« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

ディナー

bullettrain大阪へ夕方移動。
ディナー
ディナー
いつものチキン弁当ではなくて、ちょっとセレブなチキンライス弁当.。
のぞみの車内で1人黙々ともぐもぐ。

東北で地震

sign04ホームに入っているのぞみの中にいたので、地震は分かりませんでした。
東北で地震
言われれば、座席に座っていて、揺れたかな・・・ぐらい。
今のところ大きな被害はないようですが。

大阪出張

bus久しぶりの大阪出張。
大阪出張
虎ノ門の会社から東京駅までは、いつもは地下鉄銀座線を利用し、虎ノ門から新橋まで出てJRに乗り換えますが、今日は虎ノ門一丁目から東京駅南口行きのバスで行くことにしました。
これなら乗り換えがないので楽かなと。
バスは驚いたことに時刻表通りに来ました。
道路も比較的空いていて、渋滞もなく到着。
座席指定が5号車なので、南口から入ってから近いのも幸いでした。
明日は大阪、明後日は神戸です。
早くホテルに入って寝たい気分です。

ランチ

sweat01会社の若手とランチ。
ランチ
中の1人は麻婆豆腐が食べたい。
どうやら行きたい店があるようです。
「それじゃ連れてって」と、西新橋方面に歩いて入った四川料理の店。
早速、麻婆豆腐の一番辛くない薄辛と刀削麺付きを注文。
石焼き鍋に入ってグツグツの麻婆豆腐に麺をつけて食べました。
あ、熱~ぅ!
辛~ぁ!
量も多くて汗だく。sweat01sweat01
誘ってくれた若手は、同じ薄辛を完食出来ず。
私も完食はしたものの、暫く胃がグツグツいって、満腹が治まりませんでした。

「やばい」という言葉

pen西日本新聞の記事。
ある中学で教師が「やばい」という言葉の「使用禁止令」を出したそうです。
それほど「やばい」という言葉は若い世代に浸透しているということなんでしょう。
私も、「やばい」否定論者です。
禁止令というと大げさだが、「やばい」という言葉をなるべく使わずに表現しなさいということ?
いやいや、使っちゃいけません。
本来は「危険」「不都合」の意味の"隠語"なんです。
英語で言えば"スラング"です。
困ったときに「やばくない?」などと言う。
文化庁の2014年度「国語に関する世論調査」でも指摘されたそうですが、近年は良い意味で「まじやばい(=素晴らしい)」などと話す人が増えています。
驚いたときに「やばい、やばい、やばい!」と連呼することも。
私は、それが嫌なんです。
もとは"隠語"なんですから。
品性のある人の使う言葉ではないと思うのです。
「やばい」とは。
「危ない」「悪事がみつかりそう」「身の危険が迫っている」など不都合な状況を意味する形容詞や感嘆詞として、江戸時代から盗人や的屋の間で使われた言葉である。
その後、やばいは戦後のヤミ市などで一般にも広がり、同様の意味で使われる。
1980年代に入ると若者の間で「怪しい」「格好悪い」といった意味でも使われるようになるが、この段階ではまだ否定的な意味でしか使用されていない。
これが1990年代に入ると「凄い」「のめり込みそうなくらい魅力的」といった肯定的な意味でも使われるようになる。

・・・言葉と言うのは恐ろしい。

丁酉如月の落語徘徊

sweat01今月は、プライベートで忙しくて。
あっと言う間に2月も終わってしまいます。
午後の富士山
そんな訳で、東京落語会にも行くことが出来ず。
ただし、稽古会には、今日の千早亭だけ、出張のため欠席せざるをえませんでしたが、後は出席することが出来ました。
梅花咲く
3月の「千早亭落語会」でネタ下ろしをする「不孝者」の読み稽古。
師匠からは、「この噺は、官能落語だから」というアドバイスだけ。
これから仕上げて行きますが、果たしてどうなりますことやら。
千早亭落語会のリーフレット
学士会落語会の委員をされている、先輩の「愛し亭朝大」師匠から、会報「まくら」への寄稿依頼があったので、「窓門10年」というテーマで拙文を投稿しました。
間もなく配信されるものと思います。
深川三流亭の高座姿深川三流亭の高座姿
5月に開催予定の「おひろめ寄席」に出演することになっているのですが、「怪談牡丹燈籠・お露新三郎」をネタ出ししました。
20分程度にまとめなくてはいけません。
さて、3月からは本格的に落語徘徊をして行きたいのですが、実は、今度は仕事が忙しくなりそう・・・。

ブーメラン

shockブーメランとは、オーストラリアの先住民族アボリジニーが使っていた 投げた後、標的に当たらなかった場合戻ってくる「く」の字型の武器・道具。

ブーメランブーメラン
転じて、他人への批判が自分自身にも当てはまっていること。
このとき批判した人物は大概そのことに気づいていないもの。
こんな笑い話が現実にありました。
某野党議員が、衆院予算委員会で、今問題になっている大阪の学校法人を取り上げて、首相や閣僚をただしました。
ここまでは良かったのですが・・・。
文部科学省がこの学校法人が運営している幼稚園の教諭に優秀教職員表彰をしたことの経緯を文科相に尋ねました。
議員:「表彰の対象になったのは何回か」
大臣:「2回。1回目は平成20年、2回目は24年12月」
この答弁を受けて、議員はここぞとばかりに「政権ぐるみで偏った教育方針を推進している幼稚園を後押ししたり、便宜を図ったりしているのではないか!」と攻め立てました。
これに対して首相は「少なくとも一つは前与党政権時代じゃないですか?」と反論。
確かに、1度目は現与党政権時代ですが、2度目はこの野党が与党だった時の政権時代・・・。
これぞ、これ以上ない、お手本のようなブーメランが決まった瞬間。
おいおい、もっと調べて、脇を固めて闘えよと言いたいですな。
どちらの味方をする訳ではありませんが。
ブーメランは、この政党の伝統的な「必殺技」ではなくて「自殺技」です。
大笑い!素晴らしい!見事に自爆ですね。
こういうのを「天に唾」とも言いますよね。
人に害を与えようとして、かえって自分がひどい目に合うこと。

飲食店の禁煙化

nosmoking厚生労働省は、飲食店などの建物の中を原則として禁煙にする法案について、家族連れなどの利用が想定される居酒屋やラーメン店は例外とせず、原則禁煙とする方針を固めたそうです。
飲食店などの建物の中を原則として禁煙にする法案について、経営などへの影響に配慮して、主に酒を提供するバーやスナックなどで、小規模の店舗を例外とする案を検討していて、どこまで例外を認めるかが焦点の1つでした。
厚生労働省は、検討を進めた結果、家族連れや外国人観光客の利用が想定される居酒屋やラーメン店、それに、食堂などは例外とせず、原則禁煙とする方針を固めたということです。
大賛成ですね。
個人的には、全面禁煙としていただきたいと思いますが、まぁ、バーやスナックは行かなければ良いのですから、仕方ないか・・。
とにかく、喫煙しない者にとってタバコの煙と臭いは嫌ですね。
腹立たしくなることもありますから。

2017年2月27日 (月)

胡散臭い番組

nosmokingこういう番組は、実は、病気で悩んだり苦労している人たちのことなど、全く考えていないのでしょう。
胡散臭い番組
人の気持ちを弄んでいるとしか思えません。
NHKの生活情報番組「ガッテン!」が、ある特定の睡眠薬を飲むことで「糖尿病が治療できる」などといった特集を放送した問題をめぐり、厚生労働省が「国民の健康に大きな影響が出る懸念がある」としてNHKを注意していたそうです。
日本睡眠学会と日本神経精神薬理学会も「看過できない問題点が確認された」として、番組内容に抗議する文書を公表。
問題となったのは、先週放送された「血糖値を下げる!デルタパワーの謎」と題した特集。
番組では、糖尿病患者がある特定の睡眠薬を飲むことで、安全に血糖値を下げることができるなどと説明。テロップでは「睡眠薬で糖尿病が治療できる」とも説明。
放送後、医療関係者を中心に番組内容を問題視する声が出たことを受け、NHKは公式サイト上に謝罪文を掲載。
放送について「行き過ぎた表現や短絡的な表記」があったことを認め、「あたかも睡眠薬を糖尿病の治療や予防に、直接使えるかのような誤解を与えてしまいました」として視聴者や医療関係者に謝罪。
放送を受けて、睡眠薬の処方を希望する患者が出るなど、早くも医療現場に混乱が出ていて、「国民の健康に大きな影響が出る懸念があったため」の措置でしょう。
受けだけを狙うメディアには、本当に気をつけないと、大変なことになります。
まだ「茶の湯」の"青ぎな粉"と"ムクの皮"の方が、お腹をこわすぐらいで済みますから罪は軽いと思います。

ガッツリホルモン

noodle時々、日高屋に行きます。
ガッツリホルモン
オーダーするのは、ニラレバ炒めかガッツリホルモンの単品です。
時々、野菜炒めか肉野菜炒めのこともあります。
ところが、このカッツリホルモンは、期間限定だったようで、先日行きつけ(?)の店舗に行ったら、「ホルモンは終わりました」と言われ、仕方なくニラレバーにしました。
この店、駅前にあって、帰る途中なのと、「ポケモンGo」のポケステとジムがあるので、ここで・・・。
それはともかく、ホルモン好きだったんですが・・・、残念です。

さくら野百貨店仙台店自己破産

impact仙台のさくら野百貨店を経営するエマルシェが、仙台地裁に自己破産を申請し、破産手続き開始の決定を受けたそうです。
売り上げ減少が主因ということですが、負債額は約31億円で、社員やパートなどの従業員約120人は全員解雇されたと。
私が初めて仙台に行って駅前に立った時に、最初に目に入ったのが、「丸光百貨店」でした。
通学するのに利用する市営バスの駅前のバス停も、この丸光百貨店の前の青葉通にありました。
親に仕送りしてもらうための口座を作ったのも、この建物の角にある、越後屋をルーツとする銀行の仙台支店でした。
vv
2006年2月期に193億2600万円の売り上げがあったが、郊外や近隣店舗との競争が激化。
人気ブランド「H&M」などテナント誘致に力を入れたが業績悪化に歯止めがかからず、16年2月期の売り上げは79億3900万円
まで落ち込み、4期連続の赤字となった。
同社は1946年創業の丸光が前身。
78年に丸光など東北の百貨店5社が経営統合して百貨店連合を設立。
大手スーパー、マイカル(旧ニチイ)傘下として「ダックシティ」「ダックビブレ」と社名を変更しながら東北で6店舗を経営した。
01年9月に経営悪化から民事再生法適用を申請。
02年9月からさくら野百貨店に社名変更して再スタートを切った。
05年4月に青森、北上など5店舗の経営を別会社に譲渡。
10年8月からエマルシェとしてJR仙台駅前にある仙台店のみを経営していた。
nn
・・・当時仙台には、今でもある仙台三越と藤崎、十字屋と丸光と、デパートが4つありました。
mm
この写真が、まだ仙台駅のペデストリアンデッキがない頃ですから、私が仙台に行った頃に近いと思いますが、仙台駅を背にして、青葉通を見ると、左側に「アイエ書店」と「仙台ホテル」、右側に「ミドリヤ」と「丸光デパート」がありました。
田舎者にとっては、物凄く都会に見えたものです。
懐かしいなぁ・・・。

歌丸師匠熱演の記事

penまたまた歌丸師匠の記事がありました。
落語家の桂歌丸(80)が26日、大阪松竹座(大阪市中央区)で開かれた「3代目桂春団治一周忌追善落語会」(昼の部)に駆けつけ、酸素吸入のためのチューブを鼻に装着しながら「紙入れ」を熱演した。
幕が開くと、すでに高座に鎮座する歌丸の姿。
「本来、噺家は舞台袖から高座の座布団の上まで歩いて出てこないといけないが、一昨年と昨年に腸閉塞で入院。足の筋肉がまるでなくなってしまって、歩くのと正座するのがちょっと苦痛でございます」と説明した。
「歩けなくはないが、(舞台袖から)ここまで歩くと40分くらいかかります」と苦笑い。
医師からは「胃下垂だから腸閉塞になりやすい。太って下さい」と言われたといい、「太ったことのない人間だから無理。今までで最高の目方が40代のころの50キロ」と告白した。
鼻のチューブについても言及。
「これには涙ぐましい物語が…」と切り出した。
昨年12月14日に突然の発熱で受診したところ肺炎と診断され、今年1月18日まで入院。「肺炎は治ったが呼吸器がまだ苦しい」と語り、「息が吸えないのはすげぇ苦しい。酸素吸入がないとダメなんですね。酸素は金より大事」と漏らした。
だが、自身の病も笑いに変える芸人魂を発揮。
入院で「肺炎(大変)な騒ぎになりました」と言った後、「これは私の言うシャレじゃない。“黄色いラーメン屋”の言うシャレです」と古巣番組「笑点」のダジャレ王・林家木久扇(79)の名を持ちだし、爆笑を誘った。
同公演では昨年1月9日、心不全のため85歳で死去した故・桂春団治さんの一門が集結し、口上。
筆頭弟子の桂福団治(76)は「半世紀以上、師匠に仕えたことにあらためて幸せを感じる。もう叱ってくれる人がいなくなった。これからは、あの世で師匠が“弟子たち、よう頑張ってるな”と喜んでくださるよう、一門が協力し合いながら芸道に精進する」と誓った。
来春、4代目春団治を襲名することを2日に発表した桂春之輔(68)は「高校2年生のころ、師匠に電話で弟子にして欲しいと頼んだら、大真面目な声で“うちはうどん屋ちゃう。電話で注文は聞かん”と言われた」と回想し、笑わせた。

・・・あの状態で、大阪まで出かけて一席勤めるんですから、驚きです。

2017年2月26日 (日)

2月26日は・・・

shadow2月26日は、歴史上の大事件の日だけではありません。
両親の結婚記念日です。
1955年ですから、今から62年前。
父は4年前に亡くなりましたので、祝うことは出来ませんが。
父が入院して2週間、58回目の結婚記念日には、二人で語り合ったそうです。
父は、「幸せな人生だった」と言ったそうです。
色々あったけれども、一番辛かったのは、私が高校を卒業して、見ず知らずの仙台に置いて来た時だったそうです。
父はこの6日後、「後は頼んだぞ」と言って、眠るように逝きました。
昨日、母を見舞った時に、泣き笑いしながら言っていました。
あれから4年経ちます。
父の生まれ代わりのように、娘と息子のところに、それぞれ男の子を授かりました。
今日は、我が家のスタートの日なのかもしれません。

ラジオ寄席

ラジオ寄席
今夜は二代目桂小南特集。
ゲストは、今年三代目を襲名する小南治さん。
     ◇いかけ屋                    二代目桂小南
小南師匠は、落研3年生の時に、落語観賞会に出演していただいた、親しみのある師匠です。
番組は、先代の特集というよりも、小南治さんの座談でした。
でも、とても良い話でした。
個人的には、小南治さんの「菜刀息子」が聴きたい・・。

東京かわら版

book3月号は、落語協会の新真打が主役です。
          東京かわら版
私は、三遊亭時松改め三遊亭ときんさんに期待しています。
我が落研の部室を訪れてくれたり、学士会落語会の懇親会でもご一緒したことがありますから。
「ときんときんときん」と3回繰り返せば、師匠の金時(きんとき)になると。
よく金時師匠がマクラで、最近は大卒の噺家が増えていて、自分のところにも農大出身の弟子がいる。
どうやら演芸と園芸を勘違いしてた入門したらしい。
それが時松さんですよ。
ところで、今日の稽古会の師匠との雑談も、発端は、私が本号を持って行き、3月9日の師匠ご出演の落語会でした。
日野市が主催する会だそうで、そこから新撰組の話題になり、清水次郎長や国定忠次、幕末の三舟の話題へ。
さらに信長と秀吉の話から、元寇や神風、民話や童話、最後は三平師匠や圓歌師匠や川柳師匠のような"呼び屋"と呼ばれる爆笑系の噺家さんの話題まで。
演芸の発展と継続には、"きわもの"が必要だという、私の持論まで披露してしまいました。

ランチ

riceball稽古は、とにかく体力を消耗するんです。ランチ
だから、ランチはガッツリ食べたい。
うどん付きですが、カツ丼のご飯は半分以上残して。

三遊亭圓窓一門会

event恒例の師匠の一門会。
4月23日(日)午後6時・池袋演芸場で。
一門会も第24回です。
三遊亭圓窓一門会
池袋演芸場はキャパが小さいので、稽古会の時に、師匠から直接チケットをいただきました。
今回のテーマは「その時どうする?」です。
  ◇蔵前駕籠                   三遊亭萬窓
  ◇質屋蔵                          三遊亭窓輝
  ◇通夜の蕎麦               三遊亭圓窓
  ◇富士詣り        三遊亭窓里
  ◇高田馬場                    三遊亭吉窓
・・・師匠は、ご自身の創作噺をお演りになるようです。

