« 横綱の名 | トップページ | 昨年12月の・・・ »

2017年1月25日 (水)

云々

pen漢字の読みは難しい。
我が国の某首相が「うんぬん」という「云々」というのを「でんでん」と読んだそうです。
前の首相の「未曽有」の「ミゾウユウ」と同じパターンです。
首相は、読もうや(よもや)これを「うんぬん」と読むだなんて、云々(でんでん)知らなかったんでしょう。
このほか、「夫々」は「それぞれ」、「略々」は「ほぼ」、「各々」は「おのおの」と読みますよね。
この「○々」というパターンは、物凄く多いようです。
軽い気持ちで、ちょいと調べてみましたよ。
嬉々:いそいそ、愈々:いよいよ、弥々:いよいよ、怡々:いそいそ、
虚々:うかうか、昏々:うとうと、空々:うつらうつら、云々:うんぬん、
喀々:おめおめ、懼々:おずおず、怖々:おずおず・おどおど、
懼々:おずおず、予々:かねがね、限々:ギリギリ、晃々:キラキラ、
呷々:ぐいぐい、遅々:グズグズ、諄々:くどくど、吃々:クスクス、
暗々:ぐずぐず、沸々:ぐつぐつ、吝々:けちけち、交々:こもごも、
滾々:こんこん、窃々:こそこそ、怖々:こわごわ、兀々:こつこつ、
嘖々:さくさく、騒々:ざわざわ、潸々:さめざめ、悄々:しおしお、
然々:しかじか、熟々:しげしげ、沁々:しみじみ、沁々:しみじみ、
綽々:しゃくしゃく、数々:しばしば、津々:しんしん、云々:しかじか、
寸々:ズタズタ、摩々:すれすれ、悄々:すごすご、滑々:すべすべ、
直々:すくすく、仰々:そもそも、戦々:そよそよ、夫々:それぞれ 、  
偶々:たまたま、適々:たまたま、滴々:たらたら、嫡々:チャキチャキ、       
熟々:つくづく、倩々:つらつら、滑々:つらつら、滔々:トウトウ、
却々:なかなか 、欣々:ニコニコ、和々:にこにこ、粘々:ねばねば、
遅々:のそのそ、鈍々:のろのろ 、暢々:のびのび、遥々:はるばる
散々:ばらばら、孔々:はなはだ、緊々:びしびし 、閃々:ヒラヒラ、
犇々:ひしひし、密々:ひそひそ、恟々:びくびく、繚々:ふさふさ、
総々:ふさふさ、震々:ブルブル、漫々:ブラブラ、沸々:ぶつぶつ、
喋々:ベラベラ、仄々:ほのぼの、略々:ほぼ、惚々:ほれぼれ、
点々:ぼちぼち、丁々:ほとほと、始々:ほとほと、朗々:ほのぼの、
幾々:ほとほと、区々:まちまち、勃々:ムクムク、努々:ゆめゆめ、
凛々:りんりん、滝々:ろうろう、態々:わざわざ、戦々:わなわな・
・・
あぁぁ~、もうクタクタ。
同じ音を繰り返す場合に、「々」を使うなら、柳家喬太郎さんが「キョンキョン」と言うのは、「キョン々」と書くのでしょうか?
そう言えば昔、会社の業務日誌に、例えば「キョンキョン」と表示すべき単語を「キョン2(キョンの2乗=キョンキョン)」と書いた若手社員がいて、のけぞった記憶があります。

« 横綱の名 | トップページ | 昨年12月の・・・ »

徒然」カテゴリの記事