« 洒落にならない…? | トップページ | 「だいく」調べ »

2015年12月16日 (水)

未来が来るのは未来?

car禅問答のような・・・。
未来が来るのは未来?
トヨタ自動車の水素で走る燃料電池車(FCV)「ミライ」。
発売開始後1年が経過し、受注は国内だけで3000台を超え、生産が追いつかず納車時期は3〜4年待ちの状態だそうです。
さすが、「ミライ」なだけに、納車もかなり未来になってしまうという。
ミライは、燃料電池の量産が難しいうえ、熟練工が手作業で仕上げるため、1日の生産台数はわずか3台だそうで、超高級車も真っ青のカスタムカーみたいです。
今年11月末までの国内販売台数は383台にとどまり、官公庁や企業向けが中心。
トヨタは人員や生産体制を強化して、生産台数を16年に2000台、17年に3000台と段階的に引き上げるそうですが・・・。

« 洒落にならない…? | トップページ | 「だいく」調べ »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事