師匠の高座本

book師匠と言えば「圓窓五百噺」と「落語の授業」ですが、「圓窓高座本」も大変なものです。
師匠の高座本
前回の稽古の時に注文した6冊の高座本をいただきました。
1冊350円、〆て2100円。
「小言念仏」「お血脈」「禁酒番屋」「短命」「野ざらし」「初天神」。
師匠の高座本
師匠との雑談の中でも、高座本の話になり、「今360冊ぐらいで、あと140冊なんだけど、あたしの身体が持つかどうか・・」なんて仰っていました。
「いやいや、そんなことはありませんよ」と。
いただいた高座本を見ると、こんな表示がありました。
 圓窓高座本500号まであと140席
 ゴール予定日   2020年10月3日

・・・さすが師匠、しっかり計画されています。
しかも、ゴール予定日は、師匠の満80歳の誕生日ですsign03

東京マラソン

sports稽古が終わって門前仲町駅まで来ると、東京マラソンが佳境で、深川不動前は往復レーンとも、どこからわいて来たのか(失礼)、多くのランナーが走っています。
東京マラソン
沿道にも多くの人垣ですが、大騒ぎすることもなく、淡々と応援しています。
一緒に帰っていた百梅さんは、始まったばかりの頃、参加したことがあるそうです。
東京マラソン
今年は、参加希望者の倍率は12倍以上だったそうですから、当選しただけで、今年の良運を使い果たしたのではないかと。
エリート、選ばれし者ですね。

落語っ子連稽古会

sun今日は、参加者は窓口さんと百梅さんと私の3人だけでした。
落語っ子連稽古会
  ◇妾馬       三流亭窓口
  ◇不孝者     三流亭流三
  ◇夕立屋     三流亭百梅
 
落語っ子連稽古会
窓口さんが用事があって早めに帰ったので、残った時間は、師匠と百梅さんと3人で、色々な話をしました。
私の「不孝者」の読み稽古では、師匠からは特にご指導はありませんでしたが、「官能落語だから」と一言。
師匠の高座本の中身をかなりカットしているので、台詞やストーリー残った繋がりに気をつけないといけません。
最初は30分超、前回は約28分でしたが、今回は24分ほど。
この噺のネタ下ろしの千早亭落語会では、他に「鰍沢」や「七段目」や「お見立て」などの長講がありますから、なるべくコンパクトにしないといけません。

門前仲町

shoe門前仲町は、東京マラソンの折返し地点の一つになっているようです。
門前仲町
地図では、右端の折り返しの部分です。
門前仲町
交通規制が始まる前ですが、ボランティアの人たちが集まっています。
門前仲町
稽古が終わって帰る頃は、大混雑しているかもしれません。

落語DEデート

music今日は落語っ子連の稽古会です。
支度を始めながら。
    ◇社長の電話            二代目三遊亭円歌
円歌師匠の生の高座は知りませんが、名前の通り、歌うような語り口調は、なかなかありません。
新作も多くお演りですが、個人的にはあまり好きではありません。
今日は東京マラソンがあり、稽古場のある門前仲町も新しくコースに含まれたようですから、混雑するかな?

2017年2月25日 (土)

姪の転勤

tulip先週の土曜日、妹と帰省して帰ると、姪(妹の次女)が突然名古屋に転勤になったと言うことでした。
妹一家は、夫婦に娘が2人の4人家族。
姪は、今までも転勤はありましたが、転居を伴うものではなかったので、妹にとっては青天の霹靂でした。
そして今日、荷物を搬送した後、駅まで見送ったそうです。
親も子も、初めて離れて暮らすことになりますが、姪は「ちょっと出かけて来る」と言う感じだそうですが、親は寂しいことでしょう。
我が家も、息子が遠い松江にいますので、寂しさは否めません。
しかし、双方にとって、別の場所で暮らして、お互いを客観的に見ることも大切なことだと思います。
いつもいて当たり前だった家族が遠くで暮らす・・・。
頑張ってほしいものです。

「おひろめ寄席」の演目

event5月に「第2回おひろめ寄席」が開催されます。
「おひろめ寄席」は、師匠が豊島区内で指導している5つの素人落語連の合同発表会で、昨年の4月に第1回が開催されたもので、今回が第2回目。
各グループの持ち時間は1時間。
各グループ3~4名×5グループが出演することになります。
我が扇子っ子連からは、百人さん、大三九さんと私が出演することになっています。
百人さんから、演目と出囃子のエントリー依頼がありました。
我が連「扇子っ子連・千早亭」のテーマは「男と女」だということでしたので。
男と女が出て来る持ちネタで、20分程度でまとめられるもの・・・。
「厩火事」「三井の貸し傘」「怪談牡丹燈籠」あたり・・・。
出囃子は「正札付き」「木賊刈り」・・・。

今日はダメだった

fuji今日の富士山ハズレ三景。
今日はダメだった
東名高速大井松田IC付近、新東名高速新清水IC付近と午後の富士宮市野中から。
今日はダメだった
天気は良くて、とても暖かいのに・・・。
今日はダメだった
雲に隠れて姿は見えず。

ランチ

rvcar来週の土曜日が、父の命日なんですが、仕事の都合で行かれないので、一週間前の墓参。
ランチ
ランチは、久しぶりに家内と一緒に。
ロースカツ定食を。
今日も日帰り400キロのドライブです。

今日の富士山

fuji今日も帰省しています。
今日の富士山
天気は良いのですが、富士山は雲に隠れています。
新東名高速新清水ICからも、頂の一部が見えるだけ。
今日の富士山
写真を拡大しても、わかりづらい・・・。

プレミアムフライデー

building昨日からは「プレミアムフライデー」というのが始まったんだそうで。
月末の金曜日の仕事を早く終え、消費拡大につなげる「プレミアムフライデー(プレ金)」が、初めて行われた。
個人消費の喚起や働き方改革を目的に政府や経団連が取り組みを呼びかけ、百貨店や飲食店では早帰りの会社員らを見込んだイベントを開催するなど、新たなビジネスチャンスに取り組んだ。

・・・何かこう・・、お役所の思いと実態とに、かなりギャップがあるかも気がします。
官庁の中でも、かなり温度差があるようです。

2017年2月24日 (金)

宮城産直市

train上野駅中央改札口前の広場で「宮城産直市」をやっていました。
宮城産直市
私は7年近く、宮城県の住民でした。
第2の故郷です。
宮城産直市
海産物、農産物、お酒などもに混じって、弥次郎系のこけしもありました。
懐かしいし、癒されますね。

富士スカイビュー

fuji昨日、東名高速富士川SA上り線にオープンした観覧車「富士スカイビュー」。
富士スカイビュー
富士スカイビュー
富士スカイビュー
いずれ、ブームが落ち着いたら乗ってみようと思います。

静かに見守るのが真の贔屓

sad奥さんが癌で闘病中の、人気歌舞伎役者さんのこと。
自身のブログで新居を探していると明かしたそうです。
「皆さんのおかげで、我が家がどこにあるのか(バレている)。きょうも家出るときにおばさま方が6名くらいいらっしゃったり、観光地化してきているので困るでしょう」と苦笑したと。
「いろいろ仕切り直したい」と引っ越しをする理由を語り、「マスコミさんも絶対いるし。あのへん張り込み率が高くて、頻繁に見られている感じがするので、移動しようかなと。やっぱり○○(奥さん)のことが一番なので」と、闘病中の妻を思いやっているそうです。
・・・確か、大岡裁きの一つだったと思います。
自分の子どもだと主張する2人の女に、その子どもの手(腕)を引っ張らせた奉行、途中で痛がる子どもを見て引っ張るのをやめた女を本当の母親だとお裁きをしたそうです。
本当の親なら、本当のご贔屓(ファン)なら、相手が悲しんだり、困ったり、怒ったりすることなどしないはずです。
おばさま6名は、好き嫌いの判断しか出来ずに行動する、大人気ない人たちです。
もっと大人気ないのは・・、マスコミなんでしょうが。
「薮入り」でこんな台詞ありました。
人間、なまじ学問を身に付けて理屈っぽくなるよりも、人の気持ちの分かる苦労人がいい。

いくらなんでも・・・

忍者とは、飛鳥時代から江戸時代、大名や領主に仕え、または独立して諜報活動、破壊活動、浸透戦術、謀術、暗殺などを仕事としていたとされる、個人ないし集団です。
日本の忍者は世界的にもよく知られています。
でもね、今はイメージは悪くないかもしれませんが、領主に仕えずに戦毎に雇われる傭兵のような存在です。
伊賀衆甲賀衆のような土豪集団もあれば、乱波透破のようなただのごろつき集団もある。戦には足軽として参加し、夜討ち朝駆けといった奇襲撹乱を得意とした。
伊賀甲賀においては荘園時代から悪党がはびこり、それが後世に忍者と呼ばれる伊賀衆甲賀衆になるということで、元は"ワル"だったんですよね。
尤も、「伊賀の影丸」「風の藤丸」「忍者ハットリくん」「サスケ」とか「忍者部隊月光」「隠密剣士」なんていうテレビ番組は、楽しませていただきました。
いくらなんでも・・・
その伊賀市が、「忍者市宣言」をしたそうです。
「忍者と言えば伊賀」。
外国人にも人気がある忍者の力で国内外に市をPRする。
市によると、忍者市宣言した自治体は全国で初めて。
要するに、観光客誘致、町興しということでしょう。
昔はどうあれ、そういうコンテンツのある街は羨ましいです。
いくらなんでも・・・
「忍者マスター」上忍の衣装を着た市長が、忍者市宣言の議案を市議会に提案。
忍者姿で待ち受ける市議が全会一致で可決し、「忍者市」が誕生したという・・・。
しかし・・・、ここまでやりますか?
あまり洒落としては粋だとは思えませんが。
議会というのは、その議案や議論の内容については、市民に傍聴してもらい公開していますが、基本的に見せる場所ではありません。
別の場所でやればいいのに。
傍聴席にも忍者姿の人がいたそうですから、傍聴ではなくて謀聴だったのではと・・・。
「うどん県」とか「いちご市」、それに「忍者市」・・・、なりふり構わない姿に悲愴感を感じます。

トップ企業

24hoursたとえ直営店ではないフランチャイジーで起こった事件だとしても、同じ看板を掲げているのですから、フランチャイザーの責任は問われるでしょう。
トップ企業
急に欠勤したら「罰金」を払うという契約をアルバイト店員5人に結ばせたとして、大手コンビニエンスストア加盟店のオーナーと店長が、労働基準法(賠償予定の禁止)違反の疑いで書類送検されたそうです。
女子高校生を含む10~30代のアルバイト店員の男女5人に、正規の雇用契約とは別に「急に欠勤した場合は1万円の罰金を徴収する」という内容の書類に署名させ、契約を結ばせた疑い。
労働基準法は雇う側に対して、欠勤などで労働契約の内容が実行されなかった場合に違約金や損害賠償を払わせる取り決めをあらかじめ結んでおくことを禁じています。
このうち1人には、遅刻した時に罰金を払わせたという。
先日も、同じコンビニチェーンで、欠勤した分を給料から差引くといえう悪質な事案が明るみに出たばかりです。
仕事柄、就職や転職する学生や若者と話す機会が多くありますが、凄まじいブラック企業があって、驚くことばかりです。
電通もひどいですが、市井には表面化していない不当労働行為が溢れている気がします。

2017年2月23日 (木)

富士山の日

富士山の日
2月23日は、「富士山の日」。
日本の象徴である富士山について県民が学び、考え、思いを寄せ、富士山の豊かな恵みに感謝するとともに、富士山を後世に引き継ぐことを期する日として、山梨県・静岡県の両県が条例で定めている「富士山の日」。
両県は1998年に、日本のシンボルである富士山を世界に誇る山として、後世に継承するための全国的運動の原点となる「富士山憲章」を定めており、「富士山の日」はその理念に基づき制定されていると言うこと。
色々なイベントも行われているようですが、東名高速道路富士川SAでは、今日、大観覧車「Fuji Sky View(フジスカイビュー)」がオープンしたはずです。

「稽古」について

pen古今亭志ん吉さんのツイートで見つけました。
「稽古は稽古そのものが目的であって初めて意味がある」真樹日佐夫先生のお言葉。
「本番に弱い」って人は覚えといてくれ。
勝負ってのは本番に強いか弱いかなんて関係なく練習の質で決まる。
要は練習が本番なんだ。
本番の緊張感を練習に持ってきて、練習の気軽さを本番に持っていくのが正解だ。
本気で練習する事でしか自信は形成されないし、自信がなければ本番で緊張するのは当然だ。

・・・本番の緊張感を練習に持ってくる・・か。
稽古を本息でやる、読み稽古も「演読」で。
そうかもしれません。

やはり売り切れ

sun先日の販売休止のフライドポテトの話題。
やはり売り切れ
「コイケヤフライドポテト」3種類のうち、「魅惑の炙り和牛」と「松茸香る極みだし塩」の販売を一時休止しているそうですが、今朝、コンビニの棚を見たら・・・。
まさに、2種類の所は何も置いていない欠品状態。
「秘伝濃厚のり塩」は販売を継続しているということなので、ちゃんと置いてありました。
本当に人気があるんですね。

2017年2月22日 (水)

遅くありませんか?

遅くありませんか?
「アスクル」の倉庫火災は、発生から6日が経ち、ようやくほぼ消し止められたようです。
社長が現場を訪れて謝罪したそうですが、いくら何でも遅すぎやしませんか?。
この間、周辺の住宅には避難勧告も出ていたのですから。
アスクルの岩田彰一郎社長:「ご迷惑をお掛け致しましたことを心からおわび申し上げます。申し訳ございませんでした」と、ヘルメットもとらないで頭を下げていました。
  
一刻も早く、まずはお詫びをするべきでしょう。
勿論、脱帽して。
ヘルメットを着用しないといけないような場所だとは思えないし、お辞儀をするなら、ヘルメットが不要な場所でやるべきですよ。
お辞儀の角度も小さ過ぎる。
1週間近く経って、やっと出て来て、全く心が伝わらないと思うのは、私だけでしょうか?
消防によれば、建物の1階に積まれていた空の段ボールの周辺が火元とみられるということです。

富士川河口断層帯もある・・?

   富士川河口断層帯もある・・?
「富士川河口断層帯」というのもあるんです。
富士川河口断層帯は富士山南西山麓から富士川の河口付近にかけてほぼ南北に延びる。 長さは26キロ以上。
現行の長期評価では、マグニチュード(M)8程度の地震が30年以内に発生する確率は最大18%となっている。
この断層帯の活断層が富士宮、富士、静岡の3市にまたがって分布していることから、活動すれば社会経済活動に大きな影響を及ぼすと指摘。

まさにピンポイントです。

やはりこんな程度

bomb改めて、こんな人が総理大臣だったとは・・という情けない話。
某元首相は、自身のツイッターに「金正恩氏殺害など嫌なニュースが続く」と書き込み、後に削除していたそうです。
そうじゃないでしょ。
殺されたのは、お兄さんの「まさお」さんでしょ。
単なる間違いかもしれませんが、そこいらのオッサンならともかく、かりにも元首相が「北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が殺害された」と書き込んだら、騒ぎになりますよ。
とんだ愚政を行って、みんなから顰蹙を買ったのは、過去のこと、選んだ国民にも責任があるかもしれませんが、あとはひたすらおとなしくしていて欲しい。
これ以上、国全体が恥をかくようなことをやって欲しくない。
「主人家」と「四神剣」を間違えても洒落になりますが。
若い衆が「来られた」と「斬られた」も、ちょっと危ないですが。
「かもじ、かもじ・・・・、間抜けではねぇ、め抜けだ」は、「百川」のオチ。

新しい活断層?

sign04地震といえば、最近は「活断層」というのが気になります。
新しい活断層?
政府の地震調査委員会は、将来、大地震をおこす可能性がある活断層に、新たに16の断層を追加すると決めたようです。
福岡にある福智山断層帯や、山梨から静岡に延びる身延断層など、新たに全国の16の断層を、「主要活断層帯」に追加することを決め、合わせて113か所となるそうです。
「主要活断層帯」とは、マグニチュード7クラスの大地震をおこす可能性があると認定された活断層のことで、去年の熊本地震をおこした断層もこれにあたるとのこと。
おいおい、「身延断層」ってのがあるんですか。
親しみのある名前が、こういうところで使われるというのはたまりません。
全く無知なので、藪睨みかもしれませんが、昔から「フォッサマグナ」だとか、「東海沖地震」だとか、「富士山噴火」だとか言われ続けていますから、特別恐怖におののくということはありませんが。

本当かなぁ

house移住希望地域ランキングというのがあるそうです。
本当かなぁ
NPO法人「ふるさと回帰支援センター」が発表した、2016年の移住希望地域ランキングによると、何と全国トップは山梨県で、長野県、静岡県と続いています。
首都圏にも近いから、イメージが良いのかもしれません。
個人的には、静岡県は良いと思います。
地震と富士山噴火がなければ。
移住者には魅力的かもしれませんが、居住者にとっては、過疎で大変です。
尤も、多くの人が移住してくれれば。
しかし、ローカルではありますが、移民・難民問題みたいなものが起こると嫌ですね。

2017年2月21日 (火)

へぇ、そんな人が・・

pencilまたまた談四楼師匠のツイートです。
さすがに、多くの本を出版されているだけあって、とても面白い。
店と蔵が火事で灰燼に帰す。
女房が患い娘を吉原に売るも、そのカネをスリに取られ、最早これまでと男は首をくくる。
『鼠穴』の佳境だが「わかっててもハラハラするね」の声がある一方、昨夜、初ナマ落語の客が立腹したという。
「真剣に聴いてたら夢だったなんてバカにするな」と。
落語の力は凄いなあ。

世の中には、落語を聴いて腹を立てる人がいるんですね。
「落語を聴くのはよそう。また夢になるといけねぇ」とでも言いたいのでしょうか?

