« 高価な「夢の国」 | トップページ | 休日出勤 »

2016年2月10日 (水)

名人と上手

bell昔から「名人上手」と言いますが、名人と上手とは全く次元が異なるそうです。
天性に恵まれた人が一生懸命に頑張れば「上手」と言われるようになれますが、その上の「名人」となりますと、並大抵のことではなれるものではありません。
だから、神童とか天才などと言われる人も、ただ天性だけでやっていたのでは、到底「名人」という域に達することは出来ません。
先日、覚醒剤で逮捕された、元プロ野球選手について、某元プロ野球の監督が コメントしていましたが、実に説得力がありました。
まず、実績を残した人は監督やコーチをやっているのに、あれだけの選手だった人になぜ声がかからないのか不思議だったが、球団の幹部も良く見ていて、指導者になるような、人の上に立つ人間ではないということを知っていたんだろう。
プロ1年目から、(この元監督が持っている)記録はいつか塗り替えられるなと思っていた。
こんな選手いない。
ただ物足りなかった。
野球選手に大事なのは判断力だが、彼のプレーからは状況判断をしているとか、頭を使
っているとかが全く伝わってこなかった。
それで、1年目か2年目のときに、当時の監督に言ったことがある。
彼は野球に対する思想、哲学が何もない奴だ、天性だけでやっている。
ちゃんと教育しろって。
野球の指導はコーチがやる。
監督の仕事で大事なのは人間教育、社会教育。
野球は技術力には限界がある。
その先は頭で考えるしかない。
そこから先がプロの世界なんだ。
技術の先には頭脳と感性が必要なんだ。
でも彼は若いときに教育されていないから考えないし感じない。
人間の最大の悪は鈍感であると言うが、まさにそのとおりだ。
彼はやはり天才だからこうなったと思う。
苦しまない、考えない、センスだけでやってきた。
野球哲学をきちっと考えるということをしてこなかったんじゃないか。
せっかくのいい素材が、周りに恵まれなかったということなんじゃないか。

言い方は、例によって辛辣ではありますが、「名人」の影には「努力」が必要だと言うことだと思います。
 名人は 上手の坂を  ひと上り

« 高価な「夢の国」 | トップページ | 休日出勤 »

徒然」カテゴリの記事