« もう一枚の名刺 | トップページ | 縁の下の… »

2015年10月 7日 (水)

とらやとやらと・・・?

cake老舗和菓子店「虎屋」のホームページに掲載された文章に、称賛の声。
書いたのは虎屋17代の黒川光博社長。
180pxtorayamainshopakasaka01_2本社ビルの建て替えに伴い、本日いっぱいで赤坂本店の営業を一時休止することを知らせる内容。
これが、ネット上で「商人の鑑」「顧客と丁寧に向き合わないと書けない文章」 と話題になっているそうです。
虎屋の創業は室町時代後期。
京都で菓子屋として始まり、御所にも菓子を納めていました。
明治維新後、東京に本拠を移し、小豆と砂糖、寒天でつくる羊羹の製造販売で 有名になり、現在は首都圏や京都、大阪、福岡の百貨店などに80店舗を展開。
パリにも出店しています。
黒川社長は東京都生まれ、学習院大法学部卒。
銀行勤務を経て69年に虎屋に入社し、91年に17代に就任。
全国和菓子協会の名誉会長も務めているそうです。
「十七代 黒川光博より 赤坂本店をご愛顧くださったみなさまへ」と題した メッセージ。
3日と空けずにご来店くださり、きまってお汁粉を召し上がる男性のお客様。
毎朝お母さまとご一緒に小形羊羹を1つお買い求めくださっていた、当時幼稚園生でいらしたお客様。

200pxtoraya_akasakahonten_0612150_2ある時おひとりでお見えになったので、心配になった店員が外へ出てみると、お母さまがこっそり隠れて見守っていらっしゃったということもありました。
車椅子でご来店くださっていた、100歳になられる女性のお客様。
入院生活に入られてからは、ご家族が生菓子や干菓子をお買い求めくださいました。
お食事ができなくなられてからも、弊社の干菓子をくずしながらお召し上がりになったと伺っています。
このようにお客様とともに過ごさせて頂いた時間をここに書き尽くすことは到底できませんが、おひとりおひとりのお姿は、強く私たちの心に焼き付いています。

・・・なるほど。
とらやとやらと言うのは、なかなか隅に置けませんね。

« もう一枚の名刺 | トップページ | 縁の下の… »

徒然」カテゴリの記事