« 初めての新宿末廣亭 | トップページ | キーの要らない車 »

2016年2月29日 (月)

閏日

sun今日は、「うるう日」で、2月29日。
閏日(うるうび、じゅんじつ)とは、太陽暦において暦と季節のずれを補正する暦日のこと。
日本でグレゴリオ暦を採用する際に、2月29日を閏日と定めた。
世の中、すべてが割り切れる訳ではありませんから、いわば調整が必要になるんですね。
よく、2月29日に生まれた人の誕生日や年齢が話題になります。
この日生まれの人は、4年に一度しか年を取らないなんていう。
日本では、生まれた日の前日に歳をとるようになっています。
つまり2月29日生まれの人は2月29日に歳をとるという訳。
これは、「年齢計算ニ関スル法律」により民法143条を適用するように記されています。これによると、誕生日の前日の24時に年齢が加算されることになります。
うるう年生まれの人は2月28日が前日になるので、その日に必ず年齢が加算されます。
・・・ということは、誕生"日"という概念ではなく、一日の誕生日はないけれども、年は取るということですね。
「うるう」があるのは"日"だけではありません。
◇閏日、閏秒
現在のこよみでは臨時に現れるのがこの2月29日という一日なので閏日ですが、太陰太陽暦であった旧暦時代では、閏として挿入されるのは一月単位だったので、この場合は、閏月(うるうづき)と呼ばれました。
閏秒は地球自転の速度変動によって一日の長さが現在の定義上の一日の長さとずれて、そのずれの累積が 1秒に近くなった場合に挿入または除去される「秒」のこと。
閏日は現在の暦法上から考えると「臨時に1日を追加」する方向だけですが、閏秒に関しては挿入されるばかりではなく、除去されることもあ得るので、(閏秒の制度が出来て以来除去された例はないそうですが)、追加挿入(あるいは除去)される「日」や「秒」そのものを指して「閏日」「閏秒」といいます。
◇閏年
閏年は、閏日(または閏月)があった年のこと。
元々暦法上の閏日や閏月(太陰太陽暦に見られるもの)とは暦法上の一年の長さを、実際の天体の動きの周期における「一年」に近づけるために調整用に設けられたもの。
要するに、臨時の暦の調整が為された年を「閏年」と呼びますので、暦法上の臨時の調整が一日でも、一月でも、その年は「閏年」となる訳。
また、2月29日は、閏日にしても「日」より一つ長い暦の単位「月」の長さを補正するために設けたものではないので、2月29日が入った 2月を「閏月(閏日の入った月)」とはいいません。
◇閏秒
閏秒が入った「分」を閏分ということはありません。
これは、閏日と閏年の関係と同じで、閏秒は「分」の長さを調整しようとするものではなくて、年の長さを調整するためのものなので閏分ということはないのです。

・・・ほかにも、まだまだ色々な薀蓄があるようですが。

« 初めての新宿末廣亭 | トップページ | キーの要らない車 »

季節・散歩」カテゴリの記事