« ギャルが落語家に恋したら | トップページ | 馬から落馬? »

2017年2月20日 (月)

船村徹さんの訃報

shadow「王将」「みだれ髪」「矢切の渡し」などの国民的ヒット曲で知られる、戦後歌謡界を代表する作曲家で、文化勲章を受章した船村徹さんが亡くなりました。
享年84歳。
昨年5月初めに心不全で倒れ、手術後療養されていたそうで。
古賀政男、吉田正、服部正・・・、昭和の歌謡界で大活躍された作曲家の先生は大勢いますが、船村さんの作品も物凄い。
私が、船村さんに親しみを感じているのは、私自身もほとんど覚えていないのですが、高校生の時、社会科かなにかの授業で、グループ研究の課題が出て、我がグループは「歌謡曲」をテーマにしました。
その一環で、どうやって調べたのか、作詞家、作曲家、歌手などにアンケートを送りました。
怖いもの知らずというのは怖いもので、その中に船村さん宛のものもあったようです。
高校生が突然訳の分からないアンケートを送ったのですから、ほとんど反応はありませんでしたが、返信がもらえたのが、船村さんと、欽ちゃんが司会している「スター誕生」からデビューしたばかりの「三橋ひろ子」さんでした。
・・・ということで、とても感謝しています。
ところで、「三橋ひろ子」さんは、確か森昌子さんの次にデビューした、私と同級生(当時は16歳)だった気がします。
「私の花言葉」というのがデビュー曲で、そこそこヒットしました。
(その後はわかりませんが。)

« ギャルが落語家に恋したら | トップページ | 馬から落馬? »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事