« ラジオ寄席 | トップページ | 百梅さん »

2015年12月27日 (日)

交流稽古の3人

apple交流稽古で、他の連の方に来てもらうのは、とても良いことだと思います。
今回は、何と3人の女性が参加しくくださいましたので、オジサンたちも心なしかいつもより頑張っていたようです。
大塚亭倉寿さんは「真田小僧」です。
先月、大塚亭の発表会では、「南瓜屋」で可愛い与太郎を演じていました。
女性は、声が柔らかくて高いので、女性は勿論、子どもを演るのは合いますね。
これは、オジサンには真似が出来ません。
ただ、落語というのは、男が、男中心に作っているものですから、ガラッパチな職人や女性を悪し様に言う台詞は・・・、なかなか悩ましい部分があります。
倉寿さんは、広場亭と大塚亭に参加していらっしゃるそうで、流暢に噺を進めて行きます。
佐原の有難亭真仮名さんは「町内の若い衆」。
今日がこの噺の初読み稽古かもしれません。
交流稽古の3人
この噺こそ、かなり交わす言葉遣いが粗いのと、気の強い女性を女性が演ずる難しさもあり、また、「町内の若い衆が寄って集って作った」ことの設定をしっかりさせて組み立てないと、かつての「禁演落語」「バレ噺」になってしまいますから難しい。
落語の底流にある了見を理解した上での役作りが必要でしょう。
落研同期の多趣味亭狂楽さんが学生時代に演った時も、そのあたりを意識していたのかなぁ・・・。
さて、もう1人は、深沢亭深女さん。
2・3冊持っていた高座本から選んだのは「道灌」でした。
声のトーンはやや低めでソフトな分は得だと思います。
読み聞かせをしているということなので、そのリズムや癖が出てしまうのは、やむを得ないでしょう。
オチの「角が暗ぇから、提灯借りに来た」の「から」を、子どもに念を押すように高いトーンで言うので、長屋の住人の台詞にならなくなったのが惜しかった。
聞かせっ子連のHPを開設するなど、深女さんもパワフルです。

« ラジオ寄席 | トップページ | 百梅さん »

落語っ子連」カテゴリの記事