談志師匠の言葉

pen立川談四楼師匠のツイートで見つけました。
談志が言った。
上手いはいいが、達者だと言われたら気をつけろ。
オレも若い頃よく言われたが、褒め言葉じゃねえんだ。
薄い、コクがないと同義語で、批判と受け取れ。
流れるようとか立て板に水ってのも危険で、最上はあなたの落語が好き、あなたの落語を愛してるで、こいつは何もかも吹き飛ばすんだ。

美辞麗句の怖さですかね。

売れすぎちゃって

pigポテトチップで有名な湖池屋が、今月発売した「コイケヤプライドポテト」3種類のうち、「魅惑の炙り和牛」と「松茸香る極みだし塩」の販売を一時休止しているそうです。
残る「秘伝濃厚のり塩」は販売を継続するそうです。
  売れすぎちゃって
全国で販売を始めた今月中旬の時点で、出荷計画を大幅に上回る人気が出たため、生産が追いつかないということで、3月をめどに全種類の販売再開を目指すそうです。
これらは、素材や製法などで「和」にこだわった「老舗のプライドをかけた」商品として開発されたものだそうで。
大したものです。
売れないのが一番困ると思いますが、売れすぎるのも大変なんですね。
ダイエット中の私には、実は食べてはいけないものなんですが。

2017年2月20日 (月)

馬から落馬?

train某私鉄の某駅のトイレで見つけた掲示。
馬から落馬?
新規でPASMOの通学定期券を購入する場合のお願いが書いてありました。
"あらかじめ事前に"、氏名・生年月日・性別・電話番号を入力した記名PASMOを購入してくださいと言う内容です。
面白いことに、この"あらかじめ事前に"の部分に、小さな字で「重複」と書いてありました。
これって、落書きと言えばそれまでですが、添削ですよね。
実に正しい指摘だと思いました。
「あらかじめ」か「事前に」のどちらか一方で十分ですから。
"馬から落馬"とか、"朝の朝礼"とか、言葉は無駄に使ってはいけません。

船村徹さんの訃報

shadow「王将」「みだれ髪」「矢切の渡し」などの国民的ヒット曲で知られる、戦後歌謡界を代表する作曲家で、文化勲章を受章した船村徹さんが亡くなりました。
享年84歳。
昨年5月初めに心不全で倒れ、手術後療養されていたそうで。
古賀政男、吉田正、服部正・・・、昭和の歌謡界で大活躍された作曲家の先生は大勢いますが、船村さんの作品も物凄い。
私が、船村さんに親しみを感じているのは、私自身もほとんど覚えていないのですが、高校生の時、社会科かなにかの授業で、グループ研究の課題が出て、我がグループは「歌謡曲」をテーマにしました。
その一環で、どうやって調べたのか、作詞家、作曲家、歌手などにアンケートを送りました。
怖いもの知らずというのは怖いもので、その中に船村さん宛のものもあったようです。
高校生が突然訳の分からないアンケートを送ったのですから、ほとんど反応はありませんでしたが、返信がもらえたのが、船村さんと、欽ちゃんが司会している「スター誕生」からデビューしたばかりの「三橋ひろ子」さんでした。
・・・ということで、とても感謝しています。
ところで、「三橋ひろ子」さんは、確か森昌子さんの次にデビューした、私と同級生(当時は16歳)だった気がします。
「私の花言葉」というのがデビュー曲で、そこそこヒットしました。
(その後はわかりませんが。)

ギャルが落語家に恋したら

book色々な落語本があるものです。
一色美穂さんという方の「ギャルが落語家に恋したら」。
ギャルが落語家に恋したら
まんがタイムジャンボ(芳文社)で連載された「寄席ばいいのに」を改題したものだそうで、新進気鋭のイケメン噺家に女子高生・銀子が惚れ、彼に近づくため寄席へと足を運ぶ姿を描いた4コマ。
落語知識ゼロのため有名な「まんじゅう怖い」すら知らなかった銀子は、まんじゅうが怖いと嘘をつき悪友から好物をせしめる噺に「マジ頭よくね!?」と心から関心する。
いまどきのギャルと伝統芸能のギャップが笑いを誘う作品。

・・・なんだそうです。
紹介文、「関心する」じゃなくて「感心する」と書くべきではと思いますが・・・。
ことほどさように、何かこう・・・、落語がおちょくられているような気がするのは、オジサンの僻みでしょうか?
ほとんど興味は湧きませんが、こういう物(本ではなくて)もあるという・・。

2017年2月19日 (日)

ラジオ寄席

music今日は、金馬師匠の噺ばかりです。
朝の文化放送の「落語DEデート」では「小言念仏」でした。
    ◇居酒屋           三代目三遊亭金馬
    ◇雛鍔             三代目三遊亭金馬
没後53年が経っても、未だに頻繁に放送されるのは、勿論名人だったということですが、当時は演芸番組が全盛で、売れっ子の師匠方は、放送局の専属に鳴っていたので、音源もどっさり残っているからでしょう。

鎮火せず

bombもう一つ火難・火厄のニュース。
アスクルの物流センターの火災が、出火から3日経っても鎮火しないということです。
鎮火せず
品物を出荷しないで、品物から出火させてどうするのってなものです。 洒落になりません。
注文したらアスクル(明日来る)のは無理なようで、さぞや会社はアサッテる(明後日る・焦ってる)でしょう。
とんでもないことになってシアサッテ(明々後日・しまって)・・。

山焼き

impact山口県の秋吉台で、名物の「山焼き」の作業をしていた男性が煙に巻き込まれ、亡くなってしまったそうです。
山焼き
男性は火入れの作業をしていたとみられ、やけどしていたそうです。
火は恐ろしいです。
くすぶっているうちは大したことはありませんが、火勢が大きくなると、本当に手がつけられません。
お祭りで犠牲者が出て、イベントを自粛・縮小・中止したりになることもあるようです。
火は恐い!

田舎の聴取テレビ局

tvテレビのチャンネル(選局)の話題。
   1…NHK総合
   2…NHK教育
   4…日本テレビ
   5…テレビ朝日
   6…TBS
   7…テレビ東京
   8…フジテレビ
これが、東京の主なキーテレビ局のチャンネルです。
これが地方に行くと、全ての局が視聴出来ません。
私の実家は、山梨県と静岡県の県境にあり、地理的には静岡県に食い込んでいるので、昔から静岡県側の放送しか視聴出来ませんでした。
昔は、民放はTBS系の静岡放送しか映りませんでした。
その後、フジテレビ系のテレビ静岡が見られるようになり、高校を卒業して故郷を離れてから2局が出来て、民放も4局になりました。
ところが、数年前の地デジ化の際に、国内屈指の難視聴地域だったこともあり、難儀の末に、変な形になりました。
   1…NHK総合(甲府放送局)    
   2…NHK教育(甲府放送局)
   4…山梨放送(日本テレビ系)
   5…静岡朝日テレビ(テレビ朝日系)
   6…テレビ山梨(TBS系)
   8…テレビ静岡(フジテレビ系)
・・・となりました。
テレビ東京系列は視聴出来ません。
とりあえずの不自由はありません。
ニュースや天気予報は、2県分確認出来るのは良いかもしれません。
ところが、時々面白い現象が起こります。
山梨県では、地デジでは、テレビ朝日系とフジテレビ系が映りませんので、時々既存の局で、他の系列の番組を放映することがあります。
そうすると、2県のチャンネルが混在している我が家のテレビでは、2局で同じ番組が放映されるケースがあります。
・・・分かりますか?

レベルアップ

coldsweats01ポケモンGOのレベルが【32】になりました。
レベルアップ
相変わらず続けていますが。
レベルアップ
最近バージョンアップして、ポケモンが物凄く増えました。

恐ろしい・・(-_-;)

sweat01物凄いことになっているようです。
立川市内の7校の市立小学校の児童ら835人が、相次いで嘔吐や腹痛などの症状を訴えて、うち5人の児童が入院したという。
7校の児童らは17日、同じ調理場でつくられた学校給食を食べており、保健所は、給食が原因の集団食中毒の疑いがあるとみて調べているそうです。
7校には、いずれも市学校給食共同調理場で調理された給食が提供されていて、献立は同じ。
ミルクパン、牛乳、鶏肉のトマト煮、パセリポテト、フルーツポンチ。
この調理場では、ほかにも6校に給食を提供しているが、7校とは別の献立で、症状を訴える児童は出ていないということですから、"犯人"は、この献立の中にいるようです。
食の安全も、改めて重要な問題だと実感します。

落語DEデート

confident昨日の疲れが残り、今日は1日ゆっくりしたい。
でもって、午前中はマンション管理組合の理事会・・・。
午後はぐたーっとしていられるでしょう。
       ◇小言念仏            三代目三遊亭金馬
いつ聴いても、流暢な語りです。
これは稽古の賜物なんでしょうか?
真似できないなぁ。
テンポも速い。
これも真似できない。
落語は「リズム(調子)」と「間」なんですよね。
とても真似できないよなぁ。
頑張ろうと思ったり、アマ(自分?)の限界を感じたり。

2017年2月18日 (土)

午後の富士山

午後の富士山
上の写真は、地元の人が撮した昨日の富士山。
笠雲がかかって、昨日の午後は"お天気雨"になりました。
下の写真は、今日の午後4時頃、新東名高速の新富士IC近くからの富士山です。
午後の富士山
母のことで2日がかりの用事でしたが‼予定通り終わったので帰宅の途につきました。
新東名と東名は順調でしたが、首都高と水戸街道が渋滞していて、帰宅は7時を過ぎてしまいました。
1泊2日の帰省で、愛車の走行距離は約500キロ。

ランチ

noodleちょっと遅めのランチは、旧東海道沿いにあるファミレスで。
ランチ
カツ丼定食です。
慌ただしい中でのホッとするひととき。

今日の富士山

fuji今日は曇りがち、富士山も白い空に溶け込みそうです。
今日の富士山
肉眼では見えますが、写真だとほとんど見えなくなってしまいます。
今日の富士山
道の駅「富士川楽座」の脇には、東名高速富士川IC上り線の観覧車「富士スカイビュー」が、間もなくの営業開始を待っているようです。
ここから望む富士山は格別だと思います。

梅花咲く

sun実家の裏庭の梅が咲いていました。
梅花咲く
楚々としたところがいいですね。
梅花咲く
今年も、主なしとて春を忘れずに咲いてくれました。

やはり

airplane米国の新大統領の"騒動"が続いています。
今週は、補佐官が突然辞任しました。
細かいことは分かりませんが、"フリン"は長続きしないものです。
何をかイバンカ(言わんや)ですね。
しかし、新大統領はトランプと言うだけに、裏が分かりません。

田舎の朝

house久しぶりに実家に泊まりました。
今朝も昨日ほどではありませんが、いつもより暖かいようで、ゆっくり休むことが出来ました。
田舎の朝
それでも、愛車の窓は霜で真っ白です。
昔は、霜で一帯が真っ白になり、ズック靴を履いて、霜柱をザクザク踏みながら、小学校に通ったものです。

2017年2月17日 (金)

ディナー

restaurant朝4時過ぎに家を出て、妹と母の所に行き、一日中用事を済ませ、やっと夜7時過ぎに終了。
ディナー
実家に帰る途中のファミレスで夕食。
蟹飯と天ぷらと蟹クリームコロッケの定食。
比較的コストパフォーマンス良好でした。

今朝の富士山

fuji今日は、休暇を取って帰省しています。
早暁に家を出て、いつものように妹と二人。
今朝の富士山
東名高速大井松田付近で6時。
いつものように、助手席に座っている妹が撮影。
まだ明けきっていない空に、富士山がうっすらと見えます。

もうダメ・・?

sweat01どんなに大きな、伝統のある企業でも、経営者が舵を誤ると、沈没してしまうと言うことをですね。
もうダメ・・?
おごれるもの久しからず。
それにしても、粉飾決算を不正経理と言い、規則通りの決算も出来ず・・・酷いものです。
金融機関は、政府系も民間も、大きすぎて潰せない。
ほとんどの社員のせいではない。
少数の経営層の勘違いと見栄と派閥闘争の挙げ句です。
今さら「東芝(どうしま)しょう!」と言ったって、業績も信頼も回復しないでしょう。
上場(情状)酌量されずに、東証1部から2部へ降格、さらに上場廃止、そして破綻へ。
名門沈み行く・・・。
ハゲタカの餌食になる・・・。

2017年2月16日 (木)

天使の近況

ribbon今日は、息子夫婦の結婚記念日です。
天使の近況
3年前の披露宴は、大雪の日でした。
お祝いメールに、嫁が孫の写真を添付して返信してくれました。
松江も雪が積もったようです。
天使の近況
天使も、夏にはお兄ちゃんになります。
子どもの成長には、本当に驚かされます。

組長・学長・院長

rock暴力団の組長を、こともあろうに京都府警の関係者から紹介された京都府立大の学長が、食事をしたり、挙句の果ては虚偽の診断書を作って収監を回避させる。
こんなことが実際に起こっているんですね。
どの面を下げて、暴力団撲滅や教育、医学を語っているのでしょう・・・。
我々は、誰を信じ、誰に頼ったら良いのでしょう・・・。
随分前のことですが、総会屋との交際から脱却できず、世の中の指弾を浴びて自ら命を絶った金融機関トップがいました。
同じことをやれとは言いませんが、まだ懲りていないようです。

なぎらさんと堀井さん

pen今度は週刊現代の記事。
なぎら健壱さんと堀井憲一郎さんの座談記事です。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50920
聞かずに死んだら、もったいない!
      最高におもしろい落語家はこの人
             なぎら健壱×堀井憲一郎が選んだ

◇人間国宝を今のうちに見ておけ!
堀井 「いま見ておくべき」という視点から落語家を選ぶと、やっ
    ぱり(柳家)小三治
師匠が筆頭。
    若手は当分見られるけれど、77歳の小三治師匠の場合
   
はそうはいかない。
なぎら アタシも同感。
           いま生きている人の中では小三治さんは一番好きな
           落語家の一人です。
      やっぱり上手いし聞かせる。
堀井 人間国宝が現役で、しかも寄席で普通に見られる。
     見に行かないともったいないですよね。
なぎら 亡くなった人まで含めていいのならば真っ先に古今亭
           志ん朝を推したい。
堀井 生前に、志ん朝師匠の「幾代餅」を生で聞いて、涙が止
         まらなくなったんです。
     落語で泣いたのは初めてで、「この人を追いかけなきゃ」
         と思ったんですが、間もなく亡くなってしまった。
     それから残っている音源を聞きまくりました。
なぎら 私は志ん朝の「船徳」を生で聞いたその週に、別の落語
           家がテレビで同じ噺をやっていたのを見て、こうも違うか
           と驚いたね。
      「長ぇな」と思っちゃったんだよ。
      志ん朝の芸には、客に退屈をみじんも感じさせない力が
           ある。
      あの立川談志師匠も志ん朝を最期まで意識していた。
堀井 志ん朝師匠が亡くなって「談志師匠までいなくなったらマズ
         い」と思って、そこからは談志師匠のライブをほぼすべて
         見たんです。
     師匠が60代半ばを超えて落ち着いたころで、素晴らしい
         高座に何度か出会えました。
   
