« 桂友楽師匠 | トップページ | 楽屋風景 »

2015年11月18日 (水)

喰亭寝蔵師匠

flair今一つ盛り上がりの欲しい落語会を盛り上げてお開きにしてもうおうと、袖から送り出しました。
談亭志ん志師匠
「夢の酒」は、実質ネタ下ろしです。
以前演って大好評の「天狗裁き」同様、夢がキーワードになる噺ですが、内容は全く異なります。
噺っ子連の有難亭真仮名さんは、「大大大ファンheart04」だそうです。
しかし、今回は寝蔵師匠には珍しく、言葉の出づらい部分があったようですが、観客は全く気がつかないでしょう。
持ちネタの幅も、人情噺ワンパターンの私とは雲泥の差。
やはり、なかなか追いつけず、背中が大きくなりません。
期待に違わず、最後に大きなカンフル剤が打たれ、何とか全体にまとまりのある落語会になったと思います。
会場や来客数のせいにせず、全員で今一歩の原因を分析したいと思います。

« 桂友楽師匠 | トップページ | 楽屋風景 »

落研」カテゴリの記事