« 曽谷寄席まで3週間 | トップページ | 今日も暑いぞ »

2016年7月18日 (月)

剛腕!

building巨大なM&Aのニュース。
剛腕!
ソフトバンクグループは、英国の半導体設計大手ARM(アーム)ホールディングスを買収することで合意したと発表。
買収総額は約240億ポンド(約3.3兆円)で、日本企業によるM&A(合併・買収)としては過去最大規模となる。
孫正義社長はロンドン市内で記者会見し、今回の買収について「非常に大きなチャンスであり、将来を信じて投資した」と言明。
今後の成長が見込めるIoT(モノのインターネット)ビジネスを勝ち抜くため、戦略的な投資に踏み切ったと強調。
ARMはスマートフォンやタブレット端末向けの半導体を設計し、そのライセンスを世界の半導体メーカーに提供している。
特にスマホ向けは、全世界の95%で同社の技術が使われているという。
2015年の売上高は約9億6800万ポンド。
ARMに関して孫社長は「スマホの完全なる成功者だ」と高く評価。
同社の独立性に配慮するとともに、「今後5年間で雇用を倍増したい」と述べ、技術開発力のさらなる向上を目指す考えを明らかに。
ARMなだけに、孫さん「剛腕」を振るったようです。

« 曽谷寄席まで3週間 | トップページ | 今日も暑いぞ »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事