« 落語に学ぶ大人の極意 | トップページ | 権力者 »

2016年11月 6日 (日)

どちらから読む?

penあるツイートで見つけた写真。
横書きの文や単語は、左右どちら側から読むのか?
例えば、「落語(らくご)」と書いてあったら、左側から「らくご」と読みます。
ところが昔は、右側から「語落(ごくら)」と書いていました。
恐らく、日本語は縦書きで右側から左に改行して行きますから、必然だったのでしょう。
一方、欧米などでは横書きで左側から読みますから、戦後はそれに合わせたのでしょう。
そういう背景の中で、よく悩むのは、トラックなどの側面に書いてある文や単語です。
クルマの左側は、素直に自然に、左側(進行方向から)「らくご」と読めるのですが、右側は、そもそも「落語」と表示するのか、前方から読むために「語落」と表記するのか?
どちらから読む?
この写真も、「ヤマヤソース」が「スーソヤマヤ」、「トマトケチャップ」が「プッャチケトマト」・・。
何が何だか分かりません。
それじゃ、「YAMAYA」だって、「AYAMAY」って書かなけりゃ。
個人的には、後方側から読むことになっても、「ヤマヤソース」「トマトケチャップ」の方が良いと思います。
ところで、昔、何かのテレビ番組で、録音テープを反対に再生すると、「やまや」は「あやまい」と聞こえるって言っていました。

« 落語に学ぶ大人の極意 | トップページ | 権力者 »

徒然」カテゴリの記事