« 猿猴捉月 | トップページ | 季節外れの「農鳥」 »

2016年1月 4日 (月)

初詣で

paper会社で、近くの金刀比羅宮に揃って参詣。
初詣で
神様に玉串を奉納して、社運隆盛・安全・健康を祈りました。
初詣で
ことしこそは良い年にしたい。
ところで、社務所の控え室に「桃李成蹊」の額が懸っていました。
「桃李 もの言わざれども 下自ずから 蹊を成す」
桃や李の木の下には、花の美しさにひかれて人が集まってくるために、おのずとそこへ至る小道ができてしまうという意。
転じて、徳がある人は、たとえ何も言わなくても、その徳を慕って、自然に人々が集まってくるということのたとえ。
・・・かくありたし。

« 猿猴捉月 | トップページ | 季節外れの「農鳥」 »

徒然」カテゴリの記事