なぎらさんと堀井さん
なぎら '90年代の一時期、談志師匠にも良くない時期があったん
           だよね。
     「黄金餅」を見たんだけど、途中で地名をずっと言う場面で
          つっかえちゃう。
     最後は、「このへんでモノレールに乗るか」って飛ばして、
          お茶を濁していた。
     だけど、しばらくしたらまた「やっぱりこの人すげぇな」と思わ
         せるよう
になって。
堀井 談志師匠に関しては、横須賀で聞いた「鼠穴」が衝撃的
    でした。
     蔵が燃えるシーンがあるんだけど、目の前で火柱がメラメラ
    上がっているような臨場感があった。
     もう、息を飲みました。
◇マイナーだけど大好きな噺家
なぎら いわゆる前座噺のような軽いものでも、あの人がやると
     「この噺ってこんなに聞かせたっけ?」と唸らされる。
      そういう腕があったね。
           何やっても上手い噺家って、談志師匠しかいないかも
           しれない。
堀井 談志師匠はその時々の世相を枕でどう取り上げるのかも
         楽しみでしたね。
     逆に、小三治師匠は時事ネタをいじらせたらダメ(笑)。
     談志師匠がコラムニストなら、小三治師匠はエッセイスト。
     海外旅行のエピソードとかこの石鹸がいいんだとか、身の
        回りの話がめちゃくちゃ面白い人です。
なぎら 志ん朝、談志師匠、小三治は別格として、バリバリの現役
           で「できるな」と思うのは柳家喬太郎。
      古典・新作両方に手を広げていて、どっちに目がいってる
           のか分からないところもあるけど。
堀井 本人によれば、「古典の名人」と呼ばれるよりは、広くいろ
         んなジャンルをやりたいとか。
     あと、ややマイナーなところで個人的に好きなのは、むかし
         家今松師匠。
なぎら 今松さんの噺は聞いたことない。面白いんですか?
堀井 全然(笑)。でも、好きなんです。
      「弟子入りしたい」と思ったのはあのひとぐらい。
      内容がどうこうというよりも、今松師匠が作り出している空間
         が気持ちいい。
     なんともいいにくいけど、そういう噺家です。
なぎら ウーン、よくわかんねえなァ(笑)。
      でも、落語って結局聞く人それぞれの趣味がすべてだから
           それでいいんだよね。
      アタシがおすすめしたいのは、ベテランだと柳家権太楼。
      あと中堅で言えば春風亭昇太はやっぱり面白いと思う。
      上手いという意味ではなくて、ドタバタの滑稽さがある。
      それから、林家たい平もいい。
      古典と新作と両方できるしね。
      一度、たい平の「幾代餅」で不覚にも泣いちゃいました。
      
なぎらさんと堀井さん
◇同じネタでも常に面白い木久扇
堀井 立川流の志の輔さん、談春さん、志らくさんは相変わらず
         引っ張りだこですが、この三人は実力も申し分ない。
なぎら
 三人とも頭一つ抜けてますね。
      それから談笑もいい。
堀井 彼らは落語の新しい形を作ろうとしている感じがします。
     志の輔師匠は、噺で腑に落ちないところは古典でも我流で
    アレンジしていて、噺に妙な説得力があるんです。
     談春さんもそう。
     彼の「文七元結」を聞くと、「女郎屋の女将はなぜ博打好き
    の長兵衛に金を貸したのか」っていう、原作にはない部分が
    膨らんでいて、聞いていて納得できる。
なぎら 昔、「こりゃあ、たまげたのが出てきたなァ」と末恐ろしく
     感じたのは、(春風亭)小朝だったんだけど。
堀井 '80年代的な、明るくポップな要素を落語に取り入れて、
    一躍人気者になりましたよね。
なぎら そう。
           「小朝が枯れてきたら怖いぞ」と思ってたら、結局あのまま
     で一皮剥けず(笑)。
       見終わってから残るものがないんだよなあ。
       そろそろギアチェンジしてもいいとアタシは思うけど……。
堀井 いまでも奇抜な着物を着て変わった新作落語をやって、これ
    がドカンドカンと受けている。
     個人的には、古典落語でもういちど私たちを唸らせてくれる
    可能性ももった人だと思ってます。
なぎら 意外な感じがするけど、あの談志師匠がとても高く評価
     していたのが林家木久扇と三遊亭圓歌。
      滑稽では、この二人に並ぶ人はいないと思います。
堀井 木久扇師匠は相変わらず馬鹿ばかりやってるけど、めっちゃ
    くちゃ笑えます。
      同じネタを何回聞いてもきっちり笑わせてくれる。あの芸
    の力もすごい。
なぎら ただ、木久扇も圓歌も残り時間がそう長くないだろうから、
     早めに生で見ておくに越したことはないな(笑)。

・・・内容は、お二人の座談の割には大人しく感じました。
あまり意外感のない内容だった気がします。
唯一、むかし家今松師匠の部分は良かった。

メイクアップ?

skiスキージャンプの高梨沙羅選手が、W杯2季連続4度目の総合優勝を飾ったそうです。
ただし、昨日の試合は残念ながら2位だったようです。
総合優勝は果たしたものの、男女通じて最多タイとなる53勝目は持ち越しです。
それにしても、物凄い活躍で、素晴らしいと思います。
ところで、昨年あたりから、高梨選手が急に垢抜けて来ました。
二十歳になったので、ビジュアルも気にするお年頃なのでしょう。
今シーズンの初め頃、家内に「この子(高梨選手)、随分雰囲気が変わったね」と言うと、返って来たのは「単なる厚化粧でしょ」という辛辣な言葉でした。
・・・確かに、やや不自然な感じもするのは、オジサンの感覚でしょうか?
美しくは見えますが、表情の豊かさは・・・かもしれません。
やはり、沙羅(更)がいいと思うのですが・・・。
メイクアップも沙羅(さる)ことながら、沙羅(更)なるジャンプアップを期待したいですね。

明けの明星

moon1早暁の西方向の空、明けの明星を従えた居待月。
明けの明星
今朝は幾分暖かいので、空も穏やかな感じがします。

猛者?野蛮人?

wobbly本当に、地方の首長や議員には、おかしな人が多くなりました。
栃木県内の某市議会の副議長が、市の女性職員へのセクハラ問題で、7度目の議員辞職勧告。
副議長(67)が、市の女性職員にセクハラ行為をしたとされる問題で、市議会は本会議で、副議長に対する【7度目】となる議員辞職勧告決議案を可決。
この副議長に対する辞職勧告決議は、2015年9月に1回目が可決されて以来、今回で7度目となり、全国で最多とみられる。
副議長は、セクハラ行為を否定している。
決議
には法的拘束力はなく、過去6度の勧告に対し、副議長は、辞意の表明も役職の辞任もしていない。
どういう思考回路なのか、周囲の人たちはどう考えているのか、本人だけでなく、自治体や住民のレベルも問われると思うのですが・・・。
あの、某都知事だって、故セクハラ府知事だって、民意(世論)が辞めさせたんですから。
この御仁、猛者ではなくて、野蛮人(粗野で教養がない人。不作法で粗暴な人)ですよね。

夜明け

夜明け
間もなく夜が明けます。
東の空が明るく、赤くなっています。
今日も天気が良さそうです。
夜明けだ夜が明けてゆく・・・
暁の空 明けの空 もうすぐ若い陽が昇る

2017年2月15日 (水)

これもまた信じがたい・・・

key世間には色々な人がいて、色々なことが起こるのはわかりますが、そんなことってあるという・・・。
某警察署に所属する40代の男性巡査部長が昨年末、既婚者であるにもかかわらず未婚の女性と結婚披露宴を開いたとして懲戒処分(減給)を受けていたそうです。
えっ?どういうこと?  
巡査部長は既婚者であることを隠して女性と交際し、昨年11月下旬ごろ、結婚式場で披露宴を開いた。
ところが、披露宴に巡査部長の親族が1人も参列しなかったことから、女性側の親族が不審に思い、巡査部長を問い詰めたところ既婚者であることを認めたという。
披露宴と同じ日に、巡査部長が自身の親族に「監禁されている」などと電話で助けを求めたため、驚いた親族が110番。
警察官が駆け付ける騒ぎとなって、問題が明らかになった。

私も、新郎新婦それぞれの親でしたが、いくら本人同士という時代でも、少なくとも双方の親ぐらいには紹介するものだと思うのですが・・・。
騙した男が最低ですが、騙された女性にも、もう少し慎重なというか、確認をする必要があったと思います。
披露宴に出席して、向こう側に誰も座っていなかった・・・、さぞや吃驚したことでしょう。
落語みたいですね。
悪いのは警察官、女性は警察・・じゃなくて軽率でしたね。
プライベートなこととはいえ、減給処分で良いのでしょうか?

ウサギとカメ?

sports何かとんでもないと言うか、洒落にならない出来事が・・・。
ウサギとカメ?
あるマラソン大会で、1人だけ正しいコースを走り、誘導ミスがあって、参加した263人中262人が失格・・・!?
ミスが起きたのは、岡山県某市で開かれたマラソン大会。
3キロコースの小学3年生から6年生の部には263人が参加。
ところが、誘導ミスによって262人が誤ったコースを走りました。
本来、3キロだったコースは2キロ足らずになり、1位の児童は6分51秒でゴール。
最後を走っていた児童の後ろには係員が付いていたため、たった1人だけ正しいコースで走りきりました。他の児童は全員失格となり、唯一、完走した児童を優勝者として表彰するそうです。
何だか、ウサギとカメみたいです。
そう言えば、昔、冬季オリンピックのスケートのショートトラックで、先行する選手たちが全員転倒して、ビリを滑っていた選手が金メダルを獲得したことがありました。
大人のミスですから、誤ったコースでも一位だった子にも、何かご褒美をあげても、文句は出ないと思うのですが。
某市というのは、岡山県笠間市だそうです。
だから、誤った誘導をした関係者を「い笠間市(いかさまし・イカサマ師)」と呼ぶんです。

ダム決壊?

ダム決壊?
ダム決壊?
アメリカのとてつもなく大きなダムが決壊するかもしれないと大騒ぎになっているそうです。
下流の13万人が避難しているとか。
人工の物ですから、永遠に壊れないということはあり得ませんが、一度にドドーッと崩れてしまったら・・・、恐ろしいことです。
人間は自然には勝てないですから。

2017年2月14日 (火)

義理チョコ

present唯一、家内からもらった究極の義理チョコ。
義理チョコ
ありがたく頂戴いたしました。m(_ _)m

扇子っ子連の稽古会

event扇子っ子連・千早亭の稽古会。
いつもと同様、7時半頃に稽古場に到着。
これまたいつもどおり、既に、ワッフルさんと逢手井さんと三十一さんと竜太楼さんは稽古が終わっている様子。
百人さんが稽古中です。
扇子っ子連の稽古会
扇子っ子連の稽古会
扇子っ子連の稽古会
扇子っ子連の稽古会
      ◇反魂香                         千早亭百人
      ◇不孝者                         千早亭永久
      ◇鰍沢                            千早亭早千
      ◇お見立て                      千早亭大三九
      ◇青菜                            千早亭軽太
今夜は、師匠の孫弟子の小吉さんも聴いていてくれました。
帰り際に「(見習い修行には)なれましたか?」と尋ねると、照れ臭そうに「はい、少し・・」と答えてくれました。
帰りは、師匠の荷物を持ったりして、一緒に師匠のご自宅の方に向かいました。

歌丸師匠の後継者指名?

book週刊ポストの記事で、歌丸師匠が後継者を指名したということで。歌丸師匠の後継者指名?
落語歴65年、御年80歳。
桂歌丸の鼻から伸びたチューブはステージ後方にある酸素吸入器へと繋がれている。
声にハリはあるがこの機材を用意しなければ、高座に上がれないこともまた事実だ。
この復帰の直前、歌丸は本誌・週刊ポストに「引退も考えている」と打ち明けた。
まだまだ元気なようだが、確実に迫る「死」について考えてしまう日もあるという。
おそるおそる「準備はしているのか?」と尋ねると、笑みを浮かべながら、こう続けた──。
ウチに先祖代々残っているのはお墓だけ。横浜の市営墓地にあります。
いまではボタンひとつで簡単に操作できる、納骨堂ってェのがあるらしいじゃないですか。
それに入るのも悪い話じゃないなァとは思ったんですが、運営会社が潰れたらアタシたちのお骨はどうなっちゃうんだろうって不安もある。
だからアタシも、先祖と同じ墓に入ろうかな、と。
お墓以外に、家族には特に残すものはない。
遺言もありません。
もしアタシが先に目を瞑ったら、カミさんや子供たちには「後は勝手にやってくれ」となりますね。
いちいちアタシが口を出す必要はないもん。
そのかわり、カミさんが先に逝ってしまったら、こっちも勝手にやります。
たぶんカミさんはヘソクリをたんまり持ってるだろうから、それを拝めるのが楽しみですよ(笑い)。
〈一方、65年という長い歳月を捧げてきた落語界に対しては、伝えたいことがあるようだ。かつて、先代の司会・三遊亭円楽から「後は頼んだよ」と『笑点』(日本テレビ系)と落語界の未来を託された歌丸は、誰にバトンを渡すのか〉
まだ本人たちにもいっていないんですが、(三遊亭)小遊三さん、(春風亭)昇太さん、(桂)米助さん。同じ落語芸術協会の3人に後を託したいですね。時が来たら彼らに言葉をかけようと思っています。
『笑点』には、特別言葉はありません。
今のアタシはいち視聴者として楽しく観てるだけ。
今の『笑点』は昇太さんの司会でうまく回ってる。
だからアタシはとやかくいいません。
いう立場でもないですからね。
ただし、若い噺家たちには、いっておきたいことがある。
それは「落語を壊さないでくれ」ということです。
落語という文化、そして落語を聞きにくるお客様を残さなきゃならない。
最近の若い落語家は、古典落語のなかに「くすぐり(本筋とは関係のないギャグ)」を入れる人がいます。でも、くすぐりは、入れていいものと悪いものがある。
その分別がつかない人が多い。
本来なら1時間かかる噺を20分で終わらせて、「オレは器用だ」なんていってる馬鹿もいるけど、古典落語は完成されたもの。
むやみやたらに手を加えてはいけないんですよ。
そういう連中に限って、人のことは批評できても、自分を見ることができない。
「自分を知れ」といいたいですね。
最近はマクラがウケて得意になってる落語家もいるけど、本題のほうがウケなきゃ意味がない。
先代の古今亭今輔師匠(歌丸が最初に師事した落語家。1976年、78歳で没)は「噺家は出てきた時の拍手よりも終わって袖に下がる時の拍手のほうが大きくなければダメだ」と仰っていたけど、その通りです。
今は若い噺家がずいぶん活躍して、客層も若返っている。
それはいいことだなと思いますけど、若い噺家連中には、勘違いしてほしくないですね。

落語家になって今年で66年目。
苦しいことばかりで、楽しいことなんてほとんどなかった。
それでも、生まれ変わったらまた、落語家になりたいですね。
(生まれ変わったらまた妻・冨士子さんと一緒になりたいか、との問いに)それは……どうだろうね(笑い)。
約1時間のインタビューを終え、高座に上がっていった歌丸。
落語を終えて楽屋に戻ってくると、鼻につけたチューブを指さしながら記者に「何か違和感ありました?」と尋ねた。
「大丈夫でしたよ」と答えると、「そうですか、ウェッヘッヘ!」と、またいつもの笑みを浮かべた。

・・・後継者のことはともかく、師匠の落語観は物凄く同調出来るものです。
アマなどはもっと激しく、自分だけが楽しんだり、身内だけで楽屋オチで騒ぐ人が多いです。
まぁ、プロではないんだから、それぞれが楽しめば良い・・というのも一理かもしれませんが。
私のような、落語原理主義者は、快哉を叫びたい言葉です。

2月14日

drama今日は2月14日。
世の中は、「バレンタインデー」という、異国の異教のイベントで騒がしい・・・。
いや、そんな軟派な日でもありません。
2月14日は、2(ふぅん)14(どぉしぃ)・・ということで、「ふんどしの日」でもあるそうです。
まぁ、それもいいでしょう。
バレンタインデーというのは、世界各地でカップルの愛の誓いの日とされていますが、もともと、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日だそうです。
当時、ローマでは、2月14日は女神・ユノの祝日だった。
ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもある。
翌2月15日は、豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日で
あった。
当時若い男たちと娘たちは生活が別だった。
祭りの前日、娘たちは紙に名前を書いた札を桶の中に入れることになっていた。
翌日、男たちは桶から札を1枚ひいた。
ひいた男と札の名の娘は、祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていた。
そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、そして結婚した。
ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、兵士たちの婚姻を禁止したと言われている。
キリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は、婚姻を禁止されて嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ、彼らのために内緒で結婚式を行っていたが、やがてその噂が皇帝の耳に入り、怒った皇帝は二度とそのような行為をしないようウァレンティヌスに命令した。
しかし、ウァレンティヌスは毅然として皇帝の命令に屈しなかったため、最終的に彼は処刑されたとされる。
彼の処刑の日は、ユノの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれた。
ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたという。
このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論である。

