« 千早亭永久 | トップページ | 千早亭大三九さん »

2016年3月28日 (月)

千早亭工三さん

door昨年、ちょっとブランクのあった工三さんは「粗忽長屋」。
千早亭工三さん
取組む姿勢が素晴らしいので上達も早く、とても上手くなりました。
自分のリズムのようなものを掴みかけている気がします。
私もまだ出来ないのですが、落語の口調の習得がポイントになると思います。
学校の先生ですから、基本的に人前で話すことには違和感は持っていないと思いますので、これからますます楽しみです。
ご本人は、次は「鼓ヶ滝」にチャレンジしたいと仰っていました。

« 千早亭永久 | トップページ | 千早亭大三九さん »

千早亭」カテゴリの記事