« 20歳代の噺家さん | トップページ | 稽古の後で »

2017年3月28日 (火)

扇子っ子連稽古会

event今夜は、扇子っ子連の稽古会。
扇子っ子連稽古会
「千早亭落語会」の直後ということもあり、参加者が少なく、私が稽古場に着いた時は、早千さんが稽古中。
     ◇セロ弾きのゴーシュ               千早亭早千
      ◇おせつ徳三郎                             千早亭永久
「セロ弾きのゴーシュ」は、宮沢賢治の作品を元にした師匠の創作噺です。
初読みだと思いますので、高座本そのままノーカットでの演読です。
そして私は「おせつ徳三郎・下(刀屋)」の初読みをさせていただきました。
私も、師匠の高座本をノーカットで演読しましたので、かなり時間がかかりました。
読み稽古の段階ではありますが、師匠が丁寧に聴いてくださっているのが分かるので、力が入ります。
これから、かなりカットしつつ仕上げて行きたいと思います。
今夜は、吉窓師匠のお弟子さんの「小吉」さんも見学に来てくれました。
今年の秋には、正式に前座さんとしてデビューすることになるのでしょう。
通しの読み稽古は疲れましたが、心地よいものでした。

« 20歳代の噺家さん | トップページ | 稽古の後で »

千早亭」カテゴリの記事