« 百梅さんのコメント | トップページ | 両国橋 »

2015年11月17日 (火)

猫だまし

cat元横綱北の富士さんのコメント。
猫だまし
まあ、やりたい放題だね。
やってみたかっ たということだけじゃないの。
それだけ余裕があるんでしょうしね。
(途中2度目 の猫だましを食らわしたが)あのまま押し出 したら簡単だけど、勝負決めなかったよね。
あのまま決めたらブーイングすごいからね。
もう 一回、猫だましやって。
あんまり横綱がここまですることはないよな。
稽古場じゃないんだから。
あんまりよろしくない と思うよ。
本場所だからね、花相撲じゃないんだから。
猫だましまではやることはないと思う ね。

私の大嫌いな北の湖理事長でさえも。
(猫だましを)やるってのは、なかなかありえない。
やられる方もやられる方だけど、やる方もやる方。
横綱としてやるべきことじゃない。
横綱がやるのは前代未聞なんじゃないの?
(観客もあっけにとられた一番で)拍手がないじゃない。
お客さんはどう見ているか分からないけれど…。
格上の横綱が繰り出す猫だましは、相手をなめたようにもとらえられかねない。
みんな(モヤモヤした)気持ちが残っちゃうでしょ? 
横綱はそういう風に見られちゃだめ。

「ノブリスオブリージュ」。
日本人のメンタリティでは、物凄く違和感のある行為だと思います。
しかも、この横綱は「後の先」が身上だったはずです。
「後の先」と「猫だまし」は、その了見は完全に対極にあります。
この横綱も、一時は高潔な雰囲気を醸し出していましたが・・・。
今日も、懸賞金を受け取る所作などは、傲慢そのもの。
完全に悪役になってしまいました。
これを倒せる力士がいないのですから、もうやりたい放題です。
木曽義仲を倒した源義経を、日本人は待っている気がします。
大岡越前守でもいい。
「後の先」というのは、昭和の大横綱双葉山が得意とした理想の立ち合いです。
相手より一瞬あとに立ちながら、あたり合ったあとには先をとっている相撲の立ち合い。
出足が本物なら、一瞬先に立った相手に対して、遅れて立ったほうが低くいい角度で入ることができる・・・。

双葉山も泣いている?

« 百梅さんのコメント | トップページ | 両国橋 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事