日本では、1958年頃から流行したそうです。
ただし、その内容は日本独自の発展を遂げたものとなっています。
戦前に来日した外国人によって一部行われ、第二次世界大戦後まもなく、流通業界や製
菓業界によって販売促進のために普及が試みられたが、日本社会に定着したのは、1970年代後半であったと言われています。
「女性が男性に対して、親愛の情を込めてチョコレートを贈与する」という「日本型バレンタインデー」の様式が成立したのもこの頃だったようです。
そうですよ。
中学生の頃、突然そんな風習?があることを知り、現にチョコレートを貰ったこともありました。
高校生の時、通学する駅で、中学の同級生の子が、彼女とは反対方向の高校に向かう私を待っていてくれて・・・。
何十年か経ってのクラス会で、「あの時は随分冷たかった」なんて言われちゃったりれして・・・。
まぁ、そんなことはどうでも良いんですが。
我々は、この騒ぎをリアルタイムで経験する世代だったんですね。
なお、バレンタインデーにチョコレートを渡すのというのは、神戸のモロゾフ製菓が、昭和11年2月12日に外国人向け英字新聞『ザ・ジャパン・アドバタイザー』に、「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」というコピーの広告を既に掲載していたそうですから、このモロゾフ製菓がバレンタインチョコを最初に考案した仕掛け人であるとされる説が最有力なんだそうです。
日本チョコレート・ココア協会(東京都)によると、1992年に聖バレンタイン殉教の地イタリア・テルニ市から神戸市に愛の像が送られており、その理由は、神戸が日本のバレンタインデー発祥の地と分かったからということだったそうです。

異人(異国)・神戸・チョコレート・・・なんて、三題噺になりそうです。

2017年2月13日 (月)

ペット

dog最近では、ペットも大切な家族ということで、ステータスも上がっているようです。
ペット
身近な知人でも、犬や猫などを飼っている人が増えました。
今日、人間ドックの帰りの地下鉄車内。
ペットの犬をバスケットに入れた人が乗って来ました。
まぁそんなに大きくもないし、きっと人気のある種なんでしょう。
でも、ペットを飼わない身には、分かってはいるものの違和感があるのも正直なところです。
飲食店などで、店主の飼っているペットを店内に連れて来ていることがありますが、とても嫌ですね。
不潔・不衛生と決めつけはしませんが、食欲がなくなり、二度とその店には行かないでしょう。
きっとこのワンちゃんも、飼い主に可愛がられているんでしょう。
でも、本当に幸せなんでしょうか?
人間になった「元犬」のシロは、幸せだったんでしょうか?
烏が化けていた「水神」のおこうは・・・ペットじゃないけど。

もしや?

fuji富士山の宝永山のちょっと上あたりで噴火?
もしや?
いやいや、富士山にかかる雲です。
地元の方がツイッターに投稿した写真です。

書類送検

karaokeかつてのアイドルタレントの2人が、京都市内のJR山陰線の線路内に無許可で立ち入った事件。
この2人が「書類送検」されたそうです。
「○○はまだ16だからぁ〜」じゃなくて「やることが16だから」と揶揄する人もいたという、お粗末な話。(16でもやりませんが)
「書類送検」というのは、刑事手続において、司法警察員が被疑者を逮捕せず、または、逮捕後釈放した後に、被疑者の身柄を拘束することなく事件を検察官送致(送致、送検)することを指します。
マスコミ報道で用いられることが多い用語です。
「書類送付」「捜査書類送付」というのが正確なのかもしれません。
要するに、検察官送致の一種で、被疑者の逮捕・勾留の必要がない事件や、被疑者が送致以前に死亡した事件、公訴時効が成立した事件の被疑者が判明した場合などで行われるもの。
検察官送致というのは、司法警察員が、逮捕された被疑者、書類および証拠物、事件を検察官に送る手続をいいます。(刑事訴訟法第246条本文)。
一般に、司法警察員が被疑者を逮捕しない場合の送致を在宅送致、逮捕した場合の送致を身柄付送致(身柄送検)と言いますが、「書類送検」は前者を指して用いられています。
要は、刑事事件の被疑者、刑法上の罪になりうるということです。
軽く考えていたんでしょうが、本当に危険な行為です。
軽い気持ちだった、悪意のない、とても無邪気な二人だったかもしれませんが、残念ながら、「法律の不知は違法性を阻却せず」がルールですから、身柄を拘束されなくても、厳しい罰があるかもしれません。
刑法38条3項の「法律を知らなかったとしても、そのことによって、罪を犯す意思がなかったとすることはできない」を指す言葉です。
つまり、自分の行為が法律上許されていないことを知らなかったとしても、罪を犯す意思(故意)が無かった、とは認められず、犯罪が成立するという意味です。

ある落語評論

pen某県の公立劇場にご勤務の方の評論を見つけました。
アニメの「昭和元禄落語心中」の師弟関係からのもののようです。
アニメ「昭和元禄落語心中」のなかで主人公の三代目助六(与太郎)が歌舞伎座らしき場所で親子会をするシーンが出てくる。
師匠である八雲は、高座で落語を語る最後に心筋梗塞で倒れ病院に担ぎ込まれるのだが、後に残った助六は予定通り「居残り佐平治」を演じる。
自分の我が出やすい噺、とされる「居残り佐平治」を助六は我=演者が消えるように噺自体を立体的に浮き上がらせるやり方で演じきる。
歌舞伎座の親子会といえば、談志・談春の親子会があったのが2008年。
談志は体調不良でジョークと「やかん」を演じて高座をおり、そのまま帰宅している。
談春は後に残りこの大舞台にあわせ大ネタの「芝浜」を演じるが、のちに季節に合わないネタだったとして師匠の不興を買ったともいわれている。
「昭和元禄落語心中(以下「落語心中」)」の展開に感じる違和感の一つが、実はここにある。
師匠との軋轢やらライバルとの相克といった少年漫画にありがちのテーマがこの漫画にはでてこないからだ。
とりわけ落語というのは職能集団でもあることから、ある師匠の門戸をたたき弟子として入門すると、師匠は自分の技術のすべてを無料で教える(立川流は家元への上納金制度があったが、現在は廃止されている。
この世界で生きてゆくと決めた人間には、一人前になるまでにそれなりの技術が伝承されるのだ。
その代わり、前座というのはこの世界共有の雑役人のようなものとなり、師匠方にかわいがられながら行儀やその世界の慣習を学んでいく。
とはいえ、落語界は職能といいつつ個人芸の世界でもあり人気商売でもある。
よちよち歩きの前座もやがては力をつけ、若さと同時代性を武器に人気が出て上り調子にもなってくれば、大舞台に声もかかり、それにあわせた背伸びも飛躍も失敗もあろう。
師匠にどこか似たところのある芸だけに、新しい試みはうるさがたからは受けも悪いかも知れないし、師匠を脅かすほどの勢いがあれば、一芸人としての嫉妬もあるかもしれない。
何より他人をなにとも思わぬ自負だけが、一人高座に上がる重圧を支えてくれるものだけに、大御所といわれる落語家の弟子ほど師弟関係での葛藤や相克はつきものなのだろう。
そういった師匠との葛藤がでてこないのはなぜか、と考えてみればこの「落語心中」の前編に鍵がある。
もともと八雲(菊比古)の兄弟子にあたる二代目助六(初太郎)は、師匠にあたる先代八雲の兄弟子でありライバルだった初代助六に落語の手ほどきをうけた天才肌。
その初代助六は才がありながらも、素行が悪く落語界を去ったという前段がある。
二代目助六も師匠との考えの違いから破門されるが、兄弟子を思わせる芸風に複雑な思いを抱えていたことが示唆される。
二代目助六は、菊比古(八代目八雲)と恋仲だった芸者と出奔するが落語に復帰する寸前に事故で死んでしまう。
こういった悲劇のもととなるのが師匠と弟子の二代にわたる相克なのだが、三代目の助六は師匠の八代目八雲からひとつのテーマを渡される。
それは助六と八雲、双方の落語を継承しろというもので、八代目八雲(菊比古)は落語の変革を担う予定だった二代目助六を失い継承を担う自分だけでは自分の代で落語は終わると考えていた節がある。
だから孤独の中で自分の芸の完成だけを目指し、師匠連の義務とも言える自分の芸の継承者(弟子)を取ることがなかった。
そこに刑務所の慰問で落語の魅力に取りつかれたという刑務所帰りの入門希望者(与太郎)があらわれて、ふとした気の迷いから入門を許可する。
つまり天真爛漫で愛嬌ばかりと設定される与太郎(三代目助六)自体が、我を持つことのない融和と継承のためのキャラクターなのだ。
ゆえに師を乗り越えて己が芸を作り上げていく、というよくある少年漫画的な展開にはならない。
極めて平和的で女性的でもある融和と関係性の修復がこの漫画の隠しテーマともなっており、それこそボーイズラブを描くBL漫画出身の雲田はるこならではの展開なのかもしれない。
歌舞伎座での親子会に話を戻そう。
談志の体調不要はその後も続き、談志亡きあとの立川流は次の家元を作らず、代表理事の合議制に移行し上納金制度を廃止、最後の談志の直弟子(談吉)を一門全員で真打にすること、寄席に復帰しないことを決めた。
談志の師匠の柳家小さんとの関係の修復は、小さんの死後もなされず、談志の死後もなされないまま、寄席を知らないで育った立川志の輔が師匠談志から「立川流の最高傑作」と呼ばれ全国区の人気者となり古典から新作まで縦横に駆使する円熟期を迎えている。
孫弟子たちは、寄席のチームプレーではなく一人で高座を務めきる独演会ができるように最初から目標を明確にして育てられる。
この年明け、品川プリンスで10回連続で開催された「居残り佐平治」のネタだしの立川談春の独演会を聞きに行った。
チケット転売サイトでの転売抑止のため、席番のはいったチケットを発券しない、会場でランダムに決まる席番のチケットに交換、入場後は再入場不可などポップスの人気コンサートのような方式には賛否両論だった。
そこで演じられた「居残り佐平治」は以前に筆者が同じく談春で聞いた、あれよあれよと若い衆が調子のよい佐平治にまきこまれて憔悴していく痛快な「居残り佐平治」に比べ、ある種の苦さがあった。
そもそも落語に出てくる人物には、突き抜けた悪人がいない。
佐平治という人物もまた、口先三寸で周囲を巻き込み、その調子の良さと腰の軽さ、ところを得た骨惜しみのない気働きで、むしろ布団部屋に下がったあとに人気者になるのであって、単なる詐欺師ではない。
だから聞き終わったあとで見事なまでに突き抜けた爽快感があり後味がよいのだが、今回の談春の佐平治にはその突き抜け方が足りず、現実にいるプロの詐欺師のような臭いが一瞬漂った。
そのせいで、後味はわずかに苦く小さな違和感が残る。
その苦さが、「落語心中」と異なる結末に向かっている立川流を案じたものなのかどうか。
そこまでうがつこともない、というのなら、こんな苦さは別の器に吐きだして、次の佐平治はより一層軽く、そして深みをましたキャラクターであってほしい。
何はともあれ、自分の人生におきたあらゆることが芸の肥やしになる因果な商売が芸能に携わる人たちなのだから。
それにしても、恐るべし「昭和元禄落語心中」。
見るたびに、自分の落語観やら見てきた落語会を振り返り新たな発見がある。
空前のブームといわれる落語界の、継承者たち=次代を担う二つ目達にも期待したい。

・・・何か、高い所から論じていますね。
アニメをベースにすれば、そりゃ違和感も出て来るでしょう。
まだよく読んでいないので、もう一度ゆっくり読ませていただいてから、改めて考えて見ることにします。

人間ドック

hospital年に一度の人間ドック。
人間ドック
いつでも嫌なものです。
最近、ちょっとリバウンド気味なのも気になります。
人間ドック
一通りの検査が終わると、お楽しみのランチです。
昨日のカレー以来の食事ですから、美味しくいただきました。

2017年2月12日 (日)

ラジオ寄席

music日曜日の今頃は、誰でもブルーな時間帯かもしれません。
ラジオ寄席
今夜は、先年亡くなった九代目入船亭扇橋師匠の特集。
   ◇加賀の千代                入船亭扇橋
   ◇紋三郎稲荷                 入船亭扇橋
いやぁ、改めて扇橋師匠の面白さを実感しました。
加賀の千代のマクラ、噺のリズムなど最高だと思います。
何とも優しい声が好きでした。
「ねずみ」「猫怪談」は、扇橋師匠の音源で演らせてもらいました。
「猫怪談」の与太郎は、扇橋師匠を手本にさせていただいたのですが、「今までにない与太郎、とても温かみのある与太郎だ」と褒められました。
昨年演った「文七元結」や「鰍沢」も、随分参考にさせていただきました。
寄席で聴いた「茄子娘」も素敵でした。
「紋三郎稲荷」は、松戸が舞台になっている唯一の噺ではないかと思いますので、いつかやってみようか・・。
久しぶりに満足できる番組を聴くことが出来ました。

今宵は満月

shoe稽古の後、新宿に出かけてブラブラしました。
今夜は満月
歩行者天国の新宿通りは、相変わらず賑やかです。
三丁目の追分交差点から東側、末廣亭のある表通りの雰囲気も随分変わりました。
紀伊國屋書店で、落語本の立ち読み。
恐らく、落語本の品揃えは紀伊國屋が一番充実していると思います。
50年近く、紀伊國屋ホールで紀伊國屋寄席が開催されているのですから、当然と言えば当然でしょう。
今夜は満月
久しぶりに中村屋のカレーが食べたくなり、遅いランチにしようと。
ビルが新築されてから初めてかもしれません。
古いビルの頃は、それこそ紀伊國屋寄席とセットで通いました。
今夜は満月
8階のレストランでのランチメニューで、定番の印度カリーをオーダーし、舌鼓を打ちました。
かなりのボリームでした。
ほとんど同時に店に入った若いお嬢さんが一人、3000円のカリーコースを食べていました。
女性に人気がある店です。
今夜は満月
暗くなってからの帰り道、今夜は満月のようです。
今夜は満月
何となく満たされない毎日、気持ちが今夜の月のようにまぁるくなる日は来るのでしょうか?

深川三流亭の高座姿

camera三流亭新参さんが、先月の「深川三流亭」の写真を、落語っ子連のMLにアップしてくださいました。
深川三流亭の高座姿
開演時の挨拶。
実は、この時はまだ、師匠はご到着されていませんでした。
   深川三流亭の高座姿
   深川三流亭の高座姿
   深川三流亭の高座姿 
   深川三流亭の高座姿
深川三流亭の高座姿
トリミングしたので、 やや不鮮明ですが、それらしい雰囲気は出しているかな?

