« 観覧車 | トップページ | 息子の誕生日 »

2017年1月20日 (金)

院長不在

hospital昨年末に、福島第一原発の近隣で唯一入院を受け入れていた病院の院長先生が、自宅の火事で亡くなったというニュースがありました。

そして今、その病院の存続が危ぶまれているそうです。
2~3月は常勤の院長を確保できたそうですが、4月以降は決まっていないという。
何とかして欲しいと思います。
関係省庁は違うかもしれませんが、自分たちの保身のために組織ぐるみで天下りあっせんをする時間と金があるのなら、超法規(特例)でも良いから、助けてあげて欲しい。
それが「情」というものです。
「知に働けば角が立つ 情に掉させば流される」・・・流されたっていいじゃないですか。
流される方が下るよりもずっとマシだと思います。

« 観覧車 | トップページ | 息子の誕生日 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事