« シャッターポイント | トップページ | 桂春團治師匠の訃報 »

2016年1月14日 (木)

唐茄子の安倍川

圓窓師匠と柳家さん喬師匠の「唐茄子屋政談」をウォークマンで聴きました。
この噺の会話の中で、「唐茄子の安倍川」と言うのが出て来ます。
安倍川と言うのは川の名前だと思うだろ?思いなよ!思う?
それが畜生の浅ましさ・・・。
安倍川って言うのは、相撲取りの名前だ。
・・・じゃありません。「千早振る」ではありませんから。
「安倍川もち」がポピュラーです。
元々は、つき立ての餅に黄な粉をまぶし、その上から白砂糖をかけた物。
現在では、黄な粉をまぶしたもの とこし餡を絡めたものの2種類を一皿に盛った物が一般的になっています。
静岡の名物です。
要は、黄な粉ですよ。
・・・ということは、カボチャに黄な粉をかけたもの?
唐茄子の安倍川
こんな感じですか・・・。
当時のスイーツなのかな?

« シャッターポイント | トップページ | 桂春團治師匠の訃報 »

落語・噺・ネタ」カテゴリの記事