« チラシとプログラム | トップページ | お江戸あおば亭の番組 »

2016年10月 3日 (月)

とと姉ちゃん?

tv日曜日、母の部屋にいる時に、偶然テレビで放映されていた連続テレビ小説「とと姉ちゃん」。
ちょうど最終回でした。
連続テレビ小説なんて、何十年も視ません。
NHKが、これと日曜夜の大河ドラマを大々的に宣伝しますが、これも全くと言っていいほど、視ることはありません。
そもそも、テレビドラマをほとんど視ていません。
だから時代に乗り遅れているのかもしれません。
ドラマを知らないから、流行ものも、役者さんも、テーマソングも知らない。
かつての落語ブームの火付けともなった「タイガー&ドラゴン」も、「ちりとてちん」も視ていません。
最終回を視て気がついたのは、視聴者をドラマにのめりこませる工夫がされているのを感じました。
確かに、視始めると、それなりに面白い。
でも、何かこう、作られた、綺麗な、開放感のない感じがします。
登場人物がみんな良い人ばかり。
ここは、落語とも共通点はあるかもしれない。
日本人のメンタリティなのかもしれません。
でも、新人や若手が主人公ですから、申し訳ありませんが、研修用のビデオを視ているようで、演技は・・・でした。
私には、小学生の頃に、よく祖母と視た「おはなはん」や「旅路」あたりが懐かしい。

« チラシとプログラム | トップページ | お江戸あおば亭の番組 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事