« 天使の誕生日 | トップページ | ストレスチェック »

2016年12月 6日 (火)

小川宏さんの訃報

karaokeフジテレビ系ワイドショー「小川宏ショー」(1965~82年)などの司会者として、穏やかな人柄が親しまれたフリーアナウンサーの小川宏さんが亡くなったそうです。
享年90歳。
私にとっては、一番印象に残るアナウンサーです。
小川さんはNHKのアナウンサーで、人気看板番組「ジェスチャー」の司会者でした。
当時の私は、まだ小学校に上がる前で、やっと字が読めるようになった頃でした。
白黒テレビの画面に小川さんの顔が映ると、「小川アナウンサー」というテロップが出ます。
私は「おがわ」と読まずに「ちいかわ」と読みました。
覚えたての「小さい」と「川」という漢字が出たので、そのまま読んだという訳です。
それを、ちょうど我が家に来ていた祖父の友だち(だったと思いますが)が、「ボクは、偉いねぇ。こんな難しい漢字が読めるんだ」と、ご褒美にと、確か50円いただいた記憶があります。
それから、この番組に出演していた「柳家金語楼」師匠が、私にとっての落語との出会いの夜明け前だった気がします。
実は、高校生の頃から、何となくアナウンサーになってみたいなぁと思うようになりました。
あのNHKの小川アナウンサーは、その頃はフジテレビで「小川宏ショー」の司会者(今ならキャスターかMC?)で大人気でした。
実家は山梨県なのに、静岡県の放送局の番組しか映らなかったのですが、静岡県では、当時、TBS系の静岡放送とフジテレビ系のテレビ静岡2局でしたから、夏休みなどは、毎日視聴していました。
若い頃の露木茂さんも。
好きな女性アナウンサーもいました。
記憶ベースで言うと、三上彩子さんと加賀富美子さん(字は違っているかもしれません。)
今のようなアイドル的な存在ではありませんでしたが。
・・・その小川さんが亡くなったんですね。
ところで、驚いたのは、小川さんと三遊亭圓歌師匠は、墨田区の旧制小学校時代の幼なじみだったそうです。
師匠曰く、「小川さんは3つくらい年上で、毎日一緒に登校するグループの班長だったんです。戦時中だったから子供が一人じゃ学校に行けない時代。おとなしい人でしたけど、頼りになるお兄さんという感じでもありました」。
この集団登校の班には、後に大相撲の関脇となる故・出羽錦さんもいたということですから、人材豊富?な小学校だったんだ。
ところで、最後に物凄い蛇足を。
当時のテレビ静岡のキャッチコピーとテーマソングが何故か忘れられません。
「おはなししましょう」というのがキャッチ。
歌の歌詞を途中から思い出すままに・・・
 notes校長先生がぁ~ 泣き出しちゃってさぁ~
    ・・・レタスの中にニンジン隠してしまったの
             モグラの涙 ゲンゴロウのおなら
      夢はどんどん ほら膨らむよ
 (この部分自信なし)
   命は星より重いんだ テレビ静岡 おはなししまっしょnote

« 天使の誕生日 | トップページ | ストレスチェック »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事