« 風が吹けば桶屋が儲かる? | トップページ | 今日の富士山 »

2016年2月 6日 (土)

初午

horse今日は初午(はつうま)。
初午は、2月の最初の午の日。
旧暦で1年のうち最初の(1月の)午の日も初午には違いありませんが、通常は稲荷社の祭の日である2月の初午をいうそうです。
初午祭に初午詣(福詣)する参詣者が訪れ、これを雑節の一つとすることがあるそうです。旧暦で行う事もあり、その場合は新暦の3月となる事もあります。
要は、初午とは、稲荷神社の総本社といわれる京都の伏見稲荷大社の創立記念日
稲荷神社の眷属(けんぞく=従者)とされる狐には油揚げを供えます。
稲荷社の本社である伏見稲荷神社のご祭神 が、711年(和銅4年・奈良時代)に伊奈利山(稲荷山)へ降臨された日が初午の日だったので そこから全国の稲荷神社を祀る日とされました。
稲荷神社の主祭神は、穀物の神様ということもあり、豊作の祈願も行われるようになりました。 稲荷(いなり)は「稲生(いねなり)」が縮まったもの。
「稲」の神様「御饌神(みけつがみ)」(食 端な事を申しますと 初午とは、稲荷神社の総本社といわれる京都の伏見稲荷大社の創立記念日です。
記念してお祭りをするわけです。 稲荷神社の眷属(けんぞく=従者)とされ る狐には油揚げを供えます。
稲荷社の本社である伏見稲荷神社のご祭神が、711年(和銅4年・奈良時代)に伊奈利山(稲荷山)へ降臨された日が初午の日だったので そこから全国の稲荷神社を祀る日とされました。
稲荷神社の主祭神は、穀物の神様ということもあり、豊作の祈願も行われるようになりました。
稲荷は、「稲生(いねなり)」が縮まったもの。
「稲」の神様「御饌神(みけつがみ)」(食物の神様)を祀ったものであることから、商売繁盛、五穀豊穣などを祈願するようになりました。

…なるほど、そういうことですか。
ところで、今稽古している「明烏」は、初午の日が舞台になっています。
堅物の若旦那の時次郎が、町内の札付きに連れられて吉原に上がりますが、その前に、町内のお稲荷様の初午のお祭りに行って、お強飯と煮〆を3膳お代わりをして、近所の子どもたちと太鼓を叩いて遊びましたから。
と言うことは、この噺は、寒い頃の噺だと言うこと。
「初天神」もそうですが、あまり季節を感じず、1年中聴く噺ですね。

« 風が吹けば桶屋が儲かる? | トップページ | 今日の富士山 »

季節・散歩」カテゴリの記事