« 新参さんの「花色木綿」 | トップページ | 人工衛星? »

2016年2月 7日 (日)

千公さんの「松曳き」

wink師匠から、侍の台詞に太鼓判いただいて、自信満々な稽古。
千公さんの松曳き
噺のリズムが出来て、とてもリズミカルになったので、とても聴きやすくなりました。
師匠から厳しく言われたのは、言い間違いをした時のこと。
「あぁ間違えた」とか「あれ?」などと言ってはいけない。
落語は、人物を演じているのだから、自分を出すのはご法度。
登場人物の台詞で言い間違いがあったら、その登場人物が責任を取って繋げなくてはいけない。
これが癖になると落語にならない。
深いアドバイスです。
登場人物になりきると言うのは、喋り方も言い直しも、全て登場人物でなくてはならない。
当たり前なんですが、なかなか難しいことです。
舞台設定、感情移入、登場人物。
聴き手に場面や心持ちを的確かつ鮮やかにイメージしてもらうために。

« 新参さんの「花色木綿」 | トップページ | 人工衛星? »

落語っ子連」カテゴリの記事