« 神無月の落語徘徊 | トップページ | 障子張り »

2015年11月 1日 (日)

落語DEデート

music今日は、懐かしい噺家さんでした。
 ◇浮世床     三代目三遊亭圓之助
Hqdefault1956年6月 三代目小圓朝門で朝三
1959年9月 二つ目昇進
1965年9月  真打昇進と同時に圓之助
1980年6月  脳溢血で倒れ半身不自由になり1年間リハビリを行ないながら独演会などに出演
1985年4月  国立演芸場で演じた「高野高尾」が最後の高座
同月26日  「サヨウナラ」を最後に心筋梗塞で逝去
前座・二つ目に貧乏暮らしをしたことからエピソードも多く、「貧乏の圓之助」と言われたそうです。
今の小圓朝さんのお父さんです。
1977年に放映された、NHKのテレビ小説の「いちばん星」に出演していました。
これは、昭和の流行歌手1号となった佐藤千夜子の半生をフィクションを交えて描いたドラマでした。
それにしても、享年56歳というのは、いかにも若い。
訃報を聞いた当時、随分高齢なイメージでしたが・・・。

« 神無月の落語徘徊 | トップページ | 障子張り »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事