転
地元の仙台は大騒ぎでしょう。
まだまだ、後輩に王座を"ゆずる"ことはないでしょう。

大横川の桜

cherryblossom楽しみにしていた大横川の桜。
大横川の桜
何とか大横川の桜も咲き始めています!
大横川の桜
この寒さで、満開ではありませんが、今年も見事です。
大横川の桜
水面に映る花も美しい!
大横川の桜
花のトンネルを通って稽古場へ向かいます。
大横川の桜
「おせつ徳三郎(下)・刀屋」の稽古をしますが、この噺の「上」の別名は「花見小僧」でした。

cherryblossom自宅エントランスの小さな桜の木。
桜
かなり花をつけてきました。
桜
駅までの道。
あぁ、桜の花もかなり咲いて来ました。
でも、今日も寒くて、お花見気分にはなれませんが。
門前仲町と上野の様子が楽しみです。

落語DEデート

music今日は落語っ子連の稽古会。
支度をしながら。
   ◇ろくろっ首                 四代目柳家小せん
先代の小せん師匠は、寄席の似合う、寄席には欠かせない噺家さんでした。
顔の大きなホクロ、笑顔、軽くて明るい語り・・。
懐かしく聴きました。

2017年4月 1日 (土)

低糖食品

eyeダイエッターには朗報。
低糖食品
某コンビニと某ダイエット会社のコラボで、様々な低糖な飲食物が発売されています。
大歓迎です。

桜開花せず

rain東京は今日も日中は冷たい雨でした。
桜開花せず
桜は随分前に開花したはずですが、満開の便りがなかなか聞こえて来ない気がします。
温暖な静岡県では、桜の開花が全域で遅れているようです。
静岡地方気象台は3月31日も開花宣言を見送りました。
宣言が4月にずれ込むのは1995年以来22年ぶりだそうです。
各地では週末から春のイベント開催が本格化しますが、主役の桜がつぼみのまま・・・・。
明日は落語っ子連の稽古がありますが、門前仲町の大横川の桜は咲いているでしょうか?

入社式の準備

building我が社は、週明け4月3日に入社式を行います。
入社式の準備
中小企業ですから、毎年細やかなものです。
雇用延長により、65歳まで働ける時代。
否、65歳まで働かざるを得ない時代。
これからは70歳まで働くことになるであろう時代。
新人たちには、これから42年以上、50年近くもの間、元気に働いてもらいたいものです。
そのためには、会社が存続しなくてはなりません。
ちょっと前のS社や、最近のT社のように、いくら栄華を誇った企業でも、トップが私欲に溺れたり、舵取りを誤ったりすれば・・、多くの社員やその家族らが不幸になりますから。
とりあえず、新人たちの出社を待つのみです。

新入部員の勧誘

cherryblossom今日から新年度。
新入部員の勧誘
新学期を迎えて、落研の現役部員の皆さんも、新入生の勧誘が本格的に始まります。
落語はブームだと言われていますが、決して伝統芸能としてのブームではなく、数あるエンターテインメントの一形態程度の受け止められ方をしている中での、ちょっと珍しい格好(着物姿)でやるお笑いという位置での一時的な注目だというのが、私の理解です。
とは言え、部員が集まらないことには、偉そうなことも言えません。
今年も多くの人が入部してくれることを祈りたいと思います。
 来たれ! 東北大学学友会落語研究部へ!

寄席の舞台裏

sun林家あずみさんが、寄席の舞台裏の写真をアップしています。
寄席の舞台裏
鈴本演芸場は、真打昇進披露興行の時だったので、さらに賑やかだったようです。
若いっていうのは羨ましい。

レトロな

rain4月1日、エイプリルフール、雨降り、出勤日。
レトロな
今日もコートが手放せません。
銀座線のレトロ車両に初めて乗りました。
レトロな
全体的に木の雰囲気を出しているので、車内が茶色のイメージ。
蛍光灯ではなくて、白熱電灯の色合いです。
レトロな
あくまでも木目調、木目風ですが、落ち着いた感じはします。
浅草~上野~日本橋~銀座~渋谷と、銀座線は外国人観光客誘致のドル箱路線でしょうから。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »