« 笑点のこと | トップページ | 判決・・? »

2016年5月31日 (火)

スーパーマーズ

fullmoon火星が地球に最接近しているそうです。
スーパーマーズ
「スー パーマーズ」とも言われ、今回は最近10年間 で最も近い距離となり、都市部でも肉眼で見ることができるそうです。
月とか、火星とか、金星とか、何となく気になります。
別に、天文に関する知識がある訳ではありませんが。
太陽系で地球の1つ外側の軌道を回る火星は、 太陽の周りを687日かけて1周しながら、お よそ2年2か月に1回、地球に接近しているそうです。
ただ、地球の軌道がほぼ円形なのに対して、火星の軌道が楕円になっていることから、火星と地球との距離は接近するたびに変わります。
国立天文台によると、火星は今日地球に最接近し、今回はおよそ7500万キロまで近づいて、この10年間では最も近い距離になるそうです。
火星の明るさは1等星のおよそ15倍 の「マイナス2等星」くらいになるとみられ、 地球から見える火星の見かけの大きさも、今年の最も小さいときと比べて、直径がおよそ3倍になるそうです。
スーパーマーズが見られるのは、ほんの僅かな時間のはず。
だって、「一火星(過性)」と言われるくらいですから。shock
星の明るさは「○等星」で表わされますが、マイナスがあるんです。
どこかの国には「マイナス金利」というのがあのますが、こちらは絶対値が大きくなればなるほど、気分が暗くなって来ますから、全く反対です。

« 笑点のこと | トップページ | 判決・・? »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事