« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

神無月の落語徘徊

fullmoon毎月同じことばかり言っていますが、月日の経つのは早いもので、10月も早かった。
神無月の落語徘徊
あまり思い出すこともなくなったのも、齢のせいでしょうか?
9月が多忙だった反動か、かなり疲れが蓄積していたようです。
その表れが、「老人性乾皮症」。
なかなか治らないので、家内からは「どこか他の病気なんじゃないの?肝臓が悪いのかもしれないから、
皮膚科ではなくて、検査してもらったら?」なんて言われる始末。
それでも、毎朝毎晩、保湿剤やらワセリンやら薬を身体中に塗りたくっています。
神無月の落語徘徊
落語会には、いつもの「東京落語会」と「ザ・菊之丞」の2公演。
それから、「天祖亭」と「大塚亭」の皆さんの発表会を鑑賞させてもらい、大変参考になりました。
神無月の落語徘徊
いずれ、交流稽古でそれぞれの稽古会に参加させていただこうとも思いました。
社会人同期会にも参加して、お互いの老いの確認をしました。
神無月の落語徘徊
早稲田大学演劇博物館の企画展や高井戸図書館の寄席文字展も印象に残ります。
神無月の落語徘徊
来月は、「お江戸あおば亭」があります。
「三井の貸し傘」をしっかり仕上げて行きたいと思います。
神無月の落語徘徊
来月の今頃は、もう大晦日ぐらいになっているのでしょうか?
時間の流れがどんどん早くなる・・・。

若い頃の憧れ

carそうだったよなぁ、あの頃一番興味があったのはクルマでした。
若い頃の憧れ
トーヨータイヤ(東洋ゴム)の米国法人、トーヨータイヤUSAが、ラスベガスで開幕する「SEMAショー16」で、1974年式「ダットサン260Z」のカスタマイズカーを初公開するそうです。
SEMAショーは毎年秋にラスベガスで開催されるチューニングカー&カスタマイズカーの一大イベントだそうです。
日本のオートサロンとドイツのエッセンショーと並んで、世界三大チューニングカーショーと呼ばれるようで。
現在でも、米国で根強い人気を誇る「ダットサン260Z」は、初代日産「フェアレディZ」の米国版。
「フェアレディZ」には憧れました。
幼い頃、「トヨタ2000GT」は、あまりにも希少で現実感がありませんでしたが、齢を取ってリタイヤしたら、「フェアレディZ」を買って日本一周したいという夢を持っていました。
その夢は・・・、残念ながら叶いそうにありませんが、あの美しいフォルムは、未だに素晴らしいと思います。
今は、どのメーカーのどのクルマも、みんな眼が吊り上がったり、LEDを使ってケバケバして、区別がつきませんが、あの頃は個性のあるクルマが多かったと思います。

貴乃花親方のつぶやき

punchプロ意識と礼儀っていうのは、やはり大切だと思います。
貴乃花親方のつぶやき
大相撲の貴乃花巡業部長の独り言(つぶやき)を引用して、玉の井巡業副部長が、力士たちに苦言を呈し、指導した貼紙だそうです。
字は達筆ですが、紙はヨレヨレです。
これ玉ノ井親方の字?
世の中も変わり、個人主義やダイバーシティの時代になって来て、こんな苦言も、「人それぞれの考え方だから・・」なんて言われるのでしょうか?

ハロウィーン用ポケモン?

pencil今日がハロウィーン当日なんだそうですね。
ハロウィーン用ポケモン?  ハロウィーン用ポケモン?
「ポケモンGo」では、この「ゴース」・「ゴースト」がやたらと出て来ていますが、何かハロウィーンと関係があるのでしょうか?

2016年10月30日 (日)

ラジオ寄席

ラジオ寄席
想定外に日本シリーズが昨日で決着してしまいました。
おかげさまで、ラジオ寄席が放送されました。
今夜は、八代目林家正蔵特集です。
     ◇くしゃみ講釈     林家正蔵
     ◇宿屋の仇討ち       林家正蔵
私は、正蔵師匠は、正蔵を海老名家に返上して彦六に改名する頃からです。
ですから、おじいちゃんという雰囲気がイメージですが、若い頃はテンポのいい噺っぷりです。

初恋の日

loveletter島崎藤村ゆかりの宿である長野県小諸市の中棚荘が制定したものだそうです。
1896(明治29)年のこの日、島崎藤村が「文学界」46号に「こひぐさ」の一編として初恋の詩を発表しました。
  まだあげ初めし前髪の
    林檎のもとに見えしとき
    前にさしたる花櫛の
    花ある君と思ひけり
         やさしく白き手をのべて
            林檎をわれにあたへしは
            薄紅の秋の実に
            人こひ初めしはじめなり
  わがこゝろなきためいきの
    その髪の毛にかゝるとき
    たのしき恋の盃を
    君が情に酌みしかな
           林檎畑の樹の下に
             おのづからなる細道は
              誰が踏みそめしかたみぞと
                  問ひたまふこそこひしけれ
「初恋の日」ですか・・

川内寄席グラフィティ3

event「川内寄席」まだまだ登場!大盛況!・・のはず。
私の知っている顔も何人かいて、堂々とした高座ぶり。
川内寄席グラフィティ3
川内寄席グラフィティ3
川内寄席グラフィティ3
川内寄席グラフィティ3
川内寄席グラフィティ3
川内寄席グラフィティ3

川内寄席グラフィティ2

event最近は、1日だけしか開演していないようです。
川内寄席グラフィティ2
川内寄席グラフィティ2
川内寄席グラフィティ2
川内寄席グラフィティ2
川内寄席グラフィティ2
それにしても、高座名が読めません。
以前から気になっているめくりのシワは相変わらず。
新しく書き直した方が良いと思うのですが・・。
勝手なことを言って申し訳ありません。
お疲れさまでした。

川内寄席グラフィティ1

tulip今日開催されている大学祭の恒例「川内寄席」の写真がツイートされていました。
現役部員の皆さんの熱演ぶりをご覧あれ。
川内寄席グラフィティ1
川内寄席グラフィティ1
川内寄席グラフィティ1
川内寄席グラフィティ1
川内寄席グラフィティ1

落語とメディア

school早稲田大学演劇博物館での企画展示「落語とメディア」。
ビラ、速記本、ラジオ、テレビ・・・。
落語とメディア
卒業生でもある、古今亭志ん吉さんのツイートで知りました。
落語とメディア
様々なメディアと落語や噺家さんとの関係を、ビラ、チラシ、写真や当時の映像で説明しています。
落語とメディア
せっかく来たので、図録を買いました。
今日は実にアカデミックなひとときでした。

早稲田大学演劇博物館

大隈講堂を背に、早稲田大学の正門を入って大隈重信像の手前を右に曲がった突き当たりに、「早稲田大学坪内博士記念演劇博物館」があります。
早稲田大学演劇博物館
あの坪内逍遙博士の古希を祝って建設された建物だそうです。
早稲田大学演劇博物館
実にアカデミックで重厚。
こういう建物は、我が母校にはありません。
早稲田大学演劇博物館
入口の扉を開ける時は、ちょっとドキドキしました。
何か・・タイムトリップが出来るような気がして。
早稲田大学演劇博物館
どんな展示か、とても楽しみです。

早稲田大学へ

school私は田舎者ですから、東京の大学をあまり知りません。
早稲田大学へ
東大と一橋大は、高校時代に行きましたが、その他の大学は、ほとんどいったことがありません。
受験も、私立は1校しかしていないので。
早稲田大学へ
今日は、早稲田大学へ行きました。
早稲田大学演劇博物館の「落語とメディア」という企画展へ行くのが目的。
早稲田大学へ
大隈記念講堂や大隈重信像も、とても新鮮です。
一般的に、国立大学よりも私立大学の方が、キャンパスが重厚で綺麗です。
早稲田大学へ
昔は都の西北の在でしたが、今や都心とも言える場所にあるキャンパスですから、広大とは言えませんが、雰囲気がありますね。

落語DEデート

despair寒くなりました。
今日も朝から曇っていて、かなり寒く感じます。
       ◇三人旅                        五代目柳家小さん
昨夜は、YouTubeで柳家さん喬師匠をずっと聴きながら寝ました。

2016年10月29日 (土)

ザ・菊之丞

event古今亭菊之丞独演会「ザ・菊之丞」。
さすが菊之丞さん、女性のお客さんが目立ちます。
年齢は・・・、まぁそこそこですが、オバタリアン(古い)もいました。
  ◇子ほめ        桃月庵はまぐり
  ◇品川心中     古今亭菊之丞
  ◇雪とん         入船亭扇辰
  ◇二番煎じ      古今亭菊之丞
ザ・菊之丞
隣に座った女性二人が、前座さんと真打の違いを話していました。
発声や語りのこと。
前座さんは、声が出る場所が同じで、強弱や抑揚がないと。
その通りだと思います。
ザ・菊之丞
菊之丞さんの「品川心中」は、実はちょっと残念でした。
以前にDVDで視聴した「文七元結」でも同じだったのですが、菊之丞さんの間ではないんです。
恐らく、同門の志ん朝師匠から教わったのでしょう。
息が志ん朝師匠そのもので、例の「えっ?」の連発でした。
「品川心中」も「文七元結」は、いずれも志ん朝師匠の十八番ですから。
「二番煎じ」は、ほとんど「え?」はなく、聴きやすかった。
扇辰さんの「雪とん」の名前が出て来ませんでした。
「雪」が付くのは分かるのですが、あれっ?「除夜の雪」じゃない、「開帳の雪ちん」じゃなかった・・・何だっけ?
思い出すのに苦労しました。
もう、そういう齢なんです。
それにしても、扇辰さんの発声と抑揚の素晴らしいこと。
真打の中の真打ですよ。
菊之丞さんの「二番煎じ」は、大変参考になりました。

ムーブ町屋

event古今亭菊之丞独演会で、初めて来ました。
ムーブ町屋
地下鉄駅から直結していて、とても便利です。
ただし、私は、京成上野駅からでしたから、入口を見つけるのにちょっと迷いました。
ムーブ町屋
ムーブホールは、コンパクトな感じですが、落語会にぴったりのサイズです。

プテラ?

impact「ポケモンGO」好きのジイサンやバアサンたちのお目当ての一つが、この「プテラ」というポケモンだそうです。
プテラ?
私は、そういうレアだとか人気だとか、ほとんど頓着がないのですが、私が捕まえた中に、既にいました。
あぁこれですか。

不忍池

sun秋の陽は釣瓶落とし。
不忍池
尤も、雨が降りそうな空模様ですから、ますます暗くなるのが早い。
5時を過ぎるともう暗くなります。
不忍池の弁天堂のライトアップが美しい。
ちょっとポケモンをゲットしてから、京成線で町屋に向かうことにします。

あぁ上野駅

karaoke「あぁ上野駅」は、50年前の井沢八郎のヒット曲。
あぁ上野駅
JR上野駅のガード脇に歌碑があります。
しかし、私にとっては、上野駅1階の13番線辺りの石川啄木の歌碑こそが、「あぁ上野駅」なんです。
第2の故郷のみちのくに繋がる線路があるから。
大学入学のときは、縁もゆかりもない未知のみちのくで、ホームシックにもなりました。
仙台で一人で暮らして様々な経験を重ねて、去りがたい場所になりました。
そして、東京に出て来てからは、みちのくは帰りたい・恋しい場所になりました。
故郷の訛り懐かし・・・。
私は、みちのくに繋がる線路を見に、時々このホームを訪れます。
♪あの日、ここから始まった♪

着物姿

budやはりハロウィーンのコスプレよりも、着物姿がいいですね。
着物姿
かなり着物で浅草に来ている人も多いですよ。
着物姿
人力車に乗っている着物姿の女性には、外国人観光客がしきりにシャッターを切っていました。
着物姿
これって、日本なんでしょう。

浅草寺

sunsun金龍山浅草寺。
浅草寺
いつもの通り、お祭りみたいに賑やかな浅草観音さま。
浅草寺
屋根の向こうに見える東京スカイツリーは、撮影スポットかもしれません。
浅草寺
五重塔が修復工事中で、すっぽり覆われているのが残念です。
着物を着たアジア系の女性がいました。
やはり、着こなしというか・・ちょっと違和感がありました。
尤も、最近の日本の若者も同じかもしれません。

ハロウィーン病?

catこの国のアバウトさ、付和雷同の国民性でしょうか?
ハロウィーン病?
狐のお面の方が美人だったりして(失礼)。
ハロウィーン病?
集団で徒党を組んでいると、ますます怪しく物騒に見えます。
ハロウィーン病?
浅草も、秋葉原も、上野でも、気味の悪いコスプレで闊歩する目立ちたがり自己満足人種の多いこと。
少なくとも、品がありませんよね。

ちょうど上野駅で物産展をやっている秋田のなまはげの方が好きだけどなぁ。

職人技

scissors浅草で見つけた職人技。
職人技
すしや通りにあるお煎餅屋さんと仲見世通りの和菓子屋さん。
職人技
煎餅と人形焼き。
仲見世の人形焼きのこの店は、ずっと変わりません。
職人さんは、私が学生時代に見た方から二代ぐらいは代わっていることでしょう。

手拭い

shoe浅草に行く、大きな理由の一つ。
手拭い
高座用の手拭いを買いました。
手拭い
取り敢えず、「三井の貸し傘」に使おうと、和傘模様を選びました。
手拭い
後は、「抜け雀」「薮中の蕎麦」に合わせて、鳥とふくろうの模様を。
噺に合わせて手拭いを選ぶのも楽しいものです。
高座の手拭いは、自分の好きな柄で「かまわぬ」ですから。

浅草点描3

eyeglass浅草も随分変わりました。
浅草点描3
浅草点描2
昭和から平成になった20世紀の終わり頃の浅草は、とても寂れた街で、新仲見世通りには、閉店後夜になると、ダンボールハウスが並んでいました。
浅草点描3
とにかく、観光立国の掛け声もあり、外国人観光客に最も人気の街になりました。

六区界隈をはじめ、新しい建物も増えて、若者も増えて来た感じがします。

浅草点描2

shoe浅草に詳しい訳でもないのですが、ブラブラ歩くのが好きなんでしょう。
浅草点描2
浅草演芸ホール、伝法院通りの入口のお笑いの呼び込み、昼から客が絶えないホッピー通りの喧騒ともつ煮込みの匂い・・・。
浅草点描2
私が、決してその中に入る訳ではありませんが。

庶民の街なんですね。

浅草点描1

shoe菊之丞さんの独演会は夜ですが、運動も兼ねてブラブラと。
・・・となると、やはり上野や浅草になってしまいます。
浅草点描1
理屈抜きに、渋谷や新宿などの働いた場所よりも、上野や浅草に行きます。
浅草点描3
色々なものを見ることが出来ます。
浅草点描1
やはり、江戸に触れたいからでしょうか?

