« 越児さん | トップページ | 三井の貸し傘 »

2016年8月28日 (日)

百梅さん

百梅さんは、新境地開拓の「権助提灯」です。
女性が二人登場し、この二人の心理戦が展開されます。
百梅さん
独身の若者には実感の湧かない世界でしょう。
尤も、独身でなくても、「妻妾同棲」などと言う言葉は、私の甲斐性では無理ですが。
百梅さん
この噺は権助を登場させることによって、面白おかしく展開して行きますが、表面は穏やかながら、二人の女性が、その立場とメンツを、喧嘩ではなく、気配りし合うように見せかけながらバトルする、壮絶なストーリーです。
百梅さん
百梅さん、この二人のキャラクター作りに苦労しているようです。
私も上手くイメージ出来ませんが、二人の態度や口調を、徹底的に優しく表現して、それで旦那を懐柔して、家の中には入れないようにしたいと思います。
怒ったり、強い口調で喋った方が、この女の戦いでは負けになると思いますから。
落語は奥が深いです。

« 越児さん | トップページ | 三井の貸し傘 »

落語っ子連」カテゴリの記事