« 肩が・・・ | トップページ | らくご・ひとり »

2016年12月16日 (金)

遅刻

shadow昨日からの話題と言えば、日露首脳会談でしょうか。
本当に急な用件だったのか、それとも交渉を有利に進めようとする作戦なのでしょうか、3時間近くも遅刻するというのは、日本人には考えられません。
んっ?しかし、巌流島では、武蔵は小次郎を待たせて苛立たせて・・・。
忠臣蔵の四段目でも、大星由良助を切腹する主の塩冶判官が待つという場面があります。
日本人でもいるんですね。
専門家に言わせると、ロシア大統領府関係者は「入念に準備をしたために遅刻した」と釈明をしていますが、プーチン大統領は常々、「自分は一番最後に来る人間だ」と発言しているように、相手を待たせる立場にあるということを示して交渉を優位に進めようという意図も透けて見えます。
なるほど、やはり・・・。
今回の会談に合わせてプーチン大統領は、主要な経済閣僚のほか、ロシア石油最大手「ロスネフチ」のセチン社長など、自身に近い経済界のトップも同行させ、官民双方の経済協力で成果を挙げたい考えです。
ロシア側がここまで経済協力を前面に打ち出している背景には、いったん北方領土を引き渡してしまえば、日本が経済協力をやめてしまうのではないかという不安感があります。
そのため、プーチン大統領としては、経済協力が後戻りできないほど進展してから初めて領土問題についての協議に応じるという姿勢で、先に領土問題を解決してから、その後に経済協力について議論をしたいという日本側とは非常に折り合うのが難しいというのが現実です。

・・・ふぅ〜ん、なるほど。

« 肩が・・・ | トップページ | らくご・ひとり »

徒然」カテゴリの記事