« 大逆転3連発 | トップページ | 上手の手から・・ »

2016年8月18日 (木)

これも賛否両論?

sportsリオデジャネイロ五輪の陸上女子4×100メートルリレーの予選で、ブラジル代表選手と接触してバトンを落とした米国代表チームに対し、翌日の決勝進出をかけたタイムトライアルを認める異例の措置が取られたそうです。
現在8位の国のタイムを切れば、前大会王者の米国代表の決勝進出が認められることになるという訳。
・・・リレーという競技は、こういうリスクも含めて競うもののような気がするのですが・・・。
全て「その場限り」のパフォーマンスで決めるべきだと思います。
そういうこともあるから、バトンの手渡しは気をつけなければいけないし、ただスピードだけの争いではないから、日本のように緻密なバトンリレーでフィジカルを克服しているのです。
水泳などと同じように、例えば前走者がラインを駆け抜けた瞬間に次走者がスタートとするように形にしたら、つまらない競技になると思いますね。

« 大逆転3連発 | トップページ | 上手の手から・・ »

徒然」カテゴリの記事