« らくご・ひとり | トップページ | 師匠から »

2016年10月11日 (火)

扇子っ子連稽古会

eventいつもより早く会場に着きました。
三十一さんが「目薬」をマクラに、何と「犬の目」に入るところです。
     ◇犬の目                                千早亭三十一
師匠は三十一さんに、「目薬は入れずに、犬の目だけにしなさい」とのコメント。
常々、落語に品性を求める師匠は、「エログロは駄目だ」と仰っています。
扇子っ子連稽古会
      ◇七段目                                千早亭竜太楼
竜太楼さんの芝居噺には、素人は歌舞伎の台詞も仕草も出来ませんから、プロの噺家さんの「七段目」の映像をを徹底的に真似するようにと。
扇子っ子連稽古会
     ◇お見立て                           千早亭大三九
大三九さんには、立ったり座ったり、屋内だったり屋外だったり、場面の転換が多いので、仕草をしっかりと、と。
     ◇三井の貸し傘                 千早亭永久
私には、台詞の3ヶ所の語尾が早くなって登場人物でなくなってしまった。
     ◇小噺                                     千早亭歌舞里
歌舞里さんは、腰を痛めているということで、軽く小噺を。
扇子っ子連稽古会
    ◇鰍沢                         千早亭早千
早千さんも腰の具合が良くないということで、あまり仕草を付けずに演読です。
扇子っ子連稽古会
    ◇青菜               千早亭軽太
時間の関係で、早千さんと軽太さんは、噺の途中までの稽古になりました。
扇子っ子連稽古会
演読を通しでやると、かなり疲れます。
時間いっぱいまで充実の稽古でした。

« らくご・ひとり | トップページ | 師匠から »

千早亭」カテゴリの記事