« 台風 | トップページ | 見られている »

2016年9月13日 (火)

超高齢化社会

confident敬老の日を前に、100歳以上となる人の数が発表されました。
全国の100歳以上の高齢者が昨年より4124人増えて、過去最多の6万5692人。
うち女性が87.6%(5万7525人)。
46年連続の増加。
医療の進歩などが要因で、今後も増加が続くとみられる。
最高齢は男性が東京都大田区の方で、1904(明治37)年5
月生まれの112歳。
女性は鹿児島県喜界町の方で、1900(明治33)年8月生まれの116歳。

女性は、祖母が同年7月生まれでしたから、同い年です。
超高齢化社会
人口10万人当たりの100歳以上の人数は全国で51.68人。
都道府県別では島根が96.25人で4年連続最多。
高知(87.93人)、鳥取(84.84人)と続いた。
少なかったのは、埼玉30.97人、愛知35.05人、千葉38.27人の順。
2015年の日本人の平均寿命は女性87.05歳、男性80.79歳だった。
今年度100歳を迎える人は3万1747人。

厚労省は100歳の記念に、純銀製の銀杯(約7600円)を贈ってきましたが、経費節減で、今年度から合金に銀メッキを施したもの(約3800円)に変えるそうです。
対象者が増え続けているため、税金の使い方をチェックする政府の行政事業レビューで昨年、抜本的改善を求められていたそうで。
と言うことは、半額になる訳ですね。
100歳のお祝いも値切られる時代は、良い時代でしょう。
・・・しかし、半分になったのに、銀倍(杯)とはこれいかに?
「猫怪談」では、「本卦還り(還暦)を過ぎて亡くなれば、おめでたいと言っても良い」という台詞があります。
それを考えると、日本人は、この100年あまりで、何十年も長生きになったということです。
100歳以上の方も、つい最近10000人を超えたと言われていましたが、もう66000人ですか・・・・。
100歳の人と往来で出会ったら、「100歳にしてはお若い、どうみても95歳」と言うのでしょうか。
もし「どう見ても百(厄)そこそこ」と言ったら叱られるでしょう。
「千段の石段が高すぎる、ジャワスマトラは南方で、私もこういうお子さんに蚊帳吊りたい、首吊りたい・・・」
そう言えば、こんな小噺がありました。
国内最高齢のおじいさんに、どんな女性が好みかと尋ねたら、「わしゃ、年上の人が好きじゃ」・・・。shock

« 台風 | トップページ | 見られている »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事