« 落語ブーム考察 | トップページ | 土人 »

2016年10月20日 (木)

う~ん…微妙

tvやはり落語というのは、「聴き手のバーチャルリアリティーがよし」だと実感。
う~ん…微妙 う~ん…微妙
昨夜の「超入門!落語」を視聴しました。
う~ん、まぁいくらか参考にはなりましたが・・・微妙。
春風亭一之輔さんと古今亭菊之丞さんの語りに合わせて、場面の映像が出て来る訳ですが・・。
私のスクリーンにある映像とは随分違いました。
特に、私が一番期待していた、江戸時代の街や建物などの背景。
「かぼちゃ屋」では、まず与太郎の叔父さんの家。
棒手振りの八百屋か横丁の八百屋のはずですから、あんな表通りに店を構えているはずがないと思います。
それから、路地の行き止まりの蔵の向き。
「お見立て」では、吉原の雰囲気が全く違うし、山谷のお寺などはもう最悪。
墓地も、花や線香も、地味すぎるような・・・。
改めて、落語の凄さを実感しました。

« 落語ブーム考察 | トップページ | 土人 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事