« 千公さん「三方一両損」 | トップページ | 流三「人情八百屋」 »

2016年12月11日 (日)

越児さん「初天神」

foot来月、地元の新潟(柏崎)で、ご近所の天神さま巡りをするイベントにオファーがあったそうで、まさにぴったりの噺です。
越児さん「初天神」
しかも、初天神の時期でもあります。
この噺は、くすぐりが多く、一年中演じられていますが、実は、1月25日のピンポイントの噺なんです。
越児さん「初天神」
師匠からは、同じ言葉をおうむ返しに繰り返すのは聴きづらいし、無駄にもなるとのアドバイス。
三遊亭圓生師匠の口述速記「圓生全集」を読んで、あの谷崎潤一郎が「これは素晴らしい。文学だ!」と言ったそうですが、それくらい、言葉の吟味がされていたということですね。
圓朝は近代文学の言文一致運動に影響を与え、圓生は谷崎文学に評価され・・・。
言葉というのは、書くも語るも・・当然のことながら通じるところがあるんですね。

« 千公さん「三方一両損」 | トップページ | 流三「人情八百屋」 »

落語っ子連」カテゴリの記事