落語本コーナー見つけた!

sunbook上野駅の本屋さんで、落語本コーナーが移設されたのですが、どこに行ったのかと探したところ、やっと見つけました。
落語本コーナー見つけた!
普通の並びにあるので、分かりにくい。
これでも落語ブーム?

冬間近

snow冬が近づきます。
冬間近
酉の市の熊手が、上野駅中央改札口前に、今年も飾られました。
今年は二の酉までです。

古今亭菊之丞独演会

event今日はこれから、古今亭菊之丞さんの独演会に、「Ⅰさん」を誘って行きます。
古今亭菊之丞独演会
町屋駅前のムーブホールは初めてです。 「二番煎じ」が楽しみです。

レベル27

wink「ポケモンGO」がレベル27になりました。
レベル27
最近、中高年で「ポケモンGO」が人気だそうで、大変結構なことで。
早く図鑑の全てのポケモンを捕まえたいものです。

2016年10月28日 (金)

銀座で

restaurant新しい銀座の名所になりつつある「銀座東急プラザ」のレストラン街のスペイン料理の店に行きました。
銀座で
barパエリアを食べたいのは山々ですが、ダイエットの身には大敵と、それでもサラダやフリットやマリネをワインで。
銀座で
メインディッシュは鹿肉。
シェリー酒で仕上げ。
銀座で
本当は、お酒は乾燥肌には良くないのですが。
週末だから、ちょっと贅沢を。

フェラーリ盗難

rvcar時価1億円ともいわれる「フェラーリF40(フォーティー)」が静岡県函南町の整備工場から盗まれたそうです。
フェラーリ盗難
工場には別のフェラーリもあったのですが、F40だけ盗まれており、警察では人気のF40を狙った窃盗事件とみているそうです。
このクルマ、横浜市の所有者が整備工場に預けていたもの。
F40は1987年発表で、88〜92年に1120台前後が生産されたとみられる限定車。
発売当時は4500万円だったが、89〜90年のバブル期には2億5千万円の値を付 、現在も程度によって5千万〜1億1千万円で販売されているということです。
フェラーリ創設者で88年に死去した故エンツォ・フェラーリが最後に製作に携わった「本物のフェラーリ」として、ファンの間で人気が高いということですから、もう完全に確信犯ですね。
災難だとは思いますが、何か別の思いもするのは、貧乏人の僻みでしょうか?

息子の嫁の誕生日

birthday今日は、息子の嫁の誕生日です。

我が家の大事な家族に、家内がプレゼントを送ると言ったので、私もカードを入れてもらいました。
我々夫婦にとっても、大切な可愛い娘(嫁)ですから、気持ちを贈りました。
プレゼントの半分は、孫の洋服だったようですが、両方とも宝物ですから。

待受画面更新

phoneto「ポケモンGO」の待受画面のデザインが変わりました。
待受画面更新
定期的にバージョンアップしているようです。
卵の色も変わった気がします。
後は、中身が何がどう変わったかは、全く知りません。
間もなく「レベル27」になります。

1975年頃の食事

clock今年は、昭和で換算すると昭和91年ということになります。
昭和天皇の弟君の三笠宮様が、100歳で天寿を全うされました。
皇室には「最高敬語」というのを使う必要がありますので、「薨去(こうきょ)」されたというのが正しいのかもしれません。
いずれにいたしましても、昭和は遠くなりました。
さて、河北新報に、こんな記事がありました。
1975年
昭和50(1975)年頃に一般的だった食事を1ヶ月続けた人は、欧米化した現代の食事を続
けた人に比べて肥満が改善し、ストレスも軽減されることが、東北大大学院農学研究科
などの実験で分かった。
研究グループは75年と現代(2010年)の代表的な食事メニューを作成。
軽肥満の傾向がある20〜70歳の男女60人を二つのグループに分け、それぞれのメニューを1日3食、28日間食べてもらった。
実験前後で体格指数(BMI)は、75年型メニューのグループが平均0.2減少したのに対し、
現代型のグループは平均0.1上昇した。75年型の方が体脂肪の減少率も高かった。
75年型は(1)多様な食材を少しずつ摂取、(2)主な調理法は煮る・蒸す・生、(3)大豆製品や魚介類・野菜・果物・海藻が多く、卵・乳製品・肉は適量−などが特徴。
国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された「和食」の健康効果が実証された格好。
「日々の食事を75年当時に近付けると健康、長寿が期待できる。和食はもっと国際的に評価されていい」ということですね。

75年と言えば、私が仙台で暮らし始めた年。
確かに、写真を見ると、随分質素な感じがします。
いつ頃だったか、理想の食事は、昭和39年の東京オリンピックの頃の和食だということが言われていた気がします。
ちょっと、塩分が多かったようですが。
健康のためには、食生活が重要なことは分かりきっています。
健康のためなら命も要らない!

2016年10月27日 (木)

日本の鉄道で「期待外れ」は・・

bus日本の観光地で、期待はずれな場所3選が、「札幌時計台」「高知播磨屋橋」「沖縄守礼門」だそうです。
物凄く立派なものだと期待して行くと、見落とすほどだという・・。
訪日外国人旅行者の増加に伴い、日本の鉄道を利用する外国人も多くなりましたが、彼らにとって、初めて乗った日本の鉄道は、どんな印象なんだろうという考察。 
外国人ガッカリ! 日本の鉄道「期待外れ」10選
新幹線のスピードに驚き、都会では頻繁にやってくる列車の時刻の正確さに感嘆する一方で、せっかく利用したのに、がっかりすることもあるそうで。
その「期待はずれ」の筆頭が富士山? 
東海道新幹線は「ゴールデンルート」と呼ばれ、外国人旅行者の利用も多い。
それだけに、便利な乗り物との感想がある一方で、苦情や落胆の声も多く寄せられているそうで。
まずは、車窓について。
訪日外国人にとって、日本を代表する車窓と言えば富士山。
特に、新幹線から眺める富士山は定番中の定番です。
下り列車であれば、三島を過ぎてから新富士付近を通過するまで、運が良ければ右手にバッチリその麗姿を見ることができます。
ところが、ところが、このあたり(静岡県富士市)では、手前には工場が林立し、煙突も一杯で、なかなかすっきりした富士山の車窓とはなっていない。
ある意味、期待はずれの車窓だと。
確かに、我が富士市は、製紙工場をはじめとする工業の街でもあり、公害が酷かった時代の田子の浦港のヘドロは有名でした。
外国人からすれば、イメージが違うのかもしれません。
私には見慣れた風景ですが。
fuji田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ
              富士の高嶺に 雪は降りける
fuji
万葉集なら、こうなんですが。

Biri-Biri寄席

event東京かわら版で紹介されていた「マイクロシアター電撃座」という会場を、インターネットで調べてみました。
新宿にある「Cafe Live Wire」が、リニューアルされて「電撃座」という名前になったそうです。
こんなユニークな落語会も開催されているようです。
Biri-Biri寄席
「Biri-Biri寄席」ということで、終電が終わってから開演(午前1時)し、午前3時まで。
終電で来て、始発で変えるという、昼夜完全に逆転しています。
落語会が出来る場所を探しています。

東京かわら版

東京かわら版東京かわら版11月号。
東京かわら版
ちょっと楽しみにしていた11月号。
「天狗連」に「お江戸あおば亭」が掲載されているはず。
ありました❗42ページです❗

人口が減り始めた!

pencil去年行われた国勢調査の確定値が発表されました。
去年10月1日現在の日本の総人口は1億2709万4745人で、前回の平成22年の調査と比べておよそ96万3000人減少し、大正9年に国勢調査が始まって以来、初めての減少となったそうです。
去年10月1日現在の日本の総人口は、男性が6184万1738人、女性が6525万3007人で、合わせて1億2709万4745人。
これを前回調査と比べると、総人口はおよそ96万3000人、率にして0.8%の減少。
65歳以上の人は3346万5441人で、総人口に占める割合は26.6%となり、初めて25%を上回って、4人に1人が高齢者に。

2016年10月26日 (水)

大学祭とホームカミングディ

crown秋は、日本中でお祭りがあり、就中、学園祭が花盛り。
大学祭とホームカミングディ
大学祭とホームカミングディ
母校は、この週末「大学祭」と「ホームカミングディ」です。
我が落研も、例年通りの「川内寄席」を開催するようです。
大学祭とホームカミングディ
一度行ってみたいとは思うのですが、なかなか・・・。
大学祭とホームカミングディ
仙台には、この間行ったばかりだし。

富士山初冠雪

fujiやはり富士山には雪がないと。
富士山初冠雪
甲府地方気象台が、富士山が初冠雪したと発表。
平年より26日、昨年より15日遅い。
1956年に並ぶ最も遅い観測だそうです。
富士山初冠雪
今年は、一旦9月25日にうっすら雪化粧しましたが、気象台から観測できず「初冠雪」の発表にはなっていなかったそうです。

おひろめ寄席

event来年5月の「おひろめ寄席」のことで、扇子っ子連の千早亭百人さんから連絡がありました。
「おひろめ寄席」は、師匠が豊島区内で指導している5つの素人落語連の合同発表会で、今年の4月に第1回が開催されたもので、来年が第2回。
各グループの持ち時間は1時間。
各グループ3~4名×5グループが出演することになります。
我が扇子っ子連からは、百人さん、大三九さんと私が出演することになっています。
百人さんから、各連のテーマという話があるので、とりあえず「男と女」としたので、演目をどうするかというお尋ね。
百人さんは「反魂香」か「短命」、大三九さんは「お見立て」だと。
・・・う〜ん。
20分以内で演らなければいけないのと、豊島区での豊島区内のグループのイベントなのと、 師匠に関わりがあるのとで、師匠の創作「鬼子母神 藪中の蕎麦」をイメージしていましたが、 「男と女」というテーマには当てはまりません。
私の持ちネタで、「男と女」のテーマに当てはまるのは・・・
「千早振る」「救いの腕」「厩火事」「明烏」「鰍沢」「文七元結」「甲府ぃ」かなぁ。
ちょっとはずれるかもしれませんが、「五百羅漢」「佃祭」あたり。
これから演ろうとしている「三井の貸し傘」「不孝者」「人情八百屋」も当てはまるかも。
とりあえず苦し紛れに返信したのは、何と「怪談牡丹燈籠」。
「厩火事」か「牡丹燈籠」かな・・・?

2016年10月25日 (火)

ノーベル文学賞

notes歌手初のノーベル文学賞授与が発表されたボブ・ディランが受賞に関して沈黙を続けていて、受賞辞退や12月10日の授賞式出席をめぐり臆測を呼んでいるそうです。
ノーベル賞の権威を傷つけるような事態に関係者らはいらだち、一方でディラン氏らしさを指摘する声も上がっていたりという訳で。
どちらもどちらでしょうね。
スケールは小さいですが、昔、ニューミュージックと言われた人たちが、テレビ出演や紅白出場を拒否・回避して、周囲の"信者たち"から絶賛されたなんていうことが、日本でもありました。
その人たちも、齢を取って売れなくなると、何事もなかったように、ニコニコしながらテレビに出演していました。
どういう考えかは本人の自由だと思いますが、何も反応しないというのは、ややマナー違反? 大人げない?と思います。
しかし、彼は無言ですが、もうずっと前から意思表示はしています。
「ノーベル文学賞?ボブ・ディラン(僕、要らん)」。shock

NHK新人落語大賞

drama「平成28年度NHK新人落語大賞」は桂雀太さんが「代書」で優勝したそうです。
10月29日(土)午後4時から放送予定。
雀太さんという噺家さんは、上方の人なので全く知りません。
本選には、桂三度、春風亭昇々、春風亭ぴっかり☆、柳亭小痴楽さんが出場したそうです。
そう言えば、小朝さんがブログで、弟子のぴっかり☆さんが出場することに触れていました。
こういう類の、短時間でのコンクールは、上方の派手な噺家さんが有利な気がします。

気持ちは分かる

baseballただいまプロ野球は日本シリーズの真っ最中。
気持ちは分かる
まずは広島が連勝しました。
広島の居酒屋で、店主がこんな貼り紙をしたそうです。
日本シリーズ期間中は「ハムカツ」は出さない❗
「ハムカツ→ハムがカツ→ハムが勝つ→日本ハムが勝つ」にならないようにと。
天邪鬼がいて「ハムに勝つ」とも言える…と言いますが。
こういう駄洒落はいいですね。

2016年10月24日 (月)

戸田と大鵬

shadow大相撲で、昭和44年に横綱大鵬の連勝を45で止める金星を挙げた、元小結・羽黒岩の戸田智次郎さんが亡くなったそうです。
享年70歳。
戸田と大鵬
巨人・大鵬・卵焼き世代のど真ん中の私は、勿論大の大鵬ファンで、この敗戦の一番も、リアルタイムでテレビ観戦していました。
非常に印象に残っている一番です。
戸田と大鵬
東前頭筆頭で四股名も「戸田」だった昭和44年の春場所2日目。
当時歴代2位の45連勝中だった横綱大鵬との取組。
この取組は際どい相撲で、行司軍配差し違えで戸田の勝ちとなりましたが、戸田の足が 先に出ているようにも見えることから、「世紀の誤審」とも言われ、勝負判定の際にビデオを参考にする制度が次の場所から導入されるきっかけとなりました。
戸田と大鵬
この敗戦の後の大鵬のコメントと、最近の白鵬のコメントを比較した一文もありました。
大鵬が勝っていれば・・、ビデオでは勝っていたのですから、この後も連勝を続けていたのかもしれません。
しかし、大鵬は、「横綱が物言いがつくような相撲をとってはいけない」とコメントしたそうです。
また、昭和の思い出が消えてしまいました。

「ハロウィン」て・・?