歌丸師匠の引退宣言?

karaoke「引退も考えている」・・・?週刊ポストの記事のようです。
歌丸師匠の引退宣言?
「舞台袖から高座に上がるまで、歩こうものなら40分もかかっちまいますよ」──落語家・桂歌丸(80)は開口一番、会場の爆笑をさらった。
背筋は伸び、声は前座の若手よりもハリがある。
つい最近まで肺炎で入院していたとは微塵も感じさせない。
しかし、鼻から延びたチューブはステージ後方にある酸素吸入器へと繋がれている。
このものものしい機材を用意しなければ、高座に上がれないこともまた事実なのだ。
この復帰の直前、歌丸は記者に「引退も考えている」と打ち明けた。
「正直、体調はあまりよくないですね。肺炎は治っているんですが、酸素(吸入器)がないと声が震えて落語にならない。静かにじっとしているぶんにはいいんですが、ちょっとでも体を動かすと苦しいんです。楽屋で着物に着替える時も、この酸素チューブをつけてないと無理なんですよ。
チューブをつけたまま高座に上がっちゃ、みっともない。でも、取ると『アゥアゥ』ってなっちゃう。声を取るか、見た目を取るか葛藤しましたが、最後はお客さんのためにチューブをつけることにしました」
再び高座に上がる心境を歌丸はそう語った。
昨年、『笑点』(日本テレビ系)を卒業してからも、体調不良と戦いながら落語を続けた。
1月2日に肺炎で緊急入院すると、ファンからは体調を心配する声が次々と上がった。
約2週間の療養生活を経て、再び帰ってきた歌丸。
これまで歌丸は「高座で死ねれば本望」と“生涯現役”を宣言してきた。
しかし、度重なる入退院を繰り返すうち、少しずつ気持ちに変化があったという。
本誌だけに明かしたその内容とは──。
お正月に入院したとき、医者から「これからは酸素を吸いながら落語をしたほうがいい」と提案されました。
そのときは「それはちょっと……」と、躊躇しましたが、復帰後、最初の高座で酸素なしで喋ったら、途中で震え声になっちゃって。
今回は酸素吸入器をつけて高座に上がりますが、それでも上手く喋れないようなら……引退するしかない、と考えています。
〈突如飛び出した“引退宣言”。記者の動揺を察したのか、歌丸は笑いながら続けた〉
酸素を吸いながらの噺ってのは今回が初めてじゃないんです。
昨年、一度だけやりました(11月30日の高座65周年記念落語会)。
鼻からチューブが出てると、照明で光っちゃいましてね。
大きな会場だったから後ろのお客さんには見えなかっただろうけど、前のほうのお客さんの視線が気になって仕方なかった。
照れ隠しで、「『今日は歌丸、水っ鼻たらしてるんじゃねーか』と前のほうのお客さんがいってますけども、実は事情がございまして~~」 とマクラで話したら大ウケでね。
噺家は陰気な話をしちゃいけない。
自分の病気ですら、笑いに変えるべきだと改めて感じました。
「引退」なんていいだしたのはね、何も病気のせいだけじゃないんです。
この状況をネタにして、「終活」がテーマの新作落語を作れればなんて思うけれども、もう新作をやるのは無理ですね。
80歳にもなると物覚えも悪くなってきて。
昔だったら一発で覚えられたものが、今は5倍くらい時間がかかってしまう。
自分にイライラします。
覚えた噺を部分的に忘れちゃうことも増えました。
たとえば、登場人物がお勘定するくだりで「何両渡したか」を話しているうちに忘れちゃう。
でも、そういうときは、「俺、さっき“ウゥ両”渡したよな!」って、大きい声出して勢いで誤魔化すの。
だから高座の途中でアタシの声が大きくなったら、噺をド忘れしたときですよ。ウェッヘッヘ!

・・・痛々しい。
お元気でいて欲しいた思うのみですが。
噺家さんには定年がありませんから、生涯噺家でいて欲しいもの。
どなたが仰ったか「長生きも芸のうち」ですから。

落語っ子連稽古会

今日は全メンバー勢揃い。
発表会直後ですから、次の新しい噺ばかりです。
◇ぞろぞろ                 三流亭夢学
落語っ子連稽古会
◇目黒のさんま         三流亭千公
落語っ子連稽古会
◇妾馬                            三流亭窓口
落語っ子連稽古会
◇質屋蔵                       三流亭越児
落語っ子連稽古会
◇不孝者                       三流亭流三
私は、初めて通しで「不孝者」を。
師匠から、「この噺は、官能小説だから・・・」と。
◇青菜                       三流亭新参
落語っ子連稽古会
◇夕立屋                       三流亭百梅
落語っ子連稽古会
次回の「深川三流亭」に向けて。
ただし、日程は未定。
7月頃の予定。
私は、来月の「千早亭落語会」で「不孝者」のネタ出しをしていますので、待ったなしです。

落語っ子連の稽古場

event江東区の古石場文化センター3階の和室が、落語っ子連の稽古場です。
落語っ子連の稽古場
12畳の広さは、7名のメンバーが師匠からご指南いただくには、ほど良い空間です。
落語っ子連の稽古場
正面に師匠がお座りになり、その前で一人ずつ稽古していただきます。

落語DEデート

music今日は、落語っ子連の稽古の日。
昨日は1日中部屋に引きこもっていました。
とにかく寒いですから。
      ◇しの字嫌い                 三遊亭圓生
この噺、圓生師匠がよくお演りだったようですが、初めて聴いたのは、金原亭馬の助師匠でした。
面白い噺ですが、なにげなく「し」という音が入ってしまう心配があり、それでは噺がメチャクチャになるので、リスクの高い噺です。
音源は圓生師匠が65歳の頃。
円熟期のものですね。

2017年2月11日 (土)

立ち往生1000台!

snowそれにしても、大変な雪だったようです。
立ち往生1000台!
今日の午前中、静岡県内の新東名高速道路の上り線は約9キロの範囲で積雪や路面の凍結のため動けなくなったのは約1000台になるそうです。
立ち往生1000台!
除雪作業を行った結果、約11時間後に立往生は解消。
雪や路面の凍結のため御殿場市の新東名高速道路の上り線は午前2時前ごろから車が次々と動けなくなり、長泉沼津インターチェンジと御殿場ジャンクションの間の上り線が午前2時ごろから通行止めとなりました。
最大約9キロの範囲で車が動けない状態。
一方、東名高速道路も、沼津インターチェンジから大井松田インターチェンジまでの間の上り線と、大井松田インターチェンジから裾野インターチェンジまでの間の下り線が午前3時すぎから通行止め。
下り線では御殿場ジャンクション付近で大型トラックやバス、乗用車のあわせて11台が相次いで追突事故を起こし、男女6人がけが。
その後、除雪作業や道路に融雪剤をまくなどで、午前10時半ごろから動けなくなっていた車を御殿場インターチェンジから一般道に誘導する作業を開始した結果、およそ3時間後に立往生は解消。
動けなくなった車はおよそ1000台にのぼったようです。
やっと午後2時すぎに通行止めは解除されたようですが・・・。
こんなこと、あまり聞いたことがありません。

雪害

snow鳥取の積雪が物凄いようです。
雪害
鳥取駅前はこんな様子だそうです。
3年前の山梨県の雪も凄かった。
下の写真は、その時の甲府市内の様子ですが、とにかく我が家族も大変でした。
雪害
息子の結婚式だったのですが、大雪で、母が実家から出られず、出席出来ませんでした。
実家は、何日も停電したり、交通が遮断して孤立したり、ガレージが雪の重さで半壊したり・・・。
あんなに雪を恨んだことはありませんでした。
母が体調を崩した遠因だったと思っています。
それにしても、最近の気候の激しさには閉口です。

何とかここまでは・・・

snail本日、なかなかゲット出来ず、進化も出来なかった「ピクシー」を捕まえて、図鑑の空欄が埋まりました。
ここまでは
ここまでは
ここまでは
捕まえたポケモンが150匹になりました。

通行止め

typhoon全国的に大寒波で、記録的な積雪になった所が多いようです。
通行止め
息子たちが住む松江市でも、かなりの雪のようです。
新東名高速が、未明から、長泉沼津ICから、東名高速も沼津ICから大井松田ICあたりまで、雪による路面の凍結のため、通行止めとなっているようです。
静岡神奈川県境は、標高の高い山岳部分ですから、いつも冬は心配なんですが。
先週帰省していて、今週は行く予定ではなく安心ですが、来週はどうしても行かなくてはいけないので、とても心配です。

2017年2月10日 (金)

好きな噺家さん

bottle昨夜、「Ⅰさん」と飲んでいて質問されました。
「お前は、誰が一番好きなんだ?これはという噺家は誰だ?」。
実は、よくこの手の質問をされるのですが、どうも「○○師匠です」「◇◇さんが一番好きです」「△△師匠に心酔しています」と、明確に答えられないのです。
・・・誰だろう。
好んで聴く噺家さん、好きな師匠は大勢いらっしゃるんですが・・・。
答えられないんです。

地下鉄銀座線

subway3月10日に、東京メトロ銀座線を走っている「01系車両」の営業運転が終了するそうです。
kk
写真の右側の車両です。
数年前から新しい車両が導入され始めましたが、一番多く乗って、親しみのある車両です。
この銀座線01系は1983年にデビューし、6両1編成で合計38編成(228両)が製造され、1985年8月には、毎年1回“鉄道友の会”が優秀な車両を選定する「ローレル賞」を受賞。
その後は2012年からの「1000系」導入に伴い、廃車などによって数を減らしていたそうです。

虎ノ門駅にも、こんなポスターが掲示されていましたが、また「○鉄」という輩たちが、ホーム辺りで迷惑行為をするんじゃないかと、心配になります。
3月10日は、銀座線に乗らない方が安全かもしれませんね。
でも、この車両、35年近くも活躍していたんですね。

北千住にて

bottle雨のそぼ降る北千住の裏通り・・・・。
北千住にて
久しぶりに、自称「乱志後援会長」の「Ⅰさん」と一献。
12月にあって以来、2ケ月もご無沙汰をしてしまいました。
基本的には、月1回の飲み会と月1回の落語会のペースのはずなのですが、ここのところ、私の都合もあって、ちょっと時間が空いてしまいました。
いつもの焼き鳥屋さんで。

2017年2月 9日 (木)

現代版「井戸の茶碗」?

japanesetea昨年12月に放送された「開運!なんでも鑑定団」で、「国宝級」と鑑定された茶碗をめぐって、所有者が住む県の教育委員会が、文化財指定に向けた調査を計画しながら、一転して取りやめていたことが分かったそうです。
現代版「井戸の茶碗」?
番組放送後に、専門家から鑑定結果を疑問視する指摘が相次いだため、所有者から調査中止の申し出になったようです。
「国宝級」と鑑定されていた茶碗は、ちょっと胡散臭い雰囲気の、あの着物姿の髭の古美術鑑定家が、南宋時代(12〜13世紀)の中国・福建省で制作され、完全な状態では3つしか現存しない「曜変天目」に間違いないと、2500万円の鑑定額がついたもの。
そもそも、こういう物の真贋鑑定って難しいと思いますし、鑑定が本当に正しいのか・・私は疑問ですが。
「磨くのはよそう、また小判が出るといけない」が「井戸の茶碗」。
「申し出はよそう、また異議があるといけない」が「この茶碗」です。
「曜変天目」とは。
約800年前に中国南部の福建省の建窯で作られ、世界の陶芸史上最も美しく、謎に包まれた幻の茶碗。
鎌倉時代に中国から交易品として日本に伝わり、室町幕府の足利将軍家の宝物について記した巻物には、「この世にこれ以上のものはない」と最高の評価が与えられているそうです。
「耀変」とは、元来「窯変」(ようへん=陶磁器を焼く際、窯の中で予期しない色に変わること)や「容変」の言葉が当てられていますが、その茶碗には黒釉(こくゆう=黒色のうわ薬)の下地に大小の瑠璃色あるいは虹色の光彩の斑紋(=まだら模様)が散在することから、「星」や「輝く」という意味の「耀」の字が用いられるようになったと言われているそうです。
「天目」の語源についてはいくつか説がありますが、一般には、中国浙江省にある天目山の名に由来するとされていて、現在では黒いうわ薬のかかった茶碗を一般的に天目と呼んでいます。
耀変天目茶碗は、現存するのが世界に3点のみで、しかもその3点すべてが日本にあり、いずれも国宝に指定されているそうです。
その3点は、 1.静嘉堂文庫
         2.藤田美術館
                   3.大徳寺龍光院  に所蔵されているそうです。

やっと・・・・

snailまだ「ポケモンGO」を続けています。
なかなか全てのポケモンが捕まえられなくて・・。
・・というより、そもそもお目当てや捕まえていないポケモンが出現してくれません。
もともと約150匹がラインナップされていましたが、どうしてもあと10匹程度がゲット出来ていません。
その中のひとつが「ラプラス」です。
昨秋、お台場で、このレアポケモン「ラプラス」が出現したという訳で、トレーナーたちが大量に道路に流れ込み、警察が出動する事態にまでなりました。
マナー違反が原因で“聖地”上野の不忍池での「ポケモンGO」のプレーも禁止になってしまいました。
ところが、この「ラプラス」が今日、卵から孵りました。

図鑑も、前半部分は概ね埋まりましたが、まだまだ、「カイリュー」や「ケンタロス」「フリーザ」「サンダー」などのレアポケモンがゲット出来ていません。

それに、今は200匹以上に増えていますので、まだまだ終わりそうにありません。

そいつの前では・・

pc昨日の夕方、パソコンに向かった資料作りが一段落した時に、何気なく出たのが「ラミパス ラミパス ルルルルル・・・」
それを聞いていた、ベテランの同僚たちからは、笑いと驚きと心配の「どうしたんですか?大丈夫ですか?」の声。
何でだろう、何でこんなフレーズがせ突然出て来たんだろう・・・?
我々世代は、今でも人気のある多くのアニメ(昔は漫画と言いましたが)をリアルタイムで見て育ちましたから、何かの時に思わず出てしまうんですねえ。
     そいつの前では・・
「ひみつのアッコちゃん」で、鏡(コンパクト)を使って変身した後、元の姿に戻る時に言う呪文(掛け声)みたいなものです。
「アジャラカモクレン・・・てけれっつのパァ!」みたいなもの。
ベテランの女性社員が「それは元に戻る時の呪文(掛け声)ですよ。変身する時の方がポピュラーなのに」と、大笑いながら指摘。
(実は、この人も、リアルタイムで見ていた世代・・・。)
そんなの勝手に出て来たんだからわかりませんよ。
確か「テクマクマヤコン テクマクマヤコン」でしたよね。
「いや、仕事が一段落してパソコンを閉じようとしたのだから、これでいいんだよ」と、わけのわからない返答。
懐かしいなぁ。
女児向けのアニメだったから、妹と一緒に見ましたねぇ。
「魔法使いサリー」なんかもそうでした。
「ひみつのアッコちゃん」は、赤塚不二夫の少女漫画作品。
小学生の少女アッコ(加賀美あつ子)が、鏡の精からもらった魔法のコンパクトを使ってあらゆる人物・生き物に変身し、人助けをするコメディー漫画。
道具を使って変身願望を満たす要素が、後の魔法少女もののスタンダードを形成する要素の一つとなっている。
と同時に、「極普通の人間の女の子が異世界の存在から魔法を授かる」という、後のぴえろ魔法少女シリーズに連なる設定の先駆的作品である。
変身する時の掛け声は「テクマクマヤコンテクマクマヤコン~○○になあれ」
元に戻る時の掛け声は「ラミパス ラミパス ルルル……」 。
TVアニメ化は3回されており、第1作は1969年に、第2作は1988年に、第3作は1998年に放送された。

2017年2月 8日 (水)

天下り

school下の図の真ん中の写真が、月2回出勤で年収1,000万円の立派なお方です。

さぞや、高度の知識や技術を持ったお方なのでしょう。
顧問として雇っていたのは、「明治安田生命」という大手生保。
要するに、契約者の保険料が、こういう汚い部分に還流されていたということです。
生保マネーの1,000万円など大したことはないのでしょうか・・・。
腐っていますね。
罰当たりな(元)役人たちです。
この輩たちが、国の教育や文化を司っていたのですから。
大岡越前様、お裁きを。
鼠小僧次郎吉さん、1,000万円盗って来てください。
このオヤジは「島流しの刑」にしましょう・・・、あ、ダメだ、こいつの名前は「嶋貫(島抜け)」だ・・。

接待ゴルフ・・・

golfビジネスでは、接待と言えば飲食かゴルフか・・・。
昔は、ゴルフの後で麻雀をして飲食なんていうのもありました。
会社や役所の金で遊べるからという訳で、接待する側もされる側も、ここぞとばかりに、さもしくやっています。
実に、無駄遣いだと思います。
ゴルフができなくては出世が出来ない・・なんて、本気で考えている人もいるようです。
尤も、経営者でも、ゴルフを頻繁にやることがステータスだと勘違いしている"成金"もいます。
週末に首相が訪米して新大統領と会談の後、ゴルフが計画されているそうです。
与党は、首脳間の親密さが増せば、外交上、大きなメリットになるとの見方。
一方で野党は、懐疑的。
「いろいろと批判が出てもゴルフはやるべきだ。首脳同士は信頼関係が全てだ」と言えば、英国では女性蔑視発言もあった新大統領と親密さを演出した首相に対して、世論の反発が強まっているそうですから。
私は、故あってゴルフはやりませんから、偉そうなことは言えませんが、一般的な話として、そもそもゴルフ接待のビジネス上の有効性は、極めて疑問に思っています。
そもそも、一緒にいられるのは4人だけです。
しかも、ティーグラウンドとグリーンでしか顔を合わさない。
親密な関係を築く方法は、別の方法もあると思います。
それに、何やら「オリンピック」だの何だのと言う、早く言えば、よく問題になる"賭けゴルフ"。
プレーもそこそこに、「何枚・・勝った」「馬がついた」なんて興じている姿が嫌ですね。
私がゴルフや麻雀をやらない(嫌いな)大きな理由はこれです。
実にくだらないと思います。
ゴルフ、麻雀、酒・・・、いつまでもオジサン発想の接待を続けるなんて、あまりにも知恵がない。
政治のことは分かりませんが。
「接待寄席」なんでどうでしょう・・・?
客席で大笑いして、閉演の後、何事もなかったように帰る・・・。
それじゃダメか。

