« 男の子守唄 | トップページ | らくご・ひとり »

2016年10月11日 (火)

怪我の功名?

typhoonこの夏、北海道には台風がいくつも上陸して、大きな被害をもたらしましたが、国の特別天然記念物の阿寒湖のマリモが、これらの台風のおかげで絶滅の危機から救わ れたそうです。
bb
8月17日に上陸した台風7号は、強い南風が湖をかき回し、マリモが群生するチュウルイ湾北側の湖岸に、約122トンもの水草を打ち上げたたため、湖内はすっきり。
温泉街の排水で富栄養化した阿寒湖は、下水道の整備で約20年前から徐々に水質が改 善し、水草が浅瀬で分布を拡大した。
これにより、マリモは群生地で数年前から光合成に必要な回転や移動ができず、枯死や崩壊が急速に進んだ。

マリモの生育を妨げていた水草が大量に打ち上げられ、環境が一気に改善したという訳。
台風は、「もうあかん(阿寒)」と思われていたマリモの「マリモ(守り)神」になったんです。

« 男の子守唄 | トップページ | らくご・ひとり »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事