私は、自慢ではありませんが、「ハロウィン」が何だか知りません。
どこか外国のお祭りのようだ、ぐらいの認識です。
  ハロウィン
毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。
もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、
現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。
カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
キリスト教の祭りではない。

ハロウィンに対してはキリスト教からは容認から批判まで様々な見解があるそうです。
別に、余所の国のお祭りをやらなくても、日本にはどっさりお祭りがあるのに。
秋の収穫を祝うのなら村の鎮守のお祭りがありますよ。
十五夜の時は、子どもたちが近所の家を回って、お供えの団子やお菓子をもらったりしていましたよ。
何故、そんな余所のお祭りに夢中になるんでしょう・・・?

早稲田大学演劇博物館

school古今亭志ん吉さんのツイートで知りました。
そもそも、「早稲田大学演劇博物館」なんて、知りませんでした。
早稲田大学演劇博物館
2016年度の早稲田大学演劇博物館 企画展「落語とメディア」。
 会期:2016年10月1日(土)〜2017年1月18日(水)
   開館時間:10:00-17:00(火・金19:00まで)
 入館料無料
早稲田大学演劇博物館
現在、落語および落語を取り巻く環境は、かつてなかったほどの多様性をみせています。
定席の寄席はいうまでもなく、首都圏だけでも毎月およそ900もの落語会が開催されています。
ラジオやテレビ、インターネットなどの放送、速記本やCD、DVDといった複製メディア、また落語を題材にした映画やテレビドラマ、漫画、アニメなどによって落語に触れる人も少なくないでしょう。
その多様性こそが、今日の落語家の、あるいはその芸の多彩さを支えているのです。
歴史的にみても、落語ほど多くのメディアと先験的に関わってきた芸能はありません。
そこで本展では、このような落語とメディアの親密な関係性をたどりつつ、寄席から速記、レコード、そしてラジオ、テレビへと、落語をめぐるメディア空間の変容が、落語の芸にいかなる影響を及ぼしてきたのか、その変遷の過程を明らかにします。
体験型展示 昔の寄席にタイムスリップ!
幕末から明治にかけて、寄席は庶民娯楽の王道でした。
どの町内にも寄席があり、近所の人々が気軽に足を運んだのです。
その当時の小規模で親密な寄席を再現することによって、当時の寄席がどのような空間であったのかを体験していただきます。
また、高座に設置したスクリーンでは、落語をはじめとした寄席芸の映像を上映します。

さすが日本で最初に落研が出来たと言われる早稲田大学。
行ってみようかな・・・。

2016年10月23日 (日)

野菜高騰

apple昨日、一緒に帰省した妹が、「レタスが1個600円もしている」と嘆いていました。
野菜高騰
台風や長雨、記録的な日照不足など全国的な天候不順で、野菜の高値が続いています。
生育不良で出荷量が減った野菜だけでなく、不足を補う形で購入される他の野菜にまで高値は波及。
農林水産省は「今月末には落ち着く」と言っているようですが、ニンジンなど一部品目では高値の継続も予想されているそうです。
レタスって、せいぜい150円から200円ぐらいでしょ?

さくら通りで

car後ろ髪惹かれる思いで、孫に「バイバイ、また来るね。また遊んでね」と言って帰り道。
さくら通りで
常盤平から八柱に向かうさくら通りで、桜の木にキスしてしているような車が停まっていました。
あれっ❔
よく見ると、隣に救急車が停まっているではありませんか。
どういう弾みか、センターラインを越えて反対側の桜に正面衝突した様子でした。
気を付けましょう。

天使と遊ぶ

bud家内が孫に服を買ったと言うので、「よし、それじゃあ俺が届けて来る」と、娘の家へ。
天使と遊ぶ
「おじいちゃん、一緒に遊ぼう🎵」と言われて、じいさんあっけなく沈没。
天使と遊ぶ
夏に会った時は、単語は言えても、文章にはならなかったのに。
驚きです。
玩具箱を奥の間から持って来て、様々な玩具や本を出しては、「おじいちゃん、おじいちゃん・・・」。
天使と遊ぶ
言葉にならないほど嬉しいものです。
大きくなった姿を見ていると、時間や世の中の嫌なことも忘れてしまいます。

もう、そういう歳です

beer週末の同期会の写真。
もう、そういう歳です
野郎ばかりが30人以上集まった宴。
それぞれの人生、それぞれの生き方。
もう、そういう歳です
みんな歳を取りました。

落語DEデート

sun今朝は朝寝が出来ます。
         ◇桑名船                      立川談志
元気な談志師匠の声が、はっきりしない意識の中で聞こえていたような。
今日はゆっくりできそうです。

2016年10月22日 (土)

帰り道

car田舎の道を、富士川沿いに南下して行くと、こんなものが見えて来ます。
帰り道
実家から富士へ行く途中に横切る東名高速富士川SA。
現在、上り側に建設中の観覧車の形がはっきりして来ました。
ここから見る富士山は最高だと思います。

実家に

camera実家にこんな額入りの写真があります。
実家に
今から6年前、浅草ことぶ季亭での「第一回お江戸OB落語会(今のお江戸あおば亭)」の写真と、母の俳句と、高座を聴いてくれた従妹から母宛ての手紙を額に入れたものです。
「花筏」を演っています。
それから、落語っ子連の発表会で、師匠から講評されている写真も添えてあります。
「浜野矩随」を35分ぐらいやった後、師匠の講評が30分ぐらいあった時です。
これが原点、原風景なんですね。

田舎の営み

bus実家前の町営バスの停留所。
田舎の営み
1日3便しかない時刻表。
循環しているのでいるので、上りも下りもなく。
消滅直前の過疎地の典型的な景色です。
田舎の営み
ちょうど明日は町議会議員選挙の投票日で、候補者の掲示板が停留所の脇に。
これも田舎の典型的な景色かもしれません。
地元の集落から、中学校の先輩が2期目の出馬。
実家の草刈りなどもやってくださる方。
ポスターの写真を若い頃のイメージで探しましたが、最初は見つからず。
よく見たら、白髪の写真が彼でした。
カッコいい、憧れのスポーツマンでしたが。
もう、そういう齢なんですね。

実家の庭

bud1ヶ月ぶりの実家。
実家の庭
親戚の人が、庭の松などの剪定をしてくれました。
実家の庭
空き家の庭が荒れると、ますます寂しくなりますから、お願いしました。
実家の庭
玄関脇や裏庭の木などもすっきりしました。

田舎のコンビニ

24hours新清水ICの近くのコンビニ。
田舎のコンビニ
この辺りには、ゴルフ場はあれど、気の利いた店などはなく、千客万来状態です。
バイクツーリングのグループが集っていたり、トラックドライバーも立ち寄り、近所の子ども来ているようです。
我々もランチを買って、実家に向かいます。

今日の富士山

house実家へ向かう途中の富士山。
今日の富士山
天気は晴れ~薄曇りというところ。
新東名高速新清水ICからの眺め。
今日の富士山
午後には全く見えなくなりました。

とうとう・・・

これ「ベビーソープ」。
赤ちゃん用の泡状石鹸。
とうとう・・・
刺激が少ない、赤ちゃんにも使えるという・・・泡状の石鹸。
歳を取ると子どもに戻ると言いますが、とても説得力があります。
本卦還りですね。

2016年10月21日 (金)

余震?

tv鳥取は余震が続いているようです。
余震?
天使も気になるようで、テレビのニュースをチェックしているようです。

同期会

bar定例となった社会人同期の会。
同期会
昨年は、この会で落語をと頼まれ、「猫怪談」を演りました。
今年は声はかからず、裏を返すことは出来ませんでした。
同期会
今年は、手品が趣味の同期が、見事に騙してくれました。
約150人いた同期。
今はそれぞれの人生を歩んでいますが、会えば同時にタイムトリップします。
そのうち東京周辺に住む半分ぐらい、3~40人が参加して賑やかな宴です。

天使近影

phoneto鳥取の地震を心配して、松江の長男の嫁に安否確認のメールを送ると、全く影響なしという返信に、どっさり写真が添付されて来ました。
天使近影
夏に来た時に買ってあげたミニカー。
「誰に買ってもらったの?」と聞くと「じいじ」って言ってくれるそうです。
小児は白き糸のごとし❗

老人性乾皮症

crying恥ずかしながら「老人性乾皮症」に悩んでいます。
あせもが治った途端、身体中が痒くなり、ところどころ湿疹も。
最初はあせもでしたが、二度目には「老人性乾皮症」との診断。
お医者さんから「もうそういう齢なんですから」と言われて・・。
なかなか良くなりません。
今日もお医者さんに行きました。
軟膏と保湿剤を処方してもらいました。

石鹸は使わないで、長湯はしないで、掻かないで・・・と。
もともと冬場になると、乾燥して手足が痒くなるので、乳液や
軟膏を使ってはいたのですが、今年はいつもと違って酷い。
恐らく、夏場に扇風機をかけっ放しで寝ていたので、全身の皮膚が乾燥してしまったのでしょう。
「老人性乾皮症」は、加齢に伴って皮脂や汗の分泌が減少し、角層の水分保持機能が低下することにより、皮膚が乾燥した状態。
皮膚に浅い亀裂や白いふけのような鱗屑が生じ、かゆみを伴う。
皮膚が乾燥した状態で、高齢者に多いことから老人性乾皮症と呼ばれます。
毎年11月ころより3月までによくみられます。
乾燥した冬では、入浴後に皮膚の水気を十分にふきとらないでいると、水分の蒸発過程で気化熱が奪われてからだが冷え、角層の水分が減少して、さらに皮膚の乾きや荒れが進みます。
高齢者の場合、入浴時に石けんで洗いすぎたり、長時間湯につかることで水溶性のバリア成分が皮膚から失われます。
また、かゆみのためにタオルなどで強く皮膚をこすることも悪化の原因となります。
さらに、老化にともなう、発汗、皮脂の分泌低下や、角層の水分保持能の低下も原因となります。
乾皮症の治療は、皮膚のバリア機能の改善が主体となります。
外用剤として、尿素軟膏などの保湿剤、白色ワセリンなどを1日2〜3回、薄く塗ります。
湿疹がある場合は、ステロイド軟膏を短期間、入浴後に使います。
予防が第一で、入浴時はあまり長湯をしないこと、石けんで肌をこすりすぎないこと、刺激の少ない衣服を着用すること、爪を短くすることを励行してください。
掻破は厳禁です。まず正常な皮膚にもどしましょう。

・・・ですって。
やれやれ。
やはり「もう、そういう齢なんです」ね。

鳥取で地震!

sign04午後2時7分ごろ、鳥取県中部を震源とする地震が発生し、同県倉吉市などで震度6弱を観測した。
震源の深さは約10キロで地震の規模はマグニチュード(M)6.6と推定される。
震度6弱はこの他、同県の湯梨浜町と北栄町。
鳥取市内でも震度5強を観測した。
この地震による津波の心配はないという。

今までなら「遠くの場所で起こったこと」でしたが、隣県の松江市に長男一家が住んでいますので、心配になって嫁にLINEメールで確認しました。
すぐに無事だとの返信。
間もなく2歳になる孫が、驚いて抱きついて来たそうです。
彼にとって、初めての地震体験だったはずです。
今や、日本列島で安全な場所はありませんね。

稽古姿

sunrain久しぶりに参加した、先月の扇子っ子連・千早亭の稽古会での「演読」の様子を早千さんが撮ってくださいました。
稽古姿
師匠の創作「三井の貸し傘」です。
この日は、「千早亭落語会」の直後だったこともあって、参加者が比較的少なかったので、師匠にたっぷりご指導いただきました。
「演読」というのは師匠が言い出しっぺで、読み稽古のことですが、単に読むのではなく、あくまでも本息でやりなさいと。
そもそも、私の読み稽古をご覧になって「演読」と言う言葉を使い始めたそうです。
稽古姿
かく言う私も意識した訳ではありませんが、師匠から「活字で覚えちゃいけないよ。」ということを繰り返し言われていたので、単純に高座本を読むのではなく、噺の流れや台詞の息や間はリアルにやろうと思いやっていました。
従って、基本的には高座本を読んではいますが、本の朗読や音読と違って、その場の勢いや思いつきで、微妙に言葉や台詞を変えて"演じて"います。
こうすることにより、高座本の一字一句を覚えるのではなく、全体の筋や流れから、その場に合った言葉を、自分の言葉の引き出しから出すことによって、感情移入や臨場感を描くことが出来るようになった気がします。
最近チャレンジした、「文七元結」「牡丹燈籠」「明烏」「二番煎じ」なども、必死になって覚えたという感覚はありません。
活字で覚えないようにしていますから。

2016年10月20日 (木)

上野駅中央改札口前

全国各地の物産展だけではなく、こんなイベントもやるんですね。
上野駅中央改札口前
色々展示してありました。
写真、絵・・・・。

江戸帖

book銀座の鳩居堂で、来年のダイアリーを買いました。江戸帖
今までも使ったことがある「江戸帖」です。
こういう類いのものが使いこなせない、ずぼらな私ですが、この「江戸帖」は、使う使わないに関わらず、リピートしています。

魅力的な都道府県

budブランド総合研究所というところが、「地域ブランド調査2016」を発表。
魅力度ランキング
47都道府県を対象に、認知度・魅力度・イメージなど77項目を聞いたところ、1位は8年連続で「北海道」。
ただ、点数は低下しており、過去最低を更新。
2位は「京都府」、以下「東京都」「沖縄県」「神奈川県」「奈良県」「大阪府」・・・。
最下位は4年連続で「茨城県」。
ただ、点数は上昇しており、認知度や情報意欲度などで順位が上昇。
46位に「栃木県」、45位に「群馬県」がランクインするなど、北関東の低迷が目立った。

