« ラジオ寄席 | トップページ | 越児さんの「鬼の涙」 »

2016年1月25日 (月)

千公さんの「松曵き」

師匠が仰ったのは、まさにこの場面。
千公さんの「松曵」
これは、家来がお殿様にお辞儀をしながら申し上げるところ。
千公さんの「松曵」
この手のつき方を、師匠がご指導・アドバイス。
ちょっとしたことで、登場人物を浮き立たせることが出来ますから。
手は口ほどに物を言う…って言いますから。
目でしたか…?
まぁ、どうでもいいでしょう。

« ラジオ寄席 | トップページ | 越児さんの「鬼の涙」 »

落語っ子連」カテゴリの記事