« 新しいオファー | トップページ | 第8回深川三流亭のプログラム »

2016年12月 1日 (木)

新語・流行語大賞

tv今年話題になった言葉に贈られる「新語・流行語大賞」が発表され、年間大賞に、プロ野球で25年ぶりにリーグ優勝を果たした広島カープの選手の活躍ぶりを象徴する「神ってる」が選ばれたそうです。
新語・流行語大賞
このほかトップ10には以下のとおり。
①週刊誌にスクープされた不倫騒動を表した「ゲス不倫」
②漫画やアニメの舞台になった場所などを訪れる「聖地巡礼」
③アメリカ大統領選挙で過激な発言で物議を醸しながらも熱狂的な支持を集め、大きな社会現象にもなった「トランプ現象」
④ピコ太郎さんのユニークな曲と動画が世界的人気を集めている「PPAP」
⑤待機児童の問題について大きな議論を引き起こした匿名のブログ、「保育園落ちた日本死ね」
⑥サッカーの選手が女優さんとの交際を宣言したときの言葉「(僕の) アモーレ」
⑦各地の公園などで熱中する人の姿が見られたスマートフォン向けのゲームアプリ「ポケモンGO」
⑧日銀の大規模緩和による「マイナス金利」
⑨東京の豊洲市場の問題を象徴する「盛り土」
・・・何かこう・・・、どれもピンと来ないんです。
この中でなら、不潔・不愉快ではありますが「ゲス」と自身がはまっている「ポケモンGO」でしょう。
確か、立川志の輔さんの噺のマクラで、流行語大賞の話題があって、確かノミネートされた中に「バイアグラ」というのがありましたが、大賞にはなりませんでした。
志の輔さんが鋭い分析をしたのは、もし「バイアグラ」を大賞にしたら、誰が受賞するかということ。
だから、このイベント主催者は、これらを最初から大賞にするつもりはないでしょう。
確かにそのとおりです。
今年だって、「ゲス不倫」と「保育園落ちた日本死ね」は、それぞれ事情は異なれ、"当事者"は現れないでしょう。
前者はまたSNSなどが炎上するでしょうし、後者は誰が言った言葉だか分かりません。
それから、「トランプ現象」も、あの方は忙しくて、とても日本には来られないでしょうし、「マイナス金利」も、日銀総裁は・・・来ないでしょ?

« 新しいオファー | トップページ | 第8回深川三流亭のプログラム »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事