・・・って、余計なお世話だと思いますね。
住めば都、隣の芝生。
どうでもいいじゃないですか。
でも、山梨県、随分ランクアップしました。
静岡県もランクアップしているし、宮城県も。
・・・しかし、千葉県はランクダウン。
結局、気にしているんですが。

土人

despair「土人」というのは、その土地に土着の人間のこと。
ほぼ英語のnative(ネイティブ)に等しい。
転じて、野蛮、未開の生活形態を残す先住民族を指す。

元々は、別に差別的な意味はない言葉なのに、使っているうちに意味が変わってしまうのが恐ろしいところ。
逆方向で「ヤバイ」というのが、全く正反対の意味合いに使われるようになっているのも。
「触るなコラ、どこつかんどんじゃボケ、土人が」(機動隊員)
沖縄のアメリカ軍北部訓練場のヘリコプター発着場の建設に抗議していた人に対し、現場の警備のため派遣されていた大阪府警察本部の機動隊員が発した言葉。
前後の状況を視れば、これはやはり差別的な意図があったと思われます。
大阪府知事は、「一生懸命やっている」一面を評価するコメントをしたようですが、どんな理由があっても、この場面ではやはり絶対に言ってはいけない言葉でしょう。
日本語で、例えば、放送局などが過剰なまでに決めつけて自粛している「差別用語」がたくさんあります。
落語の古い音源も、「一部不適切な表現がありますが」と断ってから放送しています。
例えば、敢えて使いますが、「百姓」「按摩」「めくら」「唖し」・・・。
決して、最初は差別を意識して作られたり、使われたりしていたものではないはずです。
現に、「按摩」は、なでる、押す、揉む、叩くなどの手技を用い、生体の持つ恒常性維持機能を反応させて健康を増進させる手技療法で、按摩の按とは「押さえる」という 意味であり、摩とは「なでる」という意味です。
「百姓」も、当初は中国と同じように天下万民を指す語で、その後の変遷はあるものの、決して差別語ではない。
私も共感しますが、むしろ「百姓」と言う言葉を誇りにしている農業従事者もいますから。
落語に出て来る差別語と言われるものも、敢えて多用する必要もありませんが、勝手にネガティブに解釈してしまうことの方が危険だと思うのですが。
言葉は難しい・・・。

う~ん…微妙

tvやはり落語というのは、「聴き手のバーチャルリアリティーがよし」だと実感。
う~ん…微妙 う~ん…微妙
昨夜の「超入門!落語」を視聴しました。
う~ん、まぁいくらか参考にはなりましたが・・・微妙。
春風亭一之輔さんと古今亭菊之丞さんの語りに合わせて、場面の映像が出て来る訳ですが・・。
私のスクリーンにある映像とは随分違いました。
特に、私が一番期待していた、江戸時代の街や建物などの背景。
「かぼちゃ屋」では、まず与太郎の叔父さんの家。
棒手振りの八百屋か横丁の八百屋のはずですから、あんな表通りに店を構えているはずがないと思います。
それから、路地の行き止まりの蔵の向き。
「お見立て」では、吉原の雰囲気が全く違うし、山谷のお寺などはもう最悪。
墓地も、花や線香も、地味すぎるような・・・。
改めて、落語の凄さを実感しました。

落語ブーム考察

penこんなツイートを見つけました。
落語ブームでも落語家ブームですらなく、落語家にかまってもらえるブームよね。
会いに行けるAKBより近いんだもの。

これに、瀧口雅仁さんがコメントしている。
この考察は深めていくと面白いと思う。
もっと言うなら、落語かまってちゃんブーム。
うむ、確かに。

これって、きっと昨夜のテレビ番組の反応だと思います。
有名なミュージシャンが、昔落研だったということで、色々御託を並べていましたが・ ・。
尤も、私が視聴したのは、最後の2分ぐらいでしたが・・・。
何かこう・・・、こじつけのような。
ネタのないマスコミが、無理やり端にいる人たちをまつりあげてブームだと煽っている。
私にはそう思えて仕方がありません。
別にブームにならなくたって構わない。
今まで繰り返された歴史と同様に、周辺(際)で騒ぐことによって、縮小していくのを防 ぐ刺激剤だと思います。
落語という芸能の幹はしっかりありますから。
知りもしない外野が、訳知り顔で騒ぐな・・と言いたいなぁ。
ところで、春風亭一之輔さんのこんなツイートがありました。
トレンドとか評論してると顔が魔女みたいになってまうど!!

2016年10月19日 (水)

超入門!落語

tv今夜のNHKは落語関連番組が続きます。
超入門!落語
3月に放送した第1弾、7月に放送した第2弾がともに大好評だったため、10月からレギュラー放送へ。
とかく「長い」「単調」「難しい」と言われがちな落語に、完璧な「アテブリ芝居」をかぶせてみたら…初心者でも「面白くわかりやすい新たなエンタメ」が誕生!
名付けて「超入門!落語THE MOVIE」。
噺家の語りに合わせて再現役者の口が動く、いわゆる「リップシンク」に徹底的にこだわり、あたかも落語の登場人物たちが実際に話しているかのような臨場感を演出。
見ている人をリアルな落語の世界へと導きます。

忘れなかったら視ようか・・・。
今夜は「かぼちゃ屋」と「お見立て」だそうです。

君の名は

movie「忘却とは忘れ去ることなり。忘れえずして忘却を誓う心の悲しさよ」
・・・じゃなくて、同名の新しいアニメ映画が大ヒットしているそうです。
君の名は
東京に暮らす少年・瀧(たき)と飛騨の山奥で暮らす少女・三葉(みつは)の身に起きた「入れ替わり」という謎の現象と、1200年ぶりに地球に接近する彗星をめぐる出来事を描く長編アニメ映画。
映画の中に出て来る実在の場所のいくつかが「聖地」と言われ、若者などがその場所に集まっているそうで、これを「聖地巡礼」と言うそうです。
私が、「あぁ、ここで文七が身を投げようとした吾妻橋かぁ」って言うのと同じ?

今夜のテレビ番組

tv今夜のNHKで、落語関連番組が放映されるそうです。
22時からの「クローズアップ現代+」で、落語の特集「“平成落語ブーム”とかけて 若者と解く その心は!?」という・・・。
いま、「江戸時代以来」の落語ブームが巻き起こっている。
首都圏の落語会は月1000件以上と10年前の倍。
深夜寄席には大行列ができ、20―30代のファンが急増。
個性派若手ユニット「成金」ら、新世代の成長が著しい。
落語本来の「大衆性」を取り戻そうと、言葉使いを変え、SNSを駆使し、カフェの出張落語会まで仕掛ける奮闘ぶりだ。
デジタル隆盛の中、落語特有のライブ感や世界観に共感し、魅了される若者たち。
オリジナル小噺も交え、「平成の落語ブーム」の魅力をひもとく。

この紹介文を読んだだけで、違和感の塊になるのは、私だけでしょうか?

師匠のブログ

pencil師匠のブログ「圓窓の年月日輪」を時々読ませていただくと、師匠の熱い気持ちが伝わって来ます。
最近は、小学校での落語教室と指導している素人落語連の稽古や発表会のことがほとん。
http://ensou-rakugo.at.webry.info/
驚くのは、本当に色々な人がいるということです。
残念なのは、「落語っ子連」「扇子っ子連」が出て来ないこと。
従って、「三流亭流三」「千早亭永久」も登場していません。

2016年10月18日 (火)

新大阪駅

bullettrain出張帰りの新大阪駅。
新大阪駅
駅の入口で、「大阪府警音楽隊」の演奏会が開かれていました。
警察や自衛隊には、必ずこういう部隊があるようです。
行進するのには、やはり調子を取る音が必要になるからでしょうか?
こういう場所で落語をやったら・・、通行人は聴いてくれるでしょうか?

チキン弁当比べ

restaurant「チキン弁当」のこと。
チキン弁当比べ
チキン弁当は、昭和39年に発売された超ロングセラー弁当です。
私と同様、チキン弁当ファンは多いと思います。
天皇陛下も好んで召し上がるとのこと。
チキン弁当比べ
この「チキン弁当」が、現在「あずさ50周年記念」として「信玄どりとチキン弁当」 というスペシャル版で発売されています。
そこで、昨日食べた「信玄どりチキン弁当」はどうだったか・・・。
「信玄どりとチキン弁当」は、通常のチキン弁当の唐揚げに加え、山梨のブランド鶏「信玄どり」を甲州味噌で味付けされた唐揚げのW唐揚げが入っています。
チキンライス(トマト風味ライス)の上に乗るのは、「彩り野菜ソテー」と「干しぶどうの甘煮」。
2種類の唐揚げも、素揚げパプリカが添えられ、いつものチキン弁当に比べて華やか。
でも、レモン果汁は付いてません。
・・・やはりいつもの「チキン弁当」がいい・・・。

2016年10月17日 (月)

解放感と手抜き

event昨日の「大塚亭落語会」では、通常の大塚亭の発表会とは異なり、師匠はいらっしゃいませんでした。
大塚亭の皆さんは、師匠がいない"解放感"みたいなものがあったかもしれません。
むしろあって当然だと思います。
しかし、そこで大切なのは、解放感が高じて芸が"雑に"なっていなかったかということです。
大塚亭の皆さんがそうだったと思っているのではありません。
同じように師匠から指導していただいている私の目で見て、例えば仕草、例えばオチが雑になってはいなかったかと、振り返ることも必要でしょう。
以前、何年かぶりに「浜野矩随」の稽古をした時の師匠の第一声は「うん、噺は荒れていない。それでいい」でした。
慣れなどで緊張感が欠けて、師匠から教わったことを守らなかったり、手を抜いて雑になったりするものです。
私は、師匠に聴いていただいている「深川三流亭」「千早亭落語会」よりも、「お江戸あおば亭」の方が緊張します。
師匠のいない落語会で雑な高座を務めたら、「圓窓師匠に師事しているのに・・?」と、ご迷惑をかけてしまうことになりますから。
所詮、素人の楽しみなんだからと言われてしまうかもしれませんが・・・。

チキン弁当

bullettrain東京駅で、いつもの通り、チキン弁当を買おうと、いつもの売店に行くと、いつものオレンジ色の紙箱の弁当が見えません。
チキン弁当
よく見ると、茶色の紙箱が積んでありました。
「あずさ50年記念・信玄どりとチキン弁当」と。
チキン弁当
迷わず買いました。
車内で食べました。
これよりも、いつもの方がが美味い!
ちょっと損した気分になりました。

大阪出張

bullettrain夕方移動の大阪出張。
大阪出張
東京駅のホームはかなりの混雑です。
上り便として到着後、折り返しになりますので、ホーム入線しても車内清掃のため、乗車出来ません。
しかし、いくらなんでも、発車時刻5分前でもドアが開きません。
絵に描いたような過密ダイヤですねぇ、まったく。
日本の鉄道の時間の正確さも物凄いと思います。

ある独り言

pen瀧口雅仁さんのツイートです。
「笑点」に出ている人が、テレビでやっているのは大喜利と言って、今日、これからやるのが落語ですよ!って言えばいい訳で。
地方の高座に際して、それ位の落語に対する恩返しや種まきは「しっかり」やってもらってもいいと思う。

笑点メンバーへの要望だと思いますが。
先月の落研のOB会の際、現役部員の皆さんと話しましたが、みんな落語を知った(正確には落語ではありませんが)「笑点」だったと言っていました。
毀誉褒貶の「笑点」ではありますが、少なくとも落語(演芸番組)の最強のプロパガンダであることには異論は出ないでしょう。
けだし、立川談志という噺家の慧眼ということです。

仙台城大手門

house仙台城大手門の復元計画というのがあるそうです。
仙台城大手門
大手門は1931年に国宝指定されましたが、45年7月10日の仙台空襲で焼失。
素木(しらき)造りの2階建。
高さは約12.5メートルと国内最大級の規模を誇り、屋根の上には一対の鯱が据えられていたそうです。
隣接していた隅櫓(すみやぐら、脇櫓)も戦災焼失しましたが、1967年に再建されています。
恥ずかしながら・・・そうか、あそこにあったのか。
復元のネックになっているのは、大手門が出来ると道路が塞がってしまうということらしい。
迂回路の確保が必要なんだそうです。
確かに。
「ねずみ」で、甚五郎が仙台の城下に入って、卯之吉に出会う前に、仙台城の大手門を見物したなんていう設定も
面白いかもしれません。
卯之吉とは、見物の後で出会うようにしないといけません。
見物している時は、まだ「大手門(会うてんもん)」ですから。
急に上方弁になってしまいました。

2016年10月16日 (日)

大塚亭グラフィティー

event大塚亭の皆さんの熱演風景です。
敢えて、出演の逆の順番で。
大塚亭グラフィティー
大塚亭グラフィティー
大塚亭グラフィティー
大塚亭グラフィティー
大塚亭グラフィティー
大塚亭グラフィティー
大塚亭グラフィティー
楽しませていただきました。

リーグ優勝の陰で

baseball広島カープがリーグ優勝しましたが、その栄光の陰で、戦力外通告された選手もいます。
  リーグ優勝の陰で
何とその中に、我が郷里出身のピッチャー頑張って含まれています。
15年前にドラフト3巡目で指名されました。
この時は、町の広報にデカデカと、もう1人女子プロゴルファーでツアー1勝したことのある人との対談が載っていたのを覚えています。
我が町では、私と同級で、ロッテにドラフトで入団した投手がいましたが、いずれも花を咲かせることは出来なかったようです。
物凄く期待されていたんですが、世間は広く、スーパーマンが大勢いるんですね。
それにしても、今日の日本ハムの大谷選手の165キロの投球は素晴らしかった❗

ラジオ寄席

baseballプロ野球は、広島と日本ハムが日本シリーズで戦うことになりました。
日本ハムは大谷選手が大活躍でした。
今夜は古今亭圓菊師匠の特集でした。
   ラジオ寄席
    ◇粗忽の釘                    古今亭圓菊
     ◇幾世餅                       古今亭圓菊
懐かしいですねぇ。
寄席で初めて聴いた時は、あの"個性"に驚かされました。
でも、飽きずに繰り返していると、そのうちに"芸"になって来るんですね。

色々と・・・

shoe大塚亭落語会からの帰り道。
色々と・・・
かなり陽も短くなって来て、都電の車両にも夕陽が映えています。
色々考えながら。
色々と・・・
素人落語連は、それぞれ個性と言うか特長があって面白い。
尤も、全ての連を聴いた訳ではありませんが。
私は、師匠が指導されている一番古い落語っ子連と、豊島区内では一番古い扇子っ子連でお世話になっていますが、メンバーで落語に対する思いが違うことが良い場合と逆の場合があります。
特に、ある程度メンバーのレベルが上がって来ると、噺を選ぶのでも驚かされることが多くなります。
プロではないんだから、やりたい噺をやれば良いと言うのも、確かにありです。
私が、「自分にはまだまだ出来ないが、いつかは・・」と思っている噺を、「次、ワタシやります」なんて言われることが多くなりました。
発表会が10回を超えた、スタートしてから5年経過した千早亭が、一番その傾向が強い気がします。
一人の満足だけでなく、落語会全体のことも考えると、バランスも意識した演目選びや番組作りが必要だと思います。
勿論、落語っ子連も落研OB会物凄く同じなんですが。
千早亭では、私自身は"ダウンサイジング"が必要かもしれません。
グループとして成長しているということなんでしょうか・・・。

何故かまた程酔さん

時間が少し余ったと言うことで、ほら出て来ましたよ。
何故かまた程酔さん
お化け?お化けじゃありませんよ。
何故かまた程酔さん
そう、ワッフルさんではなくて、ここでは泥酔…じゃない程酔さん。
「奴さん」です。
噺もそうですが、巧拙はともかく、これだけ堂々と出来るのは、さすが女性は強い!
尤も、こういう図々…いや活発な人がいてくれないと、ねぇ。
結局、大喜利を独り占めしてしまいました。
あ~それそれ…じゃなくて、あ~やれやれぇ~!

