« 破れ家笑児さん | トップページ | 楽屋風景 »

2015年11月16日 (月)

杜の家とん平師匠

先月の「深川三流亭」で、三流亭新参として高座に上がり、「目黒のさんま」を演じ、ドカンドカンと受けていました。
ところが、一番最後のオチでしくじって、みんなからからかわれたとん平師匠。
今日は、まさにリベンジの高座です。
いつもご来場くださる93歳のお父上が、会場に着かれたのが遅かったので、ちょっと心配しましたが、可愛い息子の高座には間に合いました。
今度はオチをしくじらないようにと、見守ってくださいます。
観客が少ないのと、さらに女性が少ないので、全体的に笑いが少ない中で、今度こそはきっちりと決めました。
体操の内村選手みたいで、今度は鉄棒から落下せずに、大技を決め、着地もビシッと。

« 破れ家笑児さん | トップページ | 楽屋風景 »

落研」カテゴリの記事