« スペースワールド | トップページ | 天使の歌声 »

2016年12月16日 (金)

美を求めて?

subway電車の中でお化粧する女性をよく見かけます。
美を求めて?
そんなこと楽屋…じゃなくて、家を出る前に済ませればと思うのですが。
これでもか、これでもかと塗りたくっているのを横目で見ながら、「あぁ、こういうのを無駄な抵抗って言うんだな」と思います。
この人が凄いのは、満員電車内で立ちながら、逞しく"壁塗り"をしているところですよ。
電車の揺れにも微動だにせず仁王立ち。
日本の女性は強い。
しかし、良い意味での日本の「恥の文化」は、もうすっかり廃れてしまい、大和撫子もいなくなってしまったようです。
ちなみに、「恥の文化」というのは、アメリカの人類文化学者であるR.ベネディクトが著した「菊と刀」という本の中で日本文化を表した言葉です。
日本人は「常に周りからどう思われるか」を念頭に置いて行動し、体裁や体面を重んじる価値観を持っていると言われています。

« スペースワールド | トップページ | 天使の歌声 »

徒然」カテゴリの記事