« 踏切 | トップページ | 雨の中 »

2015年11月25日 (水)

亡くなっていた・・・

shadow晩年はほとんどマスコミに登場はしませんでしたが、間違いなく昭和の一時代を築いた人・・・。
実は、何ヶ月か前に亡くなっていたという・・。
川崎敬三さんと原節子さん。
川崎さんは82歳、原さんは95歳。
それなりに天寿を全うしたという年齢ではありますが。20070617 原節子という女優さんは、私は間に合いませんでしたので、ほとんど知りません。
“永遠の処女”と呼ばれた伝説の名女優。横浜市出身。
16歳で映画デビューして以来、「麦秋」「東京物語」などの小津安二郎監督作品、黒澤明監督の「白痴」など数々の名作に出演。
日本映画を代表する美人女優として活躍したが、1962年の東宝映画「忠臣蔵」を最後に42歳で突然の引退。
「小津の戦後の傑作はことごとく原によって作り得たものである」と言われた名女優は、小津安二郎監督の葬儀を境に芸能界からスッパリと足を洗った・・・。

去り際の美しさもあって、伝説になったのでしょう。
今は、自分の去り時の分からないひとが多いから。
実は亡くなっていたと言えば、圓蔵師匠も、2週間ぐらい経ってから発表されました。

« 踏切 | トップページ | 雨の中 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事