« 百梅さんの「転失気」 | トップページ | 流三の「明烏」 »

2016年2月 7日 (日)

越児さんの「鬼の涙」

wobbly驚きました。
越児さんの鬼の涙
師匠が越児さんにアドバイスされたのは、私も以前から指摘されたことで、今日の稽古のテーマにしようと思っていたことでした。
台詞の語尾が下がってしまって、地が出てしまう。
…ホッと力を抜いてしまったり、慌てて次の台詞に移ってしまう。
これは、落語を演る時の極めて大事なことだと思います。
これが多発すると、会話が切れてしまい、ひいては噺全体にも影響する。
今日は、自分に言われていると思ってしまいました。
一言一言、感情を込めて、丁寧に丁寧に…ですね。

« 百梅さんの「転失気」 | トップページ | 流三の「明烏」 »

落語っ子連」カテゴリの記事