« ヤフーのおみくじ | トップページ | 娘と孫と »

2017年1月 3日 (火)

幻の区間賞

sports箱根駅伝は、青山学院大学が3連覇の偉業を達成。
その中で、面白い記録が生まれました。
正式には、「第93回東京箱根間往復大学駅伝競走」と言うそうです。
幻の区間賞
10区を走った「関東学生連合」の照井選手(東京国際大4年)が、1時間10分58秒で走破。
これは、区間賞を獲得した順大の作田選手(4年)の1時間11分00秒を上回る快走でした。
この「関東学生連合」は、オープン参加で参考記録となるため、“幻の区間賞”ということになるそうです。
確かに参考記録かもしれませんが、何か残念ですね。
過去にも2004年に、日本学連選抜のメンバーとして出場した選手が5区で区間賞を記録したことがあるそうです。
この時は、この年から新設されたMVPに当たる「金栗四三杯」を受賞しているそうです。
また、参考記録というのでは、2013年に、8区の中大の選手が出走20人中トップの1時間6分10秒で走破しましたが、チームが往路で途中棄権したため、参考記録となってしまった例もあるそうです。

« ヤフーのおみくじ | トップページ | 娘と孫と »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事