« ピカチュウが | トップページ | ライチュウも »

2016年12月14日 (水)

三遊亭小吉さん

clover三遊亭吉窓さんのお弟子さん「小吉」さん。
三遊亭小吉さん
圓窓師匠が、こんなふうに紹介してくださいました。
この子は、学校を卒業した後はアルバイトをしていたんだが、YouTubeで、うちの師匠(圓生師匠)の噺を聴いて、あたしのところに入門を志願して来たんだよ。
でも、あたしはもう・・これだから(一線を引いているから)、吉窓のところに預けることにしたんだよ。
YouTubeで落語は聴いているけれども、ライブで聴いたことがないから、稽古を聴きに来るように言ったんだよ。
これからも、時間があれば、稽古を聴きに来させるよ。

・・・確かに、落語をライブ(リアル)で聴く機会はない(少ない)かもしれません。
圓窓師匠、孫弟子が出来て、何となく嬉しそうでした。
ご本人に色々聴いてみました。
YouTubeで聴いた圓生師匠の噺で一番印象に残っているのは「妾馬(八五郎出世)」です。
今年の9月に吉窓師匠のところに入門して、今はまだ見習いという立場です。
吉窓師匠のお宅には通いで週に何日か行って、掃除などの修行を始めています。
暫く見習いですが、来春頃には前座として、落語協会の仲間入りをさせていただけると思います。
圓窓師匠は三遊派(圓生師匠)直系ですから、一門の得意な噺も存分に身につけられるでしょう。
これは応援させていただかない訳には行きません。
「小吉」という高座名は、圓窓師匠も二つ目時代「吉生」という名で"吉"がつきますし、師匠は吉窓さんですから、ぴったりだと思います。

« ピカチュウが | トップページ | ライチュウも »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事