« 田舎へ | トップページ | ラジオ寄席 »

2016年3月20日 (日)

とうとうけが人

hospitalあれだけ批判されているのに。
あれだけ危険が指摘されていたのに。
とうとうけが人
とうとう、危険なだめ押しでけが人が出てしまいました。
横綱の厳しい土俵際の攻めで、寄り切られた関脇がたまらず、土俵下の審判長を目がけて飛んできた。
体をやや右にひねりながら、避けようとした同審判長だが、脚を中心に左半身に148キロの関脇の体が直撃。
その場にうずくまり、しばらく動けない。
弓取り式を終えても状況は変わらず、車いすが土俵下まで運ばれ、審判長は乗せられた。そのまま医務室に運ばれ、しばらく様子を見た後、 救急車の到着を待って、体育館の駐車場へ。
…酷いものです。

« 田舎へ | トップページ | ラジオ寄席 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事