« 名古屋通過 | トップページ | 紅巣亭心童さん »

2016年9月20日 (火)

とうとう・・・・

scissors私は今、「レベル24」です。
 
「ポケモンGO)」のレアポケモン「ミニリュウ」「ハクリュー」が高頻度で出現するといわれる上野恩賜公園内の不忍池で、これまでにも度々モラルに訴えかける掲示が行われてきましたが、ついに「当境内地(弁天堂)に於ける遊戯はやむを得ず全面禁止となりました」という掲示が貼り出されてしまったそうです。
http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2016/08/post-87b7.html
確かに、先月下旬の日曜日の朝早くも、こんな感じでした。
朝早くから
「ミニリュウ」と「ハクリュウ」なんて、大相撲の横綱の四股名のようなポケモンですが、私も捕まえました。
でも、不忍池ではありません。
気がついたら出て来ました。
朝早くから
蓮の花で有名な不忍池ですが、8月上旬ごろから「レアポケモンが出る」という情報が拡散。
一部では「ミニリュウの巣」とも呼ばれるようになったそうです。
昼夜を問わず数多くのポケモントレーナーが殺到したことにより、参拝道路上での遊戯や慰霊碑や堂内周辺での座り込み、飲酒、喫煙などの問題が発生し、そのたびに注意や呼びかけを行ってきたようですが・・・。
弁天堂の関係者によれば、全面禁止いに至るまでには・・。

モラルを持ってプレイしてほしい」とトレーナーに呼びかけてきたという弁天堂。
当初は全面禁止を考えていませんでした。
しかし、トレーナーたちはゲームに熱中するあまり、"不敬行為"に気付いていないどころか、注意を聞き入れないという状況が続きました。
その後も「場所をわきまえてプレイしてほしい」と、警備員の配置や拡声器による注意・呼びかけも続けてきましたが、あまりのトレーナーの数の多さに効果は薄く、参拝者からの苦情も相次いだため9月18日から弁天堂とその周辺の「遊戯全面禁止」を決断したとのこと(なお、弁天堂とその周辺から外れる箇所での禁止はされていません)。
一番の問題は老若男女を問わずトレーナーたちが「注意を聞き入れないこと」だったと言い、今回の決断はやむを得ないことだったそうです。
確かに、上野公園、就中不忍池畔は、多くの人が集まっています。
私も、通りがかりとは言え、その中の一人でした。
「撮り鉄」も問題になりましたが、度を過ごしてはいけません。

« 名古屋通過 | トップページ | 紅巣亭心童さん »

徒然」カテゴリの記事