大塚亭第九さん

winkトリは第九さんの「看板のピン」。
大塚亭第九さん
とても良い雰囲気。上手いと思います。
大塚亭第九さん
声と表情が明るいので、物凄く得をしていると思います。
ちょっと太らせて、小柄にして、歳を取らせたら、入船亭扇辰さんに似ているような・・・。
今日も、皆さんの熱演を楽しませていただきました。

大塚亭お吟さん

happy02高座がやや冷えた後のお吟さんは「粗忽長屋」。
大塚亭お吟さん
声も口調も良く、分かりやすい高座です。
橘家圓蔵師匠と玉川スミ師匠が、いくらか入っている?
フラがあるって言うのかもしれません。
大塚亭お吟さん
兄貴は熊が行き倒れで死んだことを真面目に深刻に受け止めて大変だという設定の方が良いと思いました。
でないと、粗忽者の愚かしさが出て来ないような。
噺全体の中で、キャラの位置や役割を考えるのも楽しいものです。

大塚亭筆心さん

coldsweats01珍しい"話"を聴かせていただきました。
大塚亭筆心さん
「ロミオとジュリエット」 は、勿論新作でしょう。
新作のことは分かりませんが、筆心さんの創作でしょうか?
大塚亭筆心さん
地噺はご自分の口調で、しかも聴きやすい内容でした。
蘊蓄もありました。
が、後は・・・私にはよく分かりません。

大塚亭八師さん

bleah八師さんは「饅頭怖い」。
大塚亭八師さん
声も大きいし、リズムも良し、仕草もあって分かりやすく、楽しませていただきました。
大塚亭八師さん
ただし、一部の上下の設定が、ちょっと気になりました。
時間の関係で、かなりカットしたと思いますが、やや慌ただしさが出てしまったのと、オチの後での「お馴染みの・・・でございます」が残念でした。
師匠は、「オチの後は何も言わない」というのを指導されています。
特に、考えオチは、オチの後の間、余韻が必要です。
何故お茶が怖いと言ったのか?
饅頭怖いと言ったらば、饅頭が出て来た。
だから、今度はお茶が怖い・・・。
僅かですが、こう思考する時間が必要なんです。
・・・オチの内容を説明してはいけませんか・・・。

大塚亭倉寿さん

confident倉寿さんは「狸の札」。
大塚亭倉寿さん
落語っ子連の稽古にも参加されたことがあるので、よく知っていますが、お世辞抜きに上達されていると思います。
大塚亭倉寿さん
落ち着きがあって、余裕が出て来て、安心感のある高座です。
流れがとてもスムーズだから、とても聴きやすい。
ところで、台詞の中で「このサイズでいいんだよ」って言ってましたが・・・、これは意図したものだったかな?
意図したものなら、ちょっとこの場面では違和感があります。
つい出てしまった・・?
そうなんです。それが一番怖いんです。
仕事をサボった・・なんていうやつ。

大塚亭上山下さん

coldsweats02上山下(とうげ)さんは「閑かさや」、師匠の創作噺。
大塚亭上山下さん
優しい口調が、何か説得力を醸し出しています。
ところが、途中で何度か台詞が出ずに、高座本を取り出して見てカンニング。
大塚亭上山下さん
台詞をそのまま覚えようとするからでしょう。
高座に持って上がっていると言うことは、"確信犯"ですね。
やはり、どんな状態でも、高座ではカンニングなしで行かないと、上達しないと思います。
補助輪付きの自転車だと、いつまで経っても自転車に乗れませんから。
それでも、会場は、愛嬌と言うことで優しい笑いに。
それもありでしょうか・・・。

大塚亭若女さん

confidentトップバッターは若女さんの「子ほめ」。
大塚亭若女さん
明るい雰囲気で、客席を柔らかくしました。
声がだんだだ大きくなって来て、とても聴きやすい。
大塚亭若女さん
私の持ちネタでもあり、前座噺ですが、私は難しい噺だと思います。
リズムとテンポが要りますから。

大塚亭程酔さん

drama開演前は程酔さんの挨拶。
大塚亭程酔さん
別名泥酔さん。
またの名を千早亭ワッフルさん。
程酔さんは、別の高座で「枯木屋」をやったそうで。
とにかくたくましい。
さぁ、大塚亭落語会の開演です。

大塚亭落語会

event大塚亭落語会。
大塚亭落語会
と言っても、いつもの定例の落語会ではありません。
大塚亭落語会
南大塚地域文化創造館の文化祭の1コマで、いつも稽古している大塚亭の皆さんが出演すると言う訳。
音楽室で約30席。

南大塚地域文化創造館

foot大塚駅から歩いて程近い南大塚地域文化創造館。
南大塚地域文化創造館
この館の文化祭で、下げっ子連・大塚亭の皆さんが出演されると言うので、勉強させてもらいたいと。
南大塚地域文化創造館
秋は、文化祭の季節ですから。

天祖神社

shoe大塚で時間があったので、天祖亭の名前の元の天祖神社にお参りしようと。
天祖神社
これって、商店街の看板ゲート?
それとも、目指す天祖神社の鳥居?
天祖神社
都電の線路を横切って、鳥居?をくぐって、ディープな雰囲気の路地を歩いて間もなく、右手に神社がありました。
天祖神社
人影もあまりなく、雑踏の中でも静かな佇まい。
創建は鎌倉時代末の元亨年間、爾来六百数十年の歴史をもつ旧巣鴨村の総鎮守。境内には樹齢六百年、高さ二十五メートルの一対の大イチョウがそびえ、子供に授乳している子育狛犬が見る人の心をなごませます。

日暮里で

sun日暮里のecuteに手拭い屋さんがあるので、ちょいと覗いてみました。
日暮里で
これからやる演目に合うデザインの手拭いがないかなぁと。
季節のものが多く、例えば傘の柄などはありませんでした。
仕方がないから、自宅にある物から選ぶことにします。

あれっ?落語本は?

book上野駅の本屋さん。
あれっ?落語本は?
今まであった落語本のコーナーがなくなってしまった?
江戸・下町本と同居していたのに。
店員さんに尋ねようとも思いましたが・・・。
ブームは去ったか?

日曜日の朝

shoe今日は、落語っ子連の稽古会ですが、マンション管理組合の理事会のため欠席。
日曜日の朝
いつもは9時からお昼過ぎまでかかるのですが、今日は早く終わりました。
珍しく、部屋で自分の「文七元結」のBDを視聴してから、外出しました。
駅まで、いつもと違うコースを、ポケモンを探しながら。
日曜日の朝
この神社は、参道が常磐線を横切っていますので、跨線橋が参道になっています。
社も、小高い小山で、急峻な階段を登って本殿へ。
これから、大塚亭の皆さんの落語会があるそうなので、先週の天祖亭に続いてお邪魔しようと思います。

落語DEデート

今朝は朝寝して、布団の中で聴きました。
            ◇南極探検                   春風亭柳昇
この音源は、NHKの放送だそうですから、恐らくリアルタイムで聴いたはずです。
こんなに滑舌の良くない噺家さんもいるんだと思いました。

2016年10月15日 (土)

吉原?

rvcar「吉原自動車学校」は、浅草の観音様の裏にある・・・訳がありません。
吉原?
富士市吉原。
東海道吉原宿のこと。
面白いのは、江戸の吉原も、吉原と新吉原がありますが、東海道のこの宿も、元吉原、吉原、新吉原があります。
落語を初めて聴いた時=吉原を初めて聴いた時、「へぇ、吉原って有名なんだ❗」と思った吉原は、この吉原でした。
富士市と吉原市が合併して富士市になったのは、私が小学生の頃でした。

甲子秋まつり

shine知りませんでした。
意外にも、富士と出雲大社との繋がり。
甲子秋まつり
今日と明日、富士市本町通りで開かれる「甲子(きのえね)秋まつり」 。
甲子秋まつり
甲子神社(きのえねじんじゃ)は、富士本町通りの二筋西通りに鎮座し、富士駅前商店街の守護神として敬愛されています。
明治42年(1909年)に富士駅が開業し、駅前商店街が発展、それにともない守護神を求める気運が高まり、大正13年(1924年)甲子の年、村の五氏(清氏、深沢氏、戸栗氏、加藤氏、望月氏)を代表として出雲大社に参拝し、「大国主命」を勧請、大正15年(1926年)に建立されました。
これを機に本格的な屋台(山車)をつくり、本町、仲町と共同で曳きまわしました。
戦争の為、昭和17年(1942年)よりしばらく中断されましたが、戦後まもない昭和26年(1951年)、豪華な彫り物を飾り付けた屋台を新調するなど盛大に再発足。
昭和47年(1972年)には、屋台の上で奏でる甲子囃子を継承するため、富士甲子囃子保存会が発足。現在まで、氏子を中心に、伝統、文化を継承し、このお祭りを大切に守っています。

・・・だそうですが、恥ずかしながら、あまり知りませんでした。
そんなに歴史が古い訳ではありませんが、なかなかな祭りのようです。

事故渋滞

carrvcar帰りの「通勤高速道路」。
事故渋滞
やれやれまた事故渋滞。
どうやら発生間もない様子。
パトカーと救急車、それから消防車が、サイレンを鳴らして追い抜いて行きました。
事故渋滞
あぁ、追越車線に大破した事故車。
脇に担架も置かれていましたから、これから怪我人を搬送するのでしょうか?
幸い、大きな渋滞になる前に抜けることが出来ました。
休日の高速道路は事故だらけです。

雲隠れ

fujiさすがに気まぐれ「木花咲耶姫」。
雲隠れ
同じ場所でも、午前中とは大違い。
雲隠れ
女心と秋の空。
雲隠れ
あっという間に雲隠れしてしまいました。

母校からの富士山

schoolちょっと時間があったので、そのまま車で母校まで。
母校からの富士山
こんなふうに、校庭や教室の窓から富士山が見えます。
母校からの富士山
しかし、気まぐれな富士山には、少し雲がかかり始めました。

今日の富士山

car帰省で利用する「通勤高速道路」。
今日の富士山
今日は、久しぶりに晴天の土曜日で、富士山が良く見えました。
今日の富士山
大井松田あたりから、そして富士市内から、雲一つない青空に、まだ雪のない富士山。
今日の富士山
富士山はこうでなくては。

2016年10月14日 (金)

名作のオチ

event今夜の東京落語会も、前半は爆睡してしまいました。
名作のオチ
彦いちさんと菊丸師匠には申し訳ありません。
名作のオチ
仲入り前の超ベテランの圓輔師匠は、釈台を置いての高座でした。
目が覚めたのは、「芝浜」のオチの直前でした。
「よそう、また夢になるといけねえ」と、定番の台詞が出たところで、会場は一斉に拍手。
ところが、圓輔師匠は、お辞儀をしないで何かしら言おうとしています。
拍手に消されてはっきり分かりませんでしたが、どうやら「いいんだよ。またあたしが正夢にしてあげる」・・・みたいな、おかみさんの台詞をオチにしていたようです。
最近は、時代に合わせたり、工夫をしたりで、元のオチを変える噺家さんも多いのですが、この名作のオチは変えなくても良いでしょう。
変えるならば、もっと大胆に、別の内容にすべきだと思ったのは、私だけでしょうか?
「また夢になるといけねえ」で終わらなかったから、何かこう・・・「芝浜」をを聴いた気分になれませんてした。
前半の菊丸師匠は、「革が破れて、鳴りませんでした」 でした。

マナー

東京落語会の客席。
マナー
高齢者が多いので、帽子を被って来る人も多いのですが、後ろの席の人のためにも、脱帽して観賞するのがマナーと言うものではないかと思います。
まぁ、高齢者に限らず、食事をする時にも脱帽しない若者もいます。
テレビのグルメ番組の出演者にも多いです。
行儀が悪い(`Δ´)

ニッショーホール

event東京落語会の会場のニッショーホール。
消防会館です。
ニッショーホール
6時過ぎると、もう暗くなっています。
想定通り、ちょうど彦いちさんの高座。
ニッショーホール
途中で入ったので、最後列の待機席に座りました。
座ってすぐに、眠ってしまいました。

