« 「文七元結」鑑賞2 | トップページ | 五輪のマークの候補 »

2016年4月 8日 (金)

花祭り

japanesetea今日は、お釈迦さまの誕生日。
正式には「灌仏会(かんぶつえ)」と言うそうです。
花祭り
日本では、様々な草花で飾った花御堂の中で、甘茶を満たした灌仏桶の中央へ安置した
誕生仏像に柄杓で甘茶を掛けて祝います。
これは、お釈迦さまの生誕時に産湯を使わせるため、9つの竜が天から清浄の水を注い
だとの伝説に由来するんだそうです。
「甘茶」って言うのは、お茶に砂糖でも加えたものではなくて、アジサイの一種の植物で、その葉を干したもの、またそのお茶。
あるいは、「アマチャヅル」というウリ科の植物を乾燥させてお茶にしたものも「甘茶」と呼ばれるそうで、仄かな甘みがあるとのこと。
「甘茶でかっぽれ」というのがありますが、これは江戸時代末期に流行したものなのだそうで、「かっぽれかっぽれ甘茶でかっぽれ塩茶でかっぽれ」と歌い踊った演芸だそうで。

« 「文七元結」鑑賞2 | トップページ | 五輪のマークの候補 »

季節・散歩」カテゴリの記事