« ボイスメッセージ | トップページ | ひょうたん揚げ »

2016年8月 3日 (水)

コルコバードの丘

sportsリオデジャネイロオリンピックは、そろそろ始まるんですよね。
コルコバード
リオデジャネイロのことは、ほとんど知りませんが、この丘の上に立つ像があることは知っています。
コルコバード
コルコバードの丘と言うそうですが、標高710メートルの丘。
世界遺産「リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」に含まれているそうです。
丘の頂上には展望台があり、リオデジャネイロの街を一望。
美しい海岸線や巨大な岩石がそびえたつ山々など美しい景観が広がっており、リオデジャネイロの観光名所です。
頂上には、1931年に建てられた台座の高さが8メートル、像の高さ30メートルの両腕を広げた形の巨大なコルコバードのキリスト像が立っています。
1931年のブラジル独立100周年を記念して建設されたもので、高さ39.6メートル(内台座の高さが9.5メートル)、左右30メートルであり、635トンの重量があるそうです。
中は、150人程度が入れる礼拝堂。
クリスチャン人口が80%を超えるブラジルのキリスト教のシンボルです。

・・・オリンピック開幕直前になっても、競技場などの建設が突貫工事で行われていて、「間に合うのかなぁ?」と、心配されているようです。
確かに・・・、工事の遅れや建物などの欠陥、それに治安と、不安が報道されています。
しかし、考えてみると、前回の東京オリンピックの時の日本も、オリンピックの施設ではありませんが、モノレールが開通したのは9月17日、新幹線が開通したのは10月1日でしたから、10月10日の開幕から見れば、似たようなものだったと思います。
2020年の東京オリンピックも、施設やインフラの整備はギリギリになることでしょうし。

« ボイスメッセージ | トップページ | ひょうたん揚げ »

徒然」カテゴリの記事