« 千早亭落語会の番組 | トップページ | 「元寇」に新説? »

2017年1月11日 (水)

新しい元号?

drama天皇陛下がご健在なのに、新しい元号の話題とは?
政府は天皇陛下の退位に伴う皇位継承の時期について、2019年元日を念頭に制度設計する検討に入った。
皇太子さまの即位に備え、新たな元号の検討にも着手した。
政府の有識者会議(座長・今井敬経団連名誉会長)は今の天皇陛下に限り退位を認める特例法での対応を求める方向で、政府は与野党の議論も踏まえ、今春に関連法案を国会に提出する方針だ。

なるほど、皇室典範などの改正を行わずに、今の天皇陛下に限り退位を認める特例法で対応するということですね。
皇位継承に関する儀式は18年の大みそかか19年元日に行う可能性があるため、退位の時期は18年12月31日か19年1月1日のいずれかになる見通し。
新元号の適用は「年の途中に天皇の代替わりがあると国民生活への影響が大きい」ことから、19年元日とする方向で調整する。

 mm
陛下は昨年8月に表明したお言葉で「戦後70年という大きな節目を過ぎ、2年後には平成30年(2018年)を迎えます」と言及された。
首相周辺は「その年までの在位を節目ととらえておられることは明白だ」と指摘する。
このため20日召集の通常国会で関連法案を成立させ、1年以上かけて具体的な準備を進める方針だ。
政府内では、法案には退位の具体的な日時は明記せず、政令などで定める案が検討されている。
憲法は天皇の政治的言動を禁じているため、退位の日取りは陛下の意思を直接的な根拠とせず、皇室会議などの承認を経て正式決定する方針だ。
国会の関与も模索する。
退位を将来の天皇にも適用できる制度とするには客観的な要件を定めるのが困難として、一代限りの特例法で対応する。
法案は皇室経済法や宮内庁法など関連法の特例も含め一括して提出する見通しだ。
天皇が生前に退位すれば1817年の光格天皇以来になる。
政府は新元号の検討作業にも着手した。
1979年に成立した元号法では、元号について「政令で定める」「皇位の継承があった場合に限り改める」と規定しているが、生前の退位に伴う新元号の制定は想定していない。逝去を前提に完全に水面下で進められてきた過去の制定過程との違いが出てくるのかどうかなど、課題の洗い出しを進めている。

・・・難しいものですね。
http://www.kumamotokokufu-h.ed.jp/kumamoto/bungaku/nengoui.html
元号は、「大化」以来、「平成」で250になるようです。
79番目に「永久(1113-1118年)」というのがあります。
平安時代になるのかな?
この時代の天皇は「鳥羽天皇」のようです。
私の千早亭の高座名は、やんごとないんですね。

« 千早亭落語会の番組 | トップページ | 「元寇」に新説? »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事