信玄堤

このブログで、やんごとなきところの話題なんて。
信玄堤
今日、皇太子さまは日帰りで、武田信玄が20年かけて築いたとされる堤防「信玄堤」や、信玄が水争いをしていた三つの村に平等に水を配るために設けたという伝説が残る利水施設「三分一湧水」を視察されたそうです。
学習院大在学中から水問題を継続的な研究テーマとされているそうで、時間をかけて熱心に見学され、何枚も写真を撮られたそうです。
山梨県は、何かと言えば武田信玄なんですが、これは本当に武田信玄です。
「信玄餅」ではなくて「信玄堤」です。
この堤があるのは、富士川の上流の釜無川です。
最近の堤防はすぐに決壊しますが、ここは何百年経ってもびくともしないという。
「人は石垣、人は城」と言って、城は築かずに領民のための治世をおこなった名将の面目躍如です。

東京落語会

event毎月第3金曜日は東京落語会。
東京落語会
今日は、いくらか早めに行くことが出来そうです。
彦いちさんあたりには間に合うかもしれません。
もう「芝浜」の季節になりますか・・・。

2016年10月13日 (木)

ノーベル文学賞

pen村上春樹さん、今年も受賞出来ませんでした。
若い頃、彼女とよく行った喫茶店で聴いたシンガーソングライターに"風が吹いた"みたいです。
私にとってのボブ・ディランは、「学生街の喫茶店」の歌詞に出て来るフォークシンガー程度のものなのですが。
村上さんにとっては、「ノーベル賞」ではなくて、「延~びる賞」?
来年は、ノルウェー(乗る)か反るか、森(無理)かどうか、ですね。

落語と電気の共通点

flair昨日の停電は、老朽化したケーブルがショートして絶縁用の油に引火したのが原因だそうです。
   落語と電気の共通点
阿蘇山の噴火でも、火山灰が電柱の絶縁用の碍子を覆ってしまい、雨が降ってショートして停電ということなんだそうです。
電気系のエンジニアをしている知人が、以前こんなことを話していたのを思い出します。
何故、電気に興味を持ったのか(エンジニアになったのか)?
我々が普段接している物質(気体・液体・固体)には、程度の差こそあれ、必ず、色・匂い・重さ・感触(圧力や熱)があり、人間も感じる(認識する)ことが出来る。
しかし、電気は、色も匂いも重さも感触もない。
とても神秘的で恐ろしいものだから、それに魅力を感じました。
なるほど。
それでは、私は何故、落語に興味を持ったのか?
落語には、他の芸能と違って、大道具もなければ小道具もないし、脚色も演出も演技も全て一人。
座布団に正座して、扇子と手拭い、上半身の上下の仕草と語りだけで、大きな空間を表現して、聴き手の頭に映像を投影させる。
私は、それに魅力を感じました。

大胆稚拙な

某メガバンクの支店の副支店長の犯罪。
大胆稚拙な
何と総額11億円をだまし取るという大胆な犯罪。
しかし、手口は拙いとしか言いようがありません。
架空の建設会社名義で普通預金と外貨預金の2口座を開設。
口座を使ってドルを購入する際、システムに水増しした金額を入力し、増額したドルで円を買い戻す不正を繰り返していたというもの。
だまし取った金は、交際していた女性にマンション購入費などとして約1億円を使うなど、これまた別の意味でも大胆。
しかし、「将来のために残しておいた」と、口座などにはまだ約5億円が残っていたそうで、大胆なせこさです。
信じられないのは、こんな稚拙な手口が、永年わたって続けられたという、銀行のお粗末な仕組やチェック機能の甘さです。
ある意味で、昔、某銀行の女子行員が、やはり付き合っている男のために、端末機を操作して大金を送金して引き出そうとした事件と、ほとんど同じパターンのように思えます。
勿論、犯罪を犯した本人は論外ですが、銀行が大問題です。

2016年10月12日 (水)

ひとり会のこと

event家内が、ハングル語の先生にチラシを渡したところ、大変喜んでもらえたそうです。
らくご・ひとり
恐らく、何コマかの講座の受講生、と言っても中年の女性ばかりだと思いますが、配ってくださることでしょう。
11月の「お江戸あおば亭」が終わったら、演目を決めて、最低2席は準備しておかないといけません。
先日、寝蔵師匠が仰っていましたが、こういう出前での落語では、軽い噺をいくつか持ちネタにしておく必要があるかもしれません。
私には・・・、「子ほめ」と「千早振る」と「花色木綿」、「花筏」ぐらいしかありません。

ちょっと贅沢

restaurantここは「コレド日本橋」にある天ぷら料理の店。
今夜はかなり贅沢をして、気の置けない友人と天ぷらのコース料理をと。
ちょっと贅沢
料理だけを楽しむのなら、カウンターで食べるのがベストだと思いますが、おしゃべりもしたいので、テーブル席を選びました。
ちょっと贅沢
いつものコンビ二や駅の弁当とは比べ物にならない素晴らしさ。
・・・当たり前ですが。
ちょっと贅沢
元々お酒に弱いところに、乾燥肌にお酒は禁物と言われていましたが、やはりお酒を飲みながらがいいですよ。
お互いの仕事の話、生き方の話、趣味の話・・・。
あっと言う間に時間が過ぎてしまいます。
外界や下界の喧騒を忘れて、至福の時間を過ごしました。
たまにはいいよね。

停電

flair私のオフィスは全く影響がありませんでしたが、東京都内で最大35万軒が停電になったそうです。
東京電力の埼玉県新座市の変電所で黒煙が上がっていたそうで。
幸い短時間で復旧したようですが。
昔は、田舎ではちょっとの雨や風や雷、あるいは雪にでもなれば、すぐに停電してしまいました。
それに比べて、今はインフラが整備され、停電などはほとんどなく、それが当たり前になってしまっています。
そうそう、実家は東京電力でしたが、10メートルほどの小川の向こうの家は中部電力でした。
こちら50ヘルツ、あちら60ヘルツ。
こちらが停電、あちらは明るい・・なんてことがよくありました。

師匠から

drama昨日の扇子っ子連の稽古会の際、師匠から、「この間は(天祖亭発表会に来てくれて)ありがとう」と言葉をいただきました。
会場では特にご挨拶もせず、フィナーレの後すぐ退出しましたが、それほど広い会場でもありませんから、高座からご覧になったのでしょう。
素直に「大変勉強になりました」と答えました。
そうなんです。
巧拙に関係なく、他の人の高座は貴重な"教材"であり、身近な"お手本"であり、大きな"刺激"になります。
忍緋さんからも、お礼のメールをいただいたので、やや辛口の感想を返信させていただきました。
たかが素人落語かもしれませんが、悩んだり工夫したりしている姿勢がとても嬉しかったので。
その勢いで師匠に、「天祖亭の稽古は土曜日のようなので、時々交流稽古で参加させていただいてもいいですか?」とお願いしてみました。
「勿論結構だよ。どんどん交流してもらいたい」とのご返答。
形式的には、メンバーの皆さんの自主運営のはずですから、メンバーの方々にお許しいただくことになりますが、師匠のお墨付きがいただけたので、お願いをしてみようと思います。

2016年10月11日 (火)

扇子っ子連稽古会

eventいつもより早く会場に着きました。
三十一さんが「目薬」をマクラに、何と「犬の目」に入るところです。
     ◇犬の目                                千早亭三十一
師匠は三十一さんに、「目薬は入れずに、犬の目だけにしなさい」とのコメント。
常々、落語に品性を求める師匠は、「エログロは駄目だ」と仰っています。
扇子っ子連稽古会
      ◇七段目                                千早亭竜太楼
竜太楼さんの芝居噺には、素人は歌舞伎の台詞も仕草も出来ませんから、プロの噺家さんの「七段目」の映像をを徹底的に真似するようにと。
扇子っ子連稽古会
     ◇お見立て                           千早亭大三九
大三九さんには、立ったり座ったり、屋内だったり屋外だったり、場面の転換が多いので、仕草をしっかりと、と。
     ◇三井の貸し傘                 千早亭永久
私には、台詞の3ヶ所の語尾が早くなって登場人物でなくなってしまった。
     ◇小噺                                     千早亭歌舞里
歌舞里さんは、腰を痛めているということで、軽く小噺を。
扇子っ子連稽古会
    ◇鰍沢                         千早亭早千
早千さんも腰の具合が良くないということで、あまり仕草を付けずに演読です。
扇子っ子連稽古会
    ◇青菜               千早亭軽太
時間の関係で、早千さんと軽太さんは、噺の途中までの稽古になりました。
扇子っ子連稽古会
演読を通しでやると、かなり疲れます。
時間いっぱいまで充実の稽古でした。

らくご・ひとり

art家内が通っているハングル語講座の先生から5年ぶりの落語再演オファー。
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2016/09/post-c2a2.html
らくご・ひとり
まだ、演目などは決めていませんが、先生から写真が欲しいとの依頼があったので、チラシを作ってみました。
「らくご・ひとり」と題してみました。
先生から、冬(師走)・飲食(会食)・女性(客席)というキーワードをいただいたので、それも入れてみて。
「乱志のことすこし」ということで、自己紹介も少し。
自分の"独演会"のチラシを作って・・・、なんだかプロみたい。
ところで、どの高座名で出るかということですが、例えば、行徳亭落語会や曽谷寄席は、メンバーの窓口さんの関係で落語っ子連で行ったので「三流亭流三」。
以前、ワッフルさんと慰問で特別養護老人ホームの時は「千早亭永久」。
上記は、師匠にも事前に報告してやりましたが、今回は、報告はするものの個人ベースでの出前オファーですから、「金願亭乱志」なんでしょう。

怪我の功名?

typhoonこの夏、北海道には台風がいくつも上陸して、大きな被害をもたらしましたが、国の特別天然記念物の阿寒湖のマリモが、これらの台風のおかげで絶滅の危機から救わ れたそうです。
bb
8月17日に上陸した台風7号は、強い南風が湖をかき回し、マリモが群生するチュウルイ湾北側の湖岸に、約122トンもの水草を打ち上げたたため、湖内はすっきり。
温泉街の排水で富栄養化した阿寒湖は、下水道の整備で約20年前から徐々に水質が改 善し、水草が浅瀬で分布を拡大した。
これにより、マリモは群生地で数年前から光合成に必要な回転や移動ができず、枯死や崩壊が急速に進んだ。

マリモの生育を妨げていた水草が大量に打ち上げられ、環境が一気に改善したという訳。
台風は、「もうあかん(阿寒)」と思われていたマリモの「マリモ(守り)神」になったんです。

男の子守唄

karaoke漫才は昔から好きで、しゃべくり漫才がいいですね。
千夜一夜、Wけんじ、てんやわんや、桂子好江、三球照代、いとしこいし・・・。
最近ではナイツですか。
同年輩では、阪神巨人でしょう。
男の子守唄
そのオール巨人さん。
大みそかに行われる「NHK紅白歌合戦」で意外な“大物”として、巨人さんが「初出場を果たすのでは」とささやかれているそうです。
阪神さんと組む「オール阪神・巨人」は長年にわたって、漫才界のトップランナーとして君臨。
男の子守唄
その巨人さんが、5月にリリースした「男の子守唄」は、オリコンデイリーランキングの演歌・歌謡曲部門で、初登場2位となるなど、大ヒット。
NHK第一で毎日放送される「ラジオ深夜便」で、4月から6月までの「深夜便のうた」となり、連日この曲が流されたそうです。
http://www.uta-net.com/movie/208140/
ポッと出の訳の分からない歌手やグループより、ずっと紅白らしいと思います。
もう、そういう歳なんです。

急行はやかわ

trainとってもローカルな話題。
急行はやかわ
JR東海が、臨時急行「南アルプス はやかわ」を静岡~下部温泉間で11月13日(日)に1往復運転するそうです。
山梨県内の5町が参画する富士川地域・身延線沿線観光振興協議会とのタイアップだそうです。
南アルプスのふもと「早川町」を訪れる人向けに、その町の玄関口となる下部温泉駅(山梨県身延町)まで運転されます。
列車には南アルプスの山々や町内に多く残るつり橋、江戸時代の面影を残す「赤沢宿」といった早川町の風景をデザインしたヘッドマークが掲出されます。
また乗客には、下りは富士宮~下部温泉間で、上りは身延~富士宮間で記念乗車証がプレゼントされるそうですから、田舎が好きな方に、是非乗っていただきたい。

2016年10月10日 (月)

いつから?

baseball私は、いつから巨人を応援しなくなったのでしょう?
いつから?
今日も、明らかにDeNAを応援していました。
もう、そういう歳ですから・・?

時代の流れ

trainもう、そういう歳ですから。
NHKラジオを聴いていたら、鉄道の特集番組で、鉄道マニアが出演していました。
  時代の流れ
その中で、クイズがあって、「鉄道唱歌」の歌詞を3択で問うものでした。
「汽笛一声新橋を・・・、愛宕の山に入り残る・・・」に続くフレーズ「右は○○○○○・・・、四十七士の墓どころ・・・」に入る単語。
こんな簡単な、ましてや鉄道ファンならばと思ったのですが、難問だったようです。
勿論、答えは「高輪・泉岳寺」ですが、この歌そのものを知らないのでしょう。
  時代の流れ
そう言えば、「お江戸日本橋」も、若い人は知りませんね。
この歌い出しは、江戸時代の地名が出て来て、その距離感が分かって、落語の役に立つんですが。
  時代の流れ
「お江戸日本橋七つ発ち・・・こちゃ高輪夜明けて提灯消す」です。
知らなくても仕方がないのかな。
もう、そういう歳ですから?

