« らくご・ひとり | トップページ | 美を求めて? »

2016年12月16日 (金)

スペースワールド

flair行ったこともないし、遠い場所にあるので、「へぇ、まだやってんだ」という感じですが。
宇宙をテーマにした国内初のテーマパークとして26年前にオープンした北九州市のスペースワールド」が、来年の12月末に閉園することになったそうです。
スペースワールドは、宇宙をテーマにした国内初のテーマパークとして平成2年に北九州市の製鉄会社の工場跡地にオープンし、当初、観光の拠点として期待を集めました。
しかし、景気の低迷やレジャーの多様化で入場者は平成9年度の216万人をピークに減少傾向となり、平成17年には民事再生法の適用を申請しました。
その後、リゾート施設の運営を手がける札幌市の会社が経営を引き継いだものの、入場者数は伸び悩み、来年12月末で閉園することになりました。
バブルの絶頂期だったんですね。
こういう施設の栄枯盛衰は激しいですね。
東京近辺でも、かなり風前の灯になっている施設があるようです。
遊園地と言えば、私にとっては、静岡市(旧清水市)の「狐ヶ崎ヤングランド」、朝霧高原の「グリーンパーク」、そして河口湖の「富士急ハイランド」です。
前2施設は随分昔に閉園してしまいましたが、「富士急ハイランド」は、まだ生き残っています。
小学生の頃、家族4人で行って、当時、東洋一のスリルだとかで「ジャイアントコースター」に乗りました。
hhこれこれ。
想像以上に怖かったのと、父と妹が座ったシートの安全ベルトが外れて、父が焦っていたのを思い出します。
あれから・・・何十年、その父はいません。

« らくご・ひとり | トップページ | 美を求めて? »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事