« 今年の漢字 | トップページ | 8時ちょうどの・・・ »

2016年12月12日 (月)

休眠口座

bank10年以上預けっぱなしで取引のない口座のお金を“休眠預金”といいます。
休眠口座
この眠ったお金を、公共性の高い民間事業に使えるようにする法律がに成立しました。
休眠口座
毎年およそ1000億円発生しているとされているそうです。
このうち、顧客から払い戻しの要望があるのは400億円から500億円程度。
従って、半分以上は金融機関が法人税も支払いながら利益として扱っています。
勿論、顧客の求めがあれば払い戻し、その分は損失として処理しています。
「私の預金を銀行が利益にしているなんて、銀行に大事な預金を盗られた!」「国や地方の財政が厳しいからといって、 私たちの財産が失われるのはけしからん!」 と思われる方もいるかもしれません。
あくまでも、預金者のものですから、国などの予算として扱われるわけではなく、金融機関から預金保険機構に移したうえで、政府が指定する指定活用団体などを通じて 、NPOのような民間団体への助成金や出資金などに充てられるそうです。
結果は結果として、国会の審議の過程で、銀行が懐に入れているかのような論調があったのには呆れました。

« 今年の漢字 | トップページ | 8時ちょうどの・・・ »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事