末廣亭の手拭い


新宿末廣亭開業70周年の記念の手拭いが好評だとか。
場内の売店のみの販売だそうです。
寄席に行かなくては手に入りません。

2017年2月 7日 (火)

新しい洗濯機

新しい洗濯機
新しい洗濯機
帰宅すると、新しい洗濯機が届いていました。
20年の技術の進歩はどれほどでしょうか?
きっと静かで、早くて、省エネなんでしょう。

もう本当に「退場!」

もう本当に「退場!」
またデータの不正です。
東洋ゴム工業は、主にタンカーなどの配管バルブに使われる「産業用ゴム製品」について2009年から今年1月までの8年間、出荷前の検査に不正があったと発表。
子会社の明石工場に勤める30代の男性社員が製品の寸法や硬度ついて、必要な回数の検査をせず過去のデータを流用。
8年間で約12万9000個の製品が出荷されていて、東洋ゴムは刑事告発も含め今後の対応を検討するということです。
もう、フェアなマーケットにいる資格はありませんな。
退場!
この工場では、おととし発覚した免震ゴムのデータ偽装も行われていたそうですから、何をか言わんです。

洗濯機と乾燥機

sandclock夫婦二人だけの暮らしだと、家財道具などもほとんど買うことがなくなります。
電気器具の寿命が来て、何年かに一度ずつ買い換える程度です。
昨年は、永年愛用していた冷蔵庫が天寿を全うしました。
約20年間働いてくれました。
その時に、「次は洗濯機だね」と。
洗濯機と乾燥機
我が家に来て、やはり20年近く経つ、乾燥機と洗濯機が、そろそろ怪しくなりかけている様子。
娘が4月に出産予定で、産後暫く親子(娘と孫)がいる予定なので、その間に動かなくなると困る・・と家内。
洗濯機と乾燥機
娘と孫のために、思い切って買い換えることにしました。
娘が小学生だった頃からずっと、我が家でがんばってくれました。
「静御前」という商品名が、時代を感じさせます。
「音の静かな洗濯機」が売り物だったんでしょう。
家電品には、どうも当たり外れがあります。
我が家では、冷蔵庫・洗濯機の"白物"は、物凄く長寿でしたが、一時期、掃除機と電子レンジは外れでした。
・・・で、新しい乾燥機能付きの洗濯機が届いたようなのですが、永年の使用で、蛇口が水漏れしていたようで、蛇口の取替えが必要になったとメール。
新しい洗濯機が設置されたのに使えないもどかしさ・・・。

2017年2月 6日 (月)

入船亭遊京さんの記事

bud先月の「学士会落語会」にご出演された「入船亭遊京」さんの記事がありました。
この春から、中国を縦断する長い旅に出る落語家の入船亭遊京(28)。
一筆書きの片道切符で、中国を回る。以前から決まっていた落語会のために仕方なく、一度、仕事で帰国するが、再び中国へ。旅の終わりは5月のはじめの予定で、2カ月間の旅となる。
当然、危険も伴う。
学士会落語会
「今しか行けない。楽しみと不安ですが、今は楽しみのほうが勝ってきている。この旅で、人間が面白くなるかな。旅でのネタも取りに行く」と、とても貪欲だ。
今、高座のまくらで中国語の勉強をしていることをネタにして、その発音をやってみせ、大爆笑だ。
どこからネタなのか、どこまでが本当のことなのか分からないままで笑ってしまう。
遊京の天然が客の笑いを誘う。

入船亭遊京さん
「高校生だったか、中学生だったかのころ、図書館で、(古今亭)志ん朝師匠の『お見立て』のCDを聴いて、きれいな日本語だなと思った」のが、落語に興味を持ち始めた最初だった。京大に進学して、農業系の会社に就職を考えていたが、大学時代に、落語にどっぷりとつかって、落語家への道を諦めきれずに、大好きだった入船亭扇遊に入門した。
母親には猛反対された。
見習い、前座と苦しい時代が続いた。
「クビになりそうなことは何度かあった。ボーッとしているので。見た目とギャップがあり、要領が悪い」
そこが天然の笑いを誘うことになる。入門して、京大卒ということを「師匠は出さないほうがいいという考えだったが、大師匠は出したほうがいいということだった」という。
それで、「師匠がそういうんだったら」と、前座時代は、ゆう京で、二ツ目になって、遊京となった。
落語家にとって学歴はプラスかマイナスか。 
「プラスの面は、大学の先輩がお客さんで来てくれたこと。マイナス面は、そういう目で見られること。良い大学ということで、厭がる人もいる。今では自分では言わない」と、遊京は決めている。自分が自分がというように、表には出さない。
その穏やかな高座や自然体の噺が遊京の魅力でもある。
「師匠(扇遊)のように、歯切れがよくて、気持ちが良い落語」を目指す。
今、遊京の悩みの種は、引っ越しをするかどうか。アパートの隣の人が、昼間居るので、大きな声で噺の稽古ができない。外に出て、歩きながら稽古をしている。
「それでも、日当たりが良いので、どうしようか」と、悩んでいる。
自身のことを「要領が悪く、ぱっぱっとできない」と、分析する。高座を見ていると、「欲がない」ような、素直そのもの。そこが遊京の魅力でもある。
中国縦断の旅を終えて、落語がどう変わるか。土産話もそうだが、今しかできない
ことをやって、将来、遊京の落語がどう変わっていくか楽しみだ。

・・・そう言えば、「学士会落語会」の時も、中国の地図の入ったチラシが配られていました。
遊京さんは京大の出身。
最近では、テレビのクイズ番組でも、「東大」「京大」「インテリ」「高学歴」と芸人さんの対戦だとか、芸人さんの中での高学歴者とその他・・なんていう図柄がありますが、実にくだらないと思います。
東大も京大も・・・、基本的にみんな普通の人です。
スーパーマンでも何でもありません。
それぞれ一芸に秀でた人と言うのに、こういうくくり方では正しくないと思います。
だから、それぞれの世界や分野の中で、それぞれ客観的な評価をしてあげれば良いんです。
今、騒がれている「稀勢の里」は、相撲一筋で、学歴は中学までですが、角界での机上では出来ない多くのことを学んで吸収して、遂に最高位に上り詰めました。
相撲道に必要な「心・技・体ともに抜群」と評価されたからです。
多様化の時代、それぞれ特別扱いする必要や、直接関係のない経歴を自慢する意味は全くないと思うのです。
だから、遊京さんにも頑張ってもらいたいと思います。
勿論、噺家さんとして。

キャラクター

これ、「もちずきん」と言うキャラクターだそうです。
キャラクター

ガリガリ君

cake「ガリガリ君」と言うのは、人気のアイスバーです。
ガリガリ君
意外な味のものもたくさん出ていて、ヒットするものもあれば、ダメなものもあるそうです。
確か、ちょっと前に、ナポリタン味が話題になりました。
ガリガリ君
その「ガリガリ君」に「信玄餅」が?
かき氷のアイスバーに黒蜜きなこ…という不思議な組み合わせです。
この新しい「ガリガリ君」は、きなこ味のキャンディーの先端の中にもち菓子、さらに黒みつソースと「きなこかき氷」が入っているそうです。
さて、ヒットしますか・・・?

2017年2月 5日 (日)

ラジオ寄席

movie今夜は、宮城県仙台市の「イズミティ21」で行われた公開録音だそうです。
ラジオ寄席
    ◇火焔太鼓                柳家権太楼
最近、あまり落語会に行っていないので、権太楼師匠は久しぶり。
あんまり好きになれない演出の感じだったなぁ。

毘沙門天大祭

昨日帰省した時、「今週は毘沙門さんだよ」と母が言いました。
毘沙門天大祭
そうです、旧正月の7日・8日・9日の三日間は、妙法寺の「毘沙門天王」が娑婆に下られ、親しく人々の願い事を聞いて下さるといわれています。
3・4・5日は「毘沙門天大祭」です。
毘沙門天大祭
毎年、数十万人の人々で賑わっています。
このお祭りには、全国からダルマ屋さんが店を出すことでも有名で 、日本最大の「ダルマ市」としても知られています。
また大祭に出店する露店は1キロを超え、その賑わいは「東海一の高市(たかまち)」と表されています。
毘沙門天大祭
ところが、昨日の製紙工場の火事で、近くの吉原駅が一時騒然としたそうです。
毘沙門さんは、祖父が毎年楽しみにしていました。

大相撲トーナメント

新横綱の稀勢の里が国技館で初めて土俵入りを披露して始まった、「大相撲トーナメント」。
大相撲トーナメント
稀勢の里が、順当に優勝しました。
これでいい。これでいい。
それにしても、決勝で対戦した、若手の貴ノ岩って、侮れない力士ですね。

新・新富士川橋

rvcar東海道から身延道の起点になっている、富士市岩淵が変わりつつあります。
新・新富士橋
まずは、東名高速富士川SAに観覧車「富士スカイビュー」が出来ました。
それから、富士市から身延道方面への新しいルートとして「新々富士川橋」の工事が始まりました。
新・新富士橋
写真では、富士山の手前の岩本山との麓に、新しく橋が架けられます。
新・新富士川橋
この写真の真ん中を横断することになります。
景観が・・・、やや心配・・?


落語DEデート

shadow懐かしい噺を聴くことが出来ました。
       落語DEデート
   ◇水道のゴム屋                  六代目三升家小勝
学生時代、東北放送の早朝番組で「早起きも一度劇場」というのがあって、なかなか起きられないんですが、時々聴いていました。
その番組で聴いた噺、知った噺家さんです。
とても面白くて、当時(今でも)あまり滑稽噺の持ちネタがなかったので、2年生の時の卒業生追い出し発表会でやりました。
そうです。
この噺、私の持ちネタなんです。
三升家小勝師匠は、八代目桂文楽門下の俊秀。
創作の才に富み、この噺は入門間もない前座時代(桂文中)の昭和6年ごろの作だそうです。
その後、桂文七を経て昭和12年5月真打昇進で二代目桂右女助を襲名。
右女助時代は新作で売れに売れました。
二つ目のころから人気者でした。
「水道のゴム屋」は、創作から5年温めて、まだ二つ目の昭和11年、キングレコードから「水道のホース屋」としてSP発売。
これが大当たりで、客席から「ゴム屋!」と声がかかるほどの大ヒットし、これが出世の糸口になりました。
元々、入門前に東京市水道局の工務課に勤務する技師だったことから、知識を生かしたということです。

2017年2月 4日 (土)

大渋滞

carrvcarbus恐らく、この3年で帰省した回数は、100回以上になると思いますが、最長時間になりました。
大渋滞
実家を出たのが3時半頃。
夕方にかかりますから、いくらか渋滞は覚悟していましたが・・・。
大渋滞
新東名高速の新清水ICでは、東京ICまで160分という表示。
通常は、渋滞してせいぜい100分程度ですから、かなりの覚悟が要ります。
新東名高速から東名高速の静岡県内は、富士山を眺めながらの快適なドライブでしたが。
秦野中井ICを過ぎて渋滞が始まったのが4時半過ぎ。
事故渋滞ということですから、厄介です。
大渋滞
また、大和トンネル付近の様子。
・・・延々とダラタラ状態が続き、厚木までが遠い。
海老名SAを通過したのは、何と夜8時過ぎ、やっと横浜町田ICで渋滞を抜けたのは8時半でした。
いつもの通り、東京ICで下りて妹を自宅に送り、再度用賀ICから首都高速に乗って、四つ木から水戸街道を経由して自宅に着いたのは9時50分でした。
やれやれ・・、6時間半かかりました。

今日の富士山

fujiこれは、東名高速下り大井松田付近。
今日の富士山
これは、富士市内。
今日の富士山
これは、道の駅「富士川)楽座」(=東名高速富士川SA)から。
今日の富士山
これは、新東名高速上りの新清水-新富士間。
今日の富士山
これが、新東名高速上り御殿場JCT付近。
今日の富士山
今日は良い天気で、珍しく一日中、富士山に雲がかかることなく見ることが出来ました。
ちょっとした場所の違いで、富士山の表情も異なります。
分かるかなぁ?
分からねぇだろうなぁ・・・。

工場火災

restaurant旧東海道に面したレストランでランチしている頃、市内の製紙工場で火災だったようです。
工場火災
午前11時40分ごろ、大昭和紙工産業の工場から出火。
火は2時間以上にわたって燃え続け、工場や倉庫などが焼けたそうです。
工場火災
リアルタイムでは知らず、ニュースで知りました。
ランチのステーキはレアで注文しましたが、火事の焼け方は激しかったようです。

立春

bud今日は立春。
立春
これから暖かくなるということでしょうが、今日は春のような暖かな日和になりました。
立春
今日も帰省します。
愛車の車窓から、梅や河津桜の花も見えて、春間近です。

2017年2月 3日 (金)

恵方巻き

sun恵方巻き・・・?
節分の日に、その年の恵方を向いて太巻きを食べるという風習は、関西から始まったものですが、今では全国的に定着しているるようです。
元々は、大阪の海苔問屋協同組合が節分のイベントとして行ったのをマスコミが取り上げたのをきっかけに広まったものだとか。
恵方巻き
福を巻き込む→巻き寿司。福を切らない→包丁を入れない。
一種の縁起かつぎです。
それから、食べ終わるまで話をしていけないのだそう。
ちなみに、今年の恵方は「北北西」だそうです。
おバカ女性アナウンサーが「ほくほくせい」を「きたきたにし」とアナウンスして、嘲笑の的になっているようです。
私には全く馴染みもなく、バカバカしいことをやる気はありませんが、コンビニで、恵方巻きの販売にノルマを課していると、騒ぎになっているようです。
下らない話です。
そう言えば、帰宅途中に立ち寄ったコンビニで、3割引で売っていました。
賞味期限は問題ありませんが、節分の日にしか売れませんから。
クリスマスケーキよりピンポイントで売らなければいけませんから、コンビニも大変ですね。
あまりにくだらないコマーシャリズムには騙されないように、煽動されないようにしましょう。
元々、ささやかに風習としてやっている人たちにも、信心もなく真似だけするのは失礼だと思います。
バレンタインデーもホワイトデーも、秋の・・ほら、何て言いましたっけ?・・・そうそうハロウィンも、実にくだらない。
それならば、お正月の鏡開きやどんと祭、ひな祭りや端午の節句、十五夜のお月見を工夫した方が、いいと思いますが・・・。

節分

happy01節分は、立春の前の日。
節分
本来、節分というのは立春・立夏・立秋・立冬の前の日のことを指しますが続き旧暦では立春の頃が一年の始めとされ、最も重要視されていましたので、節分といえば、一般的に立春の前の日を示すようになったそうです。
立春を新年とすると、節分は大晦日にあたります。
そのため、現在でも節分のことを「年越し」という地方もあるそうです。
節分に行われる豆まきは、宮中行事の追儺(ついな)と寺社が邪気を祓うために節分に行っていた豆打ちの儀式が合わさったものといわれています。
新横綱の稀勢の里関は、午前中は成田山新勝寺、夕方には府中の大國魂神社で豆まきをしたそうです。
お相撲さんと豆まきは、何故か絵になります。
身延山でも行われたことでしょう。
身延山は、魁聖関と旭秀鵬関だったようです。

ふるさと納税

dollar世の中、基本的には「ゼロサム」社会。
即ち、合計するとゼロになる。
さらに言えば、一方の利益が他方の損失になる。
以前から、漠然と思っていたことなんですが・・・。
自分の出身地や応援したい自治体に寄付をすると住民税などの控除が受けられる「ふるさと納税」。
寄付が集まらず、ほかの自治体に寄付した住民からの控除の申請によって税収が減る自治体が出ているそうです。
こうした税収の減少は、特色ある返礼品を出しにくい都市部の自治体などで顕著になっていて、例えば、東京23区の今年度の減少の見通しは、合わせて前年度の5倍以上となる、およそ130億円に上る見通しだそうです。
以前から疑問に思うのは、寄付を受ける側も景品やら何やらでコストがかかりますから、ネットでは税金が無駄に使われている気がするんです。
私はまだ実行していないので、大きなことは言えませんが、僅かながらではありますが、郷里の町に私の納税分の一部を還流させたいと思います。
その際に、何か景品を求めようとは思いません。
納税する中で、「メインは自分の住居地に、一部を郷里に」というスタンスです。
景品で釣れば、一時的に税収(のようなもの?)は増えるかもしれませんが、景品のコストを考えると、その100%が活かされない。
住居地では、その分まるまる税収が減ります。
これって、ひいては税金の無駄遣いなんじゃないかと。
景品に釣られてではなくて、納税者も、せこいことをしないで、もっとピュアに考えて欲しい気がしますが。
せめて、「三方一両損」ぐらいの裁き(捌き)は出来ないのかなぁ?

工場夜景

fuji富士市と言えば、名前の通り「富士山」なんですが、最近は、工場の夜景を観光スポットにしようという試みもあるそうです。
工場夜景
富士市のもうひとつの売り物「かぐや姫」とコラボして、”かぐや姫クイーン”と”かぐや姫”の2人がモデルとなり、工場夜景を背景に撮影するテクニックやポイントや楽しさを学ぶ「工場夜景×かぐや姫撮影会」が行われたりするそうです。
富士市は、千葉市、室蘭市、四日市市、川崎市、尼崎市、周南市、北九州市と並び「日本八大工場夜景都市」の一つなんだそうで、富士市の工場夜景は、富士山を背景に住宅街にある工場の風景を見ることができるのが特長だとか。
新幹線で通り過ぎる時は、せっかくの富士山の美観を、手前の工場群が邪魔をしているという悪評もありますが、夜、海側から富士山を望めば、それなりに美しい夜景になるんですね。
公害問題激しき頃、富士市と言えば田子の浦港のヘドロが不名誉に有名でした。
それを思えば隔世の感があります。

四代目桂春團治誕生!

apple上方落語の大名跡が復活するという、とても嬉しいニュース。
四代目桂春團治誕生!
上方落語の大名跡「桂春團治」を、昨年1月に85歳で死去した三代目のお弟子さんの「桂春之輔」師匠が襲名するそうです。
四代目襲名は、師匠の遺言だったそうです。
先月中旬に一門が集められ、先代の遺言開きが行われた席で意向を知らされたということです。
「資格があるのかと熟慮しました」。
一方で、「師匠の遺言であると伝えられたからには当然引き受けるべきであろうと思いました」と。
先代は、この大名跡は「止め名」にするべきではなく、代々襲名していくものとも言われていたそうです。
とはいえ、68歳での襲名ですから、色々ご苦労もあると思いますが、大きな名前が見られるというのは、本当に素晴らしいことだと思います。
上方では、かつての四天王のうち、「桂米朝」と「笑福亭松鶴」が、まだ"空席"です。
米朝師匠のご子息は「米團治」を襲名したばかり、松鶴門下の総領の仁鶴師匠は80歳・・・。
いずれにしても、大名跡が、円滑に襲名されて行くのはとても良いこと。
単なる名前ではなくて、演芸界、落語界そのものだと思います。
東京の圓生や志ん生は、いったいどうなるんでしょう?

2017年2月 2日 (木)

健気にも

budそれでも区切りですから、結婚記念日のお祝いの花を。
健気にも
こんなべんちゃらみたいなこと、仕事の大事なお客さんにもしたことありませんが、背に腹はかえられません。

南行徳寄席

event落語っ子連の三流亭窓口さんのご紹介で、6月10日(土)に、市川市の南行徳公民館で、落語っ子連の落語会をやらせていただくことになりました。
館長さんからメールを頂戴しました。
講座名は、南行徳寄席 落語鑑賞「はじめの一歩」
そして、紹介フレーズも。
深川三流亭(落語っ子連)が出前落語会、どんな演目が披露されるか当日のお楽しみ。
「はじめの一歩」ということは、落語初心者の方が多いのかもしれません。
市川市の公民館では、一昨年の行徳公民館、昨年の曽谷公民館に続いて3回目。
本当に有難いことで、メンバー全員が張り切っています。

ひとこと言い訳を

cherry今日は「結婚記念日」なんです。
最近はあまり言われなくなりましたが、落語徘徊を始めた当時、寄席・落語会に週に何回も行き、落語の稽古も始めた頃、周囲から「奥さん何も言わないの?」「奥さん大丈夫?」「奥さん構ってあげなくていいの?」「家庭崩壊しないの?」と、よく訊かれました。
冷徹な家内で、「好きでやるんなら、別にいいんじゃない」。
要するに、「自分で勝手に楽しむんなら構わない(私には関係ない)」というスタンスです。
若い頃、夫婦で同じ趣味や嗜好をと話したことがありましたが、「別に無理に合わせなくてもいいんじゃない?」。
結婚25年目の時だったか、「これからも、お互いに"見ざる・言わざる・聞かざる"で行きましょう」と宣言され・・・。
良く言えば、「お互いにやりたいことをやりましょう」ということなんですがね。
そんな訳で、お互いに自分勝手なことをやっていますので、皮肉なことに我が「落語道」は永遠に安泰です。
これまたよく訊かれるのですが、「落語会に奥様はいらっしゃらないんですか?」と。
私も「呼ばず・誘わず・頼まず」で、一度も落語会に来たことはありません。
ですから、皆さんにはご紹介したことがないんです。
それに比べて、落語っ子連の窓口さんや、扇子っ子連の三十一さんは、夫唱婦随で、実に羨ましい限り。
果たして、こんな関係で良いのでしょうか?
今やシェアハウスの同居人状態・・・?
私の老後は・・・、あまり考えないことにしています。
今日は、「結婚記念日」ではなくて、「結構祈念日」なんです。
・・・それでも、別に喧嘩をしている訳でもなく、共通の宝物である子どもや孫たちの話になると、話が弾みますから、これはこれでありなんでしょう。
あ、家内は「私は幸せだ」とは言っていますが・・。

コンビニ前の灰皿

nosmoking私は、かなり強硬な嫌煙派です。
コンビニ前の灰皿
東京五輪・パラリンピックを控えて、受動喫煙防止の動きが広がる中で、コンビニエンスストア前に置かれた灰皿が岐路に立たされている。
コンビニ前の灰皿は、本来は入店前にたばこの火を消すのが目的だそうです。
知らなかった。
コンビニでタバコを売っているので、喫煙場所を提供しているのかと思っていました。
しかし、コンビニ前というのは、基本的には公道、あるいは公道に面しているのですから、常に「けしからん」と思っていました。
・・・ということは、コンビニでは、店内に入る前の喫煙、要するに公道での歩行喫煙を前提にしているということですね。
ますますもってけしからん!
ということで、店先で喫煙する人が後を絶たず、受動喫煙を理由に住民がコンビニ相手に訴訟に発展するケースも出てきているそうですが、心情的には当然だと思います。
たばこの値上げや路上喫煙禁止条例など、愛煙家への包囲網は狭まるばかりで、喫煙人口も減少。
かつて当たり前だったコンビニの灰皿が、姿を消す日も遠くないかもしれない。

結構なことじゃありませんか。
私は、すぐにでも撤去してもらいたいと思います。
とにかく、コンビニ前喫煙と歩行喫煙は許せませんな。

実は・・・

rouge2月2日、明日は節分、明後日は立春と言う慌しい日。
夫婦の日、麩の日、おじいさん(じいじ)の日、頭痛の日など、2のぞろ目に合わせた日。
年始から33日、年末まで332日。
もう一つ、実は、私の結婚記念日です。
phoneto家内に「結婚記念日」の(お礼?)メールを送信すると、「それなりに忙しく過ごしていたので、すっかり忘れていた」との返信。despair
夫婦も、時間が経てばこんなものでしょうね。
我が家は、子どもたちがそれぞれ独立して家庭を持っているので、二人暮らしですが、どちらかと言うと「シェアハウス」という趣です。
しかし、4LDKでの私のシェア分は自室にしている一部屋だけ。
あとは"蒙古"に攻められて、神風も吹かず、完全に占領されてしまって、私の居場所はありません。
尖閣・竹島なんてもんじゃありません。
従って、どうしても自室にひきこもりになります。
何て言ったって、向こうは一日中家にいますから。
強いの強くないのって・・・強いんです。
娘が、4月に第二子出産のために、昨日から産休に入りました。
いよいよ出産で入院した時には、お兄ちゃんになる孫を預からなくてはいけないので、産前産後のフォローも含めて、家内の目下の関心・心配はそのことばかりのようで。
あとは、本人曰く「更年期との闘い」だそうです。
しかし、実に元気なんですがねぇ。
私が言うのもなんですが、家内は幸せだと思いますよ。
・・・それに比べて・・・。
結婚披露宴で、「甲府ぃ」を演って、来賓から顰蹙を買った(喜ばれた)ことも、随分昔になってしまいました。
主賓の方の一人から、私と家内の名前から一字ずつとった、お祝いの短歌を頂戴しました。
 暁の 大洋原(おおうなばら)に 漕ぎ出でし
                 二人の行く手に 幸あれよ

・・・だったかなぁ。

鈴本上席

event寄席は、長い正月気分もやっと抜けて、2月の上席の芝居が始まっています。
鈴本上席
売れっ子の、わが林家あずみさんは、先月はほとんど休みなしだったようです。
そして、2月上席も鈴本の昼席に出演。
鈴本と言えば、NHKの「ラジオ深夜便」という、お年寄りが多く聴いている深夜番組に、鈴本の鈴木席亭が出演されていました。

横綱始動

bud新横綱がいよいよ始動です。
横綱始動
初優勝から昇進へと息つく暇なく走り抜いたこの1週間。
「色々ありましたから。あっという間の1週間」と疲れもあるはず。
完全オフは29日だけだったが、まわしを締めるのは「あしたからつけてもいいし、今からでもいい。決まりはない。お祝いムードはきのうまで。きょうから、しっかり来場所に向けてしっかり体をつくっていく」とスイッチを切り替えている。
部屋の周囲には稀勢の里見たさにまだ人だかりができている。
19年ぶりの日本出身横綱という熱気は冷めないが、本人はいたってクールに来場所を見据えている。

・・・それでいい、それでいいのだ。
去年優勝した"際物大関"の、目を覆うばかりのはしゃぎぶりは何だったのかと思います。
静かに、静かに、愚直に、愚直に。

2017年2月 1日 (水)

温泉マーク

sweat01「温泉マーク」はダブルスタンダード?
温泉マーク
経済産業省は、日本工業規格(JIS)で定める案内用の「温泉マーク」について、湯気をあしらった従来の図柄と、入浴中の人をデザインした国際標準化機構(ISO)の図柄を併用する案をまとめたそうです。
2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて案内用の図記号の見直しを進めている中で、
温泉マークを巡っては、外国人旅行者から「何を示しているマークか分からない」との指摘があった
ことから、変更を検討していた。
ところが、温泉業界は既存のマークが国内で既に広く浸透しているとして強く存続を求めていることから、両方の図記号をJIS登録し、状況に応じて使い分けてもらうことにしたという 、玉虫色の解決?
温泉業界も、そんなに愛着があるんですかねぇ。
「JIS」と「ISO」の意見が合わない?
それは仕方がありません。
「JIS」+「ISO」=「JISO」・・「ジソウ」・・・「じそう」・・・「自走」。
お互いに自分勝手に自走しています。

寒風

train帰宅する時の寒いこと・・・。
寒風
上野駅のホームで、始発電車を待つ間、寒い風が吹きつけて・・・。
やっと常磐線快速「高萩行」が入線。
この電車が終点に着くのは、明日になろうという刻限でしょう。
私は、上野から松戸まで、20分弱の小さな旅。
あ、そういえば「ぶらり途中下車の旅」という番組のナレーションもしておられた、藤村俊二さんがお亡くなりになったそうです。
享年82歳。
かつて、病気を克服して長生きするためには、「元気」「勇気」「陽気」の3つの「気」が必要だと仰っていました。
残されたメモに、「塩どき」と名づけられた一文があったそうですが、美学ですね。
「塩どき このまま此処に居ては格好悪くなると思って、奥処からいなくなる時」
・・・いつまでも現在の地位に拘泥ししがみつく老害たちに聞かせてやりたい。
「格好悪い」と思わないんでしょうね・・・例えば元首相のM老人。

女性は強い!

bar扇子っ子連のワッフルさんと早千さんの女性二人の落語会があるそうです。
女性は強い!
2月4日(土)の17時30分、千歳烏山のワインバーで「烏楠(からすくす)落語」。
ワッフルさんが「親子酒」、早千さんは「子別れ」。
女性は逞しい・・とつくづく思います。

花見イベント

fuji富士市の岩本山公園(静岡県富士市岩本)で、花見イベント「絶景★富士山 まるごと岩本山」が始まるそうです。
花見イベント
地元で梅や桜の名所として知られ、約30品種・300本以上の梅と約400本の桜を植栽している岩本山公園。
2ヶ月以上にわたり、富士山と一緒に梅や桜が楽しめるさまざまな企画が容易されているそうです。
現在梅は例年より早く3分咲きで、2月下旬までが見頃。
桜は3月下旬から4月上旬が見頃のはず。
富士山が借景にあるというのは強いですね。

早千さんから

wave扇子っ子連の千早亭早千さんからいただいたメールに、彼女のブログの一文がありました。
     早千さんから
彼女は今、「鰍沢」にチャレンジしています。
以前、私が持っていた小室山の「毒消しの護符」を、御守代わりに譲ったことがありましたが、とても喜んでくださいました。
http://sekiya2013.blog.fc2.com/
「鰍沢」について、熱く語っています。
笑えるところは、ほぼ一ヶ所もありません。
「笑えない」ということは、つまり、ドラマの世界に入れなければ、お客様はさぞや退屈…という噺。
なぜ、そんな難題に私などが挑んだかと言いますと…やはり、圓窓師匠の高座本がきっかけなのですね。
そのまた前の、きっかけのきっかけは、圓生師匠の鰍沢のテープを聞いたことです。
これがすごいのです。退屈するどころか、何度聞いても飽きないのです。
圓窓師匠に落語をご指南いただくようになって、7年目。
人情噺もいくつかやるようになって、「落語=笑い」から「落語=ドラマ」へと自分の認識が変わってきたせいもあるでしょう。
もちろん、バカバカしいものが大好きなことには変わりはないのですが、それ以外の世界にも惹かれるようになってきました。

早千さんは、香道もシャンソンも本格的にやっておられるなど、様々な芸事や習い事、芸能にも造詣が深いのですが、確か、演劇のご経験もあるようで、「落語が一番難しい」と仰っていたのを思い出します。
私は、落語しか知りませんから、比較した難しさは分かりませんが、色々な世界を知っている方が仰るんだから、きっとそうなんでしょう。
でも、落語を演るのは、とても楽しい。

痛ましい・・・

rvcar痛ましいと同時に、怒りがこみ上げてくる話題。
島根県で、小学生の集団登校の列に軽トラックが突っ込み、小学3年の男児と、付き添っていた79歳の男性がはねられたそうです。
男児は軽傷だったが、男性は31日未明、搬送先の病院で死亡。
そもそも、痛ましい事故ではあるんですが、さらに・・・。
男性は33年前、現場近くで下校中の次女(当時7歳)を交通事故で失い、再発防止のために集団登校の見守り活動をしていた。
元洋装店経営の男性は、近くの小学校の児童9人が現場交差点の横断歩道を渡るのを見守っていたところ、突っ込んできた車にはねられた。
車を運転していた62歳の会社員の男の呼気から、基準値を超えるアルコール分が検出された。

痛ましい事故ですが、付き添っていた男児を守ることが出来たのが、せめてもの救いかもしれません。
この男性も浮かばれるというものだと思います。
飲酒運転の男は、「獄門磔」にするべきですね。

えっ?今さら?

apple我々オジサンたちが若い頃のアイドルと言えば、例えば、桜田淳子、森昌子、山口百恵の「花の中3トリオ」。
それに、ピンクレディ、キャンディーズあたりでしょうか?
その中の桜田淳子さんが、40周年公演以来3年4カ月ぶりにステージに立つ計画があるそうです。
3年ちょっと前に公演なんかしたんでしたっけ?
個人的には、あの「スター誕生」での鮮烈なイメージもあり、「花の中3トリオ」では、一番好感度が高かったのですが・・・、その後の・・・ねぇ。
山口百恵は潔く芸能界を引退して伝説化。
森昌子も一旦引退したものの、復活してそこそこに活動中。
桜田淳子は、宗教的な面やらで、引退・・・?、色々あって。
申し訳ありませんが、もうあまり見たくないという感じ。
「鰍沢」のお熊(吉原の「熊蔵丸屋」の「月の兎花魁」)も、駆け落ちした伝三郎と心中をしそこなって、逃亡の果てに鰍沢の山中で、世を忍んで暮らしているんです。
今さら、世の中に出てくることもないでしょう・・・。
山口百恵のように、市井の人であって欲しい。
過去の、消えて行った人だと思うのですが。
(ファンの方には申し訳ありませんが。)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »