« 越児さんの「鬼の涙」 | トップページ | 窓口さんの「大工調べ」 »

2016年2月 7日 (日)

流三の「明烏」

drama台詞の語尾。
流三の明烏
師匠が越児さんにアドバイスされた点は、まさに今日の私のテーマでした。
私は、どうも間が抜けたリズムと語尾。
永年の癖なのかもしれません。
今日の稽古の録音を聴いて、チェックしようと思います。
それから、オチの直前で、源兵衛が階段から転げ落ちる場面。
師匠の高座本は、地語りになっていますが、台詞でやってみました。
師匠からも、地語りでなく、台詞と仕草を工夫するように言われました。
今日は、かなり汗が出ました。

« 越児さんの「鬼の涙」 | トップページ | 窓口さんの「大工調べ」 »

落語っ子連」カテゴリの記事