空き家問題

house山梨県が空き家率日本一なんだそうです。
空き家問題
空き家問題
実は、我が家も例外ではありません。
3年前に父が逝き、2年前に母が倒れて、あっという間に空き家になってしまいました。
最低月に1度は必ず実家に帰りますが、近所の人が周りの清掃や草取りをしてくれていますが・・・。
空き家は、見栄えだけでなく、周囲への影響や防災の面からも、放置出来ないことは承知しています。
空き家を放置したままにしている人へのあるアンケートによると、多くの人は良かれと思って放置しているのではなく、仕方なく放置していると回答しているそうです。
具体的には施設に入っている親が帰ってくる時のためや、親の思い出が詰まった家だから処分できないなど。
地方では仏壇を含め、家財道具が多くて処分しようにも大変過ぎて手が付けられないというケースや、売ろうとすると世間体が悪いと親族から文句を言われるなど。
そこでとりあえず、帰省時に宿泊するためにそのままにしておこうかということになるのです。
・・・その通りです。
悩ましい問題です。

またまた大ボケ

hospital「もう、そういう歳ですから。」・・・。
またまた大ボケ
先日の皮膚科のお医者さんの言葉が、頭から離れません。
そんな中、今朝も処方された軟膏を手足に塗り込みました。
YouTubeで、懐かしい東京ボーイズの「いつまでたっても芽が出ない」のなぞかけ問答を聴いた後。
何のためらいもなく、「あぁ、だいぶ治って来たなぁ」と、チューブから軟膏を絞り出して塗り込みます。
3度目に何気なくチューブを見ると、チューブには"ケナログA"と表示されています。
おいおい! これは口内炎の薬じゃないか!
まぁ、同じ皮膚の薬だからいいかと、ケナログを塗った部分はそのままにして、残りの部分を皮膚科で処方された薬を塗りました。
もう、そういう歳なんでしょうか?

2016年10月 9日 (日)

ラジオ寄席

music放送再開第2回目。
          ◇黄金の大黒                 柳家小せん
          ◇幇間腹                        柳家喬太郎
横になって聴いていたので、いつの間にか眠ってしまいました。sleepy

要亭貴尾さん

bud天祖亭発表会の会場で、妙齢の女性に声をかけられました。
要亭の要亭貴尾さんでした。
要亭貴尾さん
貴尾さんは、4月のおひろめ寄席で、私の持ちネタの師匠創作の「救いの腕」を熱演されました。
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2016/04/post-8305.html
とても上品な高座で、とても印象に残っています。
貴尾さん、今度「三井の貸し傘」にチャレンジするそうです。
また、私が千早亭落語会で演ったのを聴いて、「五百羅漢」もお演りになったそうです。
3題も、しかも師匠の創作噺を持ちネタとして共有出来るのは、とても嬉しいものです。
それも、とても素敵な女性とですから。
同時に、いい加減なことは出来ませんから、ちょっと身が引き締まる思いです。

フィナーレ

event全員が揃って、師匠から批評をしていただく恒例のフィナーレ。
フィナーレ
光樹井さん、媛堵さん、三味さん。
フィナーレ
佐々んさん、咲耶さん、忍緋さん。
フィナーレ
今日は、客席で聴き手の立場ですから、師匠のコメントと私の思いとを擦り合わせることが出来ました。
人の高座を聴くと言うのは、本当に勉強になります。

師匠のお楽しみ

event圓窓師匠のお楽しみは「首屋」。
師匠のお楽しみ
師匠が指導されている素人落語演者は100人を超えると思います。
グループも10以上あるはずですから、稽古会と発表会だけでも大忙しだと思います。
師匠のお楽しみ
師匠は、マクラで、扇子を使って様々な物を表現する落語のバーチャルリアリティーの説明をした後で「首屋」に入りました。
かなりカットしてコンパクトにまとめられていました。
師匠のお楽しみ
この語り口調が、なかなか真似できないんです。
一人に話しかけるような、全体に諭すように。

天祖亭佐々んさん

dramaトリは佐々んさんは「たらちね」。
天祖亭佐々んさん
天祖亭の皆さんの高座名の読み方は難しいですが、「佐々ん」さんは「さざん」だと分かります。
天祖亭佐々んさん
緊張していたのか、最初の一言がすぐに出ませんでしたが、後はスピーディーに進んで行きました。
天祖亭佐々んさん
声も良いので、全体的に落ち着いたどっしり感が出ると良いと思います。
上下が広すぎるかもしれない。
6人の熱演に時間を忘れることが出来ました。

天祖亭咲耶さん

sign05咲耶さんは「松山鏡」。
天祖亭咲耶さん
咲耶さんも、N文亭空女さんという高座名があるはず。
天祖亭咲耶さん
様々なところで高座に上がっているので、もう慣れたもの。
天祖亭咲耶さん
「松山鏡」は、親子と夫婦を語る名作です。
咲耶さんの声が素晴らしい。
滑舌も良く、実に聴きやすい。
噺の流れも心地良く、楽しく聴かせていただきました。
落語のリズムを持っていますから。

忍緋さんの踊り

cherry忍緋さんの寄席踊りは、門前仲町で吉窓さんに稽古していただいています。
忍緋さんの踊り
見事な「奴さん」でした。
忍緋さんの踊り
私も、実際に忍緋さんの踊る姿を拝見するのは初めてです。
忍緋さんの踊り
吉窓さんからの稽古の成果は、十分に発揮出来たでしょうか?

天祖亭忍緋さん

hairsalon忍緋さんは「三年目」という、女心に触れる、とてもいい噺です。
天祖亭忍緋さん
女性ならでは、前半の夫婦のやり取りは、男ではなかなか出来ないかもしれません。
天祖亭忍緋さん
最初の病気のおかみさん、色っぽいと言うか、昔の昼メロのヒロインのようです。
天祖亭忍緋さん
ただし、あまり重くすると、後のストーリーとオチが辛くなるかも。

天祖亭光樹井さん

snail狐と秋刀魚の後は鰻です。
光樹井さんは「後生鰻」。
天祖亭光樹井さん
ご自身の日常をマクラに使い、だんだん落ち着いて来たようです。
天祖亭光樹井さん
同じようなパターンを繰り返すので、工夫が必要ですね。
天祖亭光樹井さん
この噺は、やり方によっては、オチが残酷になってしまいますから、とても難しい。
今回は4回目の高座だそうですが、実に堂々としたもので、感心しました。

天祖亭媛堵さん

fish愛媛県出身の媛堵さんは「目黒の秋刀魚」。
天祖亭媛堵さん
雰囲気のある佇まい。
声も明るくていいですね。
とても聴いていて分かりやすい。
天祖亭媛堵さん
三流亭の百梅さんと通じるところがある感じ。
天祖亭媛堵さん
殿様と家来などの演じ分けが出来ると、物凄く面白くなりますね。

天祖亭三味さん

catトップバッターは三味さんの「王子の狐」。
天祖亭三味さん
4月のおひろめ寄席の「寿限無」の高座がとても印象に残っていますが、今回は雰囲気が変わった感じがしました。
天祖亭三味さん
あの時は、柔道の松本薫選手のようなイメージでしたが、今回は随分ソフトムードでした。
天祖亭三味さん
着物がとても似合っています。
緊張しながらも、明るい高座です。
前回といい、今回といい、何か一本こだわりを持った人のようにお見受けしました。

天祖亭発表会開演

event咲耶さんの挨拶、圓窓師匠のご挨拶で、いよいよ開演です。
天祖亭発表会開演
  ◇王子の狐       天祖亭三味(しゃみ)
  ◇目黒の秋刀魚    天祖亭媛堵(えんど)
  ◇後生鰻         天祖亭光樹井(みっきい)
天祖亭発表会開演
   ◇三年目        天祖亭忍緋(しのび)
   ◇松山鏡        天祖亭咲耶(さくや)
   ◇たらちね       転曽亭佐々ん(さざん)  
天祖亭発表会開演
席はほぼ満席です。

駒込地域文化創造館

building豊島区駒込地域文化創造館。
駒込地域文化創造館
駅からすぐの場所にありました。
リニューアルしたばかりで、とても綺麗な会場です。
駒込地域文化創造館
ソメイヨシノが売り物のようで、様々な資料が貼られています。
駒込地域文化創造館
落語会の会場は音楽室で、ピアノの横に高座が作られています。
席はパイプ椅子30席あまりですから、落語を聴くのにはちょうど良い空間だと思います。

駒込へ

event落としっ子連・天祖亭の発表会に、豊島区駒込地域文化創造館へ。
駒込へ
開演が1時半だと知らず、早く着いたので、近くをウロウロ。
地下鉄の駅を上がった所に「旧駒込橋」。
今は川を跨いでいませんが、昔は街道の目印だったことでしょう。
駒込へ
この辺りは、桜の代表とも言える「ソメイヨシノ」とも関わりがありますから、公園にも名前が入っています。
駒込へ
JRの線路の南側は文京区で、「六義園」の入口です。

落語DEデート

typhoon目が回っていないので、ちょっと安心。
     ◇ラブレター                             四代目柳亭痴楽
声とリズムと破壊された顔に、緻密に練られた筋書き。
受けない訳がないと思います。
ラジオと寄席が盛んな時代にぴったり合って。
言葉の遊びは本当に楽しいです。
「やかん」とか「雑俳」とか「手紙無筆」とか。
しかし、それ故に、時代が流れて陳腐化してしまうリスクがあります。
例えば、"アベック"なんていう。

2016年10月 8日 (土)

めまい

「めまい」って、小椋佳の歌ではありません。
めまい
帰り道、何となくいつもと違う気分。
帰宅して横になると、景色がぐるぐる回っているような感じ。
これって「めまい」ってこと?
夕食を食べている時、ぐるぐる回っているので、車酔いのような気分に。
暫く横になって休むと治りました。
大病の予兆か、ストレスによる心身の異常か。
気にはなりますが。
でも、もうそういう歳なんです。

レベル26

happy01「ポケモンGO」のレベルが25から26にアップしました。
  レベル26
珍しく、それなりに努力?しています。
  レベル26
千早亭の早千さんから「永久さんがポケモンGOなんて、意外!」と言われましたが、実は、ミーハーで幼稚なオヤジなんです。

何故か神田神保町

train京王線に乗ったら、都営新宿線に乗り入れているので、神田神保町まで来てしまいました。
何故か神田神保町
古書街にも雨が降っていたようで、古書店の店頭の書架はカバーを掛けてあります。
落語本を漁って、興味のある本もありましたが、我慢して徘徊だけにしました。
何故か神田神保町
ごく大衆的な店で秋刀魚を食べた後はカフェで一服。
何故か神田神保町
落語ばかりだなぁ。

浜田山

train本当に久しぶりに京王線と井の頭線に乗りました。
浜田山
考えてみると、新婚時代は杉並区民だったんです。
京王線の八幡山から明大前駅で乗り換えて渋谷駅まで行き、表参道駅の近くのオフィスへ。
駅もリニューアルされ、電車も新しくなりました。
浜田山
高井戸図書館は、浜田山駅から歩いて5分足らず。
途中には、緑豊かな億ションがあります。
どんなお金持ちが住んでいるのでしょう?
浜田山
土砂降りの中を図書館に行きましたが、帰りは晴れ間が広がっていました。

寄席文字作品

art皆さんの力作を勝手にご紹介します。
寄席文字作品
寄席文字作品
寄席文字作品
寄席文字作品
寄席文字作品
素晴らしい作品ばかりです。

高井戸図書館へ

rain浜田山駅に着いたら土砂降りの雨。
高井戸図書館へ
いつも高座のめくりを書いてくださっている「H先生」が師事している、寄席文字の春亭右乃香師匠の講座の皆さんの作品が展示されているので。
高井戸図書館へ
単なる文字やビラ字ではなく、アートの世界です。
書道(習字?)とアートデザイン(図画?)を合わせたようで、とても楽しい作品ばかりです。
高井戸図書館へ
「H先生」は、「寿限無」の言い立てと「時そば」の屋台の2作品を出展されていました。
高井戸図書館へ
B4サイズの紙の上の芸術です。
高井戸図書館へ
他の方々の作品も、工夫をこらし、色とりどりでした。
高井戸図書館へ
私も、部屋が片付いていれば、自分でめくりを書いてみたいとは思うのですが。
やや遠くまで足を延ばしましたが、良い目の保養になりました。

高座姿

cd志ん志師匠が編集してくださった「OB落語会」のBDを視聴。
高座姿
高座返しの葉楼プロさんが、高座の両脇に蝋燭を立ててくれて、蝋燭と言っても百円ショップのLED蝋燭。
高座姿
それから会場の照明を半分に落として。
高座姿
思っていたよりもトーンが高かった。
高座姿
地語りの部分は、首を左右に振り過ぎ。
身体の揺れが大きい。
高座姿
女中のお米の声と台詞を、もう少しゆっくり迫力を出して・・。

2016年10月 7日 (金)

OB落語会の映像

大阪に出張して留守の間に、談亭志ん志師匠から、OB落語会の映像が届きました。
OB落語会の映像
明日の楽しみにします。
志ん志師匠、ありがとうございます。

東京かわら版へ

pc忘れるところでした。
東京かわら版へ
東京かわら版の「天狗連」に、我が「第11回 お江戸あおば亭」掲載の依頼をWebで申し込みました。
来月号が楽しみです。pen

深川三流亭のプログラム

artまだ演目も含めて番組が確定していませんが、1月14日の「深川三流亭」のプログラム案です。
深川三流亭のプログラム
チラシと同じイメージで、裏表紙には、今までの「深川三流亭」と、出前の「行徳亭落語会」と「曽谷寄席」の番組を「Memory of 深川三流亭」として紹介します。
深川三流亭のプログラム
番組面は、大変見づらくしていますが、「江都名所」をバックにしてみました。

社会人落語日本一決定戦?

社会人落語日本一決定戦?
こういう類には興味はありません。
第一、これで日本一を決められる訳はないし。
審査員を見れば、一目瞭然です。
しかもローカル。
「日本一」とか「名人」とか、インフレですね。
まぁ、洒落だと思えば。
ねぇ、紅羅坊名丸先生。
「天災」だと思えば、腹も立ちませんから。

2016年10月 6日 (木)

痒い・・・

weep美しくない話で申し訳ないのですが。

先月からずっとあせもに悩まされ、やっと涼しくなって来て治まったまでは良かったのですが・・。
今度は、手足や臀部などが痒くなりました。
これはあせもなのか、それとも乾燥肌なのか悩みましたが、特に何もしないでいました。
昨日、かなり痒みが強くなったので薬局に行き、症状を話すと、「今年はあせもかぶれが流行っています」と言われて、その軟膏を買いました。
今朝になって、顔にも赤い部分が出て来ましたので、皮膚科に行きました。
お医者さんが開口一番、「はいはい、この間と同じ薬を出します」。
「もうその齢だから仕方ないんです」と、4回ぐらい繰り返しました。
どうやら、皮膚が乾燥しているためという見立てのようです。
・・・「これを読んでください」と渡されたのは、2年ほど前の新聞記事の写し。
この先生が、新聞への投稿に答えているものでした。
要するに乾燥肌への対処法です。
「老人性乾皮症」というそうです。
長風呂、石鹸洗いは駄目、シャワーのみで。
酒は飲まない、睡眠は十分に。
「老人性」という名前ですが、幅広い年齢層に起こる症状だそうで。

お江戸あおば亭の番組

event11月の「お江戸あおば亭」も賑やかになって来ました。
お江戸あおば亭の番組
志ん志会長からの熱い想いに応えて出演者も7名に増えました。
これで一応確定かな。
  ≪第11回 お江戸あおば亭≫
 ◇随談            花柳亭遊狂
 ◇金魚の芸者      破れ家笑児
 ◇ロングネーム※   喰亭寝蔵
 ◇三井の貸し傘※   金願亭乱志
        仲入り
 ◇犬の目          杜の家くるみ   
 ◇死神            南亭蕪生
 ◇睨み返し         談亭志ん志

   ※印は、まだ演目未確定です。
  

生きる

あるお寺に貼ってありました。
生きる
生きる・・・何故生きる?
中学生の時、加藤締三?とかいう人の「生きる」という人生論を読んで、何のこっちゃ分からなかったことを思い出しました。

2016年10月 5日 (水)

深川三流亭のチラシ案

art日程が決まったので、とりあえず作ってみました。
深川三流亭のチラシ案
深川ですから、富嶽三十六景の深川萬年橋をベースにして。
新春初笑いには、ちょっと地味かな?

くるみさん出演決定!

くるみさん出演決定!
11月26日の「お江戸あおば亭」に、杜の家くるみさんが出演してくださることになりました。
大歓迎sign03
番組を編成し直します。
これがまた楽しいflair

深川三流亭の日程

深川三流亭の日程
会場と師匠の都合もあって、なかなか確定できずにいた「深川三流亭」の日程が決まりました。
鬼が笑う来年になってしまいますが、1月14日(土)です。
ただし、当日は、師匠が夕方スケジュールが入っているので、4時までに終わらせないといけません。
開演を12時あたりにさせていただいて・・。
いずれにしても、とりあえず目標がはっきりしたので安心しました。

2016年10月 4日 (火)

寝蔵師匠と

think寝蔵師匠から「11月のお江戸あおば亭の演目、実はまだ迷っている・・・・」と。
元々、「寿限無」と「たらちね」を合わせてアレンジした噺をと仰っていたのですが。
演目について、悩んでおります。
やっぱり「うどんや」にしようか…?
どれも中途半端な状態で困っています。
まだまだ「不惑」に至らない寝蔵であります。

私からは・・・、
私も悩んでおります。実は。
「五百羅漢」でも良いかな・・なんて。
是非、もっともっと深く深くお悩み、お迷いください。

寝蔵師匠から・・、
ありがとうございます。
迷える子羊を救ってくださるようなお慈悲深いお言葉。
しばらく楽しく迷わさせていただきます。
しかし、考えてみれば、こうやって演目の選択に悩んでいる…これが一番楽しい時期なのかもしれませんね。

実にそのとおりなんです。
優柔不断ではなくて、その時の自分の稽古の状況、落語会やそこでの立ち位置、お客さまの層・・・・色々考え始めるとキリがなくなって来ます。
この、何とも言えない、悶々とした時間。
これが、ちょっと苦しいけれども、とっても楽しい。
「ちょいとお前さん、どんな夢見たの?」・・・関係ないか。

お江戸あおば亭の番組

coldsweats01ただいまの協議についてご説明いたします。(歌武蔵さん風に)
お江戸あおば亭の番組案ですが、ビデオ撮影をやっていただく寝蔵師匠より、トップバッターの遊狂師匠は、正座ではなく、漫談風に立っての口演ですから、その後、カメラの位置変更等が必要となると思われるため、 最初の案で二番目に予定していた寝蔵師匠の出演順を変更した方が良いとの"物言い"がつき、協議の結果、以下のとおり、笑児さんと寝蔵師匠を入れ替えさせていただくということでいかがかと・・。
これによって、私と笑児さんが前後半に分かれ、出囃子操作もスムーズになります。
仲入りと主任は、蕪生・志ん志両師匠に締めていただき、芝居を盛り上げていただきます。
 ≪第11回 お江戸あおば亭≫
 ◇随談             花柳亭遊狂 
 ◇金魚の芸者         破れ家笑児
 ◇死神             南亭蕪生
           仲入り 
 ◇三井の貸し傘       金願亭乱志 (三遊亭圓窓作)
 ◇ロングネーム        喰亭寝蔵 
 ◇睨み返し          談亭志ん志

大ボケ

shockまたまた大失敗。
仕事で、オフィシャルな行事のため、クールビズ中ではありますが、ネクタイ・スーツ着用の指示を、責任者である私が社員に行いました。
当日、ネクタイを忘れないようにチェックして出勤。
行事は予定通り滞りなく進み、ランチは会食ということになります。
と、午前中のスケジュールが終了する直前、椅子に座ったまま何気なく膝から足下を見ると・・・。
な・・何と、上着とズボンの色柄が違うsign03sign01
家内が10月に入ったので衣替えをと、夏物から替えたので。
暗いところでは、同系色なので目立ちませんが、明るいところでは・・、すぐ分かります。
物事、知らなければずっと知らないでいた方が良いものです。
知らなければずっと堂々としていられるのに。
知ってしまったがために・・・。
冷や汗がたら〜ッ。sweat02
部屋を移動する時は一番最後、ランチの時は、「今日は暑いですから、皆さん上着を脱ぎましょう」と言いながら、自ら率先して上着を脱いで。
恐らく、ほとんど気がつかれなかったと思いますが・・。
帰宅し真っ先に家内に言うと、「あぁそう。ごめん、アハハ」だって。
天下泰平、雨アラレ・・・。

薄紅の秋桜が・・

cloverコスモスを「秋桜」と表記したのは、さだまさしさんが作詞作曲の「秋桜_」で初めて用いられたんだそうで、以後文学的表現として使われることも多くなったと。
牛乳をミルクと読み、長嶋さんが「鯖という字は、さかな偏にブルー」と言ったのと同じ?
逆ですか・・・。
薄紅の秋桜が・・
郷里の隣町の身延町にあるクラフトパークのコスモスが綺麗に咲いているそうです。
秋たけなわです。

2016年10月 3日 (月)

お江戸あおば亭の番組

eventこの香盤作りが難しい・・・。
とりあえず、現状で考えた番組案。
    ≪第11回 お江戸あおば亭≫
 ◇随談         花柳亭遊狂
 ◇ロングネーム   喰亭寝蔵
 ◇死神            南亭蕪生
            仲入り
 ◇三井の貸し傘    金願亭乱志
 ◇金魚の芸者     破れ家笑児
 ◇睨み返し        談亭志ん志

今回は、珍しい噺が多いようです。
bbh112s98mbbpdbwm0ib.pdfをダウンロード

とと姉ちゃん?

tv日曜日、母の部屋にいる時に、偶然テレビで放映されていた連続テレビ小説「とと姉ちゃん」。
ちょうど最終回でした。
連続テレビ小説なんて、何十年も視ません。
NHKが、これと日曜夜の大河ドラマを大々的に宣伝しますが、これも全くと言っていいほど、視ることはありません。
そもそも、テレビドラマをほとんど視ていません。
だから時代に乗り遅れているのかもしれません。
ドラマを知らないから、流行ものも、役者さんも、テーマソングも知らない。
かつての落語ブームの火付けともなった「タイガー&ドラゴン」も、「ちりとてちん」も視ていません。
最終回を視て気がついたのは、視聴者をドラマにのめりこませる工夫がされているのを感じました。
確かに、視始めると、それなりに面白い。
でも、何かこう、作られた、綺麗な、開放感のない感じがします。
登場人物がみんな良い人ばかり。
ここは、落語とも共通点はあるかもしれない。
日本人のメンタリティなのかもしれません。
でも、新人や若手が主人公ですから、申し訳ありませんが、研修用のビデオを視ているようで、演技は・・・でした。
私には、小学生の頃に、よく祖母と視た「おはなはん」や「旅路」あたりが懐かしい。

チラシとプログラム

artお江戸あおば亭のチラシとプログラムのプロトタイプ。
チラシとプログラム
プログラムの表紙はチラシ(リーフレット)と同じデザインにしてみました。
チラシとプログラム
チラシとプログラム
プログラムの番組面は、満月と枯尾花の絵柄にしてみました。
チラシとプログラム
内容は、まだ出演者や演目が未確定なので、仮に入れました。
こんなのもたまにはいいでしょう。

2016年10月 2日 (日)

ラジオ寄席

プロ野球が終わると始まるラジオ寄席。
      ◇元犬               三遊亭兼好
      ◇橘家文蔵襲名披露口上
           (柳家小せん、ロケット団、三遊亭兼好、柳家喬太郎)
       ◇道灌                 橘家文蔵
日曜日の夜の楽しみが戻って来ました。

通勤高速道路?

carrvcarbus日曜日の東名高速は、おかげさまで往復とも渋滞もなく、早く帰宅することが出来ました。busrvcarcar
通勤高速道路?
帰ってから、ニュースなどで交通情報を確認すると、東名だけでなく、中央、関越、東北、常磐の各高速道路の上りは全て事故渋滞のようです。
私も、行き帰りで、数件事故が発生していましたが、幸い大きな事故ではなく、渋滞にはなっていませんでした。
とにかく、休日の高速道路は、慣れないホリデードライバーが多いためか、事故が多発します。
特にこの3~4年は、東名高速と新東名高速を通勤路ほど頻繁に走っていますから、ああならないように気をつけて運転したいと思います。

残念ですが・・・

残念ですが・・・
もう無理ですね。
痛々しい・・・。

大山鳴動?

大山鳴動?
またネズミ一匹だと良いのですが。

落語DEデート

music今朝も帰省の支度をしながら。car
     ◇西行                 二代目三遊亭円歌
10月になって、番組改変があったか、前の「なぜ生きる」という宗教番組ではなくなっていました。
この番組、いつまで続くのでしょうか?

2016年10月 1日 (土)

トミカ

bus息子の嫁が、子育てに玩具のミニカーを集めているそうです。
トミカ
慣れない土地での子育ては本当に大変だと思います。
トミカ
男の子は、昔も今もクルマ好きですから、トミカを集めているとか。
が、木乃伊取りの木乃伊よろしく、自分がコレクターになって楽しんでいるようです。
バス好きな我が子のためと言いながら、住んでいる地元の市営バスと私鉄系のバスの模型をゲットして喜んでいます。
トミカ
「初天神」の凧揚げみたいです。
優しく手塩にかけて子育てを頑張ってくれていて、とてもありがたく思います。

第11回お江戸あおば亭プログラム案

artついでにプログラム案も作ってみました。
第11回ですから、少しパターンを変えたつもりです。
表紙は、チラシ(リーフレット)と同じデザインにしました。
第11回お江戸あおば亭プログラム案
番組面も、秋の夜長を意識してみました。
何だか、表裏がわからなくなりましたが。
第11回お江戸あおば亭プログラム案
今回の趣向。
人間国宝の柳家小三治師匠語録から、
 落語の魅力は、生きているうれしさや悲しさを知ってもらうこと
大友家持の古歌から、
 秋風に 今か今かと紐解きて うら待ち居るに 月かたぶきぬ
それぞれ入れてみました。
少し、格調高くなっているかもしれません。

志ん朝忌

shadow10月1日は、古今亭志ん朝師匠のご命日です。
  志ん朝忌
もう15年も経つんですね。
志ん朝師匠が亡くなった時、多くのマスコミはこぞって「落語は衰退する」言いました。
  志ん朝忌
確かに、「巨星墜つ」 でした。
大きな痛手だったことは間違いありませんでしたが、危機感もあってか、衰退や消滅することなく、それなりの熱さが続いているのは何よりです。
  志ん朝忌
落語好きのマジョリティが志ん朝フリークだと思いますが、私はやや冷めたマイノリティだと思います。
雰囲気や姿勢などは非のうちどころはありませんが、「えぇ?」を連発する語りは、聴いていても、ネタ本にするにしても、相容れない部分があります。
  志ん朝忌
勿論、名人であることには間違いありませんが。

また来る・・?

fullmoon秋の夜長に、月でも眺めてのんびりしていたいのですが。
また来る・・?
台風18号が南洋上で日本列島を窺っています。
また来る・・?
気象庁は、台風18号は本日3時現在、風速25メートル以上の暴風を伴って、
フィリピンの東海上を1時間におよそ20キロの速さで北北西へ進んでいます。
今後も発達しながら北上を続け、非常に強い勢力となる見込みです。
予報円のほぼ中心を進むと、3日(月)にかけて沖縄地方へ接近。
その後、進路を次第に東よりに変えて、九州から関東にかけて接近、上陸のおそれがあ
ります。

台風のメインストリートを通って・・上陸するかもしれません。
また、大阪出張にぶつかる・・・。
ふと思うのは、落語には火事はよく出て来ますが、風水害のネタはない気がします。
昔だって、台風は上陸したはずだと思うのですが。
深川や本所、芝・・・、床上浸水することはなかったのかなぁぁ。

朝散策

maple気がつけば秋。
歩き稽古をサボってばかりで、朝の日比谷公園は、ややご無沙汰でした。
朝散策
木々の葉も花も、すっかり秋めいています。
紅葉には時間はありますが、落ち着いた佇まいになっていました。
朝散策
今月は、「三井の貸し傘」「人情八百屋」「五百羅漢」「不孝者」あたりの稽古をしなくてはいけませんから。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »