« ガッツリホルモン | トップページ | 飲食店の禁煙化 »

2017年2月27日 (月)

胡散臭い番組

nosmokingこういう番組は、実は、病気で悩んだり苦労している人たちのことなど、全く考えていないのでしょう。
胡散臭い番組
人の気持ちを弄んでいるとしか思えません。
NHKの生活情報番組「ガッテン!」が、ある特定の睡眠薬を飲むことで「糖尿病が治療できる」などといった特集を放送した問題をめぐり、厚生労働省が「国民の健康に大きな影響が出る懸念がある」としてNHKを注意していたそうです。
日本睡眠学会と日本神経精神薬理学会も「看過できない問題点が確認された」として、番組内容に抗議する文書を公表。
問題となったのは、先週放送された「血糖値を下げる!デルタパワーの謎」と題した特集。
番組では、糖尿病患者がある特定の睡眠薬を飲むことで、安全に血糖値を下げることができるなどと説明。テロップでは「睡眠薬で糖尿病が治療できる」とも説明。
放送後、医療関係者を中心に番組内容を問題視する声が出たことを受け、NHKは公式サイト上に謝罪文を掲載。
放送について「行き過ぎた表現や短絡的な表記」があったことを認め、「あたかも睡眠薬を糖尿病の治療や予防に、直接使えるかのような誤解を与えてしまいました」として視聴者や医療関係者に謝罪。
放送を受けて、睡眠薬の処方を希望する患者が出るなど、早くも医療現場に混乱が出ていて、「国民の健康に大きな影響が出る懸念があったため」の措置でしょう。
受けだけを狙うメディアには、本当に気をつけないと、大変なことになります。
まだ「茶の湯」の"青ぎな粉"と"ムクの皮"の方が、お腹をこわすぐらいで済みますから罪は軽いと思います。

« ガッツリホルモン | トップページ | 飲